メインメニューを開く
2010年のル・マン・シリーズ
前年: 2009 翌年: 2011

2010年のル・マン・シリーズは、フランス西部自動車クラブ (ACO) の統括するル・マン・シリーズの7年目のシーズン。2010年4月11日フランスポール・リカールで開幕し、9月12日イギリスシルバーストンで閉幕するまで、全5戦で争われた。シリーズはル・マン・プロトタイプとグランドツーリングによる5つのカテゴリーで争われる[1]。今シーズンはGT1クラスが開催される最後の年となった。

ステファン・サラザンはシーズンの大半、ニコラ・ラピエールと車両を共有したが、LMP1のタイトルを獲得した。サラザンはスパ1000kmにおいて所属チームのチーム・オレカ・マットムートから出場せず、代わりにロイック・デュバルが出場した。にも関わらず、サラザンはアルガルヴェにおいてラビエール、オリビエ・パニスと共に唯一の勝利を挙げた。ラピエールはポール・リカールでアラン・マクニッシュと共に勝利を挙げたリナルド・カペッロを抑えて2位に入った。LMP1での他の勝利者はスパでのセバスチャン・ボーデペドロ・ラミーサイモン・パジェノ、ハンガロリンクでのグレッグ・マンセルレオ・マンセル、シルバーストンでのニコラ・ミナシアンアンソニー・デビッドソンである。LMP2ではトーマス・エルドス、マイク・ニュートンがタイトルを獲得した。彼らは1勝しか挙げず、ストラッカ・レーシングジョニー・ケーンダニー・ワッツ、ニック・レヴェンティスは3勝を挙げたものの、コンスタントな入賞がタイトルに繋がった。LMP2でのその他の勝利者はスパにおけるミゲル・アマラルオリビエ・プラであった。

GT1のタイトルはラルブル・コンペティションのガブリエーレ・ガーデルとパトリス・ゲースラールが獲得した。同チームはGT1クラスで全戦に参加した唯一のチームであった。ジュリアン・カナルとフェルナンド・リーズは様々なレースでラルブルのペアと組んだが、選手権の対象にはならなかった。シーズンにおいてラルブルに勝利したのはスパにおけるマルクVDSレーシングチームエリック・デ・ドンカーバス・レインダース、マルクス・パルタッラ組のみであった。GT2はフェルバーマイヤー・プロトンのマルク・リープリヒャルト・リーツ組が5戦中3勝を挙げてタイトルを獲得した。残る2勝はAFコルセジャンマリア・ブルーニハイメ・メロがアルガルヴェとシルバーストンで挙げた物であった。FLMクラスでも厳しい戦いが繰り広げられた。DAMSのアンドレア・バレーシ、ゲイリー・シャランドン組が2ポイント差でホープ・ポールヴィジョン・レーシングのスティーヴ・ザッキアに打ち勝ちタイトルを獲得した。5つのレースで4つの異なるチームが勝利し、バレーシとシャランドンはアレッサンドロ・チコニャーニを加えてハンガロリンクで勝利しただけであった。ザッキアはウォルフガング・カウフマン、ルカ・モロと共にスパで勝利、ダミアン・ドゥールモンド、ロス・ザンパティ、デヴィッド・ゾーリンガーはポール・リカールで勝利した一方、ジョディ・ファースとウォーレン・ヒューズはアルガルヴェとシルバーストンで2勝を挙げた。

スケジュール編集

2009年10月27日、ACOは2010年のカレンダーを発表、確定した3戦と未確定の2戦、加えてポール・リカールでの伝統的なテストセッションがその内容であった[2]。その後カレンダーは改訂され、アルガルヴェハンガロリンクが加えられた。ポール・リカールでのレースは8時間に拡大された[3]。シルバーストン1000キロレースはLMP1クラスに対してインターコンチネンタル・ル・マン・カップのポイント対象とされた[4]。また。同サーキットの「アリーナ」構成で実施された初のレースとなった。

