航研機

Tokyo Imperial University,Gasuden Koken.jpg

航研機(こうけんき)は、東京帝国大学(現・東京大学)附置航空研究所が設計し、飛行は大日本帝国陸軍の協力のもと、1938年昭和13年)に長距離飛行の世界記録を作った実験機である。

名称編集

元々本機には名前という物はなく、新聞等で書かれた「航空研究所試作長距離機」の略称である「航研機」の名が広まり、それが正式名称(制式名称)のように使われている[1]。そのため、記録樹立時に製作された記録映画でも、英名は「Koken Long-range monoplane(直訳では、航研長距離単葉機)」となっている。通称:真紅の翼。

開発編集

東京帝国大学付属航空研究所1918年(大正7年)に設立された航空技術の基礎研究を行う帝大附属の研究所であった[2][3]第一次世界大戦で航空機が活躍しその軍事的な意義が認知されると、日本政府は1921年(大正10年)から航空研究施設の拡充を五カ年計画により図ることとなり[2][3]山川健次郎東京帝国大学総長の後援により、同年に大学附置研究所へと改称され独立した官制を持つこととなって、研究所は帝大付属の位置を改めている[3]1932年(昭和7年)頃、栖原豊太郎の発案により一部の研究者がディーゼルエンジンを開発して、2年で長距離飛行世界記録を獲得する計画をたてて文部省に承認された[4]

航研機の開発は、1933年(昭和8年)から和田小六所長のもと、田中敬吉小川太一郎らを中心に具体的に始められた[5]

しかし研究中のディーゼルエンジンはほとんど研究段階であり、実用レベルに程遠いものであった。そこで、既存のガソリンエンジンを改造して採用するなど比較的堅実な技術を採用した長距離世界記録樹立が検討された[5]。1932年(昭和7年)12月に設計に関して最初の会議が行われ、1933年(昭和8年)8月に基礎設計が始まった。1934年(昭和9年)からは、東京瓦斯電気工業による計算、製図および実物模型の製作による具体的な設計が始まり、1937年(昭和12年)3月31日に機体製作を完了した[6]4月1日には、完成した機体が東京飛行場に運び込まれ、4月24日および5月21日に地上滑走試験を実施。5月25日藤田雄蔵陸軍航空兵少佐[註 1]の操縦で初飛行した[7]

6月から7月まで機体各部の改修ならびに点検作業が行われながら試験飛行が行われたが、7月31日の試験飛行において脚引込装置の故障のため機体一部を損傷。翌8月中に機体を修理して、9月4日木更津飛行場に空輸し、燃料タンク残量試験、燃料消費量試験および10時間飛行を行った。10月にかけて尾翼の一部の改修と燃料タンクの改造を行い、11月5日に木更津飛行場において速度検定飛行を行った。11月13日、12年度第一次周回飛行を行ったが、脚引込装置の故障によって中断。脚操作試験飛行などの実験飛行を行った。翌1938年(昭和13年)1月から3月まで一時作業を中止し、4月20日から各種性能試験を行った。

構造編集

 
航験機搭載エンジン。

機体の組立ては、飛行機製作に進出しようとしていた東京瓦斯電気工業の大森工場で行われた[7]。主翼は単桁構造で特許を取得していた[8]胴体ジュラルミン主翼尾翼動翼部は羽布張りとし、羽布張りの箇所は不時着時の発見を容易にするために赤い塗料が塗られていた[8]。主翼内には主翼の形に合わせた大容量の燃料タンクが左右7個ずつ合計14個収められ、総容量は7,500Lにおよんだ。機体はできるだけ空気抵抗が無いように作られ、支柱や張線の無い片持式が用いられ、国産機で初めて広範囲に沈頭鋲が用いられた[9]着陸装置(脚)は手動による完全引込式で長距離実験機としては世界初の構造であった[7][8]操縦席も風防を折りたたみ式にして着陸時に顔を出すことができ[10]離着陸時以外は機体左右の窓を見ながら操縦するようになっていた[11]ピトー管は主翼に固定されたものと胴体下部から吊りおろすものが装備され、それぞれの数値から速度を割り出すようになっていた。

プロペラ風洞試験での結果を基に二翅式が選ばれ、当時九二式戦闘機などで実績があった日本楽器(現・ヤマハ)によって SW1 型木製二翼被包式が製造された。エンジンは川崎航空機BMW IV水冷エンジンを改造し、排気に外気を送り込んで冷却する希薄燃焼により燃費を原型から20 %改善したものが開発され、1936年(昭和11年)9月1日から第1次120時間耐久運転、1937年(昭和12年)3月27日から第2次93時間耐久運転を行い、いずれの試験もクリアして採用された。パイロットの負担軽減のため、原始的な自動操縦装置を搭載した[12]

食料は長距離無着陸に備え、バナナサイダーなどの保存性の良い食料が選ばれたほか、乾かないようパラフィン紙で包んだもの[13]や金属チューブ入りの流動食も使用された。

世界記録編集

 
飛行中の航研機

周回飛行コースは木更津飛行場を離陸し銚子(犬吠埼灯台)→太田中島飛行機太田製作所本館)、平塚(当時平塚市役所の近くにあった航空灯台)→木更津(木更津飛行場の中心)の一周401.759kmの周回コースを飛行するものであった[14]。各周回地点には目印に白い布で作られた布板が設置され、夜間は発煙信号(実際には現代の噴出花火に近い)を焚いて目印とした。パイロット(操縦者)は藤田雄蔵航空兵少佐、副操縦士は高橋福次郎航空兵曹長機関士は関根近吉技手であった[15]

