齋藤友香理

日本の指揮者
画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2021年7月

齋藤 友香理 (さいとう ゆかり、1983年5月29日 - ) は、日本人指揮者[1]ドイツドレスデンを拠点に活動中[2]

齋藤 友香理
出生名 齋藤 友香理
生誕 (1983-05-29) 1983年5月29日(39歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 桐朋学園大学カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
担当楽器 指揮
活動期間 2010年 -

経歴編集

生い立ちと教育編集

東京都出身。4歳でピアノを始め、桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学ピアノ科を卒業。大学在学中から副科で指揮を学び始める。当初は、ピアノが上手くなるための指揮の勉強だったが、見る見るうちに指揮の魅力に憑りつかれ、卒業後も同大学の科目履修生として指揮を学んだ[1][3]。2009年に小澤征爾音楽塾においてオペラ・プロジェクト『ヘンゼルとグレーテル』のアシスタント指揮者を務める。2009年から2013年までローム ミュージック ファウンデーションの音楽セミナーに参加し、指揮を小澤征爾と湯浅勇治、コレペティションを三ツ石潤司に学ぶ[1]。この間、2010年には新日鐵文化財団 (現・日本製鉄文化財団) の指揮研究員として、紀尾井ホール室内管弦楽団および東京フィルハーモニー交響楽団にて研鑽を積んだ[4]

2013年からドレスデンカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学において、ゲオルグ・クリストフ・ザンドマン教授からオーケストラ指揮法を学んだ[1]。尚、齋藤が留学先をドレスデンに決めた理由の一つは、オペラを本格的に勉強するためだったという[5]。ドレスデンで学業の傍ら、2014年にモーリッツブルク音楽祭でハインリヒ・シフのアシスタント指揮者を務め、2015年3月にはライプツィヒで、ヴァイマル、ライプツィヒ、ドレスデンの音楽大学の選抜指揮者としてMDR交響楽団を指揮した[1]。2018年にはバイエルン州立歌劇場で上演されたワーグナーパルジファル』公演において、キリル・ペトレンコのアシスタントを務めた。このとき齋藤は、ペトレンコが、パルジファルの作品をしっかりと読み込んでいることと、相手が誰であろうとお互い納得するまで徹底して話し合うことに、強い印象を受けた[6]

指揮者として編集

齋藤が初めてオーケストラを指揮したのは、高校3年生のときのクラスのミュージカル上演であるが[2]、一般の演奏会でプロのオーケストラを指揮したのは、2010年9月に、小澤征爾音楽塾にて、小澤征爾の指名でオペラ『ヘンゼルとグレーテル』を指揮したのが最初である。2013年夏に、大阪フィルハーモニー交響楽団九州交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団を指揮し、国内オーケストラに相次いでデビュー。その後、国内のオーケストラを数多く指揮している[1] (後述の「演奏活動」を参照)。

齋藤の海外での活動のきっかけは、2015年にブザンソン国際指揮者コンクールにて3人のファイナリストの1人となり、オーケストラ賞と聴衆賞を同時受賞したことである[7]。これを受けて2016年9月にリール国立管弦楽団を指揮してフランス・デビュー[8]。次いで2017年10月にトーンキュンストラー管弦楽団を指揮してウィーン・デビューした[9][10]

