メインメニューを開く

高木 海帆(たかぎ かいはん、1990年10月15日 - )は、オーストラリア柔道選手である。階級は100kg級。身長182cm。現在はJRAに所属している。得意技は大内刈寝技。2016年までは全柔連の強化指定選手で、世界選手権では2度日本代表を務めたこともあった[1]。2018年に国籍を変えて、カイハン・オズチチェク=タカギ(Kayhan Özçiçek-TAKAGI)という名でオーストラリア代表となった[2]

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
アジア柔道選手権
2015 クウェートシティ 100kg級
東アジア競技大会
2009 香港 100kg級

来歴・人物編集

神奈川県川崎市麻生区で育った。トルコ人の父親を持つハーフで、名前の「海帆(かいはん)」はトルコの神様から取ったもの[3]

オーストラリアのシドニーで出生[4]、柔道連盟のプロフィールにはオーストラリア出身と書かれている資料も多数ある[5]。背筋力290kg、握力は両手共に約70kg、ベンチプレス145kgというパワーの持ち主[3]。得意技は、大内刈、大外刈、内股、体落、横車、肩固。特徴は、右組の自然体で懐が深く組手が強い。柔軟で身体バランスが良く瞬時の体捌きが利き受けが強い。寝技は巨漢選手も苦にせず抑え込める。100kg級の柔道選手としては、理想的な体のフレームの持ち主だという意見もある。

地元の柿生青少年柔道会で7歳より柔道を始め小学校5年、6年と柔道会の年間最優秀選手に選ばれた。東海大学付属相模中学校から東海大相模高校に進学すると、1年の時にはインターハイの個人戦で、山下泰裕以来、実に33年ぶり2度目の1年生優勝を果たした[1]。2年の時はベスト8止まりだったものの、3年の時に再び優勝した[1]。また、3年の時には、東海大相模高校が団体戦で高校柔道3冠(全国高校選手権金鷲旗インターハイ)を達成した際の立役者ともなった[1]

東海大学進学後は、世界ジュニアではメダルが取れなかったものの、シニアの国際大会である東アジア競技大会で優勝した。さらに2010年にはワールドカップウィーンで、元世界チャンピオンのブラジルのルシアーノ・コヘアに一本勝ちして優勝を果たした[1]

体重別では初出場ながら決勝で穴井隆将に総合負けしたものの、100kg級世界選手権代表に選ばれた[1]

2010年の全日本柔道選手権にも初出場(最年少出場)し、準優勝した立山広喜に旗判定で敗れたものの5位入賞を果たした[6]

同年に行われた世界柔道100kg級代表に初選出。 2回戦で、北京五輪100kg以下級金メダリスト・ナイダン・ツブシンバヤルに敗れた[7]

2011年4月には体重別の準決勝で敗れるが世界選手権代表に選ばれた[1]。 その後の全日本選手権では準優勝した穴井隆将に優勢負け(指導2)で敗れたものの、5位に入賞した[1]。 8月には前年に続いて世界選手権に出場するものの2回戦で敗れた[8]

その後はケガなどもあって長い間低迷するも、2014年の講道館杯では決勝で高校と大学の1年後輩となる旭化成羽賀龍之介を技ありで破り初優勝を飾った[9]。2015年4月の体重別でも初優勝を飾ったが、国際大会の実績から世界選手権代表には選ばれなかった。5月のアジア柔道選手権では決勝でカザフスタンのマクシム・ラコフを技ありで破って優勝した[10]

2017年3月には「五輪という夢のために、あらゆる可能性に挑戦したい」として、出生国のオーストラリアに帰化して2020年東京オリンピック代表を目指すことになった[11]。2018年11月にはオーストラリア代表としてグランドスラム・大阪に出場するも、2回戦でオランダのミハエル・コレルに敗れた[2][12]。2019年1月のグランプリ・テルアビブでは3位になった[2]。4月のアジアパシフィック選手権でも3位になった[13]。6月の実業団体ではチームの2年ぶりの優勝に貢献した[14]

IJF世界ランキングは930ポイント獲得で47位(19/4/22現在)[15]

戦績編集

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集