メインメニューを開く

近藤 浩治(こんどう こうじ、1961年〈昭和36年〉8月13日 - )は、主にゲームミュージックを手掛ける作曲家である。

こんどう こうじ
近藤 浩治
Koji kondo.jpg
生誕 (1961-08-13) 1961年8月13日(57歳)
愛知県 名古屋市
出身校 大阪芸術大学
職業 作曲家
任天堂情報開発本部
技術部技術課課長

目次

来歴編集

愛知県名古屋市出身。大阪芸術大学芸術学部芸術計画学科卒業後、1984年4月任天堂に入社した。手塚卓志とは同期。

任天堂にとっては音楽専門スタッフとして初めて採用された。分業化が進んでいく中で、サウンドの専門家の必要性が高まり、採用に至った。入社2年目で『スーパーマリオブラザーズ』の音楽を担当することになったが、ともに仕事をしていた宮本茂は「音楽を専門に勉強してきた人とやってよかったなあ」と実感したという[1]。初期の頃はサウンド・プログラム、効果音、音楽をすべて一人で担当していた。

任天堂での役職は情報開発本部技術部技術課課長サウンド担当。『スーパーマリオブラザーズ』や『ゼルダの伝説』などの音楽を作曲した人物として、日本国内のみならず日本国外でも著名である[2]。近藤自身もライブやプライベートなどでピアノを弾くことがある[3]

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』『スーパーマリオサンシャイン』などを最後にメインコンポーザーとして作曲する作品は減り、現在は主にサウンドスタッフの統括など指導的な立場にある。しかし、本人はWired NewsのVGL: Koji Kondo Interviewでは「出来ればまたゲーム全体の音楽の作曲をしたい」という趣旨の発言をしている[4][5]

人物編集

音楽的に大きな影響を受けたのは渡辺貞夫。『スーパーマリオブラザーズ』の「地上BGM」も渡辺の影響を受けて作ったという[6]。学生の頃はディープ・パープルイエスといたロック・ミュージックにも傾倒していた。また、幼少時にエレクトーンの教室に通っていてポピュラー音楽を中心に音楽の素養を広げていたといい、クラシック音楽の専門的な勉強はまったくしてこなかったという[7]

作品編集

 
近藤浩治(2007年GDCにて)

太字表記の作品は、メインで担当したタイトル。

脚注編集