メインメニューを開く

1963年オランダグランプリ

1963年オランダグランプリ (1963 Dutch Grand Prix) は、1963年のF1世界選手権第3戦として、1963年6月23日ザントフォールト・サーキットで開催された。

オランダ 1963年オランダグランプリ
レース詳細
1963年F1世界選手権全10戦の第3戦
ザントフォールト・サーキット(1948-1989)
ザントフォールト・サーキット(1948-1989)
日程 1963年6月23日
正式名称 XII Grote Prijs van Nederland
開催地 ザントフォールト・サーキット
オランダの旗 オランダ ザントフォールト
コース 恒久的レース施設
コース長 4.193 km (2.605 mi)
レース距離 80周 335.440 km (208.433 mi)
決勝日天候 晴 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-クライマックス
タイム 1:31.6
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-クライマックス
タイム 1:33.7 (56周目)
決勝順位
優勝 ロータス-クライマックス
2位 ブラバム-クライマックス
3位 フェラーリ

レースは80周で行われ、ロータスジム・クラークポール・トゥ・ウィンブラバムダン・ガーニーが2位、フェラーリジョン・サーティースが3位となった。

レース概要編集

1963年オランダグランプリのニュース映像

フェラーリは、前週に行われたル・マン24時間レースでのアクシデントで火傷を負ったウィリー・メレスに代わり、本年からスポーツカー世界選手権のドライバーとして同チームに加入していたルドビコ・スカルフィオッティを起用した[1][2]ポルシェ前年をもってワークス活動から撤退してからも古い718で独自に活動を続けていたカレル・ゴダン・ド・ボーフォール率いるエキュリー・マールスベルゲンは、ド・ボーフォール自身に加えてフォーミュラ・ジュニアで活躍していたゲルハルト・ミッターが初めてスポット参戦した[3]

ジム・クラークポールポジションを獲得し、予選2位のグラハム・ヒルと同3位のブルース・マクラーレンとともにフロントローを、同4位のジャック・ブラバムと同5位のジョン・サーティースが2列目を占めた[1][4]

スタートでクラークがトップを守り、グラハム・ヒルとマクラーレンが続くが、マクラーレンはギアボックスのトラブルで早々にリタイアし、代わって3位に上がったブラバムがグラハム・ヒルに追いつき、2位争いを繰り広げる。その後方でサーティースとダン・ガーニーが4位争いを繰り広げた。2位に上がったブラバムは55周目にスロットルのスタックでグラベルへコースアウトしてしまい順位を落とし、グラハム・ヒルは2位に戻った。しかし、グラハム・ヒルもオーバーヒートによりマシンを止め、サーティースとガーニーが前に出る。サーティースは63周目にミスを犯し、ガーニーが2位に上がった。グラハム・ヒルはレースに復帰したが、エンジントラブルでリタイアとなった[1]

クラークは一度もトップを譲らず、全車を周回遅れにして[5]グランドスラム(ポールポジション、ファステストラップ、全周回1位、優勝)で完勝した。ガーニーはブラバム移籍後初の2位、3位のサーティースはフェラーリ移籍後初の表彰台に立った。4位のイネス・アイルランドは、前戦ベルギーGPでデビューしたBRPの自製マシンによる初入賞をもたらした。リッチー・ギンサーは5位、F1デビュー戦のスカルフィオッティは6位入賞を果たした[1]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 2   ジョン・サーティース フェラーリ 156/63 フェラーリ Tipo178 1.5L V6
4   ルドビコ・スカルフィオッティ
  チーム・ロータス 6   ジム・クラーク ロータス 25 クライマックス FWMV 1.5L V8
8   トレバー・テイラー
  レグ・パーネル・レーシング 10   クリス・エイモン ローラ Mk4A クライマックス FWMV 1.5L V8
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 12   グラハム・ヒル BRM P57 BRM P56 1.5L V8
14   リッチー・ギンサー
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 16   ジャック・ブラバム ブラバム BT7 クライマックス FWMV 1.5L V8
18   ダン・ガーニー
  クーパー・カー・カンパニー 20   ブルース・マクラーレン クーパー T66 クライマックス FWMV 1.5L V8
22   トニー・マグス
  オートモビリ・ツーリズモ・エ・スポート 24   フィル・ヒル ATS 100 ATS 100 1.5L V8
26   ジャンカルロ・バゲッティ
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 28   ヨアキム・ボニエ クーパー T60 クライマックス FWMV 1.5L V8
  ブリティッシュ・レーシング・パートナーシップ 30   イネス・アイルランド BRP Mk1 BRM P56 1.5L V8
42   ジム・ホール ロータス 24
  エキュリー・マールスベルゲン 32   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 718 ポルシェ 547/3 1.5L F4
34   ゲルハルト・ミッター
  シフェール・レーシングチーム 36   ジョー・シフェール ロータス 24 BRM P56 1.5L V8
  シロッコ・レーシング・カーズ 38   トニー・セッテンバー 1 シロッコ SP BRM P56 1.5L V8
40   イアン・バージェス 1
ソース:[6]
追記

