メインメニューを開く

近藤滋(こんどう しげる、1959年[1][2] - )は、日本の生命科学者京都大学医学博士[11]大阪大学大学院生命機能研究科教授[24]。世界で最初に生物の縞模様がチューリング・パターンであることを実証[25]。色素細胞の相互作用で縞が変化することも解明した[23]。「日本の研究を考えるガチ議論」サイトを創設し[17]キリンの斑論争[26][27]エッシャーのだまし絵[28][24]についても造詣が深い。京都大学医化学教室講師、徳島大学教授、理化学研究所チームリーダー、名古屋大学教授[23][2]日本分子生物学会第36回年会長、同会理事などを歴任[29][21]

近藤こんどう しげる
人物情報
生誕 1959年(59–60歳)[1][2]
日本の旗 日本 東京都[1][2]
出身校 東京大学理学部
大阪大学医科学修士課程
京都大学大学院医学研究科
学問
研究分野 免疫学分子生物学システム生物学
研究機関 東京大学
スイスの旗 スイス バーゼル大学
京都大学
徳島大学
名古屋大学
理化学研究所
大阪大学
博士課程
指導教員
本庶佑[3][4]
博士課程
指導学生
稲葉真史[5] 三須晃裕[6] 浜田裕貴[7] 井上新哉[8] ラムリ, リンダ[9] 澤田莉沙[10]
学位 医学博士[11]
特筆すべき概念 研究論文や申請書におけるジンクピリチオン効果[12][13]
主な業績 生物において反応拡散波によりチューリング・パターンが生じることの実証、細胞レベルの相互作用を解明。
主要な作品生命科学の明日はどっちだ!?[14][15]、「ガチ議論[16][17]
影響を
受けた人物
アラン・チューリング[18]ヴァルター・ヤコブ・ゲーリング英語版[18][19]ハンス・マインハルトドイツ語版[20]
影響を
与えた人物
11jigen匿名A
学会 日本分子生物学会[21]、日本発生生物学会[22]
主な受賞歴 科学技術への顕著な貢献 2012(ナイスステップな研究者)[23]
公式サイト
Kondo Labo
テンプレートを表示

来歴編集

学生時代編集

1959年、東京都に生まれる[2]。高校時代は『サイエンティフィック・アメリカン』を読んでおり、遺伝子に関する実験も経験した[2][30]東京教育大学付属駒場高等学校を卒業し[要出典]東京大学に進学。数学方面を目指していたが、解析学を苦手としたため生物方面に転身[30]1982年3月、東京大学理学部生物化学科を卒業する[31]

1984年3月に大阪大学医学部医科学修士課程を修了し[31]、同年4月に同大学院医学研究科博士課程に入学。大阪大学時代から本庶佑のもとで研究に取り組んでおり、翌年の1985年4月から京都大学大学院医学研究科博士課程に転入。免疫学に関する研究に取り組む[4][3][31]1988年3月に博士課程を修了し、医学博士の学位を取得[11][31][23]

免疫学から反応拡散波の研究へ編集

 
タテジマキンチャクダイ。縞模様のうち2本に分岐している部分は成長に連れて移動し、本数が増えていく。その現象は波として表現できる[32][26][23]

1988年4月から1990年9月まで日本学術振興会特別研究員として、東京大学医学部第一生化学教室に所属[31][23]1990年10月からは日本学術振興会海外特別研究員やスイスナショナル基金研究員として、スイスバーゼル大学バイオセンターにおいて細胞生物学に取り組む[31][23]

スイスではヴァルター・ヤコブ・ゲーリング英語版に師事[18][33]。ゲーリングの助言でチューリング理論に詳しいドイツのハンス・マインハルトドイツ語版と出会う[20][33]。さらに1991年に『ネイチャー』に実際の化学反応として反応拡散波が起こることを示した記事が掲載され、近藤はそれが生物でも起こることを実証しようと決意する[34]

1993年4月から京都大学遺伝子実験施設の助手に着任[31][23]。翌年8月からは本庶佑率いる同大学医学部医化学1講座の講師に就任[31]。大学で免疫学の研究をしながら、自宅に水槽を設置してタテジマキンチャクダイを飼育[26]。観察を続けた結果、反応拡散方程式シミュレーション通りにタテジマキンチャクダイの模様が変化することを確認する[35][36]。生物の模様にチューリング・パターンがあることを証明した論文は1995年の『ネイチャー』に掲載され[37][35][36]、タテジマキンチャクダイの写真がその号の表紙を飾った[38][2]