カステレ8時間レースを除いて、その他のレースは1000kmもしくは6時間で実施された[5]。スパ1000キロレースでは部分的な雨天およびレッドフラッグのため、予定より143ラップ少なく終了した。トップ3台は6時間終了時点で139ラップ周回していた。ハンガロリンク1000キロレースも6時間終了時点での走行距離は1000kmよりも少なかった。

ラウンド レース サーキット 開催日
- 公式テストセッション   ポール・リカール 3月7日-9日
1 カステレ8時間レース   ポール・リカール 4月11日
2 スパ1000キロレース   スパ・フランコルシャン 5月9日
3 アルガルヴェ1000キロレース   アルガルヴェ 7月17日
4 ハンガロリンク1000キロレース   ハンガロリンク 8月22日
5 オートスポーツ シルバーストン1000キロレース   シルバーストン 9月12日

レース結果編集

総合優勝は太字

ラウンド サーキット LMP1 優勝チーム/マシン/周回数 LMP2 優勝チーム FLM 優勝チーム GT1 優勝チーム GT2 優勝チーム 出走台数
LMP1 優勝ドライバー LMP2 優勝ドライバー FLM 優勝ドライバー GT1 優勝ドライバー GT2 優勝ドライバー
1 ポール・リカール   No. 7 アウディ・スポーツチーム・ヨースト/アウディ・R15 TDI/266周   No. 42 ストラッカ・レーシング   No. 49 アップルウッド・セブン   No. 50 ラルブル・コンペティション   No. 77 チーム・フェルバーマイヤー・プロトン 41台
  アラン・マクニッシュ
  リナルド・カペッロ
  ダニー・ワッツ
  ニック・レヴェンティス
  ジョニー・ケーン
  ダミアン・ドゥールモンド
  デヴィッド・ゾーリンガー
  ロス・ザンパティ
  ガブリエーレ・ガーデル
  パトリス・ゲースラール
  ジュリアン・カナル
  マルク・リープ
  リヒャルト・リーツ
2 スパ   No.3 チーム・プジョー トタル/プジョー・908 HDi FAP   No. 40 Quifel-ASM Team   No. 47 ホープ・ポールヴィジョン・レーシング   No. 70 マルクVDSレーシングチーム   No. 77 チーム・フェルバーマイヤー・プロトン 49台
  セバスチャン・ボーデ
  ペドロ・ラミー
  サイモン・パジェノ
  ミゲル・アマラル
  オリビエ・プラ
  ウォルフガング・カウフマン
  スティーヴ・ザッキア
  ルカ・モロ
  エリック・デ・ドンカー
  バス・レインダース
  マルクス・パルタッラ
  マルク・リープ
  リヒャルト・リーツ
3 アルガルヴェ   No. 4 チーム・オレカ・マットムート/プジョー・908 HDi FAP/215周   No. 25 RML   No. 44 DAMS   No. 50 ラルブル・コンペティション   No. 96 AFコルセ 32台
  オリビエ・パニス
  ニコラ・ラピエール
  ステファン・サラザン
  マイク・ニュートン
  トーマス・エルドス
  ベン・コリンズ
  ジョディ・ファース
  ウォーレン・ヒューズ
  ガブリエーレ・ガーデル
  パトリス・ゲースラール
  フェルナンド・リーズ
  ジャンマリア・ブルーニ
  ハイメ・メロ
4 ハンガロリンク   No. 5 ビーチディーン マンセル/ジネッタ-ザイテック GZ09SB/199周   No. 42 ストラッカ・レーシング/HPD・ARX-01c/206周   No. 43 DAMS   No. 50 ラルブル・コンペティション   No. 77 チーム・フェルバーマイヤー・プロトン 37台
  グレッグ・マンセル
  レオ・マンセル
  ニック・レヴェンティス
  ダニー・ワッツ
  ジョニー・ケーン
  アンドレア・バレーシ
  アレッサンドロ・チコニャーニ
  ゲイリー・シャランドン
  ガブリエーレ・ガーデル
  パトリス・ゲースラール
  フェルナンド・リーズ
  マルク・リープ
  リヒャルト・リーツ
5 シルバーストン   No. 1 チーム・プジョー トタル/プジョー・908 HDi FAP/170周   No. 42 ストラッカ・レーシング   No. 44 DAMS   No. 50 ラルブル・コンペティション   No. 96 AFコルセ 45台
  ニコラ・ミナシアン
  アンソニー・デビッドソン
  ダニー・ワッツ
  ジョニー・ケーン
  ニック・レヴェンティス
  ジョディ・ファース
  ウォーレン・ヒューズ
  ガブリエーレ・ガーデル
  パトリス・ゲースラール
  フェルナンド・リーズ
  ジャンマリア・ブルーニ
  ハイメ・メロ

