1993年のイギリスツーリングカー選手権

1993年のイギリスツーリングカー選手権
前年: 1992 翌年: 1994

1993年のオートトレーダー・RAC イギリスツーリングカー選手権 (1993 Auto Trader RAC British Touring Car Championship season) は、イギリスツーリングカー選手権の36年目のシーズン。3月28日のシルバーストン・サーキットで開幕し、9月19日の同地における最終戦まで全14戦で争われた。BMW・318isのヨアヒム・ヴィンケルホックがドライバータイトルを獲得した。BMWは前年に続き、2年連続ドライバータイトルを制した。

シーズン概要編集

1992年の終わり、BMWは自社にとって不利であると感じた方向にルール変更がなされ、その結果BMW GBは選手権から撤退。BMWの工場運営を行っていたプロドライブは、現在はよく知られたスバルとの契約を結び、ラリーカー製造に転換。プロドライブはまたAMGと協力してCクラスに参戦しているメルセデスベンツチームに参加する予定でもあった。プロドライブで中心的な役割を担うティム・サグデンとベルント・シュナイダーは、チームのためにドライブする予定であった[1]。計画は1994年のフル参戦につながるためのものであったが、結局は実現しなかった[2]ヴィク・リー・モータースポーツは、オーナーのヴィク・リーの薬物スキャンダル後に清算された。チームの資産はスティーヴ・ニールとレイ・ベルムに引き継がれた。ベルムはスポーツカー参戦から撤退したユーロレーシングのスタッフを採用し、ニールのリムストック・レーシングに合流させ、チーム・ダイナミクスを作り上げた。ベルムはその年の内にチームの株式を売却し、スティーヴ・ニールがオーナーとして残った。チームは1993年のシーズンに1992年仕様の318iS3台で臨み、マット・ニール、レイ・ベルム、アレックス・ポートマンがドライブしたが、その後2台体制に縮小した。

BMW GBがBTCCから撤退したわずか数週間後、BMWはドイツツーリングカー選手権からもシュニッツァー・モータースポーツによるワークス参戦を取りやめた。こちらもルール改正に不満を持ったための撤退であった。BMWとシュニッツァー・モータースポーツでは他にもいくつかのシリーズに参戦しており、イギリスツーリングカー選手権にはワークスドライバーとしてスティーブ・ソパーヨアヒム・ヴィンケルホックが参戦していた。

アンディ・ロウズトヨタの有力チューナーであるトムスがノーフォークに拠点を置く「トムス・GB」との契約を失った。トムスはかつて80年代にグループAマシンをBTCCに投入していた。ロウズのシートはジュリアン・ベイリーが引き継ぎ、新型車のカリーナ・E・GTiが投入された。トヨタはまたジェームズ・ケイボビー・バードン=ローを起用し、2台の旧型カリーナを走らせるジュニアチームのパークレーン・レーシングもサポートした。ロウズはフォードとのワークス契約を結んだが、シーズンが始まるまで新しいモンデオは現れなかった。

ボクスホールジョン・クレランドジェフ・アラムのラインナップを維持し、セミワークスのエキュリー・エコッセデイビッド・レズリーが残留、数レース後にスコットランド出身のハリー・ナットルが加わった。プジョーロブ・グラヴェットユージン・オブライエンイアン・フラックスが加わり、3台体制でプジョー・405 Mi16を走らせる。日産も3台体制でキース・オドールウィン・パーシーティフ・ニーデルを起用、マツダパトリック・ワッツを起用、クセドス6で復帰する。新規参戦のルノーアラン・メニュとタイトル獲得経験のあるティム・ハーベイを起用し、ルノー・19を走らせる。

シーズンはシルバーストンで開幕した。スティーブ・ソパーがチームメイトのヨアヒム・ヴィンケルホックを率いてBMWの1-2を達成した。ドニントン・パークでの第2ラウンドは、ヨーロッパグランプリのサポートレースであった。レースは激しい雨に見舞われ、ミシュランのおかげでルノーはティム・ハーベイ-アラン・メニュの1-2フィニッシュを達成した。ルノーはドライコンディションにおいてプライベーターとの対戦に苦しんでいたため、ミシュランがレインコンディションで優れていることはすぐに明らかになった。

