英国アカデミー賞 フェローシップ賞

英国アカデミー賞 フェローシップ賞(えいこくアカデミーしょう フェローシップしょう、: BAFTA Fellowship)は、英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)が映画テレビゲームの分野で多大な貢献をした人物に授与する生涯功労賞である[1][2][3]アカデミー・フェローシップ賞(Academy Fellowship)とも表記される[4][5]。この賞はBAFTAが英国アカデミー賞で授与する最高栄誉賞であり、1971年に映画監督のアルフレッド・ヒッチコックが最初に受賞して以来、毎年授与されている[1][2][5]

英国アカデミー賞 フェローシップ賞
受賞対象映画、テレビ、ゲームの分野で多大な貢献をした人物
イギリスの旗 イギリス
主催英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)
初回1971年
公式サイトbafta.org

フェローシップ賞の受賞者はイギリス人アメリカ人が多数を占め、ヨーロッパのほかの国からも数人受賞している[6][7]。アジア人の受賞者は3人しかいないが、うち2人は日本人で、2010年にゲームプロデューサーの宮本茂2020年にゲームデザイナーの小島秀夫が受賞した[1][8]。また、1999年受賞のコメディチームのモーカム&ワイズ英語版と、2000年受賞のスタンリー・キューブリックは没後受賞者となり[9][10]2002年受賞の映画製作会社マーチャント・アイボリー・プロダクション英語版は最初の団体での受賞者となった[11]

受賞者の一覧編集

※ 以下の表に示す年は、受賞対象年(受賞年度)ではなく、賞の授与が行われた年(授賞式の開催年)である。

国籍 受賞者 分野 ノート 出典
1971   イギリス   アルフレッド・ヒッチコック 映画 映画監督、映画プロデューサー [12]
1972   イギリス
フレディ・ヤング 映画 撮影監督 [6]
1973   イギリス
グレース・ウィンダム・ゴールディ英語版 テレビ テレビプロデューサー [6]
1974   イギリス   デヴィッド・リーン 映画 映画監督、映画プロデューサー、脚本家、編集技師 [13]
1975   フランス   ジャック=イヴ・クストー 映画 映画監督、探検家、生態学者 [6]
1976   イギリス   チャールズ・チャップリン 映画 映画監督、俳優、脚本家、映画プロデューサー、作曲家、編集技師 [12]
  イギリス   ローレンス・オリヴィエ 映画 俳優、映画監督、映画プロデューサー [12]
1977   イギリス
デニス・フォーマン英語版 テレビ 英国映画協会グラナダTVの代表 [6]
1978   アメリカ合衆国   フレッド・ジンネマン 映画 映画監督 [6]
1979   イギリス
ルー・グレイド英語版 テレビ メディア王 [14]
  イギリス   ハウ・ウェルドン英語版 テレビ ニュースキャスター [6]
1980   イギリス   デイビッド・アッテンボロー テレビ 司会者、動物学者 [15]
  アメリカ合衆国   ジョン・ヒューストン 映画 映画監督、脚本家、俳優 [6]
1981   フランス   アベル・ガンス 映画 映画監督、映画プロデューサー [6]
  イギリス   マイケル・パウエル 映画 映画監督、パウエル&プレスバーガー英語版のメンバー [16]
  イギリス
エメリック・プレスバーガー 映画 脚本家、映画監督、映画プロデューサー、パウエル&プレスバーガーのメンバー [16]
1982   ポーランド   アンジェイ・ワイダ 映画 映画監督 [6]
1983   イギリス   リチャード・アッテンボロー 映画 俳優、映画監督、映画プロデューサー [17]
1984   イギリス
ヒュー・グリーン英語版 テレビ ジャーナリスト、テレビ放送局幹部 [6]
  オーストリア   サム・スピーゲル 映画 映画プロデューサー [6]
1985   イギリス
ジェレミー・アイザックス英語版 テレビ テレビプロデューサー、テレビ放送局幹部 [6]
1986   アメリカ合衆国   スティーヴン・スピルバーグ 映画 映画監督、脚本家、映画プロデューサー [12]
1987   イタリア   フェデリコ・フェリーニ 映画 映画監督 [13]
1988   スウェーデン   イングマール・ベルイマン 映画 映画監督、脚本家、映画プロデューサー [13]
1989   イギリス   アレック・ギネス 映画 俳優 [6]
1990   イギリス
ポール・フォックス英語版 テレビ テレビ会社幹部 [6]
1991   フランス
ルイ・マル 映画 映画監督 [6]
1992   イギリス   ジョン・ギールグッド 映画 俳優 [18]
  イギリス
デヴィッド・プロウライト英語版 テレビ テレビプロデューサー、テレビ会社幹部 [19]
1993   イギリス
シドニー・サミュエルソン英語版 映画 最初の英国映画委員 [20]
  アメリカ合衆国
コリン・ヤング英語版 映画 国立映画テレビ学校英語版の初代校長 [6][21]
1994   イギリス   マイケル・グレード英語版 テレビ テレビ放送局幹部 [6]
1995   アメリカ合衆国   ビリー・ワイルダー 映画 映画監督、脚本家、映画プロデューサー [13]
1996   フランス   ジャンヌ・モロー 映画 女優、映画監督、脚本家 [22]
  イギリス   ロナルド・ニーム 映画 撮影監督、映画監督、脚本家、映画プロデューサー [6]
  イギリス
ジョン・シュレシンジャー 映画 映画監督 [6]
  イギリス   マギー・スミス テレビ 女優 [6]
1997   アメリカ合衆国   ウディ・アレン 映画 映画監督、脚本家、俳優、劇作家 [13]
  アメリカ合衆国   スティーヴン・ボチコ英語版 テレビ 脚本家、テレビプロデューサー [6]
  イギリス   ジュリー・クリスティ 映画 女優 [6]
  アメリカ合衆国
オズワルド・モリス 映画 撮影監督 [6]
  イギリス   ハロルド・ピンター 映画 劇作家、俳優、映画監督、脚本家 [23]
  アメリカ合衆国   デヴィッド・ローズ テレビ 音楽家 [6]
1998   イギリス   ショーン・コネリー 映画 俳優 [24]
  イギリス
ビル・コットン英語版 テレビ テレビプロデューサー [25]
1999   イギリス
エリック・モーレキャンベ英語版 テレビ 俳優、モーカム&ワイズ英語版のメンバー [26]
  イギリス