徳島大・理研・名古屋大時代編集

1997年4月、近藤は徳島大学総合科学部の教授に転任[31]。同年、ベックマン奨励賞を受賞[23]。2002年4月には理化学研究所発生・再生科学総合研究センターに異動し、2005年3月まで位置情報研究チームを率いる[23][39][31]。2002年にレロイ・エドワード・フッド英語版京都賞を受賞した際には、本庶佑が企画を務めたワークショップで近藤も講演している[40][41]

2003年12月には理化学研究所に籍を置いたまま、名古屋大学大学院理学研究科機能調節学講座[1]の教授に就任[31][23]。2003年には特定の遺伝子に異常があるマウスを用い、毛の模様が波のように変化することを明らかにする[42]。また、東京大学の武田洋幸とゼブラフィッシュを用いた分節時計に関する共同研究も実施[43]。時計細胞の同調性を細胞や遺伝子レベルの分析やシミュレーションで検証し、分節時計の作動原理が結合振動系であることを解明[43]。論文は2006年の『ネイチャー』に掲載された[44]

大阪大学時代編集

 
近藤はゼブラフィッシュを対象とし、色素細胞の相互作用で模様ができることを解明[23]。研究室では大量のゼブラフィッシュが飼育されていた[42]

2009年8月、近藤は大阪大学大学院生命機能研究科の教授に就任し、パターン形成研究室を率いる[45][23]ゼブラフィッシュにおいて黄色と黒色の色素細胞が相互反応して模様が変化することを解明し、2012年の『サイエンス』に論文が掲載される[46][23]。同年、科学技術政策研究所(NISTEP)の「科学技術への顕著な貢献2012」(ナイスステップな研究者)に選出される[23]。一方で2010年度から反応拡散波の形態形成にも影響していないか研究を始めている[47]

学会活動では日本分子生物学会の2013年年会(第36回)の年会長を務め[29]節「#人物」や「#ガチ議論」も参照[17]。2014年度からは同学会の理事に就任[21]。一方2013年には『波紋と螺旋とフィボナッチ』が出版され[14]、2014年にはビートたけしと『新潮45』で対談[48]。2015年にはテレビ番組「所さんの目がテン」に出演する[49]など、生物の縞模様の研究者として著名になる。校務では2016-2017年度には大阪大学大学院生命機能研究科の第8代目研究科長を務めている[50]

 
ゼブラフィッシュは体が小さいため、骨の形成の研究に近藤はエンゼルフィッシュも用いた[47]

研究では動物の形態形成について分子レベルの研究を進め、骨の形成に潜むチューリング・パターンに挑む[51]。2015年から2019年は新学術領域研究として「3D MORPHOLOGIC 生物の3D形態を構築するロジック」の領域代表を[52]、2019年からは基盤研究A「細胞が材料を組み立てて体を「建築」する仕組みの解明」の研究代表者を務める[53]

特記事項編集

人物編集

趣味は熱帯魚ヨットダイビング[30][1]山口智子のファン[30]漫画アニメゲームの話題を交えて話をするのが得意と自負している[54]。「研究を楽しむこと」がモットー[55]マウリッツ・エッシャーのだまし絵についても精通しており、『日経サイエンス』2018年8月号のエッシャー特集では近藤の記事が掲載された[24][注釈 1]

研究室サイトにおけるブログに加え(節「#生命科学の明日はどっちだ!?」参照)、Twitterで学会の模様を実況したり[13]、研究者向けの議論サイトを開設する(節「#ガチ議論」参照)など、インターネットを活用している。2013年の日本分子生物学会では年会長を務め、Nature編集部や複数の文科省職員、マスメディアも招いた研究倫理のシンポジウムを三日間に渡り開催したり[56][29]、さらに山中伸弥本庶佑といった大物研究者の写真に落書きをするコーナーを設けるなど、ユニークな取り組みを展開した[57]

