1.FSVマインツ05

ドイツのサッカークラブ

エアスター・フースバル・ウント・シュポルトフェアアイン・マインツ・ヌルフュンフ1.Fußball und Sportverein Mainz 05)は、ドイツラインラント=プファルツ州マインツに本拠地を置くサッカークラブ。2022-23シーズンはブンデスリーガに所属している。

1.FSVマインツ05
Logo Mainz 05.svg
原語表記 1. Fußball- und Sport-Verein Mainz 05 e.V.
愛称 Die Nullfünfer (05の人)
Karnevalsverein (カーニバルクラブ)
クラブカラー    
   
創設年 1905年
所属リーグ ドイツ・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン マインツ
ホームスタジアム Opel-Arena Mainz.jpg
コファス・アレーナ
収容人数 34,034人
代表者 ドイツの旗 シュテファン・ホフマン
監督 デンマークの旗 ボー・スヴェンソン
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

創設は1905年。長らくブンデスリーガ2部に属していたが、2001年にクラブOBのユルゲン・クロップが監督に就任した後は急速に力を付け始め、2シーズン連続で1部昇格を争うほどになる。2004-05シーズンには、創立から100年目にして初のブンデスリーガ1部昇格を果たし、シーズン最終順位は11位で1部残留も決める。またこのシーズン終了後にはUEFAフェアプレー賞をドイツのクラブ代表として受賞し、これによってクラブ史上初のUEFAカップ出場権も獲得した。

ブンデスリーガでも稀な程の遅咲きなクラブであるが、代表クラスのメンバーもほとんど所属しない中でクロップ監督が選手達を上手くオーガナイズ。1部でもその走力を土台にした組織サッカーが存在感を発揮しつつあったが、2006-07シーズンは16位に終わり4シーズンぶりの2部降格が決定。留任が決まっていたクロップ監督の下、1部への返り咲きを目指したが、4位と昇格を逃した。

2008-09シーズンはヨルン・アンデルソン監督の下で2部2位となり、2年ぶりの1部復帰となった。しかし1部復帰した途端にアンデルソン監督は傲慢になり、合宿でゴルフに興じたりの問題行動を連発。これにより開幕直前に電撃解任される。前期マインツU-19をドイツ全国大会で優勝へ導いた36歳のトーマス・トゥヘルが急遽トップ監督に引き上げられた。

2010-11シーズンは開幕7連勝し、一時はリーグ首位に立った。シーズン終了後は過去最高の5位となり、2011-12UEFAヨーロッパリーグ出場を決めた。

2011-12シーズンより2011年6月に新設されたコファス・アレーナ(34,034人収容)へ本拠地を移転した。

なお、前本拠地のブルヒヴェーク・シュタディオンは収容人数20,300のうち11,600が座席付き、残り8,700が立見席となっていた。また、ブルヒヴェーク・シュタディオンの屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、シャープCMで紹介されたことがある。

2013-2014シーズンを7位で終えたが、2014年5月11日、クリスティアン・ハイデルSDよりトーマス・トゥヘルの契約期間を1年残し事実上の辞任が発表された。後任にはカスパー・ヒュルマンドが就いた。

2015年2月17日朝、成績低迷によりカスパー・ヒュルマンド監督の解任を発表した。後任にはマルティン・シュミットが就く旨も同時に発表された。

2018年夏にアブドゥ・ディアロ武藤嘉紀スアト・セルダル等を放出し、得た資金を元にジャン=フィリップ・マテタクンデ・マロングムサ・ニアカテアーロン・マルティンを獲得。

