Superfly

日本の音楽ユニット

Superfly(スーパーフライ)は、越智志帆(おちしほ)がボーカルを務める日本音楽ユニット。所属レーベルユニバーサルシグマ、マネジメントは44 CARAT

Superfly
出身地 日本の旗 日本愛媛県松山市[注 1]
ジャンル
活動期間 2003年 -
レーベル
事務所
共同作業者
公式サイト Superfly
メンバー 越智志帆ボーカル
旧メンバー 多保孝一ギター

概要 編集

2004年、ボーカルの越智志帆とギター多保孝一により愛媛県松山市で結成された[4]。2007年にシングル『ハロー・ハロー』でメジャーデビューを果たすが、多保が作曲やアレンジャーの仕事に専念するために表舞台から退いたことにともない、越智のソロプロジェクトへと移行[5]。バンドサウンドを表現することにこだわっており、その後もSuperflyというバンド名を使い続けている[6]

ユニット名はカーティス・メイフィールドの楽曲「Superfly」から[5]。多保が高校時代にテレビで本人が歌う映像を見て衝撃を受けたことに由来し、越智が加入する前からすでに決まっていた[7]

1960年代から1970年代の洋楽をベースに邦楽テイストをミックスさせた独自の音楽性と、越智志帆のパワフルかつソウルフルな歌声と圧倒的なライブパフォーマンスで高い評価を得ている[4][5][6]

2017年4月時点でオリコン週間アルバムランキングで7作品が首位を獲得している[8]

