ローラ・B08 / 60は、ローラ・カーズによって開発された「ル・マン」プロトタイプ(LMP)1マシン。これは、1992年に製造されたT92 / 10以来のクローズドコックピットスポーツプロトタイプカー2008年に参戦を開始し、アストンマーティンチャロウズレーシングシステムと提携しル・マン・シリーズ(LMS)のLMP1カテゴリーに参戦した。

ローラ・B08/60
PLM12 16 Dyson Lola Guy Smith.jpg
カテゴリー ルマン・プロトタイプ LMP1
コンストラクター ローラ・カーズ
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) Double wishbone, push-rod actuated coil springs over dampers
サスペンション(後) Double wishbone, push-rod actuated coil springs over dampers
ホイールベース 2,890 mm (113.8 in)
エンジン アストンマーティン 6.0-litre V12
ジャッド GV5.5 S2 5.5-litre V10
トヨタ RV8KLM 3.4-litre V8
マツダ MZR-R 2.0 LターボI-4 自然吸気, mid-engined, longitudinally mounted
トランスミッション エクストラック 6速 シーケンシャルマニュアルトランスミッション
重量 Appr. 900 kg (2,000 lb)
燃料 カストロール
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム チェコの旗 Charouz Racing Systems
スイスの旗 Speedy Racing Team Sebah
イギリスの旗 DraysonRacing
ドライバー チェコの旗 Jan Charouz,
ドイツの旗 Stefan Mücke,
チェコの旗 Tomáš Enge,
スイスの旗 Marcel Fässler,
イタリアの旗 Andrea Belicchi,
フランスの旗 ニコラ・プロスト,
イギリスの旗 Paul Drayson,
イギリスの旗 Jonny Cocker
コンストラクターズタイトル 1,2011 LMS
ドライバーズタイトル 0
初戦 2008 1000 km of カタロニア
出走優勝ポールFラップ
30341
テンプレートを表示

開発編集

2006年後半に発表されたB08 / 60は、フランス西部自動車クラブ(ACO)が2010年からの規則変更を発表した後に開発された。同じくプジョーもクローズドコックピットクーペである908 HDi FAPを発表した。ル・マン24時間レースでは、LMP1はクローズドコックピットのみが許可される。ローラは、2010年のルール変更に備えながら、プジョー908やその他のマシンと空力特性で競合できるマシンの開発に着手した。

B08 / 60の設計は、コックピットの違いを除いて、その前身であるB06 / 10と多くの要素を共有している。ノーズとサイドポッドはB06 / 10と同様の冷却およびベント構造を備えているが、わずかに大きいノーズはローラの2007年仕様の設計に基づいている。 Phil TillerがB08 / 60の空力を担当し、コックピットを開発した。コックピットのデザインには、エンジン用のルーフマウントエアインテークが組み込まれている。コックピットの横も階段状にデザインされている。

 
2008年シルバーストーン1000kmでのB08 / 60

B08 / 60の設計は、ローラとANSYSAMDのパートナーシップによって支援されている。両社はそれぞれエンジニアリングソフトウェアとハードウェアを提供している。 [1] スケールモデルの風洞試験は2007年の初めから実施され、12月に最初の車が完成する前に複数の形状が分析された。

B08 / 60の開発中に、ローラはLMP2マシンのデザインの開発も承認した。 B08 / 80として知られるこの車は、B08 / 60と多くの部分を共有しているが、小排気量エンジン、LMP1より低い速度、小規模なチームが競合するLMP2規制により適合している。 [2]

レース戦績編集

2007年11月、アストンマーティンはローラから初号機のB08 / 60を購入し、レースカーのアストンマーチン・DBR9から6.0L,V12を搭載することに合意した。これは、1989年のAMR1以来のスポーツプロトタイプマシンで参戦するアストンマーティンの最初の試み。アストンマーティンのパートナーであるプロドライブは、チャロウズレーシングシステムと手を組み、ル・マン・シリーズル・マン24時間レースへのエントリーのために新しいチームを運営した。 [3] B08 / 60は、アストンV12エンジンを念頭に置いて設計されていないため、標準のローラ製ギアボックスをよりコンパクトなエクストラック製6速ギアに交換する必要があった。ローラ・アストンマーティンは、量産車由来のエンジンに大きなエアリストリクターを与える規定の変更により有利になった。

2008年のLMSで、チャロウズレーシングはグリッド上で最速のガソリン車であることが証明されたが、それでもアウディプジョーディーゼルエンジン勢に匹敵することはできなかった。 2008年のル・マン24時間ではB08 / 60はアウディ#1を上回ってたが、クラッシュとその後の修理により、順位は後退した。その後順調なドライブで、総合9位だった。LMSのシルバーストーンでは、チャロウズがアウディに次ぐ総合2位でフィニッシュした。チャロウズレーシングは2008年のLMSチャンピオンシップで5位に終わった。

さらにB08 / 60は他のカスタマーにも利用可能になり、さまざまなエンジンをシャーシに適合させることができる。 B08 / 60は、ローラとプロドライブが共同開発したローラ-アストンマーティン・B09/60のベースにもなっている。

2009年のLMS、B08 / 60でスピーディー・セバーレーシングチームが参戦した。年間ランキングは5位に終わった。ル・マン24時間は総合14位に終わった。

2010年、レベリオン・レーシングは、2つのモデェファイをB08 / 60に施し、マシンはB10 / 60と呼ばれた。アストンV12エンジンはジャッド製をレベリオンにリバッジした5.5L V10エンジンに置き換えられた。2010年のLMSは総合3位と5位だった。2010年のル・マン24時間では、2台ともリタイア。2年前のチャロウズレーシングに比べてラップタイムが8秒遅かった。

2010年のアメリカン・ル・マン・シリーズにB08 / 60は、ドレイソンレーシングによってエントリーされた。第7戦ロード・アメリカでポールトゥウィンで初勝利を挙げた。年間ランキングは3位。ドレイソン・ローラは、ALMSのルールにより、LMP1とLMP2の車を同等の速さにし、両クラス間で同じペースにしようとしたために制限を受けた。

2011年のLMSは、レベリオン・レーシングはエンジンをトヨタ製3.4L V8エンジン(トヨタ・RV8K)に変更。そしてLMP1クラスチームチャンピオンに輝いた。ル・マン24時間ではガソリン車トップの6位とリタイヤだった。また、インターコンチネンタル・ル・マン・カップでは、総合3位を獲得した。

2012年と2013年は、B08 / 60はB12 / 60としてアップグレードされたマシンで参戦した。FIA 世界耐久選手権ル・マン24時間レースレベリオン・レーシングが参戦、2012年のル・マン24時間は総合4位。12,13年にはプチ・ル・マンにも参戦、総合優勝を収めている。アメリカン・ル・マン・シリーズにはダイソンレーシングマツダAER製2L,直4ターボMZR-Rエンジンで参戦、12,13年ともにクラス2位だった。ダイソンレーシングはまた、短距離のレースでは2011年仕様のB11 / 66を走らせた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Meet the Lola B08/60”. Planetlemans.com (2007年6月11日). 2008年1月10日閲覧。
  2. ^ Lola Coupe plans revealed”. PlanetLeMans (2008年1月10日). 2008年1月10日閲覧。
  3. ^ Aston Martin Power LMP1 in 2008”. Aston Martin Racing (2008年1月10日). 2008年1月10日閲覧。