アーニー・ワイズ英語版 テレビ 俳優、モーカム&ワイズのメンバー [26]
  イギリス   エリザベス・テイラー 映画 女優 [12]
2000   イギリス   マイケル・ケイン 映画 俳優 [9]
  アメリカ合衆国   スタンリー・キューブリック 映画 映画監督、脚本家、映画プロデューサー、撮影監督 [9]
  イギリス   ピーター・バザルゲッテ英語版 テレビ メディア専門家 [27]
2001   イギリス   アルバート・フィニー 映画 俳優 [28]
  イギリス
ジョン・ソウ テレビ 俳優 [29]
  イギリス   ジュディ・デンチ 映画 女優 [30]
2002   アメリカ合衆国   ウォーレン・ベイティ 映画 俳優、映画監督、脚本家、映画プロデューサー [31]
マーチャント・アイボリー・プロダクション英語版 映画 映画監督のジェームズ・アイヴォリーと映画プロデューサーのイスマイル・マーチャントが設立した映画製作会社
最初の団体での受賞者
[32]
  イギリス
アンドリュー・デイヴィス英語版 テレビ 作家、脚本家 [12]
  イギリス   ジョン・ミルズ 映画 俳優 [33]
2003   アメリカ合衆国
ソウル・ゼインツ 映画 映画プロデューサー [34]
  イギリス
デヴィッド・ジェイソン テレビ 俳優 [35]
2004   イギリス   ジョン・ブアマン 映画 映画監督 [36]
  アメリカ合衆国
ロジャー・グレーフ英語版 映画 映画監督 [37]
2005   イギリス   ジョン・バリー 映画 作曲家 [38]
  イギリス   デービッド・フロスト テレビ 司会者、作家、ジャーナリスト [12]
2006   イギリス   デヴィッド・パットナム 映画 映画プロデューサー [39]
  イギリス   ケン・ローチ テレビ 映画監督 [40]
2007   イギリス
アン・V・コーツ 映画 編集技師 [41]
  イギリス   リチャード・カーティス 映画 脚本家、映画監督、俳優、音楽プロデューサー [12]
  アメリカ合衆国   ウィル・ライト ゲーム ゲームクリエイター、マクシスの共同創設者 [42]
2008   イギリス   アンソニー・ホプキンス 映画 俳優 [12]
  イギリス   ブルース・フォーサイス英語版 テレビ エンターテイナー、司会者 [43]
2009   イギリス   ドーン・フレンチ テレビ 女優、コメディエンヌ [12]
  イギリス   ジェニファー・ソーンダース テレビ 女優、コメディエンヌ [12]
  イギリス   テリー・ギリアム 映画 映画監督、脚本家、モンティ・パイソンのメンバー [44]
  アメリカ合衆国   ノーラン・ブッシュネル ゲーム ゲームデザイナー、アタリの創設者 [45]
2010   イギリス   ヴァネッサ・レッドグレイヴ 映画 女優 [46]
  日本   宮本茂 ゲーム 任天堂のゲームプロデューサー [8]
  イギリス   メルヴィン・ブラッグ英語版 テレビ 作家、アナウンサー [47]
2011   イギリス   クリストファー・リー 映画 俳優 [48]
  イギリス   ピーター・モリニュー ゲーム ゲームデザイナー [49]
  イギリス
トレバー・マクドナルド英語版 テレビ ニュースキャスター [50]
2012   アメリカ合衆国   マーティン・スコセッシ 映画 映画監督、映画プロデューサー [51]
  オーストラリア   ロルフ・ハリス テレビ アーティスト、ミュージシャン、テレビ司会者
(ハリスは児童への性的虐待に対して有罪判決を受けたため、2014年6月30日に受賞が取り消された)
[52]
2013   イギリス   アラン・パーカー 映画 映画監督、脚本家 [53]
  アメリカ合衆国   ゲイブ・ニューウェル ゲーム ゲーム開発者、Valve Corporationの共同創設者 [54]
  イギリス   マイケル・ペイリン テレビ コメディアン、俳優、作家、司会者、モンティ・パイソンのメンバー [55]
2014   イギリス   ヘレン・ミレン 映画 女優 [56]
  イギリス
  アメリカ合衆国
  Rockstar Games ゲーム ゲーム開発者
(ダン・ハウザーサム・ハウザーレスリー・ベンジーズ、Aaron Garbutに授与された)
[57]
  イギリス   ジュリー・ウォルターズ テレビ 女優 [58]
2015   イギリス   マイク・リー 映画 映画監督、脚本家 [59]
  イギリス   デビッド・ブレイベン英語版 ゲーム ゲームプログラマー、デザイナー、フロンティア・デベロップメント英語版の創設者 [60]
  イギリス   ジョン・スノウ英語版 テレビ ジャーナリスト、テレビ司会者 [61]
2016   アメリカ合衆国
  バハマ
  シドニー・ポワチエ 映画 俳優、映画監督 [62]
  アメリカ合衆国   ジョン・D・カーマック ゲーム ゲームプログラマー、VR技術者、id Softwareの共同創設者 [63]
  イギリス   レイ・ガルトン英語版 テレビ コメディ作家 [64]
  イギリス   アラン・シンプソン英語版 テレビ コメディ作家 [64]
2017   アメリカ合衆国   メル・ブルックス 映画 俳優、映画監督、コメディアン [65]
  イギリス   ジョアンナ・ラムレイ英語版 テレビ 女優 [66]
2018   イギリス   リドリー・スコット 映画 映画監督、映画プロデューサー [67]
  アメリカ合衆国   ティム・シェーファー英語版 ゲーム ゲームデザイナー [68]
  イギリス   ケイト・エイディ英語版 テレビ ジャーナリスト [69]
2019   アメリカ合衆国   セルマ・スクーンメイカー 映画 編集技師 [70]
  イギリス   ジョーン・ベイクウェル英語版 テレビ ジャーナリスト、ニュースキャスター [71]
2020   アメリカ合衆国   キャスリーン・ケネディ 映画 映画プロデューサー [72]
  日本   小島秀夫 ゲーム ゲームデザイナー、コジマプロダクションの創設者 [73]
2021   台湾   アン・リー 映画 映画監督、脚本家、映画プロデューサー [74]
  イギリス   シボーン・レディ英語版 ゲーム メディアモレキュールのスタジオディレクター [75]

脚注編集

  1. ^ a b c Priestman, Chris (2020年2月28日). “小島秀夫が英国アカデミー賞で最高の栄誉とされる賞を受賞”. IGN Japan. 2021年11月5日閲覧。