ランキング編集

ポイントは全ての完走者に与えられる。未分類エントリーおよびレース距離の70%に満たない場合は与えられない。ポールポジションにはボーナスポイント1が与えられる(太字で表示)。また、ファステストラップにもボーナスポイントが与えられる(括弧付きで表示)。レース前エンジンを交換した場合は2ポイントのペナルティが与えられる。その後の交換では4ポイントのペナルティが与えられる。

ポイントシステムは2種類有り、レース長によって異なる。

ポイントシステム[6]
レース距離 順位 ポールポジション ファステストラップ
1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位以下
1000 km 15 13 11 9 8 7 6 5 4 3 2 1 1 1
1500 km以上 30 26 22 18 16 14 12 10 8 6 4 2 1 2

チーム・ランキング編集

LMP1、LMP2、GT2の優勝者と2位は2011年のル・マン24時間レースに自動エントリーされる。ただし、チームがフルシーズン参戦していた場合に限る。部分エントリー(部分エントリーを基本としてレースごとに参戦したチーム)は、ル・マン24時間レースに自動エントリーする資格は無かった。

GT1カテゴリーは今シーズンをもって廃止となり、GT1に対してはル・マンの自動エントリーは与えられなかった。

LMP1編集

 
チーム・オレカ・マットムートは1勝を挙げLMP1のチームタイトルを獲得した。
順位 No. チーム シャシー エンジン CAS
 
SPA
 
POR
 
HUN
 
SIL
 
ペナルティ 合計
1 4   チーム・オレカ・マットムート プジョー・908 HDi FAP プジョー HDi 5.5 L Turbo V12 (ディーゼル) 21 0 (18) (10) (14) 63
2 008   シグネチャー・プラス ローラ・アストンマーティン B09/60 アストンマーティン 6.0 L V12 16 7 12 12 8 55
3 12   レベリオン・レーシング ローラ・B10/60 レベリオン 5.5 L V10 14 0 15 14 9 53
4 7   アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ・R15 TDI プラス アウディ TDI 5.5 L Turbo V10 (ディーゼル) (32) 12 1 45
5 13   レベリオン・レーシング ローラ・B10/60 レベリオン 5.5 L V10 23 8 9 1 3 44
6 009   アストンマーティン・レーシング ローラ・アストンマーティン B09/60 アストンマーティン 6.0 L V12 28 10 38
7 5   ビーチディーン マンセル ジネッタ-ザイテック GZ09SB ザイテック ZJ458 4.5 L V8 12 16 6 36
8 1   チーム・プジョー トタル プジョー・908 HDi FAP プジョー HDi 5.5 L Turbo V12 (ディーゼル) 11 16 27
9 8   アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ・R15 TDI プラス アウディ TDI 5.5 L Turbo V10 (ディーゼル) 8 13 21
10 3   チーム・プジョー トタル プジョー・908 HDi FAP プジョー HDi 5.5 L Turbo V12 (ディーゼル) 18 18
11 6   AIM チーム・オレカ・マットムート オレカ・01 AIM YS5.5 5.5 L V10 17 17
12 2   チーム・プジョー トタル プジョー・908 HDi FAP プジョー HDi 5.5 L Turbo V12 (ディーゼル) (15) 15
13 9   アウディ・スポーツ・ノースアメリカ アウディ・R15 TDI プラス アウディ TDI 5.5 L Turbo V10 (ディーゼル) 10 10
14 11   ドレイソン・レーシング ローラ・B09/60 ジャッド GV5.5 S2 5.5 L V10 7 7
15 20   チーム LNT ジネッタ-ザイテック GZ09S ザイテック ZJ458 4.5 L V8 6 6
- 007   アストンマーティン・レーシング ローラ・アストンマーティン B09/60 アストンマーティン 6.0 L V12 0 0

