メインメニューを開く

KEIYOGINKO GRAND COUNTDOWN REAL(ケイヨウギンコウ・、グランド・カウントダウン・リアル、略称グラカン)はbayfmが年内最後の放送日に放送していた番組。愛称はグラカンリアル。当番組は、週間チャートは『パワカン』と題して、年間トップチャートは『グラカン』と題して二つに分けて放送している。パワカンで放送する内容と同じ企画はKEIYOGINKO POWER COUNTDOWN REALを参照。

KEIYOGINKO
GRAND COUNTDOWN REAL
愛称 グラカンリアル、グラカン
ジャンル カウントダウン番組(年間チャート)
放送方式 生放送(FMステレオ方式)
放送時間 年末最終土曜日午後13:00~17:50[1]
放送局 bayfm
パーソナリティ 小島嵩弘麻生夏子
提供 確かな絆を未来へ。京葉銀行ほか
特記事項:
年間チャートはオリコン、ビルボードともに上位30曲。
テンプレートを表示

目次

放送日編集

概要編集

2017年4月1日に、オリコンウィークリーシングルTOP10とビルボードジャパンHOT100 TOP10をカウントダウンするリアルな音楽プログラムにリニューアルされた『KEIYOGINKO POWER COUNTDOWN REAL』(以下、パワカン)の一年間の総決算。当番組でもHOT 30時代同様に、年末には年間チャートのカウントダウン特別番組"GRAND COUNTDOWN REAL"(グランド・カウントダウン・リアル)(略称はグラカン)を最終放送日に編成する(2017年度から13:00-17:50)[2]。当番組から放送は、年内最終週に放送するようになったため、月~日曜の13:00~18:00枠の放送休止番組は洋楽版のみになった。

前番組までのあらすじ編集

  • 開局当時の放送は、洋楽のALAN Jバッキー木場で洋楽と邦楽を交互にカウントダウンする番組「GRAND COUNTDOWN HOT HOT 100」と題して放送していた。
  • 2012年の大晦日より、洋楽は別枠でカウントダウンする形にリニューアルされた。タイトルは「GRAND COUNTDOWN JAPAN HOT HOT 100」。
  • そして、バッキーが引退した年の大晦日は、ALANと門脇知子小島麻子の3人で、午後1時から約7時間生放送の「bayfm 25th Anniversary KEIYOGINKO 2014 bayfm Year-END PREMIUM PARTY」と題して放送。
  • そして、2015年度、2016年度は、パーソナリティに森久保祥太郎をそえて、邦楽の年間チャートを引き続き放送していたが、森久保も、2017年3月25日の放送分で卒業している。

2017年度からのグラカン編集

2016年度まで放送された「GRAND COUNTDOWN JAPAN HOT HOT 100」(以下、HOT HOT100)の略称「グラカン」を残し、大リニューアルされた。 さらに、「オリコン年間シングルランキングTOP30」と「Billboard JAPAN年間ソングチャートTOP30」をリアルにカウントダウンしながら、一年間の話題曲を振り返る特別番組。約5時間に渡って、オリコン→ビルボードジャパンとカウントダウンしていく。

年間チャートのみならず、当番組独自のリアルなコーナー「ガチです!ここがリアル3」、エンタメ情報を総括する「MUSIC REAL JOURNAL」もスペシャル版にして、音楽シーン、エンタメシーンを振り返っている。