  2. ^ a b アン・リー監督が英国アカデミー最高賞「フェローシップ賞」に、華人で初の快挙”. Record China (2021年4月7日). 2021年11月5日閲覧。
  3. ^ リドリー・スコット、BAFTAフェローシップ賞受賞へ。”. VOGUE JAPAN (2018年2月2日). 2021年11月5日閲覧。
  4. ^ 本家オスカーを控え激戦、混戦! 英国アカデミー賞で『ハート・ロッカー』6冠”. cinemacafe.net (2010年2月23日). 2021年11月5日閲覧。
  5. ^ a b Anthony Hopkins Receives Academy Fellowship”. bafta.org (2008年2月10日). 2021年11月5日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y FellowshipBritish Academy of Film and Television Arts” (2012年). 2012年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月5日閲覧。
  7. ^ Full List of BAFTA Fellows”. bafta.org. 2021年11月5日閲覧。
  8. ^ a b Beaumont, Claudine (2010年2月24日). “Shigeru Miyamoto honoured by Bafta”. The Daily Telegraph (London). オリジナルの2011年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110312122325/http://www.telegraph.co.uk/technology/video-games/7306468/Shigeru-Miyamoto-honoured-by-Bafta.html 2011年2月14日閲覧。 
  9. ^ a b c “Kubrick and Caine honoured”. BBC News. (2000年4月9日). オリジナルの2009年1月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090114121322/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/707630.stm 2009年7月5日閲覧。 
  10. ^ “1999: Comedy genius Ernie Wise dies”. BBC News. (1999年3月21日). オリジナルの2009年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091021142243/http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/march/21/newsid_2525000/2525167.stm 2009年7月29日閲覧。 
  11. ^ “Merchant Ivory to get Bafta honour”. BBC News. (2002年2月18日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/1827438.stm 2009年7月5日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g h i j k Hastings, Chris (2009年4月18日). “Dawn French and Jennifer Saunders to be honoured by Bafta”. The Sunday Telegraph (London). オリジナルの2010年10月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101010030906/http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/celebritynews/5177701/Dawn-French-and-Jennifer-Saunders-to-be-honoured-by-Bafta.html 2009年7月5日閲覧。 
  13. ^ a b c d e Thorpe, Vanessa (2002年2月17日). “Bafta gives its top honour to Merchant Ivory”. The Guardian (London). オリジナルの2016年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160123035948/http://www.theguardian.com/uk/2002/feb/17/film.filmnews?gusrc=rss&feed=film 2009年7月5日閲覧。 
  14. ^ Newcomb, Horace (7 October 2004). Encyclopedia of Television (2 ed.). Routledge. p. 1019. ISBN 1-57958-394-6 
  15. ^ Newcomb, Horace (7 October 2004). Encyclopedia of Television (2 ed.). Routledge. p. 157. ISBN 1-57958-394-6 
  16. ^ a b Hansen, Stephen L.. “Powell, Michael, and Emeric Pressburger”. International Directory of Film and Filmworkers. オリジナルの2012年1月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120119133606/http://findarticles.com/p/articles/mi_gx5212/is_2000/ai_n19128166/ 
  17. ^ Lord Attenborough Biography”. BAFTA (2008年5月29日). 2009年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月5日閲覧。
