メインメニューを開く

大石友好

大石 友好(おおいし ともよし、1954年1月15日 - )は、徳島県海部郡宍喰町(現:海陽町)出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ。登録名を大石 知宜(読み同じ)としている。

大石 知宜 (大石 友好)
東北楽天ゴールデンイーグルス 二軍ヘッドコーチ #79
T ohishi20170305.jpg
さいたま市営浦和球場にて(2017年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県海部郡宍喰町(現:海陽町
生年月日 (1954-01-15) 1954年1月15日(64歳)
身長
体重
179 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1979年 ドラフト3位
初出場 1980年4月5日
最終出場 1991年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

目次

経歴編集

プロ入りまで編集

徳島県立海南高等学校では尾崎健夫とバッテリーを組み、1971年春季徳島大会で優勝するが、代表決定戦で徳島商(選抜代表校)に敗れ、四国大会には進めなかった。同年夏も県予選準々決勝で池田高に敗れ甲子園には出場できなかった。他の高校同期に北川裕司セントラル・リーグ審判の谷博がいた。卒業後は北川とともに神奈川大学へ進学。神奈川五大学野球リーグでは在学中5度優勝。

大学卒業後は河合楽器に入社。1979年都市対抗では大昭和製紙に補強され、後にプロで同僚となるエース杉本正らを擁し準々決勝に進むが、日産自動車に惜敗[1]。しかしこの試合では名取和彦から本塁打を放っている。

現役時代編集

1979年のドラフト3位で西武ライオンズに入団。1年目の1980年から一軍で起用され、田淵幸一が指名打者に回ったこともあって吉本博野村克也とレギュラーを争う。1981年には正捕手の座を獲得、1982年のリーグ優勝、日本一に貢献する。しかしシーズン後半には黒田正宏が台頭、同年の中日ドラゴンズとの日本シリーズは主として黒田が先発出場。大石は後半2試合の先発にとどまり、活躍の場は少なかった。翌1983年は黒田、伊東勤と併用される形となり、2年連続のリーグ優勝、日本一を果たすが、読売ジャイアンツとの日本シリーズでは控えに回る。1984年からは伊東が定位置を獲得し、1985年キャンプイン直前に田尾安志との交換トレードで杉本正とともに中日に移籍した。

中日移籍後は中尾孝義中村武志の控えとして活躍し、1987年8月9日には高卒新人投手近藤真一の一軍初登板ノーヒットノーランをサポート。1988年には、勝ち試合でリリーフエースの郭源治とバッテリーを組む「リリーフキャッチャー」としてリーグ優勝に貢献(このことは「燃えよドラゴンズ!」の'88年度版でも歌われている)。同年の古巣西武との日本シリーズでも2試合に先発マスクを被るが3打数0安打で終わり1勝4敗で敗退。1991年限りで現役引退。

引退後編集

その後は中日に残り1992年一軍バッテリーコーチ補佐に就任したが最下位に終わった。1993年から1994年からまで二軍バッテリーコーチを務めた。1995年に西武に復帰し一軍バッテリーコーチ、1996年は一軍総合コーチ、1997年に再び一軍バッテリーコーチを務めたが同年オフプロ野球脱税事件に関与していた事が発覚し解任された。1999年2001年一軍バッテリーコーチ、2000年二軍監督兼バッテリーコーチを務めた。2002年から2008年までダイエー・ソフトバンク一軍バッテリーコーチを務めたが2005年オフに城島健司が抜けた以降3年間正捕手を固定できなかったり、盗塁阻止率もリーグ最低記録を残すなど指導力を問われかねない事態に陥った。12年ぶりの最下位となった2008年限りで解任となった。同2008年オフ、黒江透修の後任として西武のチーフコーチに就任、8年ぶりに西武に復帰したが4位に低迷し2010年に一軍バッテリーチーフコーチを務めたが解任された。

2011年からはJ SPORTSの野球解説者を務め、2011年5月4日の西武対ロッテ戦で解説者デビューした(当初はオープン戦でデビューする予定だったが、震災による節電で西武ドームでの試合が開催されなかったため上記のようになった)。解説活動では再び「大石知宜」に変更している。2012年からは、中日時代の恩師である星野仙一が監督である東北楽天ゴールデンイーグルスの二軍バッテリーコーチを務める[2]2016年からは二軍ヘッドコーチ。2018年10月5日に来季の契約をしないことを通知された[3]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1980 西武 77 180 156 16 32 4 1 0 38 8 2 2 8 1 9 0 6 17 5 .205 .273 .244 .517
1981 80 246 219 19 50 4 0 5 69 25 6 3 9 2 14 0 2 33 5 .228 .278 .315 .594
1982 101 279 227 23 42 5 1 1 52 24 3 2 16 1 28 0 7 36 5 .185 .293 .229 .522
1983 76 176 143 21 30 5 0 4 47 19 0 0 14 1 17 0 1 20 4 .210 .296 .329 .625
1984 13 16 13 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3 0 0 3 0 .077 .250 .077 .327
1985 中日 74 177 155 11 38 3 1 1 46 12 0 0 4 1 15 2 2 25 8 .245 .318 .297 .615
1986 54 96 88 2 15 4 0 0 19 4 0 0 2 0 4 1 2 19 0 .170 .223 .216 .439
1987 42 86 78 5 16 4 0 1 23 8 0 1 2 0 4 1 2 14 2 .205 .262 .295 .557
1988 74 115 103 3 19 3 0 0 22 6 0 0 6 0 5 0 1 21 1 .184 .229 .214 .443
1989 33 19 19 0 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .158 .158 .158 .316
1990 36 39 35 1 8 0 0 0 8 2 0 0 2 1 1 0 0 6 2 .229 .243 .229 .472
1991 23 6 5 0 2 2 0 0 4 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .400 .500 .800 1.300
通算:12年 683 1435 1241 102 256 34 3 12 332 111 11 8 63 7 101 4 23 196 32 .206 .277 .268 .544

年度別守備成績編集

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率 失策
1980 75 58 35 23 .397 4
1981 77 60 40 20 .333 6
1982 100 68 49 19 .279 2
1983 76 49 32 17 .347 4
1984 11 2 2 0 .000 0
1985 72 52 36 16 .308 3
1986 54 35 24 11 .314 0
1987 39 15 8 7 .467 2
1988 73 30 17 13 .433 0
1989 32 7 2 5 .714 0
1990 35 14 8 6 .429 0
1991 23 10 7 3 .300 0
通算 667 400 260 140 .350 21

記録編集

初記録
その他の記録

背番号編集

  • 41 (1980年 - 1981年)
  • 9 (1982年 - 1984年)
  • 8 (1985年 - 1991年)
  • 87 (1992年)
  • 96 (1993年 - 1994年)
  • 76 (1995年 - 1997年、1999年 - 2001年)
  • 84 (2002年 - 2010年)
  • 79 (2012年 - )

脚注編集

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 来季のコーチ契約について”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2011年10月31日). 2011年11月1日閲覧。
  3. ^ 来季のコーチ契約に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト(2018年10月5日配信)2018年10月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集