メインメニューを開く

盛岡車両センター(もりおかしゃりょうセンター)は、岩手県盛岡市にある東日本旅客鉄道(JR東日本)の車両基地である。同社盛岡支社の管轄。IGRいわて銀河鉄道運輸管理所が併設されている。また盛岡駅の南西にSL銀河用のSL検修庫があり、こちらも当センターの管轄下である。このほか下部組織として、青森県青森市盛岡車両センター青森派出所(旧・青森車両センター)が所在する。

盛岡車両センター
基本情報
鉄道事業者 東日本旅客鉄道
帰属組織 盛岡支社
所属略号 盛モリ
配置両数
機関車 10両
電車 56両
気動車 62両
客車 1両
貨車 16両
合計 145両
備考 2019年4月1日現在のデータ[1][2][3]
テンプレートを表示

沿革編集

青森派出所編集

盛岡車両センター青森派出所(もりおかしゃりょうセンターあおもりはしゅつしょ)は、青森県青森市にある車両基地。2016年(平成28年)3月26日青森車両センターと統合により発足した[6]。青森運転所→青森車両センター時代には485系583系E751系24系などの特急用車両が配置され、特急つがる」「白鳥」「はつかり」や寝台特急あけぼの」「日本海」「はくつる」、急行津軽」などの受け持ちもあった。

2017年4月1日より、車両運用のなくなった当派出の検修庫など車両配置に必要となる設備、整備士などの人員を活用する形で、構内にJR東日本テクノロジー青森改造センターが開設され、首都圏の通勤型電車を中心とした改造業務を行っている。

配置車両の車体に記される略号編集

盛モリ」…盛岡支社を意味する「盛」と、盛岡を意味する「モリ」から構成される[6]

  • なお、盛岡客貨車区→盛岡客車区時代は「盛モカ」と略されていたが、盛岡運転所への改称時(2000年4月1日)に現在のように改められている[8]

配置車両編集

2019年4月1日現在の所属車両は以下の通り[1][2][11][3]

区所 電車 気動車 機関車 客車 貨車 合計
本所 34両 62両 1両 1両 16両 114両
青森派出所 0両 0両 9両 0両 0両 9両
全体 34両 62両 10両 1両 16両 123両


蒸気機関車編集

  • C58形蒸気機関車 (1両)
    • C58 239が所属。
    • SL銀河」用機関車として、2014年1月に配置。詳細については当該機の項目を参照。盛岡運輸区に隣接した当センター管轄下のSL検修庫を拠点としている。

ディーゼル機関車編集

電車編集

 
485系「ジパング」
  • 701系電車(30両)
    • 1000番台2両編成15本(30両)が配置されている[1]。東北本線での運用のほか、いわて銀河鉄道線にも入線する。検査等で車両が不足する場合は、仙台車両センター配置車や、IGRいわて銀河鉄道所有のIGR7000系を借り入れて運用することがある。全車2017年度中に機器更新・行先表示のLED化が行われた。

