デイビッド・レズリー

イギリスのレーシングドライバー
デイビッド・レズリー2003年

デイビッド・レズリー(David Leslie、1953年11月9日2008年3月30日)は、スコットランド出身のレーシングドライバーレスリーと表記される場合もある。1980年代から2000年代まで主にル・マン24時間レースイギリスツーリングカー選手権等で活躍した[1][2]

経歴編集

 
レズリーのBTCCプリメーラ

1977年にレースデビュー。イギリスのフォーミュラ・フォードフォーミュラ・アトランティックに参戦。アトランティックのタイトルを1980年に獲得した。その後もイギリスF3やヨーロッパF3などにも参戦し、イギリスF3では、アイルトン・セナマーティン・ブランドルらとも対戦した。

スポーツカー世界選手権でも1985年から活躍。ル・マン24時間レースにおいても1988年には、マツダスピードからマツダ・767で参戦。マルク・デュエツ片山義美と共にクラス2位を獲得している。

イギリスツーリングカー選手権(BTCC)には、1987年にフォード・シエラで参戦を開始し、その後もインディペンデント(プライベーター)チームのBMW・M3で参戦した。

1992年からはワークスチームから参戦し、レイマロック・リミテッド(RML)が運営するボクスホール(オペル)チームに移籍。翌93年には1勝を挙げてシリーズ8位となる。

1994年は2年間在籍した、ボクスホールを離れてマツダのセミワークスチームに移籍し、マツダ・クセドス6(日本名マツダ・ユーノス500)をドライブする。しかし、チームの資金不足やチームメイトのマット・ニールシルバー・ストーンで大きなクラッシュに見舞われてしまい、以降のレースを欠場することになるなど様々な問題もあり、チームはシリーズ半ばで撤退することになった。

1995年はこの年から参戦を始めたホンダに移籍。チームメイトのジェイムズ・ケイと共にホンダ・アコードをドライブした。この年はやや厳しいシーズンを送るが、1996年シーズンは3勝をマークし、シリーズ4位を獲得した。

1997年は一時参戦を休止していた日産が、RMLとニッサン・モーター・スポーツ・ヨーロッパ(NME)とのジョイントで参戦する事になり、レズリーはホンダから日産に移籍。チームメイトのアンソニー・レイドと共に日産・プリメーラをドライブした。この年は3位入賞を3回果たし、ランキング8位でシリーズを終えている。翌年日産チームは合計9勝。レズリーも2勝を挙げ、日産のチームタイトルとマニファクチャータイトル獲得に貢献した[3]。1999年はレイドがフォードに移籍することになったが、引き続き日産のドライバーとして残留し、新しくチームに加入したローレン・アイエロとドライバータイトルを争い、シリーズ2位を獲得。日産は2年連続でチームタイトルとマニファクチャータイトル獲得を達成し、ドライバータイトルを含めた3冠を達成した。(インディペンデント部門のマット・ニールのタイトルを含めると4冠。)レズリーはこの年も3勝を挙げ、2位9回と3位を1回記録する好成績を残している。

2000年は日産ワークスがBTCCを撤退。レズリーもこの年のBTCC参戦はジェイムス・トンプソンの代わりにスネクトーン戦でアコードで参戦するのみの予定だったが、インディペンデントチームとして日産からプリメーラの供給を受け参戦していた、PRO・モータースポーツコリン・ブレアの代役に選ばれ、彼の代わりに後半のレースに出場。この年同チームからスウェーデンツーリングカー選手権(STCC)にもプリメーラでスポット参戦した。

2001年はBTCCに出場せず、2002年シーズンからはプロトンからフル参戦。この年も優勝こそなかったが表彰台に数回上がり、ランキング7位となった。翌年も引き続きプロトンから参戦したが、この年を持って現役を引退した。

引退後も世界ツーリングカー選手権の解説者を務めるなど精力的に活動していたが、2008年の3月30日にサーキットに向かう為、元レーシングドライバーのリチャード・ロイドとロイドのチーム関係者らと共にセスナに同乗していた際に墜落事故に遭い、54歳で亡くなった。またこの事故で同乗者全員の死亡が確認された。

この事故は関係者の間に衝撃を与え、特にレズリーと親しくしていた元F1ドライバーのデビット・クルサードは大きなショックを受けたという[4]。同じく、元F1ドライバーのデビット・ブラバムもコメントを発表した。

また彼の追悼イベントとして「デイビッド・レズリー・スーパーツーリングカー・フェスティバル」が毎年開かれており、レズリーと同じく同時期のBTCCに参戦していた、ジョン・クレランドガブリエル・タルキーニフランク・ビエラらも参加している。またレズリーがドライブした、プリメーラやアコードも同イベントに出場し、チームメイトだったアンソニー・レイドらがドライブした。

レース成績編集

イギリスツーリングカー選手権編集

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 順位 ポイント
1992年 エキュリー・エコックス・ボクスホール ボクスホール・キャバリエ SIL

