メインメニューを開く

旭町 (愛知県東加茂郡)

日本の愛知県東加茂郡の町

旭町(あさひちょう)は、愛知県東加茂郡に属していた

あさひちょう
旭町
Flag of Asahi Aichi.png Asahi Aichi chapter.png
町旗 町章
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 編入合併
旭町下山村豊田市足助町稲武町藤岡町小原村豊田市
現在の自治体 豊田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
東加茂郡
団体コード 23544-0
面積 32.11km2
総人口 3,553
(2004年9月1日)
隣接自治体 東加茂郡足助町稲武町西加茂郡小原村岐阜県恵那市
町の木 マツ
町の花 ツツジ
旭町役場
所在地 444-2892
愛知県東加茂郡旭町大字小渡字船戸15-1
Toyota City Hall Asahi branch ac.jpg
外部リンク

閉鎖

経度=東経137度21分44.4秒
Map.Asahi-Town.Aichi.PNG
 表示 ウィキプロジェクト

2005年(平成17年)4月1日、藤岡町小原村足助町下山村・旭町・稲武町の4町2村が豊田市へ編入合併され、旭町は廃止された。

目次

地理編集

 
旭町を流れる矢作川

愛知県の北東部に位置し、岐阜県と県境を接している。美濃三河高原の北西端に位置し、面積の81%は山林原野が占めている[1]矢作川の上流部に位置しており[2]、岐阜県との県境には矢作ダムと、それに伴う奥矢作湖が広がる。

最高標高地点は駒山(867m)であり、次いで日下部城址(739m)、旭高原(668m)である[1]。集落は標高120mから400mの間に点在しており、矢作川やその支流沿岸に多い[1]


  • 河川
矢作川
段戸川、明智川、阿妻川、介木川、大坪川、阿摺川(いずれも矢作川支流)
  • 湖沼
奥矢作湖
駒山(867m)、茶臼山、旭高原(668m)

隣接する自治体編集

歴史編集

沿革編集

  • 1906年(明治39年) - 能見村生駒村介木村築羽村が合併し旭村が発足。
  • 1907年(明治40年) - 旭村の地理的中心である太田に旭村役場が移転[3]
  • 1940年(昭和15年) - 旭村の交通や商業の中心である小渡に旭村役場が移転[4]
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 岐阜県恵那郡三濃村の一部(野原、浅谷)を編入[5]。全国初の越県編入合併だった[5]。三濃村の残部(横通)は岐阜県恵那郡明智町へ編入[5]
  • 1959年(昭和34年)9月26日 - 伊勢湾台風で農地や道路に甚大な被害を受ける[5]
  • 1967年(昭和42年)4月1日 - 旭村が町制施行して旭町が発足[6]。愛知県54番目の町[6]
  • 1970年(昭和45年)4月 - 全国776町村の一つとして過疎地域に指定されて過疎地域対策緊急措置法の適用を受ける[6]
  • 1971年(昭和46年) - 矢作ダムが完成[6]。旭村の108戸が奥矢作湖に沈む[6]
  • 1972年(昭和47年) - 豊田市を中心とする1市4町2村が豊田・加茂広域市町村圏に指定される[7]
  • 2005年(平成17年) - 旭町を含む4町2村が豊田市に編入合併されて旭町は廃止。

財政編集

  • 平成16年度(2004年度)
  • 人口 3523人 前年比 △1.1%(H17.3.31 住民基本台帳)
  • 指定団体の状況 山振、過疎
  • 財政力指数 0.44
  • 公債費比率 22.6%
  • 起債制限比率 18.9% 高い数値
  • 経常収支比率 112.0% (122.7% 減税補てん債及び臨時財政対策債除く) きわめて高い数値 財政の硬直化
  • 歳入総額 25億8424万円
  • 歳出総額 24億4695万円
  • 地方税歳入 6億4292万円(歳入のうち24.9%)
  • 地方交付税歳入 8億5900万円 (歳入のうち33.2%)
  • 地方債歳入 2億5340万円 (歳入のうち9.8%)
  • 人件費歳出 7億2315万円 (歳出のうち29.6%)
  • 公債費歳出 6億1188万円 (歳出のうち25.0%)
  • 職員数 一般職員 69人(うち技能労務職 7人)、教育公務員 3人 合計72人
    • 消防職は一部事務組合のため、形式上0人
  • 職員一人当たり人件費 1004万3764円
  • 人口1000人当たり職員数 20.44人 職員数が過剰
  • 地方債現在高 45億7857万円 (普通会計分のみ)

教育編集

交通編集

名所・旧跡・観光スポット編集

旭町は「水の郷百選」に選定されていた。

  • 旭高原元気村
  • 杉本の貞観スギ - 神明神社の境内にあるスギ。胸高約12m、根周囲約15m、樹高45mであり、愛知県最大[8]。国の天然記念物
  • 小渡劇場 - 昭和30年代にあった映画館。なお、1960年(昭和35年)の東加茂郡には、西盛座(足助町)、足助劇場(足助町)、弁天座(松平町)も含めて4館の映画館があった[注 1]
  • 奥矢作温泉郷
    • 小渡温泉 - 2011年時点では2軒の旅館が営業。愛知県では珍しいラドン温泉[10]。。
    • 榊野温泉 - 2018年時点では1軒の旅館が営業。近くにはスッポンの養殖場や洋ランの栽培施設がある[11]
    • 笹戸温泉 - 室町時代の開湯であり愛知県最古の温泉地[12]。毎年お盆には奥矢作温泉郷花火大会を開催。

姉妹都市編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1960年の映画館(東海地方)「消えた映画館の記憶」を参照した[9]

出典編集

  1. ^ a b c 旭町誌編集研究会『旭町誌 通史編』旭町役場、1981年、p. 5
  2. ^ 旭町誌編集研究会『旭町誌 通史編』旭町役場、1981年、p. 3
  3. ^ 旭町誌編集研究会『旭町誌 通史編』旭町役場、1981年、p. 115
  4. ^ 旭町誌編集研究会『旭町誌 通史編』旭町役場、1981年、p. 119
  5. ^ a b c d 旭町誌編集研究会『旭町誌 通史編』旭町役場、1981年、p. 124
  6. ^ a b c d e 旭町誌編集研究会『旭町誌 通史編』旭町役場、1981年、p. 125
  7. ^ 旭町誌編集研究会『旭町誌 通史編』旭町役場、1981年、p. 134
  8. ^ 杉本の貞観スギ 愛知県
  9. ^ 『映画年鑑 戦後編 別冊 全国映画館録 1960』日本図書センター、1999年。
  10. ^ 小渡温泉 豊田市観光協会
  11. ^ 榊野温泉 豊田市観光協会
  12. ^ 笹戸温泉 豊田市観光協会

関連項目編集