演奏活動編集

レパートリー編集

齋藤の演奏会は、ドイツを中心とした中欧、東欧の古典派ロマン派の作品を取り上げることが多い。例えば、齋藤のウィーン・デビューとなった、2017年10月のトーンキュンストラー管弦楽団との演奏会は、ウェーバーの『魔弾の射手』序曲とクラリネット協奏曲第2番変ホ長調ロベルト・シューマン交響曲第4番ニ短調という、ザクセンゆかりの作曲家で固めたプログラムであった[9][10]。2018年5月の東京交響楽団とアンティエ・ヴァイトハース (ヴァイオリニスト) との演奏会では、メンデルスゾーンブルッフチャイコフスキーヴァイオリン協奏曲を3曲同時に演奏している[11][12]。近年も、新型コロナ・ウィルス感染症の流行で演奏会の開催が困難な中[2]、2020年10月に群馬交響楽団、2021年2月に東京交響楽団と、いずれもモーツァルトベートーヴェンに焦点を当てた演奏会を開催した[13][14]他、2022年1月には新日本フィルハーモニー交響楽団とシューベルト交響曲第7番ロ短調「未完成」とベートーヴェン交響曲第5番ハ短調「運命」、ドヴォルザーク交響曲第9番ホ短調「新世界より」を一挙に演奏した[15]。2022年の齋藤のプログラムにはモーツァルトが取り上げられる機会が増え、7月に山形交響楽団交響曲第41番「ジュピター」[16]を、8月には北九州グランフィルハーモニー管弦楽団と交響曲第25番交響曲第40番[17]を演奏している。

このようなドイツを中心とした中欧、東欧の古典派、ロマン派の作品と並んで、齋藤の演奏会にはオペラオペレッタバレエといった舞台芸術の楽曲も多く登場する。2020年10月の日本フィルハーモニー交響楽団との演奏会の後半は、オペラとオペレッタの序曲とアリアに焦点を当てた[18]。2021年12月の東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団との「第6回オペラ歌手紅白対抗歌合戦 声魂真剣勝負」では、紅組の指揮者として女声のアリアと二重唱を指揮した[19]。また、2022年1月に札幌交響楽団レハールのオペレッタ『微笑みの国』『メリー・ウィドウ』から数曲を演奏している[20]。バレエについても、2021年12月にKバレエカンパニーチャイコフスキーくるみ割り人形のハイライトを上演した[21][22][23]。齋藤自身も「世界中の劇場に行ってみたい」と、舞台芸術への意気込みを語っている[2]

このほか、齋藤はガーシュイン[24]ヒンデミット[25]ウィリアム・ウォルトン[26]ヴァルター・ブラウンフェルス[27]ジョン・ウィリアムズ[28][29]などの20世紀の作品も指揮している。また、今後は海外で日本人作曲家の作品を海外で演奏し発信することにも意欲を示している[2]

主な共演者編集

受賞歴編集

日本初演編集

録音編集

以下の演奏会は、演奏会後、期間限定でアーカイブ配信された。

  • 日本フィル&サントリーホール とっておきアフタヌーン Vol. 14 (サントリーホール、2020年10月5日)[18]
  • ヴィオラスペース2021 vol. 29 コンサートI「オーケストラ」(紀尾井ホール、2021年6月1日)[25]
  • 湯けむりコンサート 群響草津公演 (草津音楽の森国際コンサートホール、2021年12月5日)[31]
  • 2022都民芸術フェスティバル~ドイツの神髄~ (東京芸術劇場、2022年2月3日)[32]

また、以下の演奏 (の一部) が、オンラインで公開されている。

メディア出演・記事編集

テレビ・ラジオ編集

  • セブンルール (カンテレ・フジテレビ系、2020年2月18日)
  • ONE hour Sense (フジテレビ、2020年8月30日)
  • NHKハグくむコンサート (NHK、2021年11月20日)
  • ブラボー!オーケストラ ▽関西フィルハーモニー管弦楽団 (NHK FM、2021年12月26日)
  • ブラボー!オーケストラ ▽東京交響楽団 (NHK FM、2022年2月13日、20日)

