メインメニューを開く

赤泊村(あかどまりむら)は、かつて新潟県佐渡郡におかれていた佐渡の南海岸に位置していた。2004年3月1日に合併して佐渡市の一部になった。

赤泊村
廃止日 2004年3月1日
廃止理由 新設合併
佐渡島内 全10市町村 → 佐渡市
現在の自治体 佐渡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
都道府県 新潟県
佐渡郡
団体コード 15609-4
面積 52.21km2.
総人口 3,121
(2000年10月1日)
隣接自治体 畑野町羽茂町真野町
村の木 カヤ
村の花 ツバキ
赤泊村役場
所在地 952-0706
新潟県佐渡郡赤泊村大字徳和2376番地3
(現在の佐渡市赤泊支所)
外部リンク 佐渡市公式ページ
赤泊地区公式ページ
赤泊村の位置
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

佐渡の南に位置し、佐渡海峡(越佐海峡)に面した。村の大部分は小佐渡丘陵(小佐渡山地)の一部で、川沿いと海岸に平地があった。海岸線は13.5kmで岩が多く、海岸に赤泊港があり、その付近が村の中心であった。

  • 山: 天狗塚 (404m)、ヒルメ山 (296m)
  • 川: 羽茂川、腰細川
  • 湖沼・ダム: 逆川ダム(さかしまだむ)

隣接していた自治体編集

歴史編集

  • 江戸時代に佐渡奉行の渡海地として港が整備された。

行政編集

  • 村長:石塚英夫(1972年9月25日から2004年2月29日まで)

経済編集

産業編集

  • 20世紀末には農業就業者が減り続け、21世紀初めには全就業者の三分の一になった。が、農家人口はなお約7割あった。水稲耕作が多いが、他に柿、乳牛飼育が盛んだった。
  • 赤泊港で漁業が盛ん。2000年には水揚げトン数の半数以上をべにずわいがにが占めた。
  • 産業就業人口(2000年)
    • 第1次産業:569人
    • 第2次産業:608人
    • 第3次産業:597人

姉妹都市・提携都市編集

地域編集

健康編集

教育編集

2007年3月に閉校し,59年の歴史に幕を閉じた。郷土芸能クラブ(佐渡おけさや鬼太鼓を演ずる部活動兼総合的な学習の時間)は14年連続全国で高等学校総合文化祭郷土芸能部門に出場した。過去に最優秀賞に輝いた実績がある。

交通編集

道路編集

船舶編集

  • 赤泊港 本州の寺泊町との間に佐渡汽船がフェリーを運航した。
  • 2005年6月10日、高速船「あいびす」(Ibis 朱鷺の意味)が就航した。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

出身有名人編集

その他編集

関連項目編集

外部リンク編集