メインメニューを開く

1982 FIFAワールドカップ・アジア・オセアニア予選

1982 FIFAワールドカップアジア・オセアニア予選は、アジア・オセアニア地区で行われた1982 FIFAワールドカップ・予選である。アジアサッカー連盟オセアニアサッカー連盟より21チームが参加して行われる予定だったが、サッカーイラン代表は抽選が行われる前に参加を辞退した[1]。アジア・オセアニア地区の本大会への出場枠は2。

予選は2つのラウンドにわかれている。

  • 1次予選: 参加20チームは4つのグループに別れる。各グループのレギュレーションは以下のとおり。
    • グループ1 5チームが参加。ホームアンドアウェー形式で行われる。グループ1位が最終予選進出。
    • グループ2 5チームが参加。サウジアラビアにおいて1回戦総当り制で行われた。グループ1位が最終予選進出。
    • グループ3 4チームが参加。クウェートにおいて1回戦総当り制で行われた。グループ1位が最終予選進出。
    • グループ4 6チームが参加。香港において1回戦総当り制で行われた。グループ内の対戦方式は以下のとおり。
      • 予備予選: 参加6チームの組み分けのため、2チームずつ3組に分かれてそれぞれ1試合を行う。この試合結果に基づいてグループ分けが行われる。
      • グループステージ: 参加6チームは3チームずつ2グループに別れラウンドロビン方式で対戦。各グループ上位2チームが準決勝進出。
      • 準決勝: グループAの勝者はグループBの2位と、グループBの勝者はグループAの2位と対戦。それぞれの試合の勝者が決勝に進出。
      • 決勝: 準決勝の勝者同士が1試合で勝敗を決定する。勝者が最終予選進出。
  • 最終予選: 1次予選各グループの勝者4チームがホームアンドアウェー方式で対戦。上位2チームが本大会出場権を獲得。

1次予選編集

グループ1編集

順位 チーム
1   ニュージーランド 14 8 6 2 0 31 3 +28
2   オーストラリア 10 8 4 2 2 22 9 +13
3   インドネシア 6 8 2 2 4 5 14 −9
4   チャイニーズタイペイ 5 8 1 3 4 5 8 −3
5   フィジー 5 8 1 3 4 6 35 −29



















ニュージーランドが最終予選進出。

グループ2編集

順位 チーム
1   サウジアラビア 8 4 4 0 0 5 0 +5
2   イラク 6 4 3 0 1 5 2 +3
3   カタール 4 4 2 0 2 5 3 +2
4   バーレーン 2 4 1 0 3 1 6 −5
5   シリア 0 4 0 0 4 2 7 −5









サウジアラビアが最終予選に進出。

グループ3編集

順位 チーム
1   クウェート 6 3 3 0 0 12 0 +12
2   韓国 4 3 2 0 1 7 4 +3
3   マレーシア 1 3 0 1 2 3 8 −5
4   タイ 1 3 0 1 2 3 13 −10





クウェートが最終予選に進出。

グループ4編集

予備予選編集



結果に従い、中国、日本、マカオがグループAに、香港、北朝鮮、シンガポールがグループBに振り分けられた。

グループA編集

順位 チーム
1   中国 4 2 2 0 0 4 0 +4
2   日本 2 2 1 0 1 3 1 +2
3   マカオ 0 2 0 0 2 0 6 −6


中国日本が準決勝に進出。

グループB編集

順位 チーム
1   北朝鮮 3 2 1 1 0 3 2 +1
2   香港 2 2 0 2 0 3 3 0
3   シンガポール 1 2 0 1 1 1 2 −1


北朝鮮香港が準決勝に進出。

準決勝編集

北朝鮮が決勝に進出。


中国が決勝に進出。

決勝編集

中国が最終予選に進出。

最終予選編集

順位 チーム
1   クウェート 9 6 4 1 1 8 6 +2
2=   ニュージーランド 7 6 2 3 1 11 6 +5
2=   中国 7 6 3 1 2 9 4 +5
4   サウジアラビア 1 6 0 1 5 4 16 −12











最終予選プレーオフ編集

中国とニュージーランドは勝ち点、得失点差で並んだため、中立地でのプレーオフが開催された。

クウェートニュージーランドが本大会出場権を獲得した。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ World Cup 1982 qualifications - Asia RSSSF.com、2013年1月10日閲覧。

外部リンク編集