  18. ^ “A life in pictures: Sir John Gielgud”. BBC News. (2000年5月22日). オリジナルの2012年1月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120124220946/http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/759087.stm 2009年7月5日閲覧。 
  19. ^ “David Plowright”. The Independent (London). (2006年8月29日). オリジナルの2012年1月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120130161610/http://www.independent.co.uk/news/obituaries/david-plowright-413771.html 2009年7月6日閲覧。 
  20. ^ Klady, Leonard (1993年3月22日). “BAFTA can't decide between 'End,' 'Game'”. Variety. オリジナルの2012年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20120629190902/http://www.variety.com/article/VR105155.html?categoryid=19&cs=1 2009年7月5日閲覧。 
  21. ^ A short history of the National Film and Television School”. National Film and Television School. 2012年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月8日閲覧。
  22. ^ “Jeanne Moreau – Actor, Director, Screenwriter”. Variety. オリジナルの2009年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090616122408/http://www.variety.com/profiles/people/main/48551/Jeanne%2BMoreau.html?dataSet=1 2009年7月5日閲覧。 
  23. ^ Foster, Patrick (2008年12月26日). “Harold Pinter: 'The most loyal friend and generous human being'”. The Times (London). http://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/article5397992.ece 2009年7月5日閲覧。 
  24. ^ Robson, Ben (2008年8月21日). “The name's Connery, Sean Connery: the life of Scotland's James Bond”. The Times (London). オリジナルの2020年7月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200728142805/https://www.the-tls.co.uk/ 2009年7月5日閲覧。 
  25. ^ Kiss, Jemima (2008年8月12日). “Michael Grade leads tributes to BBC's Bill Cotton”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/media/2008/aug/12/bbc.television1 2009年7月5日閲覧。 
  26. ^ a b “Bafta Fellowship joy for Saunders”. BBC News. (2009年4月26日). オリジナルの2009年4月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090429200801/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/8019733.stm 2009年7月5日閲覧。 
  27. ^ “Israel flagging in Eurovision row”. BBC News. (2000年5月11日). オリジナルの2006年12月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061223225744/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/745115.stm 2009年7月5日閲覧。 
  28. ^ Davies, Hugh (2001年2月28日). “Delight at last as Billy Elliot boy conquers Hollywood gladiator”. The Daily Telegraph (London). オリジナルの2019年4月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190401165320/https://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1324156/Delight-at-last-as-Billy-Elliot-boy-conquers-Hollywood-gladiator.html 2009年7月5日閲覧。 
  29. ^ “Bafta honour for John Thaw”. BBC News. (2001年5月10日). オリジナルの2020年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201103144422/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/1324049.stm 2009年7月5日閲覧。 
