お富士山古墳出土の長持形石棺(複製)
国立歴史民俗博物館展示)

長持形石棺(ながもちがたせっかん)とは、古墳時代中期にみられる組合式石棺の一種である。

概要編集

底石、長側石2枚、短側石2枚、蓋石の計6枚の板石から成る箱形の石棺で、その形状が長持に似ていることから命名された。

短側石と蓋石の上部はかまぼこ状に膨らみ、蓋石、長側石、底石に縄掛突起をもつ。

畿内の大型古墳で多く見られ、他地域の場合も首長層の古墳に用いている。畿内のものは兵庫県高砂市周辺に産する流紋岩質凝灰岩(竜山石)が使用される。

長持形石棺が出土した古墳編集

太字は竜山石製

関東地方編集

*このほか高柳銚子塚古墳三之分目大塚山古墳からは長持形石棺に類似する組合式石棺が出土している。

近畿地方編集

 *このほか出土地がわかっていないものが約10基存在する。また五社神古墳佐紀石塚山古墳宝来山古墳五色塚古墳で存在の言い伝えがある。

中国地方編集

九州地方編集

長持形石棺が展示されている施設編集

ギャラリー編集

参考文献編集

  • 間壁忠彦 『石棺から古墳時代を考える』同朋舎出版、1994年1月
  • 田村晃一・合田芳正 『考古学探訪の基礎用語』山川出版社、106頁、2000年7月

関連項目編集

外部リンク編集