生命科学の明日はどっちだ!?編集

学研メディカル秀潤社が発刊していた『細胞工学』に、2011年から連載記事「こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!?」を連載[12]。2013年に同社から出版された近藤の単著『波紋と螺旋とフィボナッチ ― 数理の眼鏡でみえてくる生命の形の神秘 ―』ISBN 978-4780908695 は、この連載が元になっている[14]。なお、連載は2016年3月の同誌最終号[58]まで続いた[59]

近藤は大阪大学の近藤の研究室(パターン形成研究室)のサイトにも「生命科学の明日はどっちだ」と題してブログを公開しており[15]、『細胞工学』における「生命科学でインディ・ジョーンズしよう(前編、後編)」といった記事は、ブログにも掲載されている[注釈 2]本庶佑が2018年のノーベル生理学・医学賞を受賞した際には、本庶とのエピソードが新聞に取り上げられた[60]。また、当時の天皇陛下に謁見したエピソードなど、いくつかの記事は講談社のサイト「gendai ismedia」にも転載されている[3]

ガチ議論編集

年会長を務めた2013年の日本分子生物学会第36回年会の企画として、「日本の科学を考えるガチ議論」というサイトを設立[29][17]。近藤は2017年3月まで代表者を務め、同年4月以降は宮川剛が代表を務める。これは日本分子生物学会とは直接の関係はなく、年会以後はScience Talksのサポートで運営されており、2019年現在は「【帰ってきた】ガチ議論」というサイト名になっている[17]

2013年に近藤は「捏造問題にもっと怒りを」というトピックを作成[61]。このサイトは通称「ガチ議論サイト」と呼ばれており[62]研究不正についての疑義が多数寄せられ、『ネイチャー』の記者も参考にしたという[16][17]11jigen匿名Aによる論文大量不正疑義事件も参照)。また、2015年には文部科学省の政策「選択と集中」について、同省の官僚にインタビューを実施[63][64]。同省の官僚も本サイトに出入りしていると言われる[17]

キリンの斑論争編集

 
マスクメロンの表面は「平田模様」[26]

昭和初期に物理学者である平田森三は濡れた地面が乾燥してひび割れる時にできる模様に着目。キリンの模様もこれと同じではないかと雑誌『科学』に寄稿した。これは生物学者の反発を生み、「キリンの斑論争」として紛糾した。この騒動は平田の師である寺田寅彦により鎮静化した[26][65]

平成に入ってから1996年の『科学』で物理学者の佐々真一がチューリング・パターンであることに言及。翌年の1997年に同誌上で近藤はチューリング・パターンや反応拡散波について解説を加えるとともに、マスクメロンの模様が平田の指摘するひび割れの模様そのものであると補足した[26]。さらに2014年に出版された『キリンの斑論争と寺田寅彦』という書籍にも、共著者として加わっている[65][27]

受賞歴編集

  • 1997年 - ベックマン奨励賞[23]
  • 2012年 - 科学技術への顕著な貢献 2012(ナイスステップな研究者)[23]

主な著作編集

学位論文編集

  • 『IL-2受容体の構造と機能に関する研究』京都大学〈博士論文(甲第3965号)〉、1988年3月23日、NAID 500000035849

著書編集

(単著)

(共著・編著)

(分担執筆)

  • 「キリンの斑論争と現代の分子発生学」『キリンの斑論争と寺田寅彦』松下貢 編 岩波書店〈岩波科学ライブラリー220〉、2014年1月、ISBN 9784000296205
  • 「生物の形態形成と反応拡散系」『動物学の百科事典』日本動物学会 編、丸善出版、2018年、ISBN 978-4-621-30309-2。坂下美咲との共著。

解説記事編集

(座談会)

  • 「遺伝子仕掛けか? タンパク仕掛けか? ― 概日時計の仕組みとリズム発振 ―」『細胞工学』第30巻第12号、2011年、1244-1247頁、NAID 40019125038。(近藤孝男、影山龍一との座談会[66]

(連載)

  • 「こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!?」『細胞工学』第30巻第5号、2011年[12] - 第35巻第3号、2016年[59]ISSN 0287-3796

一般向け記事編集

(対談・対話)