1937年(昭和12年)11月13日に12年度第一次の周回飛行を行ったが、脚引込装置の故障によって脚が完全に引き込まれず、9時間40分の飛行後周回飛行を中止し、木更津に着陸した。

1938年(昭和13年)5月10日、13年度第一次周回飛行が実施されたが、周回飛行中に自動操縦装置が故障。止むを得ず周回5周10時間21分の飛行後、全重量8,000kgのまま木更津に着陸した。

3日後の5月13日、13年度第二次周回飛行が実施された。航研機は午前4時55分に木更津飛行場を離陸[16][17]5月15日までに周回飛行コースを62時間22分49秒で29周し、周回航続距離11,651.011kmと1万kmコース平均速度186.197km/時の2つの世界記録を樹立した[6][7][18]。なおこの記録は、日本航空史において唯一国際航空連盟によって現在まで公式に認定されたものである[6]

それまでの周回長距離飛行の世界記録は、1932年のフランスブレリオ 110機の10601kmであった[19]。なおこの世界記録は1938年、イタリアサヴォイア・マルケッティ SM.75機によって破られる。

記録樹立後編集

航研機の世界記録達成は日本全国に大々的に報じられた。逓信省(現在の日本郵政)は、1939年(昭和14年)に世界記録樹立を宣伝するために航研機を描く普通切手を発行した。なお当切手は日本国産の航空機が初めて登場したものであった。

第二次世界大戦が終わるまで羽田で保存されていたが、駐留してきた連合国軍により軍用機と見なされ、飛行場内にあった鴨池に破棄された。現在も鴨池があった地点に埋まっていると考えられている。

現存する施設・レプリカ編集

航研機のレプリカ青森県立三沢航空科学館に展示されている。荷重試験を行なった施設や設備は、東大航空研究所のあった場所にできた東大駒場の先端研こと東京大学先端技術研究センターに20世紀末までは残されていた。なお、同センターの食堂(2階建ての白い建物)はYS-11を設計していた輸送機研究会の元事務所で、敷地外からもうかがえる。

また、日野自動車1988年(昭和63年)に制作し、2002年(平成14年)に大田区に寄贈した模型が大田区立郷土博物館にある。

諸元編集

 
航研機を描いた12銭普通切手
  • 全長:15.06 m[20]
  • 全幅:27.93 m[20]
  • 全高:3.6 m[20]
  • 主翼面積:87.3 平方メートル(空力有効面積)[20]
  • 自重:4,225 kg(固定装備含む)[20]
  • 全備重量:9,200 kg[20]
  • 発動機:川崎 BMW 液冷V型12気筒ガソリンエンジン 800 hp×1[21]
  • 燃料消費率:180 g/PS・h[22]
  • 燃料総容量:7,500 l[20]
  • 最大航続時間:80 時間
  • 航続距離:13,000 km[17]
  • 最大速度:260 km/h
  • 巡航速度:180-200 km/h[17]
  • 乗員:3 名

脚注編集

[脚注の使い方]

註釈編集

  1. ^ 世界初の戦略偵察機となる司令部偵察機(九七式司令部偵察機)の考案者の一人。

出典編集

  1. ^ “航研機 こうけんき”, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典, Britannica Japan, (2014), https://megalodon.jp/2019-0427-0228-27/https://kotobank.jp:443/word/航研機-178009 
  2. ^ a b 一 大学・研究機関等の設置と拡充”. 学制百年史. 文部科学省. 2019年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月27日閲覧。
  3. ^ a b c 先端研(2007年)9頁
  4. ^ 富塚清『航研機』97-98頁
  5. ^ a b 富塚清『航研機』103-104頁
  6. ^ a b c 落合一夫, “航研機 こうけんき”, 日本大百科全書(ニッポニカ), 小学館, https://megalodon.jp/2019-0427-0228-27/https://kotobank.jp:443/word/航研機-178009 
  7. ^ a b c d A-5 航研機 The Kokenki endurance flight”. 青森県立三沢航空科学館. 2019年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月27日閲覧。
  8. ^ a b c 富塚清『航研機』132-134頁
  9. ^ 富塚清『航研機』135-136頁
  10. ^ 富塚清『航研機』137頁
  11. ^ 富塚清『航研機』159-160頁
  12. ^ 富塚清『航研機』161-162頁
  13. ^ 富塚清『航研機』162-163頁
  14. ^ 富塚清『航研機』164-165頁
  15. ^ 富塚清『航研機』190頁
  16. ^ 富塚清『航研機』173頁
  17. ^ a b c 木村秀政・田中祥一、1997年、116-117頁
  18. ^ 富塚清『航研機』本文前写真
  19. ^ 富塚清『航研機』169-170頁
  20. ^ a b c d e f g 富塚清『航研機』157頁
  21. ^ 富塚清『航研機』121頁
  22. ^ 富塚清『航研機』145頁

参考文献編集

  • 富塚清『航研機』三樹書房 ISBN 4895224740
  • 木村秀政・田中祥一『日本の名機100選』文春文庫 ISBN 4-16-810203-3 1997年
  • 序章 前史」『東京大学先端科学技術研究センター二十年史 : ある一部局の自省録』(PDF)東京大学先端科学技術研究センター 編、東京大学先端科学技術研究センター、2007年10月。全国書誌番号:21371105

関連項目編集

外部リンク編集