7

THR

7

OUL

5

SNE

5

BRH

5

DON1

6

DON2

5

SIL

7

KNO1

Ret

KNO2

DNS

PEM

7

BRH1

6

BRH2

6

DON

10

SIL

3

7位 66
1993年 SIL

Ret

DON

Ret

SNE

3

DON

8

OUL

Ret

BRH1

18

BRH2

6

PEM

Ret

SIL

5

KNO1

9

KNO2

7

OUL

7

BRH

13

THR

1

DON1

4

DON2

8

SIL

4

8位 72
1994年 チーム・マツダ マツダ・クセドス6 THR

8

BRH1

8

BRH2

11

SNE

17

SIL1

16

SIL2

11

OUL

Ret

DON1

Ret

DON2

DNS

BRH1

Ret

BRH2

19

SIL

11

KNO1 KNO2 OUL BRH1 BRH2 SIL1 SIL2 DON1 DON2 20位 6
1995年 ホンダチームMSD ホンダ・アコード DON1

Ret

DON2

Ret

BRH1

17

BRH2

17

THR1

8

THR2

12

SIL1

9

SIL2

8

OUL1

DNS

OUL2

DNS

BRH1

12

BRH2

18

DON1

7

DON2

9

SIL

12

KNO1

11

KNO2

7

BRH1

17

BRH2

10

SNE1

8

SNE2

8

OUL1

6

OUL2

3

SIL1

5

SIL2

4

11位 61
1996年 DON1

Ret

DON2

Ret

BRH1

10

BRH2

Ret

THR1

8

THR2

5

SIL1

3

SIL2

9

OUL1

8

OUL2

7

SNE1

9

SNE2

Ret

BRH1

5

BRH2

7

SIL1

4

SIL2

1

KNO1

6

KNO2

7

OUL1

3

OUL2

2

THR1

1

THR2

8

DON1

2

DON2

1

BRH1

3

BRH2

5

4位 159
1997年 ニッサン・ボーダーフォン・レーシング 日産・プリメーラ DON1

4

DON2

11

SIL1

3

SIL2

Ret

THR1

7

THR2

11

BRH1

4

BRH2

3

OUL1

10

OUL2

6

DON1

9

DON2

Ret

CRO1

Ret

CRO2

3

KNO1

11

KNO2

Ret

SNE1

9

SNE2

6

THR1

8

THR2

10

BRH1

6

BRH2

8

SIL1

6

SIL2

6

8位 87
1998年 THR1

7

THR2

12

SIL1

1

SIL2

Ret

DON1

Ret

DON2

1

BRH1

Ret

BRH2

6

OUL1

3

OUL2

Ret

DON1

Ret

DON2

2

CRO1

Ret

CRO2

2

SNE1

6

SNE2

4

THR1

5

THR2

2

KNO1

5

KNO2

9

BRH1

4

BRH2

Ret

OUL2

4

OUL2

Ret

SIL1

13

SIL2

2

6位 148
1999年 DON1

4

DON2

Ret

SIL1

2

SIL2

7

THR1

11

THR2

Ret

BRH1

6

BRH2

2

OUL1

2

OUL1

8

DON1

2

DON2

1

CRO1

2

CRO2

4

SNE1

1

SNE2

2

THR1

4

THR2

1

KNO1

9

KNO2

3

BRH1

4

BRH2

2

OUL1

2

OUL2

4

SIL1

11

SIL2

2

2位 228
2000年 レッドストーン・チーム・ホンダ ホンダ・アコード BRH1 BRH2 DON1 DON2 THR1

6

THR2

Ret

KNO1 KNO2 OUL1 OUL2 SIL1 SIL2 CRO1 CRO2 SNE1 SNE2 12位 15
PRO・モータースポーツ 日産・プリメーラ DON1

7

DON2

10

BRH1 BRH2 OUL1 OUL2 SIL1

6

SIL2

Ret

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1984年 エキュリー・エコッセ マイク・ワイルズ

デヴィット・ダフィールド

エコッセ・C284 C2 36 DNF DNF
1985年 エキュリー・エコッセ マイク・ワイルズ

レイ・マロック

エコッセ・C285 C2 45 DNF DNF
1986年 エキュリー・エコッセ マイク・ワイルズ

レイ・マロック

エコッセ・C286 C2 181 DSQ DSQ
1987年 エキュリー・エコッセ レイ・マロック

マルク・デュエヅ

エコッセ・C287 C2 308 8位 2位
1988年 マツダスピード マルク・デュエヅ

片山義美

マツダ・767 GTP 330 17位 2位
1989年 アストンマーチン

エキュリー・エコッセ

デヴィッド・シアーズ

レイ・マロック

アストンマーチン・AMR1 C1 153 DNF DNF
1990年 シルクカット・ジャガー

トムウォーキンショー・レーシング

マーティン・ブランドル

アラン・フェルテ

ジャガー・XJR-12 C1 220 DNF DNF
1991年 シルクカット・ジャガー

トムウォーキンショー・レーシング

マウロ・マルティニ

ジェフ・クロスノフ

ジャガー・XJR‐12 C2 183 DNF DNF
1993年 TWR・ジャガー・レーシング アルミン・ハーネ

ウィン・パーシー

ジャガー・XJ220 GT 6 DNF DNF
1995年 チーム・マルコス クリス・マルシュ

フランソワ・ミゴール

マルコス・LM600 LMGT2 184 NC NC

スパ・フランコルシャン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1993年 エキュリー・エコックス・ボクスホール フィリップ・アダムス

ベルナール・ドライバー

ボクスホール・キャバリエ DNF DNF
1998年 日産ベルギー・ターボ・チーム ディアク・ショイスマン

グレゴール・デ・メビウス

日産・プリメーラ SP 471 7位 7位
2000年 ELR&バウエル・モータースポーツ ジェイムズ・ケイ

マーク・レマー

ホンダ・アコード SP DNF DNF

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ David Leslie | Racing career profile | Driver Database”. www.driverdb.com. 2019年11月17日閲覧。
  2. ^ David Leslie” (英語). Super Touring Register. 2019年11月19日閲覧。
  3. ^ ニッサン、日本車初の1998年BTCCチャンピオン獲得。”. global.nissannews.com. 2020年4月1日閲覧。
  4. ^ クルサード、レーシングの恩師(デイヴィッド・レスリー)を追悼”. F1通信. 2020年2月27日閲覧。

外部リンク編集