続くスネッタートンではスタート時に多重クラッシュが発生したため赤旗が振られ、5台は再スタートができなかった。レースはソパーが勝利し、ジュリアン・ベイリーが2位、そしてデビッド・レズリーが3位となった。第4戦のドニントン・パークではヴィンケルホックがジェフ・アラム、スティーブ・ソパーを押さえて勝利した。ヴィンケルホックはオウルトン・パークでも勝利を収めた。スティーブ・ソパーはタイヤバリアに突っ込んでリタイアしたため、ヴィンケルホックが2ポイント差でタイトル争いをリードした。

ブランズ・ハッチはシーズン最初のダブルヘッダーを開催した。ヴィンケルホックがデイビッド・レズリーを閉め出して勝利したことが論争となった。キース・オドールが2位、ウィル・ホイが3位となったが、レズリーは明らかに不満で、ヴィンケルホックにはパスする機会がまったくなかったとコメントした。ヴィンケルホックは自身がそのコーナーではレズリーよりもずっと速かったと言って謝罪したが、自身でその動きを試してみると、少し誤解があった。ヴィンケルホックは第2レースでも先行したがクリアウェイズに入ってミスを犯し、バリアに突っ込んでリタイアとなった。ウィル・ホイも同じ場所でコースアウトしたが、少し右に上がり、そのコーナーのいくつかのバリアを覆うタイヤに接触した。主なライバルが脱落したことで、ソパーは容易に勝利することができた。オドールが2位、ジェフ・アラムが3位に入った。

第8戦のペンブレイではフォードがデビューした。ヴィンケルホックが勝利し、ホイが2位、ソパーが3位であった。続くシルバーストンでは、トヨタはホイとベイリーの1-2に向けて突き進んだが、ベイリーの野心的な動きはホイをリタイアに追い込み、自身もリタイアとなった。代わりに優勝したのはキース・オドールだった。オドール自身、そして日産にとってもBTCC初勝利であった。チームメイトのウィン・パーシーも2位に入り、日産にとっては完璧な一日となった。3位にはポール・ラディシッチが入り、復帰したフォードにとって初の表彰台となった。

ノックヒルではシーズン二度目のダブルヘッダーが開催された。第1レースはボクスホールのジョン・クレランドとトヨタのジュリアン・ベイリーの長い戦いで、クレランドが最終的にトップに浮上し、ウィル・ホイが3位となった。ソパーはフォードのラディシッチ押し出されて、貴重なポイントを失った。彼にとっては幸運なことに、ヴィンケルホックはクラッチの問題で第2レースをスタートすることができなかった。第2レースはベイリーがクレランドとホイを抑えて優勝した。ルノーチームはスコットランドを欠場し、車の開発に専念することにした。 オウルトン・パークの第12ラウンドはゴールド・カップの名称で行われた。ルノーは開発の甲斐あって2台共に好調で、メニュは4位に入った。ヴィンケルホックはスタートからゴールまでレースをリードして優勝した。ソパーはクレランドを抑えて2位に入った。第13ラウンドのブランズ・ハッチではヴィンケルホックとレズリーが再びクラッシュした。最初にヴィンケルホックがレズリーをパスして2位につき、レズリーが取り返そうとしたときヴィンケルホックに接触、ヴィンケルホックはスピンしてしまう。両者ともにコースアウトし、ラディシッチがソパーとプジョーのロブ・グラヴェットを押さえて勝利した。ソパーは後に最終ラップでグラヴェットに対して強引な動きがあったため1ポジションのペナルティを受けた。

第14ラウンドのスラクストンではレズリーが勝利した。フォードのラディシッチとアンディ・ロウズが2位と3位に入った。ソパーは6位に入ったが、ヴィンケルホックとのポイント差は12に抑えられた。

第15ラウンドのドニントン・パークはシーズン3度目のダブルヘッダーが開催された。ラディシッチは第1レースを支配し、2位に10秒以上の差を付けて勝利した。一方、ウェットレースでルノーは2位と3位を獲得することができた。ソパーはパンクのためリタイアを余儀なくされ、ヴィンケルホックは5位に終わったことで、第2レースの結果でタイトルを獲得するチャンスを得た。第2レースはメニュがラディシッチとヴィンケルホックを抑えて勝利したが、ソパーは5位に終わったためタイトルはシルバーストンの最終戦で決定されることとなった。

