ミハエル・コレル

オランダ出身の柔道家

ミハエル・コレル(Michael Korrel、1994年2月27日 - )はオランダ出身の柔道選手。階級は100kg級[1]

獲得メダル
オランダの旗 オランダ
柔道
世界選手権
2019 東京 100kg級
ワールドマスターズ
2019 青島 100kg級
2017 サンクトペテルブルク 100kg級

経歴編集

2011年の世界ジュニア90kg級で5位になると、2012年と2013年のヨーロッパジュニアでは2位だった[1]。2014年のU23ヨーロッパ選手権でも2位となった[1]。2015年には階級を100kg級に上げると、グランドスラム・パリで3位に入った[1]。2016年のヨーロッパ選手権でも3位になったが、国内のこの階級には世界ランキングでより上位に位置していたヘンク・フロルがいたために、リオデジャネイロオリンピック代表には選出されなかった[1]。2017年にはグランドスラム・バクーで優勝するなどして世界ランキング1位になるが、 世界選手権では準決勝でウルフ・アロンに技ありで敗れるなどして5位に終わった[1]グランドスラム・東京と世界ランキング上位選手が集まるワールドマスターズでもそれぞれ2位にとどまったものの、2017年の年間ランキング1位となり、ボーナスの5万ドルを獲得した[2][3]。2019年の世界選手権では準々決勝でアゼルバイジャンのエルマール・ガシモフに敗れるが、その後の3位決定戦で世界チャンピオンである韓国のチョ・グハムを技ありで破って3位になった[4]ワールドマスターズでは決勝でウルフを背負投の技ありで破って優勝した[5]

IJF世界ランキングは5148ポイント獲得で5位(21/5/24現在)[6]

主な戦績編集

90kg級での戦績

100kg級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集