  30. ^ “Dame Judi awarded Bafta fellowship”. The Guardian (London). (2001年11月20日). オリジナルの2014年5月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140509221434/http://www.theguardian.com/film/2001/nov/20/news 2009年7月5日閲覧。 
  31. ^ “Beatty made Bafta fellow”. BBC News. (2002年2月24日). オリジナルの2006年5月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060521102327/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/film/1836278.stm 2009年7月5日閲覧。 
  32. ^ “Merchant Ivory to get Bafta honour”. BBC News. (2002年2月18日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/1827438.stm 2009年7月5日閲覧。 
  33. ^ Hastings, Chris (2005年4月25日). “Sir John Mills was 'a charming, delightful and encouraging man'”. The Daily Telegraph (London). オリジナルの2012年4月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120409185324/http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1488553/Sir-John-Mills-was-a-charming-delightful-and-encouraging-man.html 2009年7月5日閲覧。 
  34. ^ “Stars speak out for peace”. BBC News. (2003年2月24日). オリジナルの2004年6月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040603071002/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/showbiz/2794459.stm 2009年7月5日閲覧。 
  35. ^ Heard, Chris (2003年10月13日). “Jason tribute rouses glitzy Baftas”. BBC News. オリジナルの2020年7月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200731064127/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/2945133.stm 2009年7月5日閲覧。 
  36. ^ “Rings rule at Bafta film awards”. BBC News. (2004年2月16日). オリジナルの2020年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201103144448/http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/3486533.stm 2009年7月5日閲覧。 
  37. ^ Gray, Sadie (2008年4月6日). “Roger Graef and his daughter, Chloe”. The Times (London). オリジナルの2020年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201103144423/https://www.the-tls.co.uk/ 2009年7月5日閲覧。 
  38. ^ Hastings, Chris (2005年2月13日). “Hollywood stars turn out in glittering force to see 'Aviator' take Best Film in Baftas”. The Daily Telegraph (London). オリジナルの2012年4月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120410020542/http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1483389/Hollywood-stars-turn-out-in-glittering-force-to-see-Aviator-take-Best-Film-in-Baftas.html 2009年7月5日閲覧。 
  39. ^ “Brokeback emerges as Bafta winner”. BBC News. (2006年2月19日). オリジナルの2007年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070321051908/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/4724066.stm 2009年7月5日閲覧。 
  40. ^ “Doctor Who is Bafta award winner”. BBC News. (2006年5月8日). オリジナルの2007年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071006032618/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/4982648.stm 2009年7月5日閲覧。 
  41. ^ BAFTA Fellowship for Anne Coates”. Guild of British Film and Television Editors. 2012年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月5日閲覧。
  42. ^ Terdiman, Daniel (2007年10月15日). “'Sims' creator Will Wright named BAFTA fellow”. CNET. 2009年7月5日閲覧。