伝統と実績と気品と品格の音楽バラエティー」がキャッチフレーズ。

POWER COUNTDOWN REAL版との相違編集

  • 曲が3倍 - HOT HOT 100時代同様、週間チャートの曲を3倍にしてカウントダウンする。
  • 中継リポーターが拡大している。 - パワカンでは、計3回の登場だが、グラカンでは、計4回の登場。
  • 開始時間が2時間早い。 - パワカンは毎週土曜日15時からだが、グラカンでは、洋楽版を休止させて、2時間増えたため、計5時間の放送になる。
  • アーティストからのスペシャルコメントがある。 - HOT HOT 100時代からの引き継ぎ。いろんなアーティストからメッセージを放送。
  • ゲストコーナーが拡大している。 - 一年間注目を浴びたアーティストとともに一年間を総括する。
  • ツイッターのハッシュタグが違う。 - 当番組では、#パワカンではなく、#グラカンで呟くようになっている。なお、2017年度のみ、#パワカンでつぶやいていた。
  • ジングルが異なる。 - 声は女性が担当している。なお、2017年度のみ、パワカンのジングルを転用していた。
  • テーマが異なる。
パワカンリアルでは、「一週間売れに売れまくった音楽をとことんナビゲーション!」をテーマにしている。
グラカンリアルでは、「bayfmの開局からずっと続いている伝統と実績と格式のご長寿プログラム "パワカン" の総決算 "グラカン" 」をテーマにしている。
  • 2~5時台の中間の時間帯は京葉銀行のCMを2回放送する。

なお、HOT HOT 100時代との相違も後述しているので、そちらも参照に。

CMについて編集

パワカンは、計6回(16時30は放送せず)に渡ってスポンサーである京葉銀行のCMが放送されているが、当番組の京葉銀行のCMでは、時間帯が長い上に、情報・CMゾーンにて2回放送されているためか、計17回放送。

  • 京葉銀行の他に、年末に放送されるCMも放送される。(1時台~3時台まではみつわ台交番前シマヤ酒店のCMが流れている。)
  • 京葉銀行のCMは、主に、京葉銀行のオープニングのCMの40秒拡大版が多い。(2017年度は、京葉銀行のサービスのCMも多数放送していた。)

DJ・リポーター編集

リスナーメッセージ編集

オリコン年間シングルランキング30位を紹介した後の13:13頃よりメッセージテーマを発表。メッセージ紹介をする時間は13:23、13:50、14:26、15:11、16:25である。
  • メールアドレスはreal@bayfm.co.jp。
  • ツイッターは#グラカン。

リスナープレゼント編集

特番では、プレゼントを送る番組があるが、当番組でもプレゼントを用意していた。 プレゼントは次のものである。

bayfmオリジナル保冷トートバッグ
    • bayFMのオリジナルデザインの保冷トートバッグ。

年表編集

2017年編集

  • 12月1日、bayfmのタイムテーブル12月号で、特番を発表。さらに、限定で当番組のサイトを公開。
  • 12月16日、パワカンのエンディングで、GRAND COUNTDOWN REALを発表。
  • 12月23日、前週発表したグラカンの内容も発表。ゲストに、欅坂46、AKB48を迎える事を発表。さらに、看板枠であるオリコンとビルボードジャパンの年間チャートは、TOP30をカウントダウンする事を発表。
  • 12月24日~12月29日まで、bayfm内のワイド番組(The BAY☆LINE、It、トラグルなど)で、発表されている。さらに、ミュージックパトロールも特別版にする事も発表。
  • 12月30日、前番組「GROOVIN' ON THE ROAD」終了後の13時から、当番組を放送。オリコンの2017年年間シングルランキングTOP30とビルボードジャパン年間ソングチャートTOP30をリアルにカウントダウンしながら、一年間の音楽シーンを振り返りながら、エンターテイメントも振り返って、ゲストを呼んで、約5時間の特番を放送。

2018年編集

  • 11月30日、タイムテーブルで、当番組を発表。ゲストにDA PUMPとも発表した。
  • 12月8日、POWER COUNTDOWN REALの仲で当番組を発表。年間チャートを昨年と同じく"オリコン2018年年間シングルランキングTOP30"と"Billboard JAPAN2018年年間ソングチャートTOP30"をカウントダウンする。さらに、ゲストもDA PUMPを迎えるとも発表した。
  • 12月15日、2017年度にゲスト出演したAKB48からスペシャルコメントを放送すると発表。
  • 12月23日~12月28日まで、bayfmのワイド番組などで、当番組のスペシャル版を発表。
  • 12月29日、13時より、オリコンとビルボードジャパンの年間チャートTOP30、そして、スペシャルコメント、スペシャルゲストを交えて、一年間の音楽シーン、エンタメを振り返った。