気動車編集

  • キハ100系気動車(16両)
    • キハ100形0番台16両が配置されている。東北本線花巻 - 盛岡間と釜石線で運用されている。
    • 2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)までは、山田線宮古 - 釜石間でも運用されていた。津波による脱線で山田線津軽石駅付近を走行していた2両(キハ100-9・12)[13]が廃車となった[14]
    • 山田線での運用がなくなったことで必要両数が減り、一部の車両が大湊線用として八戸運輸区に転出したほか、2016年11月26日付でキハ100-29が小海線営業所に転属(転出)した[15]
  • キハ110系気動車(41両)
    • キハ110形0番台5両、100番台12両、キハ111・112形0番台2両編成2本(4両)、100番台2両編成9本(18両)、150番台2両編成1本(2両)、計41両が配置されている。0番台は東北本線花巻 - 日詰 - 盛岡間(日詰以南は快速「はまゆり」のみ)・釜石線・山田線宮古 - 釜石間の普通・快速「はまゆり」で、100番台・150番台は東北本線・山田線・釜石線(宮古 - 釜石 - 花巻 - 日詰間は快速「はまゆり」の自由席、および遠野 - 釜石 - 宮古間の一部普通列車)・花輪線・いわて銀河鉄道線盛岡 - 好摩間で運用されている。かつては岩泉線奥羽本線鷹ノ巣 - 大館間でも運用されていた。
    • 花輪線・山田線で運用される100・150番台には衛星携帯電話が設置されている。ただし、キハ110-136 - キハ110-139の4両は水郡線営業所からの転入時点では山田線宮古 - 釜石間の運行で必要な電子閉塞用車載器のみ搭載され、衛星携帯電話およびセラジェット噴射装置は設置されていなかったことから、専ら快速「はまゆり」に運用されていたが、2010年に入ってから衛星携帯電話とセラジェット噴射装置が搭載されたことで運用の制約は解消された。なお、キハ110-118・122の2両は衛星携帯電話・電子閉塞用車載器は搭載しているが、セラジェット噴射装置は搭載されていない。さらに2013年10月から八戸線にデビューしたTohoku Emotion用の改造種車となるキハ111・112形0番台1編成(キハ111-2・キハ112-2)を捻出するため,2007年6月に気仙沼線快速「南三陸」指定席車用として小牛田運輸区に転属したキハ110-4・5の2両が2013年3月16日のダイヤ改正に伴い同年3月下旬盛岡車両センターに再転入した。この2両は転落防止用幌を再取り付けなどの整備をおこなったうえで同年5月現在,釜石線快速「はまゆり」の運用に就いている[16][17]
    • 2010年12月より、側面行先表示器を字幕式からLED式に順次改造され現在は全車完了している。
  • キハ141系気動車(4両)
    • キハ142形1両、キハ143形1両、キサハ144形2両の計4両が配置されている。
    • 「SL銀河」用の客車として、JR北海道より購入した車両。釜石線区間(特に岩手上郷 - 陸中大橋間)はSLの動力のみで客車を牽引するのに難があるため、補助動力として気動車である当系列が選択されている。詳細については当該系列の記事を参照。

客車編集

貨車編集

過去に配置されていた車両編集

  • 485系電車(青森派出所:22両)
    • 新製から経年36-39年の車両であり、青森派出所の転属分については「白鳥」運用離脱後において老朽化により廃車予定となっていた[18]
    • 2016年12月6日付でA8編成とMM'ユニット1組2両を廃車[19][20]。配置は6両編成3本(A1・A5・A6編成)とMM'ユニット2組4両の計22両となっていた[1]
    • 2018年10月10日付でモハ484-3047,3062・モハ485-3047,3062(A1,A5編成のMM'ユニット2組4両)が廃車となった[11][21][23]
    • 2018年11月2日付でA5編成残り4両および増結用MM'ユニット1組2両(モハ485・モハ484-3081)が、同年12月7日付にA1編成残り4両および増結用MM'ユニット1組2両(モハ485・モハ484-3049)が廃車扱いされている。検査期限が残っていたために「白鳥」運用離脱後も留置していた[11]
    • 2019年1月22日にA6編成6両が廃車扱いとなっている[24]。従って、青森派出所22両は2018年度に全廃となった[25]
  • キハ58系気動車(一般用)
    • 一般形のキハ58形17両と訓練車キヤ28 1が配置されていた。一般形は末期には花輪線・山田線盛岡 - 宮古間・東北本線日詰 - 盛岡間といわて銀河鉄道線盛岡 - 好摩間で運用されていたが、キハ110系列の投入に伴い花輪線・東北本線・いわて銀河鉄道線からは2007年3月18日ダイヤ改正で、山田線からは同年11月24日をもってそれぞれ撤退し定期運用が消滅した。キハ100系完全置き換え前は釜石線、山田線釜石 - 宮古間および三陸鉄道北リアス線でも運用され、1994年12月のダイヤ改正までは東北本線北上 - 盛岡間、1996年3月のダイヤ改正までは田沢湖線、2002年12月のダイヤ改正までは東北本線(現・いわて銀河鉄道線)好摩 - 沼宮内間でも運用されていた。花輪線・山田線へのキハ110系列投入によって、2006年度中に15両、2007年度中に4両がそれぞれ廃車され、ジョイフルトレイン「Kenji」とキハ58 75を除いた同センターのキハ58系は全廃となった。
    • 2007年度まで残存していた車両については、すべて車体更新・近郊化工事(車端部座席のロングシート化)が施工されていた。
  • キハ58系気動車「kenji」
  • キハ52形気動車
    • 17両が配置されていた。末期は、花輪線・山田線盛岡 - 宮古間・岩泉線・東北本線日詰 - 盛岡間といわて銀河鉄道線盛岡 - 好摩間で運用されていたが、キハ58系と同様にキハ110系列の投入に伴い花輪線・東北本線・いわて銀河鉄道線からは2007年3月18日ダイヤ改正で、山田線と岩泉線からは2007年11月24日をもってそれぞれ撤退し定期運用が消滅した。過去には山田線釜石 - 宮古間や東北本線北上 - 沼宮内間でも運用されていた。前述のキハ110系列の転入で2006年度中に5両、2007年度中に12両が廃車され全廃となった。
  • キハ22形気動車
  • キハ40系気動車
    • 東北本線北上 - 沼宮内間と田沢湖線で主に運用されていた。
  • ソ80形貨車
    • 事故救援用としてソ91が配置されていた。塗装は緑色で2001年に廃車。JRが保有する最後のソ80形であった。
  • チキ6000形貨車
    • レール輸送用長物車。4両が配置されていたが、2014年5月30日付で廃車された[29]
  • 50系客車
    • 東北本線一ノ関 - 青森間と八戸線八戸 - 間で運用されていた。1993年12月のダイヤ改正で八戸線から撤退、1994年12月のダイヤ改正で東北本線盛岡以南は701系に置き換え、1996年3月のダイヤ改正で東北本線盛岡以北も701系に置き換えられた。
  • EF81形電気機関車
    • 青森車両センターとの統合により当区へ転属となったEF81 137の1両が所属していたが、同年6月4日付で廃車扱いになり全廃となった[20][30]

