メインメニューを開く

竹内純子(たけうち すみこ、1971年 - )は、NPO法人国際環境経済研究所理事、21世紀政策研究所副主査。元東京電力社員。

概要編集

  • 1994年東京電力株式会社入社。
  • 1999年、東京電力初の「人材公募」に応募。東京電力は尾瀬の土地の7割を所有しており、竹内は尾瀬の湿原の保護の業務に携わった。同氏は尾瀬保護財団の設立メンバーでもある(設立は1995年、事実要確認)。東京電力の所有する尾瀬戸倉山林は、2009年8月にフォレストック認定を、2010年2月にFSC認証を取得している。木道(全長65km)、公衆トイレ等の公共的施設の整備や、荒廃した湿原の回復作業に取り組む一方、「みんなの尾瀬をみんなでまもる」を提唱し、尾瀬戸倉山林における「ブナ植林ボランティア」、尾瀬のゴミを拾う「グリーンボランティア」など、市民と共同した活動を積極的に展開した。
  • 2011年末退社し、NPO法人国際環境経済研究所主席研究員に就任。また21世紀政策研究所で森嶌昭夫名古屋大学名誉教授が主査を務める原子力損害賠償・事業体制検討委員会の副主査を務める。その他、企業の環境対策・広報・CSRなどについて特に原子力問題(損害賠償法制)や再生可能エネルギー問題、ドイツのエネルギー事情を中心に研究・提言を行っている。後に飯田哲也がドイツの再生可能エネルギー事情について否定的に紹介した川口マーン惠美を「厚顔無恥」と批判したのに対して、竹内は川口を擁護、飯田を批判した[1]

出演編集

著書編集

論文編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集