メインメニューを開く

1992年日本グランプリ (4輪)

1992年日本グランプリ (1992 Japanese Grand Prix) は1992年のF1世界選手権第15戦として10月25日に鈴鹿サーキットで決勝レースが開催された。

日本の旗 1992年日本グランプリ
レース詳細
Suzuka 1992 2003.svg
日程 1992年シーズン第15戦
決勝開催日 10月25日
開催地 鈴鹿サーキット
日本 三重県 鈴鹿市
コース長 5.86403km
レース距離 53周(310.79359km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'37.360
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ナイジェル・マンセル
タイム 1'40.646(Lap 44) 
決勝順位
優勝
2位
3位

概要編集

1987年に鈴鹿サーキットで再開されて以来、日本GPは毎年チャンピオン決定戦となってきたが、この年はドライバーズ、コンストラクターズ両部門ともすでに決定していた。そのため、今季限りで第二期活動(エンジン供給)を終了するホンダのラストランに関心が集まった。マクラーレンアイルトン・セナは来日後フジテレビの番組に出演したり、ヘルメットに日の丸のステッカーを貼るなどして、ホンダへの感謝を表した。

フェラーリは前戦ポルトガルGPを最後に成績不振のイヴァン・カペリを解雇し、代役としてテストドライバーのニコラ・ラリーニが出場する。

マーチカール・ヴェンドリンガーに代わってヤン・ラマースを起用。日本にも馴染みの深いラマースはセオドール時代の1982年以来、10年ぶりのF1参戦となった。

予選編集

展開編集

土曜日の予選2回目は雨のため多くのマシンが出走せず、金曜日の予選1回目のタイムでスターティンググリッドが決定した。ウィリアムズ・FW14Bは鈴鹿でも速さを見せつけ、ナイジェル・マンセルが今季13回目のポールポジションを獲得。チームメイトのリカルド・パトレーゼが0.9秒差の2位につけた。

ホンダは鈴鹿スペシャルエンジンを投入し、アイルトン・セナがパトレーゼと僅差の3位、ゲルハルト・ベルガーがセナから2秒遅れの4位となった。5位ベネトンミハエル・シューマッハの後ろにロータスジョニー・ハーバートミカ・ハッキネンがつけた。

日本人ドライバーは、フットワーク鈴木亜久里が16位、ヴェンチュリ片山右京が20位となった。

結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター 1回目 2回目
1 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズルノー 1'37.360 2'07.703
2 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズルノー 1'38.219 2'13.971
3 1   アイルトン・セナ マクラーレンホンダ 1'38.375 No Time
4 2   ゲルハルト・ベルガー マクラーレンホンダ 1'40.296 No Time
5 19   ミハエル・シューマッハ ベネトンフォード 1'40.922 11'12.418
6 12   ジョニー・ハーバート ロータスフォード 1'41.030 No Time
7 11   ミカ・ハッキネン ロータスフォード 1'41.415 No Time
8 26   エリック・コマス リジェルノー 1'42.187 No Time
9 4   アンドレア・デ・チェザリス ティレルイルモア 1'42.361 2'13.715
10 25   ティエリー・ブーツェン リジェルノー 1'42.428 No Time
11 28   ニコラ・ラリーニ フェラーリ 1'42.488 No Time
12 23   クリスチャン・フィッティパルディ ミナルディランボルギーニ 1'42.617 No Time
13 20   マーティン・ブランドル ベネトンフォード 1'42.626 No Time
14 24   ジャンニ・モルビデリ ミナルディランボルギーニ 1'42.627 2'10.260
15 27   ジャン・アレジ フェラーリ 1'42.824 No Time
16 10   鈴木亜久里 フットワーク無限ホンダ 1'43.029 No Time
17 32   ステファノ・モデナ ジョーダンヤマハ 1'43.117 2'19.944
18 29   ベルトラン・ガショー ベンチュリランボルギーニ 1'43.156 No Time
19 22   ピエルルイジ・マルティニ ダラーラフェラーリ 1'43.251 No Time
20 30   片山右京 ベンチュリランボルギーニ 1'43.488 5'40.775
21 3   オリビエ・グルイヤール ティレルイルモア 1'43.941 No Time
22 21   J.J.レート ダラーラフェラーリ 1'44.037 No Time
23 16   ヤン・ラマース マーチイルモア 1'44.075 No Time
24 9   ミケーレ・アルボレート フットワーク無限ホンダ 1'44.149 2'25.413
25 33   マウリシオ・グージェルミン ジョーダンヤマハ 1'44.253 No Time
26 17   エマニュエル・ナスペッティ マーチイルモア 1'47.303 No Time

[1][2]