研究業績編集

代表的な論文編集

  • Kondo, S. and Asai, R. (1995).“A reaction-diffusion wave on the skin of the marine angelfish Pomacanthus”. Nature 376: 765-768. doi:10.1038/376765a0
  • Horikawa, K. Ishimatsu, K. Yoshimoto, E. Kondo S. and Takeda H. (2006).“Noise-resistant and synchronized oscillation of the segmentation clock”. Nature 441: 719-723. doi:10.1038/nature04861
  • Yamaguchi, M., Yoshimoto, E. and Kondo, S. (2007).“Pattern regulation in the stripe of zebrafish suggests an underlying dynamic and autonomous mechanism”. PNAS 104(12):4790-4793. doi:10.1073/pnas.0607790104
  • Inaba, M., Yamanaka, H. and Kondo, S. (2012).“Pigment pattern formation by contact-dependent depolarization”. Science 335(6069):677. doi:10.1126/science.1212821

競争的資金編集

科研費 領域代表者)

科研費 研究代表者)

(科研費 研究分担者)

科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業CREST)

出演編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 英語版の記事en:Strange loopen:Drawing HandsDrawingHandsも参照。
  2. ^ 連載「こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!?」における は、ブログでも として公開されている。なお、単行本『波紋と螺旋とフィボナッチ』では、
    • 生命科学でインディ・ジョーンズしよう 第9章 宝の地図編
    • 生命科学でインディ・ジョーンズしよう 第10章 お宝への旅編
    という章タイトルになっている (近藤 2013)。
  3. ^ 世間にSTAP細胞の問題を伝えるため、同細胞をネッシーに喩えて解説した (近藤 2014)。