HOT HOT 100時代との相違編集

  • 曲が60曲 - HOT HOT 100時代まではオリジナル年間チャートをカウントダウンしていたが、2017年度からはオリコンとビルボードの年間チャート上位30曲(トータル60曲)をカウントダウンするため、HOT HOT 100時代と違って、一年間の人気曲を振り返る特番に生まれ変わった。なお、HOT HOT100時代と違って、年間チャートは、13:05~13時25分までのカウントダウンの曲も、20曲から6曲に減らされている。[3]
  • ゲストコーナーが拡大されている。 - 2018年度の3時台前半は、ビルボード年間チャートをカウントダウンして、後半に迎えていた。
  • 一週間の芸能界のニュースのコーナーがある。 - 年間チャートに加えて、エンターテインメントも振り返る。
  • リポーターコーナーの拡大版もある。- グラカン初の中継コーナー。
  • アーティストからのメッセージが少なくなった。- 2017年度はWANIMABTSSuperflyの3名。

タイムテーブル編集

2018年度編集

オリコン2018年間シングルランキングTOP30(13時06分頃)
前年と同じく、オリコンの年間チャート上位30曲を本来洋楽カウントダウン番組の放送時間帯(13時06~14時53分)でカウントダウンしていく。
MUSIC REAL JOURNAL 2018(13時35分頃)
1月~12月までのエンターテイメントのニュースを簡単に振り返るコーナー。
ミュージックパトロール(14時00、16時19、17時22頃)
三田寺理紗が色々なところにでて、リポートをする。
ジャニーズグループからのスペシャルメッセージ(14時20頃)
ここでは、アーティストからのコメントを続けざまに紹介。登場したアーティストは、NEWS (ジャニーズ)Hey! Say! JUMPジャニーズWEST
AKB48からのスペシャルメッセージ(14時40頃)
ここでは、オリコン年間チャートをカウントダウンしながら、AKB48からスペシャルコメントを紹介。
Billboard JAPAN 2018年間ソングチャートTOP30(15時00頃)
ここでは、ビルボードジャパン年間チャート上位30曲をPOWER COUNTDOWN REALの放送時間帯(15時00分~17時50分)でカウントダウンしていく。
ゲストコーナー(15時25頃)
ここでは、ゲストとともにトークをしていくコーナー。なお、途中で、CM、ウェザー、トラフィックUpdates、時報を跨ぐ。
エンタメと経済の特集(16時40頃)
ここでは、エンタメについてを専門家を迎えて座談会をするコーナー。ゲストコーナーと同じく、CM、エアライン、トラフィックUpdates、時報を跨ぐ。
エンディング(17時46頃)
一年間最後のトークをして締めくくる。

