メインメニューを開く
ノルウェーでの降雪

降雪(こうせつ)とは、が降ること。気象用語としてはなどの固形の降水も含まれる。積雪に対して、一定期間内に降った雪の量を降雪の深さまたは降雪量と言う。

2005年の寒候期から、積雪計のある気象台測候所で計測方式を変更した。2005年9月以前は気象台と有人の測候所では雪板を用い、9時、15時、21時に新たに降り積もった雪の深さを観測していた。2005年10月以降も積雪計のない地点では雪板による観測が行われている。

統計方法編集

  • 1時間ごとの積雪の深さから増加分のみを加算して求められる。
  • 気象観測では、降雪がなかった場合には-(ハイフン。降雪なしの意味)で記述され、降雪があっても積もらなかった場合には0cmと記述される。なお、雪ではなく冬季に霰(あられ)や雹(ひょう)が降った場合も降雪として記録されるため、観測資料に降雪量が記されている場合でも、必ずしも雪が降ったとは限らない。例えば、ある月の降雪量が0cm(降雪はあったが積もらなかった)であるにもかかわらず雪日数(雪かみぞれによる降水のあった日数)が0日であれば、雪は降っていないことになる。このような場合は霰や雹による降水であることが多い。なお、現在は積雪計のある気象台、測候所では上記したとおり統計方法が変わったため、その地点では降雪0cmと言う表記はなくなり、年間降雪量が-(ハイフン)なのに雪日数は0日ではないという現象が起きている。
  • 積雪計による自動計測では実際に雪が降っていない場合でも地吹雪や温度差による積雪の伸縮によって増加した分が降雪として観測される。

降雪量の記録編集

気象台における年間降雪量(降雪の深さ)の平年値と極値
(平年値は1981 - 2010年、気象庁)[1]
気象台 平年値 極値(寒候年)
稚内 656cm 705cm(2010年)
旭川 743cm 944cm(1966年)
札幌 597cm 680cm(1996年)
網走 378cm 485cm(2006年)
釧路 162cm 264cm(1966年)
室蘭 211cm 248cm(2006年)
函館 381cm 510cm(2018年)
青森 669cm 1263cm(1986年)
秋田 377cm 590cm(1974年)
盛岡 272cm 384cm(1974年)
仙台 71cm 148cm(1984年)
山形 426cm 545cm(1981年)
福島 189cm 257cm(1984年)
水戸 16cm 70cm(1984年)
宇都宮 28cm 104cm(1984年)
前橋 24cm 106cm(2014年)
熊谷 22cm 106cm(2014年)
東京 11cm 92cm(1984年)
銚子 1cm 16cm(1967年)
横浜 13cm 109cm(1984年)
長野 263cm 366cm(1981年)
甲府 29cm 160cm(2014年)
静岡 0cm 3cm(2001年)
名古屋 16cm 59cm(1984年)
岐阜 47cm 129cm(1956年)
7cm 28cm(1984年)
新潟 217cm 422cm(1984年)
富山 383cm 771cm(1981年)
金沢 281cm 688cm(1986年)
福井 286cm 622cm(1986年)
彦根 104cm 385cm(1977年)
京都 19cm 79cm(1984年)
大阪 3cm 33cm(1984年)
神戸 2cm 21cm(1984年)
奈良 8cm 59cm(1984年)
和歌山 2cm 21cm(1984年)
岡山 3cm 35cm(1984年)
広島 12cm 49cm(1984年)
松江 89cm 308cm(1963年)
鳥取 214cm 545cm(1984年)
徳島 4cm 37cm(1984年)
高松 3cm 42cm(1984年)
松山 2cm 29cm(1984年)
高知 1cm 12cm(2006年)
下関 4cm 66cm(1963年)
福岡 4cm 52cm(1968年)
大分 2cm 29cm(1984年)
長崎 4cm 45cm(1963年)
佐賀 6cm 37cm(1963年)
熊本 2cm 22cm(1963年)
宮崎 0cm 2cm(1987年)
鹿児島 4cm 69cm(1963年)
沖縄県は1cm以上の降雪を未観測

2005年10月1日から降雪の深さの観測方法を変更したことに留意。

脚注編集

外部リンク編集