鎌倉城(かまくらじょう)とは、現在の神奈川県鎌倉市域にあたる中世鎌倉の地を示す呼称である。中世当時の史料に見える言葉だが、その解釈には諸説があり、鎌倉全域を軍事要塞=城郭と見なしたとする説のほか、そうではなく源頼朝源氏)の「本拠地」を意味する言葉との説がある。

logo
鎌倉城
神奈川県
鎌倉城の切岸といわれた「お猿畠の大切岸」。石切場だったことが解り疑問視されている。
鎌倉城の切岸といわれた「お猿畠の大切岸」。石切場だったことが解り疑問視されている。
城郭構造 軍事都市?異説あり
天守構造 なし
築城主 源頼朝
築城年 1180年(治承4年)?
主な城主 鎌倉幕府将軍
廃城年 不明
遺構 切岸?異説あり
指定文化財 未指定
埋蔵文化財
包蔵地番号
鎌倉市No.87[1]
位置 北緯35度19分09.1秒 東経139度32分49.0秒 / 北緯35.319194度 東経139.546944度 / 35.319194; 139.546944 (鎌倉城)座標: 北緯35度19分09.1秒 東経139度32分49.0秒 / 北緯35.319194度 東経139.546944度 / 35.319194; 139.546944 (鎌倉城)
※座標は鎌倉市中心
地図
鎌倉城の位置(神奈川県内)
鎌倉城
鎌倉城

概要編集

「鎌倉城」観の成立編集

平安時代末期から鎌倉時代初頭にあたる、源氏平氏が争った治承・寿永の乱(1180年-1185年)の頃、九条兼実日記玉葉』の記事として、寿永2年(1183年)10月25日の条に「鎌倉城にいる源頼朝木曽義仲追討のために兵5万を興し」て、同年11月2日の条に「去月5日に鎌倉城を出発した」とあることが知られている[2]。この記事の「鎌倉城」を、土塁堀切切岸などを築いて防御を固めた軍事施設的な「城」の意味で捉え、また鎌倉に現存する人為的な地形改変を城郭的遺構と見て、鎌倉全域を城郭と考える説(または中世人がそう認識していたとする説)が出現した[3]

城郭史的視点で鎌倉城について触れた初期の研究は、戦前の1937年(昭和12年)の鳥羽正雄による「城郭構造の社会・経済的考察」(『歴史教育12-8』※鳥羽 1980『日本城郭史の再検討』に所収)という。ただし鳥羽は、天然の要害地の中にある鎌倉が「鎌倉城」と一部で呼ばれたものの、明確な城遺構がなく、中世鎌倉には有事の際に防御施設を造ることはあっても、常設的な城郭遺構はなかったとする[4][5]

「軍事都市」「城塞都市」的な鎌倉像を印象付けたのは、神奈川県内考古学研究の基礎を築いた赤星直忠の1950年代-1970年代の研究といわれる[3]

赤星は、古都鎌倉は西・北・東の3方を急峻な山地、南を海(相模湾)という天然の要害が囲み、鎌倉七口と呼ばれる切通しを平時の出入口としているが、有事には封鎖して外部からの敵を迎撃する城塞都市であるとして、旧鎌倉町域から極楽寺地区を除く範囲を「鎌倉城」の範囲とした。その具体的な遺構の例として、鎌倉・逗子市境の丘陵にある名越切通(国史跡)の逗子側800メートルに渡ってみられる「お猿畠の大切岸」という切岸状の岩盤露頭を挙げて、これを北条氏三浦氏の侵攻に備えて設けたものとした[6][3]

赤星による軍事的性格を積極的に評価した鎌倉都市像は、石丸熙による研究でさらに進んで、和田合戦以降、城塞都市としての拡張が図られたと推論された[7][3]

1980年(昭和55年)刊行の『日本城郭大系6(千葉・神奈川)』(新人物往来社)も『玉葉』や赤星の論考を引き、鎌倉が当時、地域全体をして城郭と捉えられていたとする[8]

批判的見解編集

近年、これについて批判も多くあらわれており[9]、岡陽一郎は、「切岸」状の岸壁や「堀切」状の尾根開削地、斜面を段切りした「平場」など、鎌倉周囲の山々にあり軍事防衛と関係付けられてきた遺構を考古史料両面から精査した。結果、それらは家屋や切通しの道・墓(やぐら)・採石場など幅広い用途の生産遺構である可能性が高く、中世の軍事に直結させるよりも、鎌倉時代~近世(あるいは現代)までを通じて連面と行われてきた一般土地利用の所産とみた方が適切なものが多いとした[10]。名越にある「お猿畠の大切岸」などの地形は、鎌倉時代当時に土地造成や、道路の舗装用に周囲の山の泥岩を破砕したものを多用している事例から、石切(採石)場の痕跡と見るべきとする[11]。実際に「お猿畠の大切岸」は、2002年(平成14年)に行われた逗子市による発掘調査で、14世紀~15世紀代の建物基礎等に使用したと考えられる石材の石切場だとわかり、切岸説に疑問が付された[12]

また鎌倉市朝比奈町朝夷奈切通(国史跡)周囲の山々も「朝比奈砦」として城塞遺跡とされているが[1]、『太平記』など鎌倉滅亡時の史料には朝夷奈方面(鎌倉北東部)の戦闘の状況やその存在を示す記録がなく[13][注釈 1]、城郭と断定しうる遺構も少ないことから疑問が示されている[14]