決勝編集

展開編集

スタートでは上位がグリッド順のまま1コーナーを通過し、早くもウィリアムズ勢が後続を引き離す。これを追う3番手のマシンは次々とトラブルに見舞われた。3周目、セナのマシンにエンジントラブルが発生し、ダンロップコーナーの東コースショートカットにマシンを止めた。セナは完走した際に、ホンダと日本人のファンに対する感謝の気持ちを表すために振るための日の丸の小旗をコクピット内に仕込んでいたが、これを振ることはできないままレースを終えた。ベルガーは早めのタイヤ交換で後退し、シューマッハも13周目にギアボックスが壊れ、3位に上がったハーバートもシューマッハと同じトラブルでピットに戻った。

36周目、最終コーナーでマンセルのマシンがスローダウン。20秒後方にいたパトレーゼが追いつき、ホームストレートでトップが入れ替わった。すでにチャンピオンを獲得していたマンセルは、2戦前のイタリアGPでパトレーゼに勝利を譲る約束をしていたが、この時は両者リタイアしたため、ここで改めて約束を実行するつもりだった[3]。その後マンセルは44周目にファステストラップを記録したが、翌周のS字コーナーでルノーエンジンが火を吹きリタイアとなった。この周には、4位のハッキネンもエンジンブローで戦列を離れた。

パトレーゼは(F1キャリア最後の優勝となる)今季初勝利を達成し、セナを抜いてドライバーズランキング2位に浮上した。表彰台は2位ベルガー、3位ブランドルというセカンドドライバー揃いの顔触れとなった。

日本人ドライバーは鈴木が8位、片山が11位で完走した。片山はチームメイトのガショーにシケインで追突されたものの、格上のチームであるフェラーリのラリーニをパスする見せ場を作った。

結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 6   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズルノー 53 1:33'09.553 2 10
2 2   ゲルハルト・ベルガー マクラーレンホンダ 53 +13.729 4 6
3 20   マーティン・ブランドル ベネトンフォード 53 +1'15.503 13 4
4 4   アンドレア・デ・チェザリス ティレルイルモア 52 +1 Lap 9 3
5 27   ジャン・アレジ フェラーリ 52 +1 Lap 5 2
6 23   クリスチャン・フィッティパルディ ミナルディランボルギーニ 52 +1 Lap 12 1
7 32   ステファノ・モデナ ジョーダンヤマハ 52 +1 Lap 17
8 10   鈴木亜久里 フットワーク無限ホンダ 52 +1 Lap 16
9 21   J.J.レート ダラーラフェラーリ 52 +1 Lap 22
10 22   ピエルルイジ・マルティニ ダラーラフェラーリ 52 +1 Lap 19
11 30   片山右京 ヴェンチュリランボルギーニ 52 +1 Lap 20
12 28   ニコラ・ラリーニ フェラーリ 52 +1 Lap 11
13 17   エマニュエル・ナスペッティ マーチイルモア 51 +1 Lap 26
14 24   ジャンニ・モルビデリ ミナルディランボルギーニ 51 +2 Laps 14
15 9   ミケーレ・アルボレート フットワーク無限ホンダ 51 +2 Laps 24
Ret 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズルノー 44 エンジン 1
Ret 11   ミカ・ハッキネン ロータスフォード 44 エンジン 7
Ret 29   ベルトラン・ガショー ラルースランボルギーニ 39 接触 18
Ret 26   エリック・コマス リジェルノー 36 エンジン 8
Ret 16   ヤン・ラマース マーチイルモア 27 クラッチ 23
Ret 33   マウリシオ・グージェルミン ジョーダンヤマハ 22 スピン 25
Ret 12   ジョニー・ハーバート ロータスフォード 15 ギアボックス 6
Ret 19   ミハエル・シューマッハ ベネトンフォード 13 ギアボックス 5
Ret 3   オリビエ・グルイヤール ティレルイルモア 6 スピン 21
Ret 25   ティエリー・ブーツェン リジェルノー 3 ギアボックス 10
Ret 1   アイルトン・セナ マクラーレンホンダ 3 エンジン 3

[4][1][2]

脚注編集

  1. ^ a b 1992年F1第15戦日本GP結果”. Everyday F1. 2012年2月5日閲覧。
  2. ^ a b 日本GP 1992”. ESPN F1. 2012年2月5日閲覧。
  3. ^ 演出家マンセル、パトレーゼにV譲る”. 日本GP 過去のレース. ニッカンスポーツ. 2012年2月5日閲覧。
  4. ^ 1992 Japanese Grand Prix” (英語). Formula1.com. 2012年2月5日閲覧。
前戦
1992年ポルトガルグランプリ
FIA F1世界選手権
1992年シーズン
次戦
1992年オーストラリアグランプリ
前回開催
1991年日本グランプリ
  日本グランプリ次回開催
1993年日本グランプリ