タイトル編集

国内タイトル編集

なし

国際タイトル編集

なし

過去の成績編集

シーズン ディビジョン DFBポカール
リーグ 順位
2003-04 ブンデスリーガ2部 34 13 15 6 49 34 54 3位 1回戦敗退
2004-05 ブンデスリーガ1部 34 12 7 15 50 55 43 11位 2回戦敗退
2005-06 ブンデスリーガ1部 34 9 11 14 46 47 38 11位 準々決勝敗退
2006-07 ブンデスリーガ1部 34 8 10 16 34 57 34 16位 1回戦敗退
2007-08 ブンデスリーガ2部 34 16 10 8 62 36 58 4位 2回戦敗退
2008-09 ブンデスリーガ2部 34 18 9 7 62 37 63 2位 準決勝敗退
2009-10 ブンデスリーガ1部 34 12 11 11 36 42 47 9位 1回戦敗退
2010-11 ブンデスリーガ1部 34 18 4 12 52 39 58 5位 2回戦敗退
2011-12 ブンデスリーガ1部 34 9 12 13 47 51 39 13位 ベスト16
2012-13 ブンデスリーガ1部 34 10 12 12 42 44 42 13位 準々決勝敗退
2013-14 ブンデスリーガ1部 34 16 5 13 52 54 53 7位 2回戦敗退
2014-15 ブンデスリーガ1部 34 9 13 12 45 47 40 11位 1回戦敗退
2015-16 ブンデスリーガ1部 34 14 8 12 46 42 50 6位 2回戦敗退
2016-17 ブンデスリーガ1部 34 10 7 17 44 55 37 15位 2回戦敗退
2017-18 ブンデスリーガ1部 34 9 9 16 38 52 36 14位 準々決勝敗退
2018-19 ブンデスリーガ1部 34 12 7 15 46 57 43 12位 2回戦敗退
2019-20 ブンデスリーガ1部 34 11 4 19 44 65 37 13位 1回戦敗退
2020-21 ブンデスリーガ1部 34 10 9 15 39 56 39 12位 2回戦敗退
2021-22 ブンデスリーガ1部 34 13 7 14 50 45 46 8位 ベスト16
2022-23 ブンデスリーガ1部 34

欧州の成績編集

現所属メンバー編集

2022年7月12日現在[1][2]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK   フィン・ダーメン ( )
3 DF   アーロン・マルティン
4 MF   アイメン・バルコク ( )
5 DF   マキシム・ライチュ
6 MF   アントン・シュタッハ
7 MF   イ・ジェソン
8 MF   レアンドロ・バレイロ ( )
9 FW   カリム・オニシウォ ( )
10 MF   アンジェロ・フルギニ ( )
11 FW   マルクス・イングヴァルトセン
16 DF   シュテファン・ベル ( )
17 MF   ニクラス・タウアー
19 DF   アントニ・カシ
20 MF   エジミウソン・フェルナンデス ( )
No. Pos. 選手名
21 DF   ダニー・ダ・コスタ ( )
23 DF   アンデルソン・ルコキ ( )
27 GK   ロビン・ツェントナー
29 FW   ヨナタン・ブルカルト
30 DF   シルヴァン・ヴィドマー  
31 MF   ドミニク・コール
32 GK   ラッセ・リース
36 FW   マーロン・ムスタファ
37 FW   デラノ・バルフゾルフ ( )
38 FW   ベン・ボブジエン
41 MF   エニス・シャバニ ( )
42 DF   アレクサンダー・ハック
44 FW   ネルソン・ヴァイパー
-- MF   フィリップ・シュルツ

※括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

ローン移籍編集

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
No. Pos. 選手名
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- DF   ロナエル・ピエール=ガブリエル (RCストラスブール)
-- MF   パウル・ネーベル (カールスルーエSC)
No. Pos. 選手名
-- MF   メルベイユ・パパラ (SVザントハウゼン)

スタッフ編集

役職 氏名
監督   ボー・スヴェンソン
アシスタントコーチ   ババク・ケイハンファー
  ミヒャエル・フェルケンマイヤー
フィジカルコーチ   アレックス・ブーゼンケル
GKコーチ   シュテファン・クーネルト

歴代監督編集

歴代所属選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

脚注編集

  1. ^ Mannschaft”. mainz05.de. 2022年7月14日閲覧。
  2. ^ 1. FSV Mainz 05 Squad”. bundesliga.com. 2021年10月11日閲覧。

外部リンク編集