  43. ^ Singh, Anita (2008年4月21日). “Gavin and Stacey wins top honours at Baftas”. The Daily Telegraph (London). オリジナルの2008年6月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080624185648/http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1896203/Gavin-and-Stacey-wins-top-honours-at-Baftas.html 2009年7月5日閲覧。 
  44. ^ “Gilliam to get Bafta fellowship”. BBC News. (2009年2月3日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/7866717.stm 2009年7月5日閲覧。 
  45. ^ Cellan-Jones, Roxy (2009年3月10日). “As it happened: Bafta Game Awards”. BBC News. オリジナルの2009年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090313062741/http://news.bbc.co.uk/1/hi/technology/7933672.stm 2009年7月5日閲覧。 
  46. ^ “Vanessa Redgrave is to receive Bafta Fellowship honour”. BBC News. (2010年2月11日). オリジナルの2012年8月28日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AFqSu22q?url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/8510229.stm 2011年2月14日閲覧。 
  47. ^ Melvyn Bragg – Academy Fellow in 2010BAFTA” (2010年6月1日). 2011年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月14日閲覧。
  48. ^ “Christopher Lee to receive Bafta Fellowship”. BBC News. (2011年2月8日). オリジナルの2011年2月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110210090142/http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-12395181 2011年2月14日閲覧。 
  49. ^ “Heavy Rain reigns at video game Baftas”. BBC News. (2011年3月17日). オリジナルの2011年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111024134104/http://www.bbc.co.uk/news/technology-12767026 2012年1月4日閲覧。 
  50. ^ “Trevor McDonald to receive Academy Fellowship at Television Baftas”. The Guardian (London). (2011年5月17日). オリジナルの2015年10月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151023172559/http://www.theguardian.com/tv-and-radio/2011/may/17/trevor-mcdonald-academy-fellowship-baftas 2012年1月4日閲覧。 
  51. ^ Martin Scorsese To Be Honoured With BAFTA Fellowship”. BAFTA. 2014年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月5日閲覧。
  52. ^ Rolf Harris to receive Bafta Fellowship”. BBC News (2012年5月2日). 2012年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月2日閲覧。
    - Fox, Aine (2014年6月30日). “Rolf Harris will be stripped of BAFTA Fellowship and could lose CBE from Queen”. Belfast Telegraph. 2014年6月30日閲覧。[リンク切れ]
  53. ^ Bafta: Director Sir Alan Parker on fellowship award”. BBC News (2013年2月8日). 2013年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月10日閲覧。
  54. ^ Valve boss Gabe Newell awarded Bafta fellowship”. BBC News (2013年2月26日). 2013年3月5日閲覧。
  55. ^ Michael Palin to receive Bafta fellowship”. BBC News (2013年5月3日). 2013年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  56. ^ Dame Helen Mirren to receive Bafta Fellowship”. BBC News (2014年2月15日). 2014年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月16日閲覧。