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 6   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 1:31.6 1
2 12   グラハム・ヒル BRM 1:32.2 +0.6 2
3 20   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 1:32.3 +0.7 3
4 16   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 1:32.4 +0.8 4
5 2   ジョン・サーティース フェラーリ 1:33.0 +1.4 5
6 14   リッチー・ギンサー BRM 1:33.3 +1.7 6
7 30   イネス・アイルランド BRP-BRM 1:33.3 +1.7 7
8 28   ヨアキム・ボニエ クーパー-クライマックス 1:34.1 +2.5 8
9 22   トニー・マグス クーパー-クライマックス 1:34.3 +2.7 9
10 8   トレバー・テイラー ロータス-クライマックス 1:35.2 +3.6 10
11 4   ルドビコ・スカルフィオッティ フェラーリ 1:35.6 +4.0 11
12 10   クリス・エイモン ローラ-クライマックス 1:35.9 +4.3 12
13 24   フィル・ヒル ATS 1:36.0 +4.4 13
14 18   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 1:36.2 +4.6 14
15 26   ジャンカルロ・バゲッティ ATS 1:37.8 +6.2 15
16 34   ゲルハルト・ミッター ポルシェ 1:38.8 +7.2 16
17 36   ジョー・シフェール ロータス-BRM 1:39.0 +7.4 17
18 42   ジム・ホール ロータス-BRM 1:39.0 +7.4 18
19 32   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 1:39.3 +7.7 19
ソース:[7]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 6   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 80 2:08:13.7 1 9
2 18   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 79 +1 Lap 14 6
3 2   ジョン・サーティース フェラーリ 79 +1 Lap 5 4
4 30   イネス・アイルランド BRP-BRM 79 +1 Lap 7 3
5 14   リッチー・ギンサー BRM 79 +1 Lap 6 2
6 4   ルドビコ・スカルフィオッティ フェラーリ 78 +2 Laps 11 1
7 36   ジョー・シフェール ロータス-BRM 77 +3 Laps 17
8 42   ジム・ホール ロータス-BRM 77 +3 Laps 18
9 32   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 75 +5 Laps 19
10 8   トレバー・テイラー ロータス-クライマックス 66 +14 Laps 10
11 28   ヨアキム・ボニエ クーパー-クライマックス 56 +24 Laps 8
Ret 12   グラハム・ヒル BRM 69 オーバーヒート 2
Ret 16   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 68 アクシデント 4
Ret 10   クリス・エイモン ローラ-クライマックス 29 水ポンプ 12
Ret 26   ジャンカルロ・バゲッティ ATS 17 イグニッション 15
Ret 24   フィル・ヒル ATS 15 サスペンション 13
Ret 22   トニー・マグス クーパー-クライマックス 14 オーバーヒート 9
Ret 20   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 7 ギアボックス 3
Ret 34   ゲルハルト・ミッター ポルシェ 2 クラッチ 16
ソース:[8]
ラップリーダー[9]

第3戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Dutch GP, 1963”. grandprix.com. 2018年9月9日閲覧。
  2. ^ (林信次 1997, p. 59)
  3. ^ (林信次 1997, p. 67)
  4. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。 Netherlands 1963 - Starting grid”. statsf1.com. 2018年9月9日閲覧。
  5. ^ (林信次 1997, p. 55)
  6. ^ Netherlands 1963 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年9月9日閲覧。
  7. ^ Netherlands 1963 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年9月9日閲覧。
  8. ^ 1963 Dutch Grand Prix”. formula1.com. 2014年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。
  9. ^ Netherlands 1963 - Laps led”. statsf1.com. 2018年9月9日閲覧。

参照文献編集

  • en:1963 Dutch Grand Prix(2018年7月13日 23:26:13(UTC))より翻訳
  • 林信次『F1全史 1961-1965』ニューズ出版、1997年。ISBN 4-938495-09-0

外部リンク編集