出典編集

  1. ^ a b c d e トピックスvol.17 近藤 滋”. who's who. 日本科学未来館 (2009年1月) 2019年9月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g NEXT 2014.
  3. ^ a b c 大阪大学大学院教授・生命科学者 近藤 滋 SHIGERU KONDO”. ブルーバックス. 講談社. 2019年9月22日閲覧。
  4. ^ a b 私にとって医化学の伝統とは”. 京都大学医化学教室. 京都大学医化学教室創立100周年記念式典. 2019年9月27日閲覧。
  5. ^ 稲葉真史『細胞接触依存性の脱分極が引き起こす色素細胞の忌避運動はゼブラフィッシュの縞模様形成に寄与する』大阪大学〈博士学位論文(甲第15720号)〉、2012年3月22日、NAID 500000558010
  6. ^ 三須晃裕『ゼブラフィッシュ骨形成においてConnexin43は、脊椎と鰭骨で異なるメカニズムで関与する』大阪大学〈博士学位論文(甲第18521号)〉、2016年3月28日。
  7. ^ ゼブラフィッシュの模様形成における長距離作用をDelta-Notchシグナル経路が制御する』大阪大学〈博士学位論文(甲第17086号)〉、2014年3月25日。
  8. ^ 井上新哉『ゼブラフィッシュの体表模様形成における細胞接着因子の関与』大阪大学〈博士学位論文(甲第15962号)〉、2012年12月26日、NAID 500000573668
  9. ^ Lamri, Lynda『Ciliogenesis-induced localization of ciliary proteins in a non-ciliary and non-centriolar compartment』大阪大学〈博士学位論文(甲第20335号)〉、2019年3月25日、日本語題名『繊毛形成により誘起される非繊毛・非中心体区画における繊毛構成タンパク質の局在解析』
  10. ^ 第一期生 澤田 莉沙 生命機能研究科 生命機能専攻”. ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム. 大阪大学大学院. 2019年9月25日閲覧。
  11. ^ a b c 博士論文 1988.
  12. ^ a b c 近藤滋「こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!?(第1回)研究論文や申請書におけるジンクピリチオン効果について」『細胞工学』第30巻第5号、2011年、545-549頁。
  13. ^ a b 近藤滋「こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!? (第10回) ジンクピリチオン祭り レポート+Twitter実況」『細胞工学』第31巻第2号、2012年、244-251頁。
  14. ^ a b c 波紋と螺旋とフィボナッチ 数理の眼鏡でみえてくる生命の形の神秘 著:近藤滋(大阪大学大学院生命機能研究科 教授)”. バイオサイエンス. 学研メディカル秀潤社. 2019年9月28日閲覧。
  15. ^ a b 生命科学の明日はどっちだ”. 大阪大学大学院生命機能研究科. 2019年9月29日閲覧。
  16. ^ a b 田中智之「研究公正を目指す取り組み:現状と新しい動き」『YAKUGAKU ZASSHI』第138巻第4号、2018年、477-486頁。
  17. ^ a b c d e f g 宮川剛 (2017年4月).“本サイトについて”. 帰ってきたガチ議論. Science Talks. 2019年9月22日閲覧。
  18. ^ a b c テルモ財団 2012, p. 3.
  19. ^ 近藤 1997a, p. 83.
  20. ^ a b テルモ財団 2012, pp. 3-4.
  21. ^ a b c 第18期 役員・幹事・各委員会名簿 - 日本分子生物学会”. 理事会・各種委員会. 日本分子生物学会. 2019年10月2日閲覧。
  22. ^ 日本発生生物学会運営委員会議事録 (一般社団法人日本発生生物学会第1回通常理事会議事録)”. NEWS. 日本発生生物学会. 2019年10月2日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 報道発表 科学技術への顕著な貢献 2012(ナイスステップな研究者)”(Press Release). pp.6-7. 科学技術政策研究所.
  24. ^ a b c 日経サイエンス 2018年8月号 特集:エッシャーを超える 2次元と3次元を旅する自然界のエッシャーたち 近藤 滋(大阪大学)”. 日経サイエンス. 2019年9月25日閲覧。
  25. ^ 日本科学未来館 2009, p. 1.
  26. ^ a b c d e f g 近藤 1997c.
  27. ^ a b 松下編 2014.
  28. ^ 近藤 2018.
  29. ^ a b c d 近藤滋「こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!? (第16回) 2013分子生物学会は嵐を呼ぶ!?」『細胞工学』第31巻第11号、2012年、1274-1277頁。近藤滋「こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!? (第21回) 2013分子生物学会 年会直前情報 (part1)」『細胞工学』第32巻第10号、2013年。近藤滋「こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!? (第22回) 2013分子生物学会 年会直前情報 (part2) 2013分生年会の歩き方」『細胞工学』第32巻第12号、2013年、1289-1293頁。「こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!? (第23回) 分生は,大洋を渡り陸にのぼったか? 分子生物学会を終えての雑感」『細胞工学』第33巻第2号、2014年、216-218頁。
  30. ^ a b c d 近藤 1997a, プロフィール.