  57. ^ Tach, Dave (2014年3月3日). “Rockstar Games to receive BAFTA Fellowship award”. Polygon. 2014年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月14日閲覧。
  58. ^ Julie Walters: Bafta fellowship 'a huge honour'”. BBC News (2014年5月18日). 2014年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月18日閲覧。
  59. ^ Mike Leigh: BAFTA Fellowship in 2015”. BAFTA (2015年2月2日). 2015年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月8日閲覧。
  60. ^ Nutt, Christian (2015年3月12日). “BAFTA Awards honor Destiny, Monument Valley, and David Braben”. Gamasutra. 2015年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月13日閲覧。
  61. ^ Jon Snow to receive Bafta fellowship”. BBC News (2015年4月13日). 2015年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月6日閲覧。
  62. ^ Sidney Poitier to be Honoured with BAFTA Fellowship”. BAFTA (2016年1月12日). 2016年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月12日閲覧。
  63. ^ Doom creator John Carmack honoured with Bafta”. BBC News (2016年4月7日). 2016年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月8日閲覧。
  64. ^ a b Ray Galton and Alan Simpson to get Bafta fellowship”. BBC News (2016年5月5日). 2016年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月9日閲覧。
  65. ^ Mel Brooks to Receive BAFTA Fellowship”. Variety (2017年2月8日). 2017年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月8日閲覧。
  66. ^ 'Absolutely Fabulous' Star Joanna Lumley to Receive BAFTA Fellowship”. Variety (2017年5月3日). 2017年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月3日閲覧。
  67. ^ “Sir Ridley Scott gets top Bafta honour”. BBC News. (2018年1月31日). オリジナルの2019年7月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190720221644/https://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-42888673 2018年1月31日閲覧。 
  68. ^ Handrahan, Matthew (2018年2月21日). “Tim Schafer to receive BAFTA Fellowship”. GamesIndustry.biz. 2018年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月21日閲覧。
  69. ^ Kate Adie to receive Bafta Fellowship”. BBC News (2018年4月30日). 2018年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月10日閲覧。
  70. ^ Two time BAFTA-winning editor Thelma Schoonmaker to be honoured with BAFTA Fellowship”. BAFTA (2019年1月24日). 2019年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月28日閲覧。
  71. ^ Bafta TV Awards: Joan Bakewell on receiving the Fellowship”. BBC News (2019年5月12日). 2019年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月12日閲覧。
  72. ^ Kathleen Kennedy to receive BAFTA Fellowship” (英語). BAFTA. 2020年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月7日閲覧。
  73. ^ Hideo Kojima to receive BAFTA Fellowship”. BAFTA. 2020年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月27日閲覧。
  74. ^ Ground-breaking contemporary filmmaker Ang Lee to be honoured with BAFTA Fellowship” (英語). BAFTA. 2021年4月6日閲覧。
  75. ^ Siobhan Reddy to receive BAFTA Fellowship at the 2021 BAFTA Games Awards”. BAFTA. 2021年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月22日閲覧。

外部リンク編集