メインメニューを開く

神奈川県道218号弥生台桜木町線

日本の神奈川県の道路

神奈川県道218号弥生台桜木町線(かながわけんどう218ごう やよいだいさくらぎちょうせん)は、神奈川県横浜市泉区弥生台から同市中区桜木町間を通る県道である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
神奈川県道218号標識
神奈川県道218号弥生台桜木町線
海上区間 指定なし
起点 神奈川県横浜市泉区弥生台
終点 神奈川県横浜市中区桜木町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
Japanese National Route Sign 0016.svg国道16号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
沿線風景(初音町交差点付近)

概要編集

本路線は横浜市の都市計画道路である権太坂和泉線(一部区間)、および桜木東戸塚線(全線、現状で開通している山谷交差点〜終点までの区間は通称平戸桜木道路」とも呼ばれる[1])として整備が進められている。両路線とも横浜市内における幹線道路であり、特に権太坂和泉線は同市において環状2号環状4号を結ぶために計画されたことから、「3環状10放射道路」を構成する放射路線の一つとなっている[2]

なお、前述の「平戸桜木道路」と呼称される区間はかつて神奈川県道202号に該当したが、全線が本路線に合併されたことから、現在では202号は欠番となっている。

路線バス編集

通過する自治体編集

路線整備状況編集

権太坂和泉線「名瀬・岡津地区」[3]および桜木東戸塚線「名瀬地区」[4](合わせて約2.5km)の整備事業では、先行して整備が進められていた名瀬川遊水地西側の名瀬街道(横浜市道名瀬第241号線、現道の道)との交差部に当たる栄橋南交差点新設)〜名瀬下交差点までの約1.2kmの区間(桜木東戸塚線「名瀬地区」の全範囲含む)について、2016年平成28年)3月に整備が完了(開通)(当面は往復2車線道路として運用されるが、将来的には往復4車線となる予定)している[5][6]。なお、未整備箇所に当たる新橋町西田橋交差点〜前述の栄橋南交差点までの区間(権太坂和泉線「名瀬・岡津地区」の残存区間約1.3km、※2016年3月時点で道路整備未着工については、用地取得の完了していない箇所が複数存在する[3][6]

この他、桜木東戸塚線の「平戸地区」(延長約670m)も1989年(平成元年)から事業を開始し事業中区間となっているが[7][8]、2017年3月時点で道路整備の本着工には至っておらず、さらに用地の取得が完了していない箇所も未だ残っている[7][9](整備事業の詳細については後節の「都市計画道路桜木東戸塚線」も参照)。

重複区間編集

※共に本項県道とは、起点側および終点側の位置関係(向き)が逆である。

都市計画道路権太坂和泉線編集

都市計画道路権太坂和泉線(3・4・10号)は横浜市保土ケ谷区狩場町権太坂国道1号付近を起点として、同市戸塚区品濃町環2境木交差点」にて環状2号と接続し、同市泉区和泉町環状4号(横浜市主要地方道18号)かもめパーク入口交差点(旧:上飯田町広中塚交差点)」までを結ぶ延長約9.58kmの路線である。前述の通り、横浜市において「3環状10放射道路」を構成する放射路線の一つとなっている。2014年12月の時点で、戸塚区品濃町「境木地蔵尊前交差点」付近〜「環2境木交差点」〜東戸塚駅北東側[注 1]および、泉区新橋町「新橋町西田橋交差点」〜本項県道起点の同区弥生台・神奈川県道402号阿久和鎌倉線(かまくらみち)弥生台交差点」〜「泉警察署前交差点」[注 2]までの整備がほぼ完了しており、「名瀬・岡津地区」(戸塚区名瀬町〜泉区新橋町、前述の通り2016年3月に一部整備完了[5]、また残存部の整備事業については2025年度頃までに完了予定[10]および「和泉地区」(泉区弥生台〜和泉町、整備事業は2017年度に完了予定[11]にて整備事業が進行中である[12][13][14][15]。一方、未整備区間の中でも東戸塚駅北東側〜(JR線横浜新道と交差)〜名瀬町間については、土地区画整理事業の一環により先行して途中まで整備されたマンション(フォートンの国)下のトンネルを除き、事業化の見通しが立っていないのが現状である[16][注 3]

なお同路線のうち、本項県道との重複区間は戸塚区名瀬町〜泉区弥生台「弥生台交差点」までが該当し、名瀬町では同じく重複する桜木東戸塚線の終点部(名瀬中村橋付近の交差点)より本項県道を引き継ぐ形となっている[4][15]