2017年度編集

タイトルにある××××は西暦を表す。オリコンとビルボードの年間TOP30をリアルにカウントダウンしながら、一年間のエンターテインメントを振り返る。

時間帯 コーナー 備考
13:00 オープニング 番組が始まってからの振り返りと、番組の説明をして、CMに入る。
13:05 オリコン××××年年間シングルランキング① オリコンウィークリーシングルを年間チャートにしたチャート。13:05~15:25にかけてオリコンの年間チャート上位30曲をカウントダウン。パワカンリアルでは、一曲カウントダウンがあるが、最高2曲はカウントダウンする。ジングルは「ORICON GRAND COUNTDOWN REAL」。
13:35 MUSIC REAL JOURNAL×××× 一年間のエンターテイメントの『リアル』な動きを探っていくコーナー。
13:45 オリコン年間シングルランキング② 引き続き、①と同じく、オリコン年間シングルランキングをカウントダウン。
14:00 リアルなリサーチ「ミュージックパトロール」① リポーターの三田寺が色々な街に出て、色々な人に音楽シーン、メールテーマについて調査するコーナー。
14:05 オリコン年間シングルランキング③ 引き続きオリコン年間シングルランキングをカウントダウン。
14:20 ガチです!ここがリアル3 年間チャート以外の音楽シーンを振り返るコーナー。ここで、アーティストからスペシャルコメントも紹介する事もある。
14:40~15:25 オリコン年間シングルランキング&ゲストコーナー オリコン年間シングルランキングtop3をカウントダウンしながら、ゲスト一組目を迎える。
15:30 メッセージ紹介
15:35 Billboard JAPAN年間ソングチャート① ビルボードジャパンの年間チャート上位30曲をカウントダウンしていく。
16:00 りさたんのリアルなリサーチミュージックパトロール② 14:00頃と16:01頃と17:10頃レポーターの三田寺理紗が、色々な街に出て、色々な人のイヤホンを引っこ抜いて、何を聴いてるかを調査するコーナー。最後に三田寺が「ウー!」と言ってお別れする。
16:05 Billboard JAPAN年間ソングチャート② ①と同じくビルボードジャパンの年間チャートをカウントダウンしていく。
16:15~16:45 ゲストコーナー 当番組では、ゲストを2組を迎える。呼ぶ際は、オリコンまたはビルボードの年間トップチャートをそのゲストの曲が登場するまで、フラッシュでカウントダウンして、迎える。
16:45 Billboard JAPAN年間ソングチャート③ 引き続きビルボードジャパンの年間チャートをカウントダウン。
17:02 ガチです!ここがリアル3② 年間チャート以外に音楽シーンを振り返るコーナー。
17:10 Billboard JAPAN年間ソングチャート④ 年間チャートtop10。
17:15 リアルなリサーチ「ミュージックパトロール」③
17:20 Billboard JAPAN年間ソングチャート⑤ 引き続きビルボードジャパンの年間チャートをカウントダウン。
17:35 Billboard JAPAN年間ソングチャート⑥ 年間ソングチャートtop3。
17:43 Billboard JAPAN年間ソングチャート⑦ 年間ソングチャート第1位。
17:48 エンディング 年内最後のトークをしながら、リポーターの三田寺理紗も迎え、3人で一年を締めくくる。

Updates時間帯(お知らせ含)編集

13時台 = 13:25、13:55
14時台 = 14:12、14:32、14:54(ニュースも含む)
15時台 = 15:21、15:54
16時台 = 16:30、16:54
17時台 = 17:26、17:40(お知らせのみ)

ゲスト編集

2017年12月30日編集

時間帯 ゲスト メンバー 備考
14:40~15:20 AKB48 Kissの天ぷら大家志津香宮崎美穂Feary w!nk荒巻美咲運上弘菜 top3がすべてAKB48の曲が入っていたため、ゲストコーナーでカウントダウンした。
16:15~16:45 欅坂46 尾関梨香織田奈那小林由依 一年間、ヒットチャートをにぎわせたメンバー。

2018年12月29日編集

時間帯 ゲスト メンバー 備考
15:25~16:10 DA PUMP ISSA[4]TOMO 2018年度ビルボードジャパンにて20週以上連続でTOP10入りを果たしたアーティスト。かつては、メンバーのISSAとU-YEAHが、バッキー木場が担当していたPOWER COUNTDOWN JAPAN HOT 30に出演もしていた。
16:40~17:10 上武大学ビジネス情報学部教授 田中秀臣 パワカンは、2018年度より、専門家と座談会をするコーナーを不定期であるが、ここでは、「エンタメと経済」と題して、アイドルについての座談会をしていた。なお、当日まで、この情報は発表されなかった。[5]

チャートについて編集

1989年~2011年まで、邦楽と洋楽の年間チャートTOP100を10曲を交互に洋楽→邦楽にカウントダウンして、2012年~2016年まで邦楽の年間チャートTOP100をカウントダウンしていたが、2017年度より、日本を代表するオリコン年間シングルランキング、Billboard Japan年間ソングチャートの上位30曲を合わせたトータル60曲をカウントダウンする番組に生まれ変わった。パワカンリアルでは、上位10曲をカウントダウンしているが、この番組では、それを三倍にしている。(10×3)

オリコン年間シングルランキングTOP30編集

このチャートは、前年12月中旬からその年の12月初旬までのCDの売り上げをカウントしたチャート。それを上位30曲にまとめて、カウントダウン。ランキングには、アイドル(AKBグループ、坂道グループ、ジャニーズ)や、韓国系(防弾少年団、TWICE)などが多い。なお、2018年の年間チャートは、ビルボードで長期エントリーしていたソロアーティストも入っていた。