略歴 編集

2003年
2004年
  • 多保が大学のサークル内で結成したバンド「Superfly」に越智が加入。彼に代わってボーカルを務めるようになり、ブルースを前面に押し出したオリジナル楽曲を演奏し始める。しかし二人の音楽性に理解を示す人間は少なく、メンバーの入れ替わりも激しかった。活動に限界を感じた多保と越智は、自分たちと同じ音楽を好きな人間を探そうと松山市内や愛媛県内で張り紙をするなどしてメンバーを募ったが、なかなか集まらず[9]、ライブも結局は5回ほどしかできなかった[11]。それでも、自主制作していた音源だけは売れていたという[11]
2005年
  • 知り合いの伝手で下北沢のライブハウス「屋根裏」でライブを行う。愛媛から色々なレコード会社に送っていた2曲入り自作CDを聞いた音楽業界の人々が興味を持って観に来てくれた。愛媛ではそれほどの評判でない彼らの音楽が東京では素晴らしいと言ってもらえることを知った二人は地元と東京との差を実感し上京を決意する[11]
2006年
  • 3月、上京して活動の場を松山から東京に移す[11]。しかし東京でもメンバーは見つからず、この頃より越智と多保の二人だけで活動するようになった。そのためライブ活動はまったくできなかったが、発想を転換して、デモ音源を作りレコード会社芸能プロダクションに送ったり配ったりすることに力を入れるようになった[9]。そのうちに音楽業界の人間と知り合うようになり、デビューのきっかけを得た。
2007年
  • 2月5日、インディア・アリー渋谷AXの公演において、オープニングアクトを担当する。
  • 4月4日、1stシングル『ハロー・ハロー』を発売。WARNER MUSIC JAPANからメジャーデビューを果たす。
  • 4月6日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』春うた3時間スペシャルの「Young Guns Spring Fes'07」コーナーで同番組に初出演し「ハロー・ハロー」を演奏する。なお同番組のスペシャルにおいてデビュー直後の新人が出演するのは異例のことである。
  • 8月1日、2ndシングル『マニフェスト』を発売。
  • 10月3日、未発表曲「愛と感謝」を配信限定でリリース。
  • 11月8日、オフィシャルサイトにて多保孝一が同日付でコンポーザー・アレンジャーへ転向することを発表。越智のみのソロユニットとして活動を継続することになる。
  • 11月28日、JETとのコラボレーションとして、Superfly×JET名義で3rdシングル『i spy i spy』を発売。
  • 12月、全国5か所での初のワンマンツアー『Superfly 2007 Hello, We Love You』を行う。
2008年
  • 2月、オフィシャルファンクラブ「Superconnection(スーパーコネクション)」発足。
  • 2月27日、4thシングル『愛をこめて花束を』を発売。表題曲は、初のドラマ主題歌(『エジソンの母』)として使用され、シングルでは現時点で自己最高の売上を記録。
  • 4月23日、5thシングル『Hi-Five』を発売。
  • 5月14日、1stアルバム『Superfly』発売。アルバムの発売を記念して代々木公園にてフリーライブ(MUSIC ON! TV『ASAHI SUPER DRY The LIVE』にて生中継)を行い、約7,000人の観客を動員。本作で自身初のオリコンチャート1位を記録(2週連続1位)。
  • 6月から7月まで全国10か所(12公演)でのワンマンツアー『Superfly Rock'N'Roll Show 2008』を行う。
  • 9月10日、6thシングル『How Do I Survive?』を発売。オリコンチャートで10位を記録し、シングルでは自身初のトップ10入りとなる。
  • 10月から11月まで全国11か所(13公演)で自身初となるホール公演によるアンコールツアー『Superfly Rock'N'Roll Show 2008 VOL.II』を行う。
2009年
  • 4月1日、初のライブDVD『Rock'N'Roll Show 2008』発売。
  • 5月13日、7thシングル『My Best Of My Life』を発売。表題曲は、2度目のドラマ主題歌(『BOSS』)となる。
  • 6月3日、初の配信限定シングル『Alright!!』配信開始。
  • 7月29日、初の両A面シングルとなる8thシングル『恋する瞳は美しい/やさしい気持ちで』を発売。
  • 8月15日、アメリカ・ニューヨーク郊外のベセルで開催されたウッドストックの40周年記念イベント『Heroes of Woodstock』に出演。日本人歌手の出演は初となる。
  • 9月2日、2ndアルバム『Box Emotions[12]発売。アルバムの発売を記念して六本木ヒルズアリーナにてフリーライブを行い、約4,000人の観客を動員。2作連続でオリコンアルバムチャート1位獲得。
  • 10月から12月まで全国24か所(28公演)でのワンマンツアー『Superfly Box Emotions Tour 2009』を行う。
  • 11月18日、9thシングル『Dancing On The Fire』を発売。
  • 12月14日、初の武道館ライブ『Superfly 2009 Dancing at Budokan!!』を行う。
2010年
  • 1月15日、「My Best Of My Life」が第82回選抜高等学校野球大会の入場行進曲に決定する。
  • 4月28日、初の武道館公演の映像を収録したDVD&Blu-ray『Dancing at Budokan!!』発売。
  • 5月29日、「タマシイレボリューション」が2010NHKサッカーテーマソングに決定する。
  • 6月18日、「タマシイレボリューション」が先行配信開始。当初は7月中に配信開始の予定だったが、1ヶ月前倒しとなった。
  • 7月30日、「FUJI ROCK FESTIVAL'10」に出演。