シルバーストンの最終戦ではロブ・グラヴェットのプジョーを含むクラッシュが発生し、レースは赤旗が振られた。再スタート後、トヨタのウィル・ホイがレースをリードしたが、ポール・ラディシッチとアンディ・ロウズに抜かれ、フォードが1-2フィニッシュを達成した。ホイは3位に入り、ソパーはヴィンケルホックよりも前にフィニッシュしたが、13ポイント差でタイトルはヴィンケルホックが獲得した。シーズン前半に出場しなかったにもかかわらず、ラディシッチはランキング3位を獲得した。ジョン・クレランドは4位、ジュリアン・ベイリーは5位となった。

参加チームおよびドライバー編集

チーム 車両 No. ドライバー 出場ラウンド
マニファクチャラー
ルノー・ディーラー・レーシング ルノー・19 1   ティム・ハーベイ 1-8, 10-14
19   アラン・メニュ 1-8, 10-14
Team Securicor Toyota トヨタ・カリーナ E 2   ウィル・ホイ 全戦
21   ジュリアン・ベイリー 全戦
ボクスホール・スポーツ ボクスホール・キャバリエ 3   ジョン・クレランド 全戦
4   ジェフ・アラム 全戦
チーム・モンデオ フォード・モンデオ Si 5   アンディ・ロウズ 7-14
15   ポール・ラディシッチ 7-14
BMWモータースポーツ・チーム BMW・318i 6   スティーブ・ソパー 全戦
22   ヨアヒム・ヴィンケルホック 全戦
パーク・レーン トヨタ ジュニアチーム トヨタ・カリーナ E 10   ジェームズ・ケイ 1-8, 10, 12-14
20   ボビー・バードン=ロー 全戦
RKR with Silkolene at Halfords プジョー・405 Mi16 14   イアン・フラックス 全戦
ニッサン・カストロール・レーシング ニッサン・プリメーラ eGT 23   キース・オドール 全戦
24   ウィン・パーシー 1-4, 6-14
  ティフ・ニーデル 5
34 6-9, 11
プジョー・タルボ・スポール プジョー・405 Mi16 45   ロブ・グラヴェット 全戦
46   ユージン・オブライエン 全戦
マツダ・レーシングチーム マツダ・クセドス 6 66   パトリック・ワッツ 全戦
エキュリー・エコッセ・ボクスホール ボクスホール・キャバリエ 78   ティフ・ニーデル 2
  ハリー・ナットル 3-14
79   デイビッド・レズリー 全戦
80   クリス・グッドウィン 11, 14
インディペンデント
チーム・ダイナミクス BMW・318is 11   レイ・ベルム 2-4, 6-8
  アンディ・ウォレス 5
27   アレックス・ポートマン 1-6, 8-14
77   マット・ニール 1-11
BMW・318i 12-14
ピンクニー・モータースポーツ BMW・318is 12   デイヴ・ピンクニー 1-8, 11
タムチェスター・チーム・マクステッド ボクスホール・キャバリエ 16   イアン・アシュレイ 1-8, 10-14
17   イアン・カーン 全戦
ペゲン・モータースポーツ BMW・M3 25   ペゲン・アンダーソン 1-2
ジム・ホエールズ フォード・シエラ サファイア 26   ジム・ホエールズ 3
アスキス・オートスポーツ マツダ・323F 32   イアン・キャントウェル 1-3, 6, 8
ボブ・バーリッジ フォード・シエラ サファイア 35   ボブ・バーリッジ 6, 8, 10-14