  31. ^ a b c d e f g h i j k 近藤 2004, p. 598.
  32. ^ 近藤 1997a.
  33. ^ a b 日本科学未来館 2009, p. 3.
  34. ^ 近藤 1997c, p. 824.
  35. ^ a b テルモ財団 2012, p. 4.
  36. ^ a b 近藤 1997a, pp. 83-84.
  37. ^ Kondo and Asai 1995.
  38. ^ テルモ財団 2012, p. 1.
  39. ^ 過去に在籍した研究室一覧 CDB Almuni”. 理化学研究所 多細胞システム形成研究センター. 2019年9月25日閲覧。
  40. ^ 山岸秀夫 (2002年12月1日).“2002年12月のトピックス 京都賞とフッド博士そしてシステム生物学”. 財団法人体質研究会 京都大学名誉教授. 公益財団法人体質研究会. 2019年9月22日閲覧。
  41. ^ 第18回(2002)京都賞記念ワークショップ ゲノム生物学からシステム生物学へ レロイ・エドワード・フッド/生物学者”. 先端技術部門 バイオテクノロジー及びメディカルテクノロジー. 京都賞. 2019年9月23日閲覧。
  42. ^ a b c 日本科学未来館 2009, p. 2.
  43. ^ a b 2015年比較腫瘍学常陸宮賞受賞者 小型魚類を用いた脊椎動物の器官形成原理の解明 武田 洋幸 博士” . 比較腫瘍学常陸宮賞. 公益財団法人がん研究会. 2019年9月28日閲覧。
  44. ^ Horikawa et,al. 2006.
  45. ^ アドバイザー紹介 近藤 滋(こんどう しげる) 大阪大学 大学院生命機能研究科 生命機能専攻 教授”. 生命システムの動作原理と基盤技術. 科学技術振興機構. 2019年9月22日閲覧。
  46. ^ Inaba et,al. 2012.
  47. ^ a b 2010年度 - 挑戦的萌芽研究「骨の形態形成にチューリング波が関与している可能性」”. KAKEN. NII. 2019年9月29日閲覧。
  48. ^ 新潮45 2014.
  49. ^ a b 「所さんの目がテン!」 2015年5月3日(日)放送内容 2015年5月3日(日)”. 価格.com. 2019年9月25日閲覧。
  50. ^ 歴代研究科長のメッセージ”. 生命機能研究科とは?. 大阪大学大学院生命機能研究科. 2019年9月25日閲覧。
  51. ^ 総長対話 2014.
  52. ^ 所長メッセージ”. 3D MORPHOLOGIC 生物の3D形態を構築するロジック. 2019年9月26日閲覧。
  53. ^ 細胞が材料を組み立てて体を「建築」する仕組みの解明”. KAKEN. NII. 2019年9月29日閲覧。
  54. ^ 講談社 2018a.
  55. ^ 第8代研究科長 近藤滋 | おもろい研究! 君ならできる、ここでできる”. 研究科長挨拶. 大阪大学大学院生命機能研究科. 2019年9月22日閲覧。
  56. ^ 理事会企画フォーラム「研究公正性の確保のために今何をすべきか?」6セッション全文記録公開 2013.12.3~5”. 日本分子生物学会. 2017年2月21日閲覧
  57. ^ 近藤滋「こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!? (第17回) 2013分子生物学会 年会企画(第2弾):2億4千万のアート企画(未定)とガチ議論」『細胞工学』第32巻第1号、2013年。近藤滋「こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!? (第24回) 生命科学研究の大御所はアートに昇華したか?」『細胞工学』第33巻第3号、2014念、331-333頁。
  58. ^ ある雑誌の休刊[なかのとおるのええ加減でいきまっせ!(88)]No.4793 (2016年03月05日発行) P.71 仲野 徹 (大阪大学病理学教授)”. Web医事新報. 日本医事新報社 (2016年9月8日登録、2017年1月27日更新) 2019年9月28日閲覧。
  59. ^ a b 近藤滋「こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!?(第33回)チューリングもびっくり?のリアル版模様形成メカニズム」『細胞工学』第35巻第3号、2016年、261-268頁。
  60. ^ 鍛治信太郎、野中良祐 (2018年12月8日)“弟子は直立不動、記者も怒られた 本庶さん怖い人?”. 朝日新聞デジタル. 2019年9月26日閲覧。
  61. ^ 近藤滋 (2013年6月26日).“捏造問題にもっと怒りを”. 帰ってきたガチ議論. Science Talks. 2019年9月22日閲覧。
  62. ^ 特定非営利活動法人 日本分子生物学会 第19期・第20期 合同理事会記録 2016年11月29日”. 日本分子生物学会 (2017年06月15日) 2019年9月22日閲覧。
  63. ^ 政府による大学改革について直接お役人にきいてみた(8月7日 回答を加えました)”. 帰ってきたガチ議論 (2015年7月28日) 2019年9月22日閲覧。
  64. ^ 文科省官僚への質問、第二弾:本音は引き出せたか??”. 【帰ってきたガチ議論】 (2015年11月10日) 2019年9月22日閲覧。
  65. ^ a b 岩波科学ライブラリー 220 キリンの斑論争と寺田寅彦”. 岩波書店. 2019年9月22日閲覧。
  66. ^ NAID 40019125038
  67. ^ 近藤研究室(大阪大学)」『CREST Biodynamics News Letter』第1号、2014年4月(3月3日発行)、18頁、2019年9月22日閲覧。
  68. ^ 戦略的創造研究推進事業 CREST 研究領域「生命動態の理解と制御のための 基盤技術の創出」 研究課題「動物の形態形成の分子メカニズムの探求と形を操る技術の創出」 研究終了報告書” (Report). 科学技術振興機構. 2019年9月22日閲覧。
  69. ^ シマシマの謎 動物の模様を“数学”で解く?”. ガリレオX. 2019年9月28日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集

(動画)