新聞・雑誌編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Tonkünstler Betriebsges.m.b.H.: Tonkünstler Orchester Daniel Ottensamer Programm, p. 12, Tonkünstler Orchester, 2017
  2. ^ a b c d e 日本フィル&サントリーホール とっておきアフタヌーン Vol. 14 齋藤友香理(指揮) インタビュー、サントリーホール
  3. ^ Y. Nag「アーティスト自身による自画自賛 vol. 23 指揮者 齋藤友香理」(TOKYOWISE, 2021年6月7日閲覧)
  4. ^ 「新日鐵文化財団で指揮研究員制度発足」 (「ぶらあぼ」、2010年4月23日、2021年6月7日閲覧
  5. ^ サントリーホール「日本フィル&サントリーホール とっておきアフタヌーン Vol. 14 齋藤友香理(指揮) インタビュー」
  6. ^ 「ACT4 People 齋藤友香理 (指揮者)」『ACT4』88号 (インプレザリオ、2019年01月25日)、p. 15
  7. ^ a b 54e Concours – 2015, Festival interational de musique Besançon Franche-Comté,
  8. ^ 7. Orchestre National de Lille <<16/17 une saison décoif-fante!>>, p. 15
  9. ^ a b Subscription Concert, Tonkünstler Orchestra, Oct 12, 2017
  10. ^ a b Subscription Concert, Tonkünstler Orchestra, Oct 14, 2017
  11. ^ 東京オペラシティシリーズ第103回、東京交響楽団、2021年6月6日閲覧
  12. ^ 東京交響楽団 第107回新潟定期演奏会、新潟市民芸術文化会館、2021年6月6日閲覧
  13. ^ 県民音楽のひろば (伊勢崎市境総合文化センター)、群馬交響楽団、2021年6月7日閲覧
  14. ^ 東京交響楽団演奏会、逗子市、2021年6月7日閲覧
  15. ^ ニューイヤーコンサート2022 "華麗なる3大交響曲"、新日本フィルハーモニー交響楽団、2022年1月26日閲覧
  16. ^ 山形交響楽団 新発田公演、山形交響楽団、2022年9月21日閲覧
  17. ^ 湧き上がる音楽祭in北九州、湧き上がる音楽祭in北九州、2022年9月21日閲覧
  18. ^ a b 公演スケジュール、サントリーホール、2021年6月7日閲覧
  19. ^ 第6回オペラ歌手紅白対抗歌合戦 声魂真剣勝負、サントリーホール、2022年1月2日閲覧
  20. ^ Kitaraのニューイヤー、札幌交響楽団、2022年1月26日閲覧
  21. ^ 子どもたちへ贈る バレエと音楽の煌めき、大田区文化振興協会、2022年2月15日閲覧
  22. ^ シアター オーケストラ トーキョー バレエ!バレエ!!バレエ!!! くるみ割り人形とクララのクリスマス、立川市地域文化振興財団、2022年2月15日閲覧
  23. ^ くるみ割り人形とクララのクリスマス、さいたまアート・フェスタ2021、2022年2月15日閲覧
  24. ^ GERSHWIN AUF REISEN. EIN AMERIKANER IN PARIS, Tonkünstler Orchester, 2021年6月7日閲覧
  25. ^ a b ヴィオラスペース2021 vol. 29 Happy Birthday Beethoven & Hindemith、テレビマンユニオン音楽事業部、2021年6月7日閲覧
  26. ^ 第5回東京国際ヴィオラコンクール、東京国際ヴィオラコンクール運営事務局、2022年6月6日閲覧
  27. ^ 7. Philharmonisches Konzert, ERZGEBIRGS RUND-SCHAU, 2021年6月7日閲覧
  28. ^ 音と光が誘うジョン・ウィリアムズの世界、Osaka Shion Wind Orchestra、2022年1月2日閲覧
  29. ^ 大阪交響楽団 三原特別演奏会、三原市芸術文化センター、2022年9月21日閲覧
  30. ^ 名曲全集 第154回<後期>、東京交響楽団、2021年6月7日閲覧
  31. ^ 湯けむりコンサート 群響草津公演、群馬交響楽団、2022年3月2日閲覧
  32. ^ 2022都民芸術フェスティバル~ドイツの神髄~、東京交響楽団、2022年2月15日閲覧