  • 8月31日、フジテレビの夏期限定イベント「お台場合衆国2010」のめざましライブにトリとして出演。その模様がUstreamで生中継され、同サイト内で世界一の閲覧数約5,700アクセスを記録した。
  • 9月1日、全てタイアップ付きの新曲4曲とシングルのカップリングに収録された洋楽のカヴァー曲を収録した企画盤となる10thシングル『Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3'』を発売。オリコンアルバムチャートで1位獲得。
  • 9月15日、『Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3'』が邦楽アーティストの作品では初となるiTunes LPの配信を開始。
  • 12月15日、11thシングル『Eyes On Me』を発売。シングルとしては当時の最高位となる5位を獲得。
  • 12月22日、未発表の新曲「Beep!!」が、映画『漫才ギャング』の主題歌に決定する。
2011年
  • 3月9日、12thシングル『Beep!!/Sunshine Sunshine』を発売。前シングルと同率の最高位5位を獲得。
  • 3月19日、東日本大震災の被災者のため、自身のブログで「Sunshine Sunshine 〜a cappella ver.〜」「You & Me」をYouTubeで配信した。
  • 3月25日、「You & Me」をiTunes他3つの音楽配信サイトで配信開始。
  • 5月18日、配信シングル『Rollin' Days』配信開始。
  • 6月15日、3rdアルバム『Mind Travel』発売。オリコンアルバムチャート1位獲得。アルバムの発売を記念して横浜赤レンガ倉庫にてフリーライブを開催し、約2万人の観客を動員。同時にその模様をUstreamを始めとした3つの動画配信サイトで生中継が行われ、約10万アクセスを記録した。
  • 6月25日から10月2日まで、過去最大となる全国32か所(35公演)でのワンマンツアー『Superfly Tour 2011 "Mind Traveler"』開催。
  • 6月29日、アルバム『Mind Travel』収録曲「Ah」の歌詞ありバージョンとして、13thシングル『あぁ』を発売。
  • 7月21日、映画『スマグラー おまえの未来を運べ』の主題歌が新曲「愛をくらえ」、イメージソングに未発表曲「I My Me Mine Mine」に決定する。
  • 10月12日、14thシングル『愛をくらえ』を発売。シングルとしては現時点で最高位となる3位を獲得。
  • 12月3日より、埼玉、名古屋、大阪の3ヶ所(6公演)で、初の東名阪アリーナツアー『Superfly Arena Tour 2011 "Shout In The Rainbow!!"』を開催。
2012年
  • 4月4日、初のアリーナ公演の模様を収録したDVD&Blu-ray『Shout In The Rainbow!!』を発売。
  • 6月から7月まで、全国10ヶ所(13公演)のファンクラブ会員限定ライブハウスツアー「Superconnection Fanclub Tour Live 4th You」を開催。セットリストは「愛をくらえ」以外は新曲で、9月発売のアルバム『Force』の曲順となっている。また、この時に髪型をロングからセミロングに変えた。
  • 7月25日、トータス松本とのデュエットによるコラボレーション・シングル『STARS』を発売。
  • 8月15日、15thシングル『輝く月のように/The Bird Without Wings』を発売。
  • 9月19日、4thアルバム『Force』を発売。オリコンアルバムチャート1位を獲得し、デビューからオリジナルアルバム4作連続の1位を記録。
  • 10月26日から翌年の1月18日まで、全国29ヶ所(35公演)のホールツアー『Superfly Tour 2012-13 "Live Force" supported by VO5』を開催。
  • 10月31日、アルバムからのリカットとして16thシングル『Force』を発売。
2013年
  • 3月から4月まで、全国6ヶ所(9公演)で自身2度目となるアリーナツアー『Superfly 5th Anniversary Super Live GIVE ME TEN!!!!! supported by VO5』を開催。
  • 4月3日、初のドキュメント映像とライブ映像を収録した『Force 〜Document & Live〜』を発売。
  • 9月25日、ベストアルバム『Superfly BEST』を発売。オリコンアルバムチャート1位を獲得し、2010年の企画盤「Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3'」を含めるとデビューから6作連続のアルバムチャート1位を記録。 
  • 11月13日、2度目のアリーナ公演の模様を収録したDVD&Blu-ray『GIVE ME TEN!!!!!』を発売。
2014年
  • 5月14日、17thシングル『Live』を発売。
  • 8月16日、SUMMER SONIC 2014 幕張会場のMARINE STAGEに出場し、いわゆる4大ロックフェス(フジロック、サマーソニック、ロッキンジャパン、ライジングサン)全てのメインステージ出場を達成する。
  • 11月19日、18thシングル『愛をからだに吹き込んで』を発売。
2015年
  • 1月21日、配信シングル『White Light』を配信開始。表題曲は、ゲームソフト『テイルズ オブ ゼスティリア』のテーマソング。
  • 5月27日、5thアルバム『WHITE』を発売。
  • 5月30日、アルバム『WHITE』の発売を記念して大阪城西の丸庭園にてフリーライブを開催し、約15,000人の観客を動員。
  • 7月から11月まで、ツアー『Superfly WHITE TOUR 2015』を開催。
  • 12月2日、20thシングル『黒い雫 & Coupling Songs: 'Side B'』を発売。
  • 12月31日、『第66回NHK紅白歌合戦』に「Beautiful」で初出場。