付記編集

盛岡 - 当センター間の入出庫線は当初は複線であったが、西側の線路が秋田新幹線用地に転用され現在は単線となっている。駅区境界を過ぎ当センターに入ったところで複線となる。複線区間の西側線路が「引上線」、東側線路が「授受線」と名称があるがいずれも運転方向を限定せず出入庫が可能なため、臨機応変に使用されている(出区時間が近接している2車両が両線路に並列で出区待ちをする等)。その後線路は扇形に分かれ、西からIGR運輸管理所への電化単線、気動車を留置する非電化の線路群、電車を留置する電化の線路群、検修庫(電化)へと進んでいく。当センター構内のポイント扱いは大半が手動扱いであり、同センター社員および同センターより業務を受託しているJR盛岡鉄道サービス盛岡運転営業所の入換担当者がポイントの転換操作を実施している。

盛岡駅0 - 7番線の線路は全て当センターへの出入区が可能な配線となっており、入区時は各番線から渡り線 - 入出庫線を経て授受線または引上線へ、出区時はその逆の順に線路を走行する。授受線および引上線に入線した車両は走行方向を問わず一旦停止が必須であるが、出庫車は同時に列車交換(IGR上下本線の通過待ちおよび入区車の到着待ち)を行う場合がある。このため途中にある境田川原踏切は、IGR線上下線と当センター授受線・引上線の合わせて4本の線路を渡る関係上、他の踏切より遮断時間が長く警報機の鳴る頻度も多い(踏切内は大型車通行禁止、乗用車のすれ違い不可)。このため歩行者・自転車は南側にある地下道を利用するよう案内されている。