都市計画道路桜木東戸塚線編集

都市計画道路桜木東戸塚線(3・4・1号)は本項県道の終点に当たる横浜市中区桜木町「桜木町二丁目交差点」付近を起点として、同市戸塚区名瀬町(終点位置)までを結ぶ延長約10.54kmの路線である。全線が本項県道の一部となっている。起点から戸塚区平戸山谷交差点」までは整備が完了しており、この区間は「平戸桜木道路」とも通称される。また、環状2号と接続する同区平戸町東戸塚陸橋〜同区名瀬町「名瀬下交差点」までの整備も完了しており[注 4]、さらにその先の終点までの区間についても「名瀬地区」として整備事業が進められ、前述の通り2016年(平成28年)3月に整備が完了している[4][5][15][18]。この他、最後の未整備区間となる「山谷交差点」〜東戸塚陸橋間(平戸地区)については、大部分がトンネルによって接続する計画[注 5]となっているため[7][19]、短期間に多くの事業費がかかることから直ぐには整備が進められない状況(事業の進め方について調整中)[注 6]となっているが、横浜市道路局では2025年度頃までの整備完了を目指している[9][17]

通称編集

  • 平戸桜木道路(戸塚区平戸 - 中区桜木町一丁目)

接続・交差する道路等編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ この区間の経路:google マップ境木地蔵尊前交差点付近〜東戸塚駅北東側
  2. ^ この区間の経路:google マップ新橋町西田橋交差点〜泉警察署前
  3. ^ 2016年(平成28年)3月に横浜市道路局より公表された「都市計画道路の優先整備路線の改定版」では、品濃橋交差点(横浜新道高架下手前)より以西の名瀬町までの区間(「フォートンの国」地下のトンネルも含む)について、2025年度頃までに優先的に事業着手するとしている[17]
  4. ^ 供用区間の経路については「重複区間」節を参照。
  5. ^ 桜木東戸塚線の「平戸地区」(総延長約670m)では、環状2号に接続する第1トンネル(延長約250m)と国道1号側の第2トンネル(延長約160m)からなる二つのトンネルを整備する計画(トンネルの正式名称は未定)で、一部はマンションの地下も通る。
  6. ^ 横浜市道路局では事業進捗率が高い路線を優先的に整備する方針としており、一度に多くの事業費がかかるトンネルなど大型構造物を含む路線の整備については予算配分の観点から整備時期等が調整(同路線に関しては現状では延期)されている[9]

出典編集

  1. ^ 桜木東戸塚線(通信用語の基礎知識)
  2. ^ 幹線道路について > 権太坂和泉線/桜木東戸塚線(横浜市道路局企画課)
  3. ^ a b 権太坂和泉線(名瀬・岡津地区)(横浜市道路局建設課)
  4. ^ a b c 桜木東戸塚線(名瀬地区)(横浜市道路局建設課)
  5. ^ a b c 都市計画道路権太坂和泉線(名瀬・岡津地区)の一部区間と都市計画道路桜木東戸塚線(名瀬地区)が開通します!/詳細資料〈記者発表資料〉 (PDF) (横浜市道路局建設課/戸塚区戸塚土木事務所 平成28年 (2016年) 3月18日)
  6. ^ a b 10年以上経っても開通しない戸塚区―泉区間の道路「権太坂和泉線」、途中に立ちはだかる巨大な鉄の山の正体は?はまれぽ.com 2015年3月1日)
  7. ^ a b c 桜木東戸塚線(平戸地区)(横浜市道路局建設課)
  8. ^ 都市計画道路網の見直しの素案(戸塚区・平成20年5月公表)(横浜市道路局企画課)
  9. ^ a b c 戸塚区の山谷交差点から延びる桜木東戸塚線が開通しない理由とは?(はまれぽ.com 2017年3月4日)
  10. ^ 都市計画道路の優先整備路線について(平成28年3月版)(横浜市道路局企画課) ※この中で、当区間については「泉区の図面ファイル (PDF) 」を参照
  11. ^ 完了期間宣言路線 (PDF) (横浜市道路局企画課 2016年4月12日閲覧)
  12. ^ 権太坂和泉線(名瀬・岡津地区)/権太坂和泉線(和泉地区)(横浜市道路局建設課)
  13. ^ 権太坂和泉線(通信用語の基礎知識)
  14. ^ 権太坂和泉線(Googleマップ/投稿者:さとし、2013年8月8日更新)
  15. ^ a b c 都市計画道路(横浜市)(Googleマップ/投稿者:Tetra、2013年11月21日更新)
  16. ^ 開通見込みがなく放置されている、戸塚区の巨大マンション群の下のトンネルは今後どうなる?(はまれぽ.com 2015年6月25日)
  17. ^ a b 都市計画道路の優先整備路線について(平成28年3月版)(横浜市道路局企画課) ※この中で、当区間については「戸塚区の図面ファイル (PDF) 」を参照
  18. ^ 桜木東戸塚線(通信用語の基礎知識)
  19. ^ 横浜市 桜木東戸塚線(平戸地区)(建通新聞<電子版> 2009年12月18日(神奈川版2面掲載記事)
  20. ^ 泉区中田町、長さ20メートルの道路用地らしきもの、30年以上放置されている理由とは?(はまれぽ.com 2015年10月8日)