メインメニューを開く

立川 こはる(たてかわ こはる、1982年10月7日 - 、本名:廣瀬麻美)は、日本の女流落語家である[1][2]落語立川流所属で、立川談春の一番弟子[1]。出囃子は「不思議なポケット」[1][3]

立川 こはるたてかわ こはる
立川 こはる
丸に左三蓋松は、立川流の定紋である。
本名 廣瀬 麻美
(ひろせ まみ)
生年月日 (1982-10-07) 1982年10月7日(36歳)
出身地 日本の旗 日本東京都港区
師匠 立川談春
名跡 1. 立川こはる(2006年 - )
活動期間 2006年 -
活動内容 落語家
公式サイト 立川こはる

目次

来歴編集

東京都港区出身[1]港区立青南小学校青山学院中等部・高等部東京農工大学農学部を経て[4]、東京農工大学大学院を中退[5]

2006年3月、立川談春に入門する[1]。前座名「こはる」。大学2年の時、談春の「髪結新三」や「らくだ」を観て衝撃を受けたのが、談春に入門したきっかけである[5]。大師匠の談志には入門から1年経過するまで男性だと思われていた[6]2012年、二ツ目昇進[1]

出演編集

テレビ編集

イベント編集

  • 週プレ酒場ならではの女流落語会(2017年、歌舞伎町・週プレ酒場)[6]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f プロフィール(公式サイト)”. 2015年12月29日閲覧。
  2. ^ 立川こはる(キラエンタテイメント)”. 2015年12月29日閲覧。
  3. ^ Marsのブログ. “こはるパラダイス on のげシャーレ”. yahooブログ. 2018年7月1日閲覧。 “「不思議なポケット」は、立川談大(2010年11月死去)が使っていた出囃子である。”
  4. ^ 立川こはる(かぐらざか・あかぎ寄席、archive.is)”. 2015年12月29日閲覧。
  5. ^ a b 「〇〇があれば、細かいルールを気にしない勇気があっていい」女流落語家・立川こはる”. リクナビNextジャーナル (2016年4月20日). 2019年5月22日閲覧。
  6. ^ a b 評判の女流落語家3名が週プレ酒場に! 談志に男と間違われ、元アイドル候補生、ピンク落語…三者三様の個性がキラリ☆”. 週プレNEWS (2017年8月8日). 2017年10月25日閲覧。

外部リンク編集