メインメニューを開く

矢沢 透(やざわ とおる、1949年2月6日 - )は、神奈川県横須賀市生まれのミュージシャン。フォークグループアリスのドラマー。柳家金語楼に似ていたことから「キンちゃん」の愛称で親しまれた。所属事務所はカロスエンターテイメント

矢沢透
基本情報
別名 キンちゃん
生誕 (1949-02-06) 1949年2月6日(70歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横須賀市
職業 ドラマー
担当楽器 ドラム
事務所 カロスエンターテイメント
共同作業者 アリス
公式サイト RimShot

来歴編集

中学2年でドラムを始め、1965年、ジャズトランペット奏者中野彰のバンド・ボーイに応募して採用され、高校を退学し上京。

1966年、17歳のジャズ・ドラマーとしてデビュー。

1968年渡辺プロに所属し、ザ・ピーナッツ布施明らのバックバンドをつとめた。

1970年、東京を拠点に活動するプロのソウルバンド「ブラウン・ライス」のゲストドラマーだった矢沢は、1970年の米国ツアーにて関西のフォークシンガーでロック・キャンディーズ谷村新司と出会って意気投合し、帰国後にはプロのフォークグループとしてともに活動することを約束する。1971年12月25日に谷村と堀内孝雄で西心斎橋2丁目にあるビジネスホテル・大阪帝国ホテルの一室にて、矢沢が合流することを前提に「アリス」を結成。翌1972年3月5日、シングル「走っておいで恋人よ」でデビュー。同年5月5日、矢沢が正式に合流し、晴れて現在のアリスになった。

デビュー当初のアリスは、商業的には鳴かず飛ばずの低迷状態が続いていた。そのため、ドラムスの代わりに手軽に運べるコンガを持ち運びながら、メンバーとマネージャーだけで全国各地を回って地道なステージをこなしていた。

アリスの代表曲の多くでは、作詞を谷村、作曲を堀内と谷村、編曲を矢沢が担当している。しかし、アルバムには矢沢の作曲した曲も少なくなく、スタジオでは自作曲のヴォーカルも務めた。ライヴではドラムスのみならずピアノの演奏を担当することもある。

アリスでの活動後期、各メンバーがソロ活動を活発化させる中、矢沢も全曲オリジナルのソロ・アルバム『バラエティ・ツアー』をリリースした。

1981年にアリスが解散した後、ジョン・スタンレー (John.J.Stanley) (ヴォーカル。のちに八神純子の夫となる。)や鷺巣詩郎(キーボード)とともに、ユニット「BLEND」として活動していた。

「BLEND」解散後、六本木にて串焼き屋、神保町にてギターショップを経営しつつ、アリスの単発的な活動再開が三度あり、2000年2005年2009年にはNHK紅白歌合戦にも出場している。また、2008年にリリースされた谷村のソロアルバムではアリスの曲「明日への讃歌」がセルフカバーされており、その録音に堀内とともに参加したことが翌2009年の再活動につながった。

2011年より、ギタリストの住出勝則(元シグナル)、滝ともはると3人でグループ「HUKUROH」を結成。アリスの初期を彷彿させるコンガのリズムでサウンドの芯を支えている。

関連項目編集

外部リンク編集

  • RimShot(経営するギターショップ)