Billboard JAPAN年間ソングチャートTOP30編集

オリコン年間シングルランキングと同じく、このランキングも上位30曲にしてカウントダウン。このチャートは、オリコンとは違って、色々なリアルな動向を総合的に決められたランキング。部門は次の通りである。オリコンと違って、同じアーティストが2曲以上連続で入って来ない。

総合セールス
CDの売り上げ枚数、ダウンロード、ストリーミングを合わせた部門。CDの売り上げ枚数はこの部門を指す。
ルックアップ
オリコンにはない部門。CDをパソコンに読み込ませる時に、アクセスされる回数をまとめている。
ラジオオンエア
全国のラジオ局での曲の放送回数。HOT HOT 100時代までは、この部門にbayfmのオンエア回数もあわせていたがこのチャートでは、この部門のみ。
ツイッター
ツイッターのフォロワー数(曲)をまとめている部門。後述する動画再生回数と並んで、発売前のシングルもカウントができる。
動画再生回数
日本のYoutubeGYAO!などの再生回数を総合させてまとめた部門。

なお、ビルボードのカウントダウンは、これらの部門別の動向もオンエア。

チャート紹介時間帯編集

オリコン年間シングルランキング
放送時間 備考
13:06~13:12 オリコン年間シングルランキング30位発表
13:18~13:23 オリコン年間シングルランキング29~25まで
13:30~13:35 オリコン年間シングルランキング24~22まで
13:45~13:53 オリコン年間シングルランキング21~16まで
14:08~14:11 オリコン年間シングルランキング15~12まで
14:16~14:20 オリコン年間シングルランキング11~10まで
14:35~14:50 オリコン年間シングルランキングすべてカウントダウン
Billboard JAPAN年間ソングチャート
放送時間 備考
15:02~15:10 Billboard Japan年間ソングチャート30~25まで
15:15~15:20 Billboard JAPAN年間ソングチャート24~22まで
16:10~16:15 Billboard Japan年間ソングチャート21位紹介
16:21~16:25 Billboard Japan年間ソングチャート20~18まで
16:33~16:40 Billboard JAPAN年間ソングチャート17~11まで
17:10~17:22 Billboard Japan年間ソングチャートTop10(10~5まで)
17:31~17:40 Billboard Japan年間ソングチャート4~2まで
17:42~17:46 Billboard Japan年間ソングチャート第1位発表

年間チャートも第1位は、フルコーラス、1~2コーラスで紹介。

年間チャート第1位の曲編集

オリコン年間シングルランキング編集

年度 備考
2017年度 AKB48 願い事の持ち腐れ [6]2010年から8年連続オリコン年間シングルランキングで首位獲得。
2018年度 AKB48 Teacher Teacher 9年連続で首位を獲得。

Billboard JAPAN年間ソングチャート編集

年度 備考
2017年度 星野源 ルックアップ、セールス、ツイッター、ラジオオンエア、動画再生回数で年間一番目のポイントを獲得して、2位のDAOKO×米津玄師の『打上花火』[7]にトリプルスコアを獲得している。
2018年度 米津玄師 Lemon ラジオオンエア[8]を除くすべてのカテゴリーで首位を獲得。なお、週間チャートは、45週連続でTOP10入りを達成している。

出来事編集

番組が終わった後に、bayFMの本社で、低音レディオケイ・グラントと写っている画像がツイッターで公開された。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 通常より2時間拡大している。
  2. ^ インフォメーション|bayfm
  3. ^ 番組の中に、番組のメニュー説明や、中継コーナーなどで、減らされている。
  4. ^ かつては、バッキー時代のパワカンにゲスト出演していた。
  5. ^ 前週は「&more」
  6. ^ 前述の通り、ゲストコーナーで発表した。
  7. ^ 本チャートは洋楽を抜いているため2位。洋楽もランクインしていれば3位
  8. ^ ラジオオンエアの首位は星野源の「ドラえもん (星野源の曲)」。

公式サイト編集

KEIYOGINKO GRAND COUNTDOWN REAL

bayfm 毎年12月最終週13:00~17:50(~18:50)
前番組 番組名 次番組
GRAND COUNTDOWN(JAPAN)HOT HOT 100
SUPER COUNTDOWN HOT HOT 100
KEIYOGINKO GRAND COUNTDOWN REAL
-