2016年
  • 1月30日より、全国7ヶ所(11公演)で3度目となるアリーナツアー『Superfly Arena Tour 2016 "Into The Circle!"』を開催。
  • 7月29日、越智の喉の不調のため、8月に出演予定のライブイベントをキャンセルし、治療に入ることを発表[13]
  • 8月24日、3度目のアリーナ公演の模様を収録したDVD&Blu-ray『Superfly Arena Tour 2016 "Into The Circle!"』を発売。
  • 9月14日、21stシングル『Good-bye』を発売。
  • 11月23日、22ndシングル『99』を発売。カップリングには『ドクターX』シリーズ4作品の主題歌とそれら楽曲のBACKING TRACKが収録された。
2017年
  • 4月4日、デビュー10周年を記念してファンによるリクエスト投票で上位39曲が収録されたオールタイム・ベストアルバム『Superfly 10th Anniversary Greatest Hits “LOVE, PEACE & FIRE”』をデビュー日にリリース。オリコン1位を獲得し、オリコンアルバムチャートでの1位獲得は7作目となる。
  • 11月15日、デビュー10周年記念ライブ「Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"」を、東京オペラシティ・コンサートホールにて開催[14]。長期休養からの復帰ステージとなる1年8ヶ月ぶりのライブで、蔦谷好位置をサウンドプロデューサーに迎えて初のオーケストラ編成で行われた[14][15]。また初のライブビューイングが実施され、当日の公演の模様は全国の映画館で生中継された[14]。この時、髪型をロングからベリーショートに変えた[15]
  • 12月31日、『第68回NHK紅白歌合戦』に「愛をこめて花束を」で2回目の出場。体調回復後初めてのテレビ出演となる。
2018年
  • 5月から6月まで、全国5ヶ所(7公演)のファンクラブ会員限定ライブハウスツアー、Superfly Official Fanclub "Superconnection" 10th Anniversary Tour 2018「Super-duper!」を開催。
  • 6月6日、前作から約1年半ぶりとなる23rdシングル『Bloom』を発売。
  • 10月10日、『第85回NHK全国合唱コンクール 中学生の部』の課題曲として書き下ろした、「Gifts」を24thシングルとして発売。
  • 12月31日、『第69回NHK紅白歌合戦』に、「Gifts」で出場。これで3回目の出場となる。
2019年
  • 1月1日0時、秋に3年半ぶりの全国アリーナツアーを開催することを発表。
  • 3月27日、4月1日(月)より全国でオンエアされるポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)「キレートレモン」の新テレビCM「さぁ、ここからだ。」編に出演、そしてイメージキャラクターを務めている。CMやイメージキャラクターとして越智志帆自身が出演、起用されるのはこれが初となる。このCMのために新曲「サンディ」を書き下ろし、CMではこれをアカペラで熱唱している。
  • 4月5日、5月24日(金)公開、TRIGGER制作・完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』の主題歌を担当することを発表、主題歌「覚醒」とエンディング主題歌「氷に閉じこめて」を書き下ろす。Superflyがアニメ映画作品の主題歌を担当するのは、これが初となる。
  • 4月8日、4月16日から始まる、TBS火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』の主題歌「Ambitious」を書き下ろしたことが発表された。
  • 6月12日、25thシングル『Ambitious』をリリース。カップリング曲は、『プロメア』の主題歌「覚醒」と、エンディング主題歌「氷に閉じこめて」の2曲。初回限定盤は、これまで出演した夏フェスの中の初収録10曲。
  • 6月14日、「Ambitious」のミュージック・ビデオが公開された。
  • 7月21日、「FM802 30PARTY MEET THE WORLD BEAT 2019」に出演する。
  • 7月28日、「FUJI ROCK FESTIVAL’19」に出演。メインのグリーンステージに9年ぶり2回目の出場を果たす。この時の映像は、YouTubeライブ配信された。そして今冬、アルバムリリースをすることを越智志帆自身が発表した。
  • 7月29日、アリーナツアーのタイトルが「0」に決定したことが発表された。また、今冬リリースされる、アルバムのタイトルも「0」に決定したことが発表された。
  • 8月15日、9月30日から始まる、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の主題歌「フレア」を書き下ろしたことが発表された。
  • 9月21日、神戸ワールド記念ホールにて、「Superfly Arena Tour 2019 “0”」の初日を迎えた。このアリーナツアーは15公演全てのチケットが完売し、13万人を動員した。
  • 11月1日、配信限定シングル『フレア』をリリース。
  • 11月14日、『第70回NHK紅白歌合戦』に3年連続4回目の出場が決定した。
  • 12月8日、マリンメッセ福岡にて、「Superfly Arena Tour 2019 "0"」ツアーファイナルを迎えた。またこの公演では、全国の映画館とフジテレビTWOにてライブビューイングが開催された。
  • 12月31日、『第70回NHK紅白歌合戦』に出場。NHK連続テレビ小説『スカーレット』の主演女優・戸田恵梨香の前で主題歌「フレア」を歌唱。歌の冒頭はアカペラで披露した。
2020年
  • 1月6日、タワーレコード表参道・札幌・梅田店にて「Superfly CAFE」が開催される。