ToCA シュートアウト編集

チーム 車両 No. ドライバー
マニファクチャラー
チーム・モンデオ フォード・モンデオ Si 5   ナイジェル・マンセル
15   ポール・ラディシッチ
BMWモータースポーツ・チーム BMW・318i 6   スティーブ・ソパー
パーク・レーン・トヨタ・ジュニアチーム トヨタ・カリーナ E 8   デレック・ワーウィック
プジョー・タルボ・スポール プジョー・405 Mi16 45   ロブ・グラヴェット
46   デイヴ・コイン
マツダ・レーシングチーム マツダ・クセドス 6 66   パトリック・ワッツ
エキュリー・エコッセ・ボクスホール ボクスホール・キャバリエ 78   ティフ・ニーデル
79   デイビッド・レズリー
80   ヘイデン・ミーシャム
インディペンデント
チーム・ダイナミクス BMW・318i 11   マット・ニール
BMW・318is 27   アレックス・ポートマン
77   クリス・レア
ピンクニー・モータースポーツ BMW・318is 12   デイヴ・ピンクニー
コリン・ディヴィッズ・レーシング ボクスホール・キャバリエ 16   イアン・アシュレイ
タムチェスター・チーム・マクステッド ボクスホール・キャバリエ 17   イアン・カーン
Thenander Motorsport BMW・318is 30   Bengt Thenander
ペトロライン BMW・318i 33   クラース・ズワルト

結果編集

TOCA シュートアウト
順位 ドライバー
1   デイビッド・レズリー
2   ポール・ラディシッチ
3   スティーブ・ソパー
4   ロブ・グラヴェット
5   デイヴ・コイン
6   ティフ・ニーデル
7   イアン・アシュレイ
NC   マット・ニール
NC   ナイジェル・マンセル
NC   Bengt Thenander
NC   イアン・カーン
NC   ヘイデン・ミーシャム
NC   デヴィッド・ピンクニー
NC   デレック・ワーウィック
NC   クリス・レア
NC   クラース・ズワルト
NC   パトリック・ワッツ
NC   アレックス・ポートマン

開催カレンダーと優勝者編集

全戦がイングランドで開催された。

ラウンド サーキット 開催日 ポールポジション ファステストラップ 優勝ドライバー 優勝チーム 優勝プライベーター
1 R1   シルバーストン・サーキット(ナショナル) 3月28日   スティーブ・ソパー   ヨアヒム・ヴィンケルホック   スティーブ・ソパー BMWモータースポーツ・チーム   マット・ニール
2 R2   ドニントン・パーク(グランプリ) 4月12日   スティーブ・ソパー   ティム・ハーベイ   ティム・ハーベイ ルノー・ディーラー・レーシング   イアン・キャントウェル
3 R3   スネッタートン・サーキット 5月3日   パトリック・ワッツ   ヨアヒム・ヴィンケルホック   スティーブ・ソパー BMWモータースポーツ・チーム   イアン・アシュレイ
4 R4   ドニントン・パーク(グランプリ) 5月16日   ヨアヒム・ヴィンケルホック   ヨアヒム・ヴィンケルホック   ヨアヒム・ヴィンケルホック BMWモータースポーツ・チーム   マット・ニール
5 R5   オウルトン・パーク 5月31日   ジョン・クレランド   ジョン・クレランド   ヨアヒム・ヴィンケルホック BMWモータースポーツ・チーム   イアン・アシュレイ
6 R6   ブランズ・ハッチ・インディ 6月13日   デイビッド・レズリー   キース・オドール   ヨアヒム・ヴィンケルホック BMWモータースポーツ・チーム   レイ・ベルム
R7   ヨアヒム・ヴィンケルホック   スティーブ・ソパー BMWモータースポーツ・チーム   レイ・ベルム
7 R8   ペンブレイ・サーキット 6月27日   デイビッド・レズリー   デイビッド・レズリー   ヨアヒム・ヴィンケルホック BMWモータースポーツ・チーム   イアン・カーン
8 R9   シルバーストン・サーキット(グランプリ) 7月11日   キース・オドール   パトリック・ワッツ   キース・オドール ニッサン・カストロール・レーシング   イアン・カーン
9 R10   ノックヒル・レーシング・サーキット 7月25日   ジュリアン・ベイリー   ジェフ・アラム   ジョン・クレランド ボクスホール・スポーツ   マット・ニール
R11   ジュリアン・ベイリー   ジュリアン・ベイリー Team Securicor Toyota   アレックス・ポートマン
10 R12   オウルトン・パーク 8月8日   ヨアヒム・ヴィンケルホック   ヨアヒム・ヴィンケルホック   ヨアヒム・ヴィンケルホック BMWモータースポーツ・チーム   アレックス・ポートマン
11 R13   ブランズ・ハッチ・インディ 8月22日   デイビッド・レズリー   ヨアヒム・ヴィンケルホック   ポール・ラディシッチ チーム・モンデオ   イアン・カーン
12 R14   スラクストン・サーキット 8月30日   デイビッド・レズリー   デイビッド・レズリー   デイビッド・レズリー エキュリー・エコッセ・ボクスホール   マット・ニール
13 R15   ドニントン・パーク(グランプリ) 9月12日   ポール・ラディシッチ   ティム・ハーベイ   ポール・ラディシッチ チーム・モンデオ   アレックス・ポートマン
R16   ポール・ラディシッチ   アラン・メニュ ルノー・ディーラー・レーシング   イアン・アシュレイ
14 R17   シルバーストン・サーキット(ナショナル) 9月19日   ポール・ラディシッチ   ポール・ラディシッチ   ポール・ラディシッチ チーム・モンデオ   イアン・カーン

ランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ編集

順位 ドライバー SIL DON SNE DON OUL BHI PEM SIL KNO OUL BHI THR DON SIL ポイント
1   ヨアヒム・ヴィンケルホック 2 Ret 5 1 1 1 Ret 1 4 3 DNS 1 20 14 5 3 8 163
2   スティーブ・ソパー 1 3 1 3 Ret 4 1 3 Ret 12 8 2 3 6 Ret 5 5 150
3   ポール・ラディシッチ 8 3 5 5 Ret 1 2 1 2 1 110
4   ジョン・クレランド 3 4 10 7 2 Ret 5 7 6 1 2 3 12 8 Ret 6 7 102
5   ジュリアン・ベイリー Ret 7 2 5 15 6 9 4 Ret 2 1 5 7 7 7 17 6 88
6   キース・オドール Ret 5 DNS 9 4 2 2 5 1 7 11 10 5 11 8 11 11 82
7   ウィル・ホイ 4 Ret 4 6 Ret 3 14 2 Ret 10 3 Ret 4 10 16 16 3 79
8   デイビッド・レズリー Ret Ret 3 8 Ret 18 6 Ret 5 9 7 7 13 1 4 8 4 72
9   ジェフ・アラム 5 6 DNS 2 3 7 3 10 18 6 6 6 15 13 11 12 9 67
10   アラン・メニュ 10 2 Ret 13 Ret 15 Ret Ret 8 4 9 9 2 1 Ret 57
11   アンディ・ロウズ Ret Ret 16 10 Ret 6 3 DSQ 4 2 41
12   ウィン・パーシー 7 Ret 8 11 5 4 9 2 DNS DNS 18 11 Ret 10 7 Ret 38
13   ロブ・グラヴェット Ret Ret 7 14 DNS DSQ 16 11 9 Ret DNS Ret 2 4 17 13 DNS 34
14   ティム・ハーベイ 11 1 Ret 16 Ret 11 8 Ret Ret Ret 14 16 3 Ret 15 31
15   パトリック・ワッツ 6 Ret DNS 4 Ret 10 Ret Ret Ret 4 4 Ret 8 12 Ret DNS 12 29
16   ユージン・オブライエン Ret Ret 13 Ret 5 12 11 Ret Ret 8 Ret 9 10 5 6 15 Ret 23
17   ハリー・ナットル 16 15 8 Ret DNS 6 7 11 9 8 Ret 15 9 Ret 13 16
18   イアン・フラックス 9 8 11 10 6 9 7 14 Ret 15 13 11 Ret 18 Ret 10 18 14
19   ボビー・バードン=ロー 14 Ret 6 12 7 8 15 15 12 Ret Ret 13 17 17 Ret DNS Ret 11
20   マット・ニール 8 Ret DNS 17 Ret 14 Ret 18 13 14 15 16 18 19 13 14 17 3
21   ジェームズ・ケイ 13 11 9 Ret Ret Ret DNS Ret 10 DNS DNS 12 20 14 Ret 14 3
22   イアン・キャントウェル 12 9 Ret Ret 17 DNQ 16 2
23   イアン・アシュレイ Ret 12 12 Ret 9 17 13 13 17 17 21 Ret 15 9 19 2
24   イアン・カーン 15 10 17 Ret 14 Ret DNS 12 11 18 Ret 15 16 21 DNS 18 16 1
25   アレックス・ポートマン Ret Ret 15 19 10 16 Ret DNQ Ret 17 14 14 Ret 22 12 Ret 21 1
26   クリス・グッドウィン Ret 10 1
27   ティフ・ニーデル Ret 12 Ret 10 19 Ret 13 12 Ret 0
28   アンディ・ウォレス 11 0
29   レイ・ベルム Ret DNS 18 13 12 17 14 0
30   デヴィッド・ピンクニー Ret 13 14 Ret 13 Ret Ret 16 15 19 0
31   ボブ・バーリッジ Ret DNS Ret Ret DSQ Ret 18 Ret 20 0
 ?   ペゲン・アンダーソン Ret Ret 0
 ?   ジム・ホエールズ Ret 0
順位 ドライバー SIL DON SNE DON OUL BHI PEM SIL KNO OUL BHI THR DON SIL ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

