メインメニューを開く
本来の表記は「髙木彰人」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

髙木 彰人(たかぎ あきと、1997年8月4日 - )は、大阪府堺市出身のプロサッカー選手Jリーグモンテディオ山形所属。ポジションフォワード

髙木 彰人 Football pictogram.svg
名前
愛称 アキト
カタカナ タカギ アキト
ラテン文字 TAKAGI Akito
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-08-04) 1997年8月4日(22歳)
出身地 大阪府堺市
身長 175cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 モンテディオ山形
ポジション FW (ST) / MF (SH)
背番号 37
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- ガンバ大阪 7 (0)
2016- ガンバ大阪U-23 73 (17)
2019- モンテディオ山形(loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年7月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

プロ入り前編集

中学時代からのガンバ大阪アカデミー出身。2011年、飛び級でU-15日本代表に選出され、AFC U-16選手権(予選)に出場[1]。ガンバ大阪ジュニアユースではスピードとパワーを兼ね備えた国内トップクラスのストライカーとしてチームを牽引し[2]2012年には史上初となるU-15年代全国3冠を達成した[3]

2013年にユースへ昇格し、高校2年の2014年4月にトップチームに2種登録された[4]同月16日ナビスコカップサガン鳥栖戦で先発し、宇佐美貴史の記録を上回るクラブ史上最年少(16歳8カ月12日)での公式戦デビューを果たした。前半のみの出場となったが、裏への飛び出しで先制点の起点になるなど攻守に躍動し、チームの勝利に貢献した[5]。高校3年の2015年にはトップチームのキャンプに参加し、ユースでは年代別代表でも務めるサイドハーフで主に起用された[6]

ガンバ大阪編集

2015年11月24日、2016年シーズンからのトップチーム昇格内定が発表された[7](同期昇格は初瀬亮市丸瑞希堂安律)。2016年4月10日、ガンバ大阪U-23の一員として出場したJ3第4節・セレッソ大阪U-23戦にてJリーグ初得点を記録。

2017年2月22日、ACL第1節のアデレード・ユナイテッドFC戦で後半途中から投入されてACLデビューを飾った。3月5日、第2節の柏レイソル戦では後半途中から投入されてJ1デビューを飾った。4月11日、ACL第4節の江蘇蘇寧戦で初先発を果たした[8]。2019年5月には同月開催のG大阪U-23の試合で、3試合連続得点を含む4得点を記録した事が選考委員から評価され、月間MVP(J3部門)を受賞した[9]。7月21日、G大阪U-23の一員として出場したJ3第17節・C大阪U-23戦にてプロ入り後初のハットトリックを記録し[10]、同節終了時点でJ3得点ランク1位となる11得点をマークした[11]

モンテディオ山形編集

2019年7月25日、J2モンテディオ山形に育成型期限付き移籍で加入することが発表された[12]。7月27日、第24節の徳島ヴォルティス戦で後半途中から移籍後初出場し、初得点を決めた[13]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 G大阪 37 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2015 0 0 0 0 0 0 0 0
2016 0 0 0 0 0 0 0 0
2017 7 0 0 0 0 0 7 0
2018 18 0 0 0 0 0 0 0 0
2019 0 0 1 0 1 2 2 2
山形 37 J2 -
通算 日本 J1 7 0 2 0 1 2 10 2
日本 J2 -
総通算 7 0 2 0 1 2 10 2
  • 2014年・2015年は2種登録選手
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 G大23 37 J3 23 1 23 1
2017 1 0 1 0
2018 18 32 5 32 5
2019 17 11 17 11
通算 日本 J3 73 17 73 17
総通算 73 17 73 17
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2016 G大阪 37 0 0
2017 2 0
通算 AFC 2 0

タイトル編集

クラブ編集

ガンバ大阪ジュニアユース
ガンバ大阪ユース

個人編集

  • J3リーグ・月間MVP(2019年5月)
  • 日本クラブユースサッカー選手権 MIP(2011年)
  • 日本クラブユースサッカー選手権 MVP(2012年)

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ G大阪JYFW高木彰人(3年)_“宇佐美2世”は否定も圧巻の1G1A ゲキサカ、2012年5月4日
  2. ^ ガンバ大阪ユースFW高木彰人(2年)”. ゲキサカ (2014年12月21日). 2016年2月19日閲覧。
  3. ^ マッチレポート|高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 公益財団法人日本サッカー協会、2012年12月29日
  4. ^ 登録選手追加・変更・抹消のお知らせ Jリーグ公式サイト、2014年4月4日
  5. ^ G大阪16歳高木クラブ史上最年少デビュー nikkansports.com、2014年4月17日
  6. ^ G大阪ユースFW高木彰人(新3年)_世代屈指のアタッカー、SHの新ポジションで2発”. ゲキサカ (2015年4月3日). 2016年2月19日閲覧。
  7. ^ ガンバ大阪ユース DF初瀬選手、MF市丸選手、堂安選手、FW髙木選手 2016シーズン新加入選手として仮契約 ガンバ大阪オフィシャルサイト、2015年11月24日
  8. ^ G大阪完敗3連敗で最下位転落も“ラッキー”2位争い団子状態…勝った江蘇が決勝T一番乗り ゲキサカ(2017年4月11日)
  9. ^ J3受賞者 ガンバ大阪U-23 FW20髙木 彰人”. 日本プロサッカーリーグ (2019年6月13日). 2019年6月15日閲覧。
  10. ^ 2019明治安田生命J3リーグ 第17節 髙木 彰人 選手(G大23)ハットトリック達成”. J.LEAGUE.jp (2019年7月21日). 2019年7月24日閲覧。
  11. ^ J3得点ランク首位、G大阪FW高木彰人がJ2山形に育成型期限付き移籍へ”. ゲキサカ. 講談社 (2019年7月25日). 2019年7月26日閲覧。
  12. ^ “髙木 彰人選手 育成型期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), モンテディオ山形, (2019年7月25日), https://www.montedioyamagata.jp/news/y-2019/n-00009873/ 2019年7月26日閲覧。 
  13. ^ 大槻2発&高木彰人デビュー弾!!山形が逆転で徳島を下して5戦ぶり白星ゲキサカ(2019年7月27日)2019年7月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集