  • 1月15日、6thアルバム『0』を発売。これを記念して都内某所にてリリースイベントが開催される。
  • 4月4日、デビュー13周年を迎えると同時に昨年開催されたアリーナツアー「Superfly Arena Tour 2019 "0"」ツアーファイナル・福岡マリンメッセ公演のDVD&Blu-rayをリリース。4月3日付デイリーランキングでは1位を記録し、4月13日付週間ミュージックDVD&Blu-rayランキングで4位を獲得した。
  • 4月14日、自宅で楽しめるよう名作ライブ全7タイトルを『Superfly Live Archives Festival on YouTube』と題してYouTubeで7月31日まで期間限定公開する[16][注 2]
  • 4月23日、自身のInstagramに、コロナ禍が落ち着いた時の気持ちを書いた新曲「Together」を投稿した。
  • 5月22日、初のリモート制作で作られた「Together」を配信限定でリリースした。
  • 11月3日、初となるオンラインライブ「Superfly Live at Studio “Sing Together”」を開催。
  • 12月31日、『第71回NHK紅白歌合戦』に出場、4年連続5回目となった。オーケストラスタジオから東京フィルハーモニー交響楽団の演奏とともに「愛をこめて花束を」を歌唱。
2021年
  • 3月25日より、デビュー14周年を記念して、初のポップアップストアイベント「Super Market」を東京(3月25日~4月5日)・大阪(4月2日~4月11日)の2地区で開催。のちに2つのスピンオフ企画も開催される。
  • 4月4日、デビュー14周年を迎えると同時に、ユニバーサルミュージック / ユニバーサルシグマにレーベルを移籍することを発表[17]
  • 8月22日、オンラインライブ「Superfly Online Live “うぶ声”」をYouTubeでプレミア公開[18][19]、同ライブにて新曲「Voice」が初披露となる。アーカイブは当初の予定では9月26日までの期間限定公開であったが[20]、のちに無期限公開への変更が決定[21]
2022年
  • 1月1日、新曲「ダイナマイト」が、ボートレース2022年新CMシリーズ「アイ アム ア ボートレーサー」の主題歌に決定[22]
  • 4月1日、4月4日から始まる、フジテレビ情報バラエティ番組『ポップUP!』のテーマソング「Love & Peace Again!」を書き下ろしたことが発表される[23]
  • 4月4日、レーベル移籍後初となるシングル『Voice』を配信限定で発売、同日20時に同曲のミュージック・ビデオが公開となる[24]。また、デビュー15周年を記念して、特設サイトも開設された[25]
  • 5月23日、配信限定シングル『ダイナマイト』を発売、同日20時に同曲のミュージック・ビデオも公開[26]
  • 6月25日、新曲「Presence」が、7月2日から始まるNHK EテレTVアニメーション『アオアシ』第2クールのオープニングテーマに決定したことが発表される[27]。Superflyがテレビアニメ作品の主題歌を担当するのは、これが初となる。
  • 8月8日、楽曲「ダイナマイト」のリミックス『ダイナマイト(R3HAB Remix)』が配信限定で発売される[28]
  • 8月29日、配信限定シングル『Presence』を発売[29]、同日20時に同曲のミュージック・ビデオも公開[30]
  • 11月2日、過去のライブ音源を収録した配信限定アルバム『15th Anniversary Live Best』を発売[31]
  • 11月23日、デビュー15周年記念ライブ「Superfly 15th Anniversary Live “Get Back!!”」を、有明アリーナにて開催、同ライブで2023年6月から約3年半ぶりの全国アリーナツアーを開催することも発表された[32]
  • 11月30日、新曲「Farewell」が2023年1月13日公開の『映画 イチケイのカラス』の主題歌に起用されたことが発表される[33]。映画主題歌を担当するのは、2019年公開の『プロメア』以来となる。
  • 12月28日、配信限定シングル『Farewell』を発売[34]。ミュージック・ビデオは翌年1月9日に公開される。
  • 12月31日、『第73回NHK紅白歌合戦』に「Beautiful」で2年ぶり6回目の出場[35]
2023年
  • 2月14日、配信限定シングル『Farewell (Gospel Ver.)』を発売、同日20時にミュージックビデオを公開[36]
  • 4月13日、越智の初の著作となるエッセイ集『ドキュメンタリー』を発売[37][38]
  • 5月24日、7thアルバム『Heat Wave』を発売[39][40]。レーベル移籍後としては初のオリジナルアルバムとなる。
  • 6月14日、同月17日に初日を迎える予定だった3年9か月ぶりとなるアリーナツアー「Superfly Arena Tour 2023 “Heat Wave”」[41]横浜アリーナ公演が越智の喉の不調により中止となることが発表された[42]
  • 7月7日、年内の全公演中止と出演を予定していた「J-WAVE presents INSPIRE TOKYO 2023」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2023」の出演キャンセルが発表された[43]
  • 7月4日、ディズニー&ピクサー映画『マイ・エレメント』の日本版エンドソング、「やさしい気持ちで (マイ・エレメントver.)」が配信開始[44]
  • 9月14日、越智が復帰を報告[45]
  • 10月15日スタートのドラマ『下剋上球児』(TBS)の主題歌を担当[45]。楽曲「Ashes」を書き下ろす[46]
  • 11月5日、配信限定シングル『Ashes』を発売[47]
  • 12月31日、『第74回NHK紅白歌合戦』に「タマシイレボリューション」で2年連続7回目の出場[48]
2024年
  • 2月、アリーナツアーを再開予定[45]