TOCAチャレンジカップ(プライベーター対象)編集

順位 ドライバー SIL DON SNE DON OUL BHI PEM SIL KNO OUL BHI THR DON SIL ポイント
1   マット・ニール 8 Ret DNS 17 Ret 14 Ret 18 13 14 15 16 18 19 13 14 17 194
2   イアン・カーン 15 10 17 Ret 14 Ret DNS 12 11 18 Ret 15 16 21 DNS 18 16 192
3   イアン・アシュレイ Ret 12 12 Ret 9 17 13 13 17 17 21 Ret 15 9 19 148
4   アレックス・ポートマン Ret Ret 15 19 10 16 Ret DNQ Ret 17 14 14 Ret 22 12 Ret 21 125
5   デヴィッド・ピンクニー Ret 13 14 Ret 13 Ret Ret 16 15 19 70
6   レイ・ベルム Ret DNS 18 13 12 17 14 64
7   イアン・キャントウェル 12 9 Ret Ret 17 DNQ 16 56
8   ボブ・バーリッジ Ret DNS Ret Ret DSQ Ret 18 Ret 20 15
9   アンディ・ウォレス 11 12
 -   ペゲン・アンダーソン Ret Ret 0
 -   ジム・ホエールズ Ret 0
順位 ドライバー SIL DON SNE DON OUL BHI PEM SIL KNO OUL BHI THR DON SIL ポイント

マニファクチャラーズ・チャンピオンシップ編集

順位 マニファクチャラー SIL DON SNE DON OUL BHI PEM SIL KNO OUL BHI THR DON SIL ポイント
1 BMW / BMWモータースポーツ・チーム 1 3 1 1 1 1 1 1 4 3 8 1 3 6 5 3 5 251
2 ボクスホール / ボクスホール・スポーツ/エキュリー・エコッセ 3 4 3 2 2 7 3 6 5 1 2 3 12 1 4 6 4 198
3 トヨタ / Team Securicor Toyota/パーク・レーン・トヨタ・ジュニアチーム 4 7 2 5 15 3 9 2 Ret 2 1 5 4 7 7 16 3 159
4 ニッサン / ニッサン・カストロール・レーシング 7 5 8 9 4 2 2 5 1 7 11 10 5 11 8 7 11 138
5 フォード / チーム・モンデオ 8 3 5 5 Ret 1 2 1 2 1 122
6 プジョー / プジョー・スポール / ロイ・ケネディ・レーシング 9 8 7 10 5 9 7 11 9 8 13 9 2 4 6 10 18 111
7 ルノー / ルノー・ディーラー・レーシング 10 1 Ret 13 Ret 11 8 Ret 8 4 9 9 2 1 15 93
8 マツダ / マツダ・レーシングチーム 6 Ret DNS 4 Ret 10 Ret Ret Ret 4 4 Ret 8 12 Ret DNS 12 51
順位 ドライバー SIL DON SNE DON OUL BHI PEM SIL KNO OUL BHI THR DON SIL ポイント

参照編集

外部リンク編集