メインメニューを開く

秋田総合車両センター(あきたそうごうしゃりょうセンター)は、奥羽本線秋田 - 土崎間の秋田県秋田市土崎港東三丁目に存在する東日本旅客鉄道(JR東日本)秋田支社管轄の車両工場である。

秋田総合車両センター
秋田総合車両センター
秋田総合車両センター
基本情報
鉄道事業者 東日本旅客鉄道
帰属組織 秋田支社
整備済み車両略号 秋田総合車セ、AT
備考 2009年4月現在のデータ
テンプレートを表示

目次

概要編集

旧称は土崎工場[1]。(土崎工・TZ)

2004年、現名称に改称。秋田車両センターと名称が似ているために混同されやすいが、別組織である。

旧・日本国有鉄道時代から各種車両の製造・改造・整備・廃車解体を行っているが、JR東日本所属の電気機関車の検査[2]、動力用ディーゼルエンジンの整備[3]は当センターのみで実施する。

また、駅に配備されているステンレスごみ入れの製造や、日本国外からの研修生の受け入れも行っている。

毎年一回(例年10月≪最近は8月≫)にセンター内を一般公開している。

入場している車両の展示(2010年公開ではキハ48くまげら増結改造、209系房総転用改造、直流機関車EF60、キヤE193系を使用した吊り上げ実演など)、エンジンなど部品職場の公開、ミニSL運転など。公開日には社員食堂 (NRE) も営業する。

2008年大宮総合車両センターが車両の配置を開始(東大宮センターに配置)して以降、JR東日本で車両配置がない総合車両センターは当センターが唯一となった。

整備済みの車体に記される略号編集

 
広島車両所にて全般検査を受けた車両。台車に検査年月日およびHSが書かれる。
  • 「AT」・「秋田総合車セ」

当総合車両センターの特徴として、台車ブレーキシリンダー部分に、検査年月日とATが手書きで記入される[要出典]。年・月のみならず日まで書き込む車両工場としては、他に日本貨物鉄道(JR貨物)広島車両所が知られる。

歴史編集


製造された車両編集

本センターでは土崎工場時代より車両の製造実績がある。

土崎工場

  • D51形蒸気機関車
    • 9両が製造された。土崎工場(当時)1号機 (D51 232) は大森山公園に静態保存されている。
  • 701系
    • 0番台2連4本、100番台全車(2連5本3連1本)、1000番台2連17本、1500番台2連1本、5000番台2連4本、5500番台2連6本の計77両を新製しているほか、1000番台1033編成の浸水復旧に伴う1500番台化(1508編成)も実施している。
  • E127系
    • 100番台2両編成2本の計4両が製造された。

秋田総合車両センター

  • HB-E300系
    • HB-E300-5の1両のみ、秋田総合車両センターで艤装され、構体を制作した総合車両製作所横浜事業所との共同制作名義となっている。

保存車両編集

脚注編集

  1. ^ あきぎんホーム > 店舗・ATM 検索 > JR土崎工場前 - 秋田銀行のATM名称として名残が残っている。(2017年5月14日閲覧)
  2. ^ 以前は日本貨物鉄道(JR貨物)所属のED75形の検査を受託し、JR東日本の直流電気機関車の検査を大宮車両所に委託していたが、それぞれの所属会社で検査を受ける形に変更されている。
  3. ^ 郡山総合車両センターでは気動車も検査は行うが、エンジン整備を実施しない。

関連項目編集