メンバー 編集

越智 志帆(おち しほ) 編集

越智 志帆
生誕 (1984-02-25) 1984年2月25日(40歳)
出身地   日本愛媛県今治市(旧越智郡朝倉村[49]
学歴 松山東雲短期大学秘書科卒業
ジャンル
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
共同作業者 Superfly

ボーカル、多くの楽曲の作詞、一部楽曲の作曲を担当。1984年2月25日生まれ。身長153cm[50]、血液型はA型[49]愛媛県今治市(旧越智郡朝倉村)出身。愛媛県立今治北高等学校松山東雲短期大学秘書科卒[51][52]

中学生時代にクラスで行った合唱コンクールにて人前で歌うことの喜びを覚えたのが音楽を始めるきっかけとなった[53]。音楽を始めるようになったのは高校3年生の時で、この時初めて結成したバンドでボーカルを務めた。それまではポップスを主に聴いていたが、短大時代に多保から薦められたジャニス・ジョプリンの「Move Over」をきっかけにロックに傾倒したという。1960年代から1970年代の音楽が好きで、音楽づくりにも、その時代のロック、ソウル、ブルースなどの影響を受けているという[54]。以降、影響を受けたアーティストや目標としているアーティストとして、ジャニス・ジョプリンの他に、キャロル・キングマリア・マルダー[55]ミック・ジャガー[55]シェリル・クロウ[56]などを挙げている。

ライブなどではボーカルだけでなくギターピアノブルースハープ[注 3]タンバリンカウベルティンパニなども演奏する。

ピアノを幼少の頃に習っており、いくつかのテレビ番組で「愛をこめて花束を」をピアノで弾き語りしたことがある[注 4]。また、アルバム『Superfly』に収録されている「Last Love Song」は、自身が単独で作詞作曲とピアノ弾き語りを行った楽曲であり、ライブでもピアノ弾き語りで披露している。

同学年で誕生日が4日違いでもあるいきものがかり吉岡聖恵と仲が良く、「きよちゃん」と呼ぶ。2022年2月25日にYouTubeで公開された「Superfly 越智志帆 Birthday女子会[57]」にも、メイン出演者として参加している[58]

2018年4月17日、フジファブリック金澤ダイスケと結婚[59]

2021年12月28日、第1子妊娠を報告[60]。2022年5月15日、第1子出産を報告[61]。2023年4月には初のエッセイ集『ドキュメンタリー』(新潮社)を発行した[54]

ステージ衣装も普段着も古着を愛用している。20歳の頃、音楽への興味からの流れで1960年代から1970年代のファッションにも興味を持つようになった頃、松山市のある古着店で店主の着こなしに感激し、その店に通うようになったという[54]

旧メンバー 編集

多保 孝一(たぼ こういち) 編集

ギターコーラス、作曲、編曲担当。1982年2月11日生まれ。血液型O型。愛媛県今治市出身。2007年11月8日付で、デビューからわずか半年で脱退。以降は活動の舞台を裏方へと移し、Superflyのメイン・コンポーザー/アレンジャーとして2014年まで活動。ベスト盤『Superfly BEST』の発売まで、ほとんどの楽曲の作曲・編曲を担当した。

