装甲兵員輸送車(そうこうへいいんゆそうしゃ、Armored Personnel Carrier, APC)は、車内に人員を乗せて走行する軍用車両歩兵を載せることが多いため装甲兵員輸送車と訳されるが、民間人を乗せることもあることや原語のPersonnelから、装甲人員輸送車と訳されることもある。類似する歩兵戦闘車(IFV)が積極的な戦闘参加を想定している事に対し、装甲兵員輸送車(APC)はあくまで輸送が主任務である。

装輪式のAMV

概要編集

自動車が発明されると、これを軍事利用しようという動きが生まれた。また、第一次世界大戦マルヌ会戦においてフランス軍パリ市のタクシーをすべて徴用することで迅速な兵員輸送を行うことに成功し、ドイツ軍を撃退している。

前者としては補給部隊の効率向上策だが、後者の例では前線近くまで兵員を輸送しており、鉄道の無いところに騎兵以外の部隊を迅速に投入できるという利点を認められた。これにより第一次大戦以降、各国軍は自動車で移動する自動車化歩兵部隊を創設するようになる。用いられたのは装甲のない大型軍用トラックであり、巻き込まれる場合を除いて砲火を交える戦場に自動車が入り込むようなことは想定されていなかった。これは、自動車はあくまでも前線までの移動手段で、戦闘地域の前で降車して徒歩戦闘に移るという考えに基づく。軍用トラックであっても、不整地走破能力に乏しく、戦場の真っただ中で立ち往生することが危惧されたためである。なお、第一次大戦時のイギリス軍の菱形戦車のバリエーションであるマーク IX 戦車(名称は戦車だが武装は自衛用の機銃のみ)が世界初の装軌式装甲兵員輸送車とされている。マーク IXはエンジンを車体前方に配置し、車体中央に荷物10tもしくは歩兵30名から50名を収容し、天井を含む全面が装甲に覆われ、車体側面に乗降扉とガンポートまで備える、後世の歩兵戦闘車を先取りするような設計も盛り込まれたものの、居住性は非常に劣悪で降車後の戦闘がおぼつかない有様であったという。実車も休戦までに3輌しか完成せず戦局には寄与しなかった。

第二次世界大戦前に生まれた新しい戦術思想により、歩兵部隊は先陣を切る装甲装軌車両(戦車)に随伴することが求められ、より機械化(自動車化)が促進される。しかし、自動車化歩兵に与えられていたトラックは無防備の装輪式であり、その任務に就くには悪路での機動性能や防御力に問題があった。これを解決するため、トラックに無限軌道と装甲を施した半装軌車(ハーフトラック)が作られ、砲弾破片や銃弾から兵を守りながら、兵を戦場へと運んだ。ただ、半装軌車でも悪路での機動性能に劣るため、第二次大戦後には装軌車が開発され、装甲兵員輸送車という名も定着していった。これらのAPCが機関銃を自衛火器として装備していたがこちらは以降のAPCにおいても継承されている。

 
装軌式のM113

やがて冷戦中には、戦車とともに随伴歩兵を搬送し機甲部隊を構成するAPCは、強力な武装を搭載し積極的に戦闘参加する歩兵戦闘車(IFV)へと発展する。一方で比較的軽装備の機械化歩兵部隊など向けに、IFVよりもコストを抑えたAPCの開発配備も並行して続けられ、フクスやBTRのような装輪装甲車が注目され始める。

冷戦後に大幅な軍事費縮減の傾向があったことで、高コストの装軌車を維持する必要性が薄いと判断され、より取得・運用コストが低い装輪装甲車がAPCを含めて急速に普及した。実際にNATO加盟国におけるAPCの大半が装輪式である[注 1]。装輪車は摩擦抵抗の少ない車輪の物理的定性から舗装された道路を走る分には効率が良い反面、不整地を苦手とするため本格的な野戦には向いていないとされるが、近年の装輪式APCは普及に後押しされて重装化の発展が著しく、旧式IFVの火力を凌駕する30mm機関砲を装備するものや、2010年代までには重量が装軌式IFV並みかそれ以上の30トン級の重装甲なものも現れてきている。

また、その大きな積載能力から指揮通信車両や自走迫撃砲など同一の車体を流用した様々な用途の車両が生み出され、数多くの派生型からなるファミリーを構成するようになった。ピラーニャAMVの他、アメリカ陸軍ストライカー旅団戦闘団(SBCT)と呼ばれる緊急展開部隊でも部隊運用効率を高めるために、ストライカー装輪式APCのファミリーで大部分が統一されている[注 2]

近年の地域紛争非対称戦環境下においては市街地を行動する装甲兵員輸送車も対戦車ロケット弾地雷即席爆発装置(IED)の攻撃にさらされることが多く、防御力の向上が図られている。BTR-Tアチザリットなどのように、旧式戦車を改修することで高い生存性を持つAPCとした車両も登場している。また、テロ・ゲリラ攻撃から重装備の正面部隊よりも標的にされやすい後衛の非装甲車両(ソフトスキン)を装甲化する意図のもと、低コストで対爆発防御に特に重点を置いた新しいAPCのグループであるMRAPのような歩兵機動車が増えてきている。作戦上からの重装化の要求に対し装輪装甲車には技術的限界も見え始めており、装軌APCおよびそのファミリーの復権の兆しもアメリカ陸軍のM113の後継となるAMPV英語版イギリス陸軍Ajax等、現れてきている。

主な兵員輸送車編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ピラーニャ(デンマーク、ルーマニア、スペイン)、パトリアAMV(クロアチア、スロベニア、ポーランド)、M113装甲兵員輸送車(装軌、ノルウェー、トルコ、リトアニア)、パンデュールII(ポルトガル、チェコ)、ボクサー装輪装甲車(ドイツ、オランダ)、Bison(カナダ)、BTR-80(ハンガリー)、BTR-60(ブルガリア)、VBMR英語版(フランス)、XA-180装甲兵員輸送車(エストニア)、FV432(装軌、イギリス)、FV103 スパルタン(装軌、ラトビア)
  2. ^ ただしイタリアのチェンタウロは、最も重装備の戦車砲砲塔型を先に開発しより軽装のバリエーションを展開する逆方向のアプローチをとっており、日本も16式機動戦闘車から同様のファミリー化を企図している。

出典編集

関連項目編集