西部緑地公園 > 石川県立野球場

石川県立野球場(いしかわけんりつやきゅうじょう)は、石川県金沢市西部緑地公園にある野球場1974年供用開始[1]。施設は石川県が所有し、一般財団法人石川県県民ふれあい公社が指定管理者として運営管理を行っている。

石川県立野球場
Ishikawa Prefectural Baseball Stadium
石川県立野球場
石川県立野球場
施設データ
所在地 石川県金沢市北塚町東220(西部緑地公園内)
座標 北緯36度34分27.7秒 東経136度36分1.4秒 / 北緯36.574361度 東経136.600389度 / 36.574361; 136.600389座標: 北緯36度34分27.7秒 東経136度36分1.4秒 / 北緯36.574361度 東経136.600389度 / 36.574361; 136.600389
開場 1974年6月20日
所有者 石川県
管理・運用者 石川県県民ふれあい公社(指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 照明塔 - 6基
照度 - 投捕間:1750Lx
内野:1400Lx
外野:700Lx
建設費 戸田建設
設計者 石川県土木部営繕課
使用チーム • 開催試合
石川ミリオンスターズ(2007年 - 2017年、2020年)
全国高等学校野球選手権石川大会
NPB中日ドラゴンズ読売ジャイアンツ(不定期))
収容人員
17,126人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:-m2
両翼:91.5m、中堅:122m
フェンス 3.15m

歴史編集

1972年、金沢市北西郊外で整備が進められていた西部緑地公園内に石川県産業展示館が建設され、翌1973年にはこの展示館を中心に「日本海博覧会」が開催された。県立野球場は博覧会終了後の1974年に完成。なお、前年まで市内中心部にあった石川県営兼六園野球場は閉鎖、撤去された。西部緑地公園には以後、陸上競技場テニスコートなどが整備された。

1981年6月にナイター設備が追加設置された。6基の照明塔は兼六園の徽軫灯籠(ことじどうろう)を模してデザインされており、鉄塔は「X」の字になっている。1993年にはスコアボードが磁気反転式に入れ替えられた。

開場以来、石川県内の高校野球公式戦の主会場として使用されている。

2007年からはBCリーグ石川ミリオンスターズ公式戦の主会場として使用され、グランドチャンピオンシップを含むポストシーズンゲームもすべて当球場で開催されていた。しかし、2013年は地区チャンピオンシップのみの開催となる(リーグチャンピオンシップは小松市弁慶スタジアムグランドチャンピオンシップ金沢市民野球場で開催)。2014年以降は石川がホームのポストシーズンゲームはすべて金沢市民野球場での開催となり、公式戦試合数でも2015年以降は金沢市民野球場が全試合の過半数を占め、主たる開催球場の座を譲った。2018年は当球場での公式戦が開催されず、発足以来続いた開催が11年で途絶えた[2]。2019年にはリーグの「公式戦開催球場」のリストにも掲載されなかった[3]。2020年は3年ぶりに2試合(ダブルヘッダー)が実施された[4]

その他にプロ野球公式戦も毎年2〜3試合が開催されている。地元新聞に中日新聞系の北陸中日新聞があることから、中日ドラゴンズが「北陸シリーズ」として富山市民球場アルペンスタジアムもしくは福井県営球場との2連戦を主催公式戦を開催しているほか、2005年までは千葉ロッテマリーンズ北國新聞社との共催で主催公式戦を開催していた。また、2008年8月6日には1993年6月9日ヤクルトスワローズ戦開催以来、15年ぶりに読売ジャイアンツの主催試合が開催された。

一時期、中日主管試合の「北陸シリーズ」は、日本生命セ・パ交流戦の試合が組まれることが多かった。

球場の観客収容人数は17,000人[1]。両翼は91.5mでプロ野球規格99.06mに届いておらず、野球関係者から球場の狭さと老朽化が指摘されてきた[1]。プロの試合では得点の取り合い(乱戦)になるケースがしばしばある。

2021年2月、石川県は2021年度から球場の建て替えの検討に入り、同年9月の補正予算案に基本構想の予算を計上することを明らかにした[1]

主なエピソード編集

施設概要編集

  • 両翼91.5m、中堅122m
  • 内野:クレー、外野:天然芝
  • 照明設備:6基
  • 収容人員:17,126人(内野:ネット裏=セパレート席、1・3塁側=ベンチ席、外野:コンクリート階段)
  • スコアボード:磁気反転式(LED式フリーボード、打率・本塁打数、風速表示、球速表示あり)
  • ダッグアウト:ホーム(1塁側)・ビジター(3塁側)

交通編集

  • 金沢駅より北鉄金沢バスの下記系統を利用
    • 西口7番線から「52 済生会病院・下安原」行で「袋畠西部緑地公園」下車徒歩5分
    • 東口11番線から「56 済生会病院」行で「西部緑地公園」下車すぐ、「51 みどり・打木」「54 倉部」行で「松島北」下車徒歩10分
      • プロ野球公式戦等開催時は、臨時バスの運行あり
  • 北陸自動車道金沢西インターチェンジより約5分

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 押川, 恵理子 (2021年2月27日). “県立野球場 建て替えへ 知事「具体の検討入る」”. 中日新聞. https://www.chunichi.co.jp/article/208998 2021年2月27日閲覧。 
  2. ^ 2018年過去全日程結果”. BCリーグ. 2021年6月21日閲覧。
  3. ^ 2019年度ルートインBCリーグ公式戦日程・開催球場一覧 (PDF)”. BCリーグ. p. 3 (2019年3月20日). 2019年3月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年6月21日閲覧。
  4. ^ 試合情報 10月”. 2020年過去全日程結果. BCリーグ. 2021年6月21日閲覧。
  5. ^ “【6月9日】1993年(平5) 高速スライダーで16K 伊藤智仁、悲劇は150球目”. スポーツニッポン. (2008年6月5日). オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304213315/http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_june/KFullNormal20080605177.html 2021年6月21日閲覧。 
  6. ^ “野口茂樹 1試合16奪三振/2001・5・24”. 日刊スポーツ. (2020年5月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202005230000065.html 2021年6月21日閲覧。 
  7. ^ 福岡, 吉央 (2008年5月15日). “新井「神話」弾!打点挙げれば虎16連勝”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20080515-360074.html 2021年6月21日閲覧。 
  8. ^ 2009年6月16日 【公式戦】 試合結果 (中日vs福岡ソフトバンク)”. 日本野球機構. 2021年6月21日閲覧。
  9. ^ “ソフトバンク交流戦連覇!代打・森本殊勲の岩瀬討ち”. スポーツニッポン. (2009年6月16日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/06/16/kiji/K20090616Z00000730.html 2021年6月21日閲覧。 
  10. ^ a b “石川県立野球場に死体…中日-DeNA戦は予定通り開催”. サンケイスポーツ. (2014年7月1日). https://www.sanspo.com/article/20140701-GWAQRJL4AVKMHBVBEZRWNAOKOA/ 2021年6月21日閲覧。 
  11. ^ 2014年7月1日 【公式戦】 試合結果 (中日vs横浜DeNA)”. 日本野球機構. 2021年6月21日閲覧。
  12. ^ “山口 プロ初本塁打も6失点で黒星「粘れなかった」”. スポーツニッポン. (2014年7月1日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/01/kiji/K20140701008485080.html 2021年6月21日閲覧。 
  13. ^ “さんま効果 独立L史上最多動員記録”. デイリースポーツ. (2014年9月13日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/09/13/0007328246.shtml 2021年6月21日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集