また岡は「鎌倉城」の記述が治承・寿永期の史料にのみ見られることから、当時の京都にいて、鎌倉を見たことの無い公家たちの考える城郭観(軍事色の強い空間)が反映された言葉とする説[15]をあげてこの戦乱期に源頼朝が本拠とした場所を理念的に指した表現ではないかと推論する[16]。少なくとも軍事要塞的イメージが大きくなりすぎた「鎌倉城」像は再検討した方よいと指摘する[17]

齋藤慎一は、『玉葉』など中世前期の史料で使われる「城」の語は、用例などから、非常時(戦時)における軍事的要塞を示す「城郭」「要害」とは区別されていると指摘し、三浦氏の衣笠城等の「城」事例と、発掘調査成果も含めた分析から地勢的・空間論的な視点で「城」の語の実像を考察した。そして中世前期段階の「城」とは、武家が自身の屋敷や一族の墓地・寺社・庶子の屋敷などを構えて日常生活の場とした「本拠地」を表す概念であり、『玉葉』の「鎌倉城」とは、防御施設の「城郭」ではなく、1180年(治承4年)に鎌倉入りした源頼朝が、現在の鎌倉市内六浦道付近に構築した「武家の本拠地」の意と解した[18]

埋蔵文化財包蔵地の「鎌倉城」編集

現在の行政上の埋蔵文化財包蔵地遺跡)としても「鎌倉城」は存在し「鎌倉市No.87 鎌倉城」となっているが、市の遺跡一覧表には特定の住所は記載されておらず[1]、丘陵周辺など市内の広範囲にNo.87(鎌倉城)が設定されている[19]

鎌倉市御成町に位置する「鎌倉城」では、古くから「無量寺」という寺院があった地と伝えられており、2005年(平成17年)-2006年(平成18年)の発掘調査では、方丈と見られる礎石建物跡や庫裏と見られる掘立柱建物跡が検出され、寺院であることが確認された[20]。このほかも数ヵ所で「鎌倉城」の名で発掘調査された地点があるが、発掘結果は墓(やぐら)[21]や用途不明の平場などで[22]、「鎌倉城」の名を冠しつつ城郭遺構が検出されていない地点が多い。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『太平記』において新田義貞軍は、極楽寺坂化粧坂稲村ヶ崎など、朝夷奈方面とは逆の鎌倉市北西部・西部方面から侵攻・突入している。

出典編集

  1. ^ a b c 「鎌倉市周知の埋蔵文化財包蔵地一覧」鎌倉市公式HP
  2. ^ 岡 2004 pp.43-44
  3. ^ a b c d 岡 2004 pp.45-50
  4. ^ 鳥羽 1937
  5. ^ 岡 2004 p.45
  6. ^ 赤星 1972
  7. ^ 石丸 1978・1994など
  8. ^ 平井ほか 1980 pp.335-336
  9. ^ 齋藤 2006 pp.7-9
  10. ^ 岡 2004 pp.51-57
  11. ^ 岡 2004 pp.56-57
  12. ^ 「国指定史跡 名越切通」逗子市公式HP
  13. ^ 兵藤 2015
  14. ^ 岡 2004 p.44
  15. ^ 中澤 1999
  16. ^ 岡 2004 p.44
  17. ^ 岡 2004 pp.58-62
  18. ^ 齋藤 2006 pp.184-185
  19. ^ 岡 2004 pp.59
  20. ^ 鎌倉市教育委員会 2008 pp.7-8
  21. ^ 財団法人かながわ考古学財団 1999など
  22. ^ 財団法人かながわ考古学財団 2005

参考文献編集

  • 鳥羽正雄 1937「城郭構造の社会・経済的考察」『歴史教育12-8』歴史教育研究会(※鳥羽1980に所収)
  • 赤星直忠 1959「鎌倉の城郭」『鎌倉市史(考古編)』鎌倉市
  • 赤星直忠 1972「逗子市お猿畠大切岸について」『神奈川県文化財調査報告書34集』神奈川県教育委員会
  • 石丸熙1978「中世鎌倉の一側面 -初期の都市防備体制を見る」『三浦古文化23』
  • 赤星直忠ほか 1979『史跡名越切通保存管理計画策定報告書』逗子市教育委員会
  • 平井聖ほか 1980「鎌倉城」『日本城郭大系6(神奈川・千葉)』pp.335-336 新人物往来社
  • 鳥羽正雄 1980『日本城郭史の再検討』(日本城郭史研究叢書)名著出版
  • 石丸熙1994「鎌倉城考『玉葉』寿永2年11月2日条をめぐって」『東海史学29』
  • 中澤克昭 1999「空間としての城郭とその構造」「城郭観の展開」『中世の武力と城郭』吉川弘文館
  • 財団法人かながわ考古学財団 1999 『鎌倉城所在やぐら群』かながわ考古学財団調査報告74
  • 岡陽一郎(五味文彦・馬淵和雄編)2004「幻影の鎌倉城」『中世都市鎌倉の実像と境界』pp.41-64 高志書院
  • 財団法人かながわ考古学財団 2005 『鎌倉城(浄明寺五丁目地内)』かながわ考古学財団調査報告190
  • 齋藤慎一 2006『中世武士の城』吉川弘文館
  • 鎌倉市教育委員会 2008「鎌倉城」『鎌倉の埋蔵文化財 11 平成18年度発掘調査の概要』鎌倉市
  • 兵藤裕己校注 2015『太平記(三)』岩波書店

関連項目編集

外部リンク編集