LMP2編集

 
RMLとドライバーのトーマス・エルドス、マイク・ニュートンはLMP2クラスのタイトルを獲得した。
順位 No. チーム シャシー エンジン CAS
 
SPA
 
POR
 
HUN
 
SIL
 
ペナルティ 合計
1 25   RML ローラ・B08/80 HPD AL7R 3.4 L V8 24 15 16 10 10 75
2 42   ストラッカ・レーシング HPD ARX-01C HPD AL7R 3.4 L V8 (33) (1) (1) (17) (17) 69
3 24   オーク・レーシング ペスカロロ・01 ジャッド DB 3.4 L V8 19 10 8 10 6 53
4 35   オーク・レーシング ペスカロロ・01 ジャッド DB 3.4 L V8 27 11 0 5 10 -1 52
5 41   チーム・ブルイックラディ ジネッタ-ザイテック GZ09SB/2 ザイテック ZG348 3.4 L V8 18 0 14 9 5 46
6 40   Quifel ASM Team ジネッタ-ザイテック GZ09SB/2 ザイテック ZG348 3.4 L V8 0 17 0 13 14 44
7 30   レーシング・ボックス ローラ・B09/80 ジャッド DB 3.4 L V8 16 10 4 9 39
8 36   ペガサス・レーシング クラージュ-オレカ LC75 AER P07 2.0 L Turbo I4 14 8 12 0 0 34
9 39   KSM ローラ・B08/47 ジャッド DB 3.4 L V8 12 0 5 17
10 27   レース・パフォーマンス ラディカル SR9 ジャッド DB 3.4 L V8 0 8 5 4 17
11 29   レーシング・ボックス ローラ・B09/80 ジャッド DB 3.4 L V8 0 8 7 15
12 31   RLR msport MG-Lola EX265 AER P07 2.0 L Turbo I4 7 0 7
- 37   WR / サリーニ WR LMP2008 ザイテック ZG348 3.4 L V8 0 0

FLM編集

全チームがゼネラル・モーターズ製6.3 L V8エンジンを搭載したオレカ・FLM09を使用する。

順位 No. チーム CAS
 
SPA
 
POR
 
HUN
 
SIL
 
ペナルティ 合計
1 43   DAMS 22 0 13 15 9 59
2 47   ホープ・ポールヴィジョン・レーシング 18 15 0 11 13 57
3 45   ブーツェン・エナジー・レーシング 0 13 11 (9) 8 41
4 46   JMBレーシング 0 11 9 13 7 40
5 48   ホープ・ポールヴィジョン・レーシング 26 (1) 0 (12) 39
6 49   アップルウッド・セブン (30) 0 1 1 32
7 44   DAMS 1 (15) 0 15 31