また「SL銀河」運行開始に先立ち2014年1月、SLを収容するための検修庫が供用開始された。所在地は盛岡駅の南西に位置する盛岡市盛岡駅西通2丁目で、盛岡運輸区に隣接した土地であるが、検修庫周辺は当センターの管轄下とされた。転車台も備え付けられており、これは旧盛岡機関区の扇形機関庫で使用され、機関庫が解体された後もその場に放置されていたものを復活させている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2019冬 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2018年、pp.22-23。
  2. ^ a b ジェー・アール・アール編『JR気動車客車編成表』2018 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2018年。
  3. ^ a b JR旅客会社の車両配置表」、『鉄道ファン』59巻(通巻699号(2019年7月号))、交友社 pp. 4,14-16(所属分、別冊付録)
  4. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第8号、鉄道ジャーナル社、1987年7月、 83頁。
  5. ^ 交友社『鉄道ファン』2002年1月号、p.13
  6. ^ a b c d e JR現業機関一覧表、p.223。
  7. ^ 鉄道ファン編集部、2003、「JRグループ 車両データバンク(2002-2003)」、『鉄道ファン』43巻通巻507号(2003年7月号)、交友社 p. 89
  8. ^ a b c ジェー・アール・アール編 (2017年5月) (日本語). JR電車編成表2017夏. 交通新聞社. p. 22. ISBN 978-4330787176. http://shop.kotsu.co.jp/shopdetail/000000002112/. 
  9. ^ 事業所紹介 - 車両メンテナンス - 事業紹介”. JR東日本テクノロジー. 2019年5月27日閲覧。
  10. ^ 伊藤久巳、2017、「首都圏を走るE231系の機器更新工事と転用改造工事を担当する JR東日本 青森改造センター」、『鉄道ファン』57巻(通巻680号(2017年12月号))、交友社 pp. 74-77
  11. ^ a b c 新井 正、2019、「JR東日本車両詳報 車両追跡 第14回「2018年冬」」、『J-train』Vol.73、イカロス出版 pp. 112,116-117
  12. ^ ジョイフルトレインなど回送、運休等の場合には当センターに一時留置、整備される。
  13. ^ AERA Mook (2011) (日本語). 震災と鉄道 全記録. 朝日新聞出版. p. 40. ISBN 9784022744425. (被災全線・全列車・全駅)
  14. ^ 被災列車の注記、p.54。
  15. ^ 鉄道ファン編集部、2017、「JR旅客会社の車両配置表」、『鉄道ファン』57巻(通巻675号(2017年7月号))、交友社 p. 35(東日本旅客鉄道・転属分、別冊付録)
  16. ^ 白土裕之、2013、「JR東日本 3月16日ダイヤ改正 車輌の動き」、『レイルマガジン』(通巻357号(2013年6月号))、ネコ・パブリッシング[要ページ番号]
  17. ^ なおキハ111・112形2両編成1本(キハ111-2・112-2)はもと小海線営業所所属であったキハ110-105共々「Tohoku Emotion」への改造完了と同時に八戸運輸区へ転属した。同時にジョイフルトレインの区分番号である700番台を与えられた。(JR車両 配置表・八戸運輸区分、p.55。
  18. ^ 白土裕之、2016、「平成28年3月26日ダイヤ改正にともなう JR東日本 車両の動き」、『鉄道ファン』56巻(通巻662号(2016年6月号))、交友社 p. 113
  19. ^ ジェー・アール・アール編 (2017年5月) (日本語). JR電車編成表2017夏. 交通新聞社. p. 356. ISBN 978-4330787176. http://shop.kotsu.co.jp/shopdetail/000000002112/. 
  20. ^ a b 鉄道ファン編集部、2017、「JR旅客会社の車両配置表」、『鉄道ファン』57巻(通巻675号(2017年7月号))、交友社 p. 34(東日本旅客鉄道・廃車分、別冊付録)
  21. ^ JR東日本車両のうごき(平成30年10月分)」、『鉄道ファン』59巻(通巻694号(2019年2月号))、交友社 p. 180(廃車分)
  22. ^ 485系3000番台が郡山へ”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2018年10月9日). 2018年10月10日閲覧。
  23. ^ 2018年10月9日までの配給輸送の記事で「A5編成のモハ485-3047+モハ484-3047」であることを確認している[22]
  24. ^ 鉄道ファン編集部、2019、「JR東日本車両のうごき(2019年1月分)」、『鉄道ファン』59巻(通巻697号(2019年5月号))、交友社 p. 168
  25. ^ JR旅客会社の車両配置表」、『鉄道ファン』59巻(通巻699号(2019年7月号))、交友社 p. 35(別冊付録、廃車分)
  26. ^ 「kenji」が土崎へ”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2018年9月26日). 2019年1月16日閲覧。
  27. ^ JRグループ 車両のデータバンク 2018上半期」、『鉄道ファン』59巻(通巻694号(2019年2月号))、交友社 p. 193
  28. ^ 新井 正、2019、「JR東日本車両詳報 車両追跡 第13回」、『J-train』Vol.72、イカロス出版 pp. 124,126-127
  29. ^ 鉄道ファン編集部、2015、「JR旅客会社の車両配置表」、『鉄道ファン』55巻(通巻651号(2015年7月号))、交友社 p. 39(東日本旅客鉄道・廃車分、別冊付録)
  30. ^ ジェイ・アール・アール、2016、「JR車両のうごき(2016年4月1日〜6月30日)」、『鉄道ダイヤ情報』45巻(通巻389号(2016年9月号))、交通新聞社 p. 81(廃車車両)

参考文献編集

座標: 北緯39度42分42.9秒 東経141度7分24.4秒