メインメニューを開く

2017年静岡県知事選挙(2017ねんしずおかけんちじせんきょ)は、日本地方自治体である静岡県の執行機関である静岡県知事を選出するために執行される選挙で、2017年6月25日に投開票[1]

2017年静岡県知事選挙
静岡県
2013年 ←
2017年6月25日 (2017-06-25)
→ 2021年

投票率 46.44%
  Heita Kawakatsu cropped 2 Heita Kawakatsu 20140831.jpg Noriko Mizoguchi cropped 1 Toshiaki Endo and Noriko Mizoguchi 20150820.jpg
候補者 川勝平太 溝口紀子
政党 無所属 無所属
得票数 833,389 563,316

選挙前知事

川勝平太
無所属

選出知事

川勝平太
無所属

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

目次

概要編集

現職の川勝平太(現在2期目)の任期満了に伴う選挙。

6月8日に告示され、無所属で現職・川勝と無所属新人で1992年バルセロナ五輪の柔道銀メダリスト・溝口紀子の2名による一騎打ちとなった[2]

この選挙は、改正された公職選挙法において、選挙権が20歳から18歳に引き下げられてから、初めての県知事選となる。

選挙データ編集

  • 選挙事由:任期満了
  • 告示日:2017年6月8日
  • 広報キャラクター:内田篤人(サッカー選手・静岡県田方郡函南町出身)[3]

投票日編集

選挙の争点編集

  • 川勝県政・2期8年の評価[4]

立候補者編集

届け出順
  • 無所属新人で元五輪選手、元静岡文芸大教授・溝口紀子(45)
  • 無所属(連合静岡推薦・民進党など支援)の現職・川勝平太(68)

選挙結果編集

6月25日、投票が行われ即日開票。その結果、現職の川勝平太が新人の溝口紀子を退け、3回目の当選を決めた[5]

  順位 候補者名 党派 新旧 得票数 得票率
当選 1 川勝平太 無所属 833,389 59.7%
  2 溝口紀子 無所属 563,316 40.3%

なお投票率は、46.44%[6]

出典編集