GT1編集

順位 No. チーム シャシー エンジン CAS
 
SPA
 
POR
 
HUN
 
SIL
 
ペナルティ 合計
1 50   ラルブル・コンペティション サリーン・S7-R フォード 7.0 L V8 (33) 11 17 (18) (18) 97
2 66   アトラス FX-チーム FS サリーン・S7-R フォード 7.0 L V8 9 (16) 0 25
3 70   マルクVDSレーシングチーム フォード・GT1 フォード 5.3 L V8 18 18
4 60   マテック・コンペティション フォード・GT1 フォード 5.3 L V8 15 15
5 61   マテック・コンペティション フォード・GT1 フォード 5.3 L V8 13 13
6 72   リュック・アルファン・アヴェンチュール コルベット C6.R コルベット LS7.R 7.0 L V8 (10) 10
- 52   ヤング・ドライバー AMR アストンマーティン・DBR9 アストンマーティン 6.0 L V12 0 0

GT2編集

 
マルク・リープリヒャルト・リーツを擁したフェルバーマイヤー・プロトンがGT2クラスのタイトルを獲得した。
順位 No. チーム シャシー エンジン CAS
 
SPA
 
POR
 
HUN
 
SIL
 
ペナルティ 合計
1 77   チーム・フェルバーマイヤー・プロトン ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 32 17 13 16 9 87
2 95   AFコルセ フェラーリ・F430 GT2 フェラーリ 4.0 L V8 24 13 15 11 (3) 66
3 96   AFコルセ フェラーリ・F430 GT2 フェラーリ 4.0 L V8 1 16 18 9 15 59
4 88   チーム・フェルバーマイヤー・プロトン ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 28 7 9 7 4 55
5 76   IMSAパフォーマンス マットムート ポルシェ・997 GT3 ポルシェ 4.0 L Flat-6 14 10 4 12 7 47
6 91   CRSレーシング フェラーリ・F430 GT2 フェラーリ 4.0 L V8 0 9 7 14 10 40
7 94   AFコルセ フェラーリ・F430 GT2 フェラーリ 4.0 L V8 18 4 (7) (5) 4 38
8 85   スパイカー・スコードロン スパイカー・C8 ラヴィオレット GT2-R アウディ 4.0 L V8 12 8 6 5 7 38
9 90   CRSレーシング フェラーリ・F430 GT2 フェラーリ 4.0 L V8 (20) 3 4 3 3 33
10 92   JMWモータースポーツ アストンマーティン・ヴァンテージ GT2 アストンマーティン 4.5 L V8 0 0 10 8 12 30
11 78   BMW チーム・シュニッツアー BMW・M3 GT2 BMW 4.0 L V8 16 3 7 26
12 75   プロスピード・コンペティション ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 0 6 0 0 13 19
13 79   BMW チーム・シュニッツアー BMW・M3 GT2 BMW 4.0 L V8 (11) 7 18
14 89   ハンコック・チーム・ファーンバッハー フェラーリ・F430 GT2 フェラーリ 4.0 L V8 0 5 7 4 0 17
15 86   チーム・フェルバーマイヤー・プロトン ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 4 4
16 99   ガルフ・チーム・ファースト ランボルギーニ・ガヤルド LP560 ランボルギーニ 5.2 L V10 4 4
17 93   JWAレーシング ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 3 3
18 98   プロスピード・コンペティション ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 3 3

参照編集

  1. ^ Formula Le Mans to join LMS Field”. Autosport (2009年11月15日). 2009年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月19日閲覧。
  2. ^ 2010 Provisional Calendar”. Le Mans Series (2009年10月27日). 2009年10月27日閲覧。
  3. ^ 2010 Calendar”. Le Mans Series (2009年12月5日). 2009年12月9日閲覧。
  4. ^ The ACO launches the "2010 Le Mans Intercontinental Cup"”. Automobile Club de l'Ouest (2009年12月8日). 2009年12月9日閲覧。
  5. ^ 2010 Sporting Regulations”. Le Mans Series (2009年12月18日). 2010年7月18日閲覧。
  6. ^ Regulations evolution”. Le Mans Series. Automobile Club de l'Ouest (2009年11月27日). 2010年4月12日閲覧。

外部リンク編集