サポートメンバー 編集

  • 草刈浩司(ギター)2007年 - 2009年、2012年 - 2014年
  • 曽根巧(ギター)2008年 - 2009年、2015年、2018年
  • 八橋義幸(ギター、バンドマスター)2009年 -
  • ヒラマミキオ(ギター)2010年 - 2012年
  • 名越由貴夫(ギター)2016年 -
  • 岩崎なおみ(ベース)2007年 - 2009年
  • 松原秀樹(ベース)2009年、2020年
  • 種子田健(ベース)2010年 - 2016年
  • 須藤優(ベース)2018年 -
  • 野崎泰弘(キーボード)2007年 - 2009年
  • SUNNY(キーボード、アコーディオン)2010年 - 2013年
  • 蔦谷好位置(キーボード、バンドマスター、音楽プロデューサー)2014年 - 2019年
  • 山本健太(キーボード)2019年 -
  • 鶴谷崇(キーボード)2019年 -
  • 浅見トマル(ドラムス、パーカッション)2007年 - 2008年
  • 松原"マツキチ"寛(ドラムス、パーカッション)2007年 - 2016年
  • アーミン・武志・リンツビヒラー(ドラムス)2011年
  • 小田原豊(ドラムス)2012年 - 2013年
  • 玉田豊夢(ドラムス)2018年 -
  • 藤田真由美(コーラス)2009年
  • オオヒナタハルコ(コーラス、パーカッション)2010年 - 2017年
  • 稲泉りん(コーラス)2018年 -
  • 高橋あず美(コーラス)2018年 -

スペシャルバンド 編集

JET
オーストラリアメルボルン出身のロックバンド。2007年、彼らとのコラボで3rdシングル『i spy i spy』をSuperfly×JET名義で発売した。[62]
Big Brother & The Holding Company
かつてジャニス・ジョップリンが在籍していたバンド。2009年、日本にジャニスに影響を受けた歌手がいると聞いた彼らに招かれ、サンフランシスコでスタジオ・セッションをレコーディングした。その流れで、ウッドストック40周年記念フェスティバル「Heroes of Woodstock」にもゲストボーカルとして出演した。[63][64]
Superfly & the Lemon Bats
2010年、雑誌「SWITCH」の創刊25周年を記念して行われたライブイベント「SWITCH 25th Anniversary presents Superfly & The Lemon Bats SPECIAL LIVE "Rock'N' Roll Muncher"」のために結成されたスペシャルバンド[65]

作品 編集

  • 各作品の詳細は作品の項を参照のこと。パッケージ作品はいずれも初回プレス盤デジパック仕様。

シングル 編集

  • Superflyの単独作品には、instrumentalがないのが特徴であったが、2016年11月23日に発売された22ndシングル『99』に初めて表記は異なるがBACKING TRACKとして収録された。2018年10月10日発売の24thシングル『Gifts』においても、表題曲のみinstrumentalが収録されている。
# 発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン最高位 収録アルバム
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
1st 2007年4月4日 ハロー・ハロー CD WPCL-10400 31位 Superfly
2nd 2007年8月1日 マニフェスト WPCL-10417 51位
3rd 2007年11月28日 i spy i spy[注 5] WPCL-10441 55位
4th 2008年2月27日 愛をこめて花束を WPCL-10454 13位
5th 2008年4月23日 Hi-Five WPCL-10470 30位
6th 2008年9月10日 How Do I Survive? WPCL-10602 10位 Box Emotions
7th 2009年5月13日 My Best Of My Life WPCL-10675 11位
8th 2009年7月29日 恋する瞳は美しい/やさしい気持ちで WPCL-10730 12位
9th 2009年11月18日 Dancing On The Fire CD+DVD WPZL-30167/8 7位 Superfly BEST
CD WPCL-10754
10th 2010年9月1日 Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3'[注 6] 3CD WPCL-10855/57 1位 Mind Travel
2CD WPCL-10858/59
11th 2010年12月15日 Eyes On Me CD+DVD WPZL-30244/5 5位
CD WPCL-10885
12th 2011年3月9日 Beep!!/Sunshine Sunshine CD+DVD WPZL-30253/4 5位
CD WPCL-10924
13th 2011年6月29日 あぁ[注 7] WPCL-10977 9位 Superfly BEST
14th 2011年10月12日 愛をくらえ CD+DVD WPZL-30329/30 3位 Force
CD WPCL-10952
15th 2012年8月15日 輝く月のように/The Bird Without Wings CD+DVD WPZL-30427/8 6位
CD WPCL-11185
16th 2012年10月31日 Force[注 8] CD+DVD WPZL-30461/2 9位
CD WPCL-11226
17th 2014年5月14日 Live[66] CD+DVD WPZL-30842/3 8位 WHITE
CD WPCL-11803
18th 2014年11月19日 愛をからだに吹き込んで CD+DVD WPZL-30964/65 12位
CD WPCL-12013
19th 2015年7月29日 On Your Side[注 9][67] CD+DVD WPZL-31006/7 9位
CD WPCL-12084
20th 2015年12月2日 黒い雫 & Coupling Songs: 'Side B'[注 10] 2CD+DVD WPZL-31130/2 2位 Superfly 10th Anniversary Greatest Hits “LOVE, PEACE & FIRE”
2CD WPCL-12280/1
21st 2016年9月14日 Good-bye[68] CD WPCL-12429 10位
22nd 2016年11月23日 99 CD+DVD(9999枚生産限定盤) WPZL-31244/5 7位
CD(通常盤) WPCL-12460
23rd 2018年6月6日 Bloom[注 11] 2CD+DVD WPZL-31444/6 7位 0
2CD+Blu-ray WPZL-31447/9
2CD WPCL-12862/3
24th 2018年10月10日 Gifts CD+DVD WPZL-31510/1 7位
CD WPCL-12938
25th 2019年6月12日 Ambitious CD+DVD WPZL-31609/10 10位
CD+Blu-ray WPZL-31611/2
CD WPCL-13049

コラボレーション・シングル 編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン最高位 収録アルバム
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
2012年7月25日 STARS[注 12] CD+DVD WPZL-30401/2 15位 Superfly BEST
CD WPCL-11112

レンタル限定シングル 編集

ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
# 発売日 タイトル 規格 備考
1st 2009年8月15日 TSUTAYAスペシャル・シングル "Alright!!" CD 2ndアルバム『Box Emotions」のプロモーション・シングル。配信限定シングル『Alright」と、アルバム収録のシングル曲のダイジェストを収録。レンタル期間は9月30日まで。
2nd 2011年5月14日 スペシャルダイジェスト from 6/15リリース 3rd Album "Mind Travel" 3rdアルバム『Mind Travel」のプロモーション・シングル。アルバム収録曲「Ah」と、アルバム収録全14曲のダイジェストを収録。
3rd 2016年8月24日 Into The Circle! 6th DVD/Blu-ray「Superfly Arena Tour 2016 "Into The Circle!"」の発売と同時にレンタルが開始された特別CD。新規楽曲「ゴチャゴチャ」やDVD/Blu-rayから「黒い雫」「愛をこめて花束を」などのライブ音源6曲を収録。
4th 2017年3月22日 Superfly 10th Anniversary Greatest Hits LOVE PEACE & FIRE -special digest- Superflyデビュー10周年を記念して発売された「Superfly 10th Anniversary Greatest Hits LOVE,PEACE&FIRE」全39曲のダイジェスト盤CD。

デジタル・ダウンロード 編集

配信限定シングル 編集

  • オフィシャルサイトのディスコグラフィにて、CDシングルと同等の扱いがされているものを記載。
オリジナル楽曲 編集
# 配信日 タイトル 規格 オリコンデジタル
シングル最高順位
収録作品
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
1st 2009年6月3日 Alright!! デジタル・ダウンロード - 2ndアルバム
Box Emotions
2nd 2011年5月18日 Rollin' Days - 3rdアルバム
Mind Travel
3rd 2015年1月21日 White Light - 5thアルバム
WHITE
4th 2019年11月1日 フレア 3位 6thアルバム
0
ユニバーサルシグマ レーベル
5th 2022年4月4日 Voice デジタル・ダウンロード 3位 7thアルバム
Heat Wave
6th 2022年5月23日 ダイナマイト 8位
7th 2022年8月29日 Presence 5位
8th 2022年12月28日 Farewell 31位
9th 2023年11月5日 Ashes 6位 未発表
リアレンジ楽曲 編集
ユニバーサルシグマ レーベル
配信日 タイトル 規格 収録作品
2022年8月8日 ダイナマイト (R3HAB Remix) デジタル・ダウンロード 未収録
2023年2月14日 Farewell (Gospel Ver.) 7thアルバム
『Heat Wave』
ウォルト・ディズニー・レコード レーベル
配信日 タイトル 規格 収録作品
2023年7月4日 やさしい気持ちで (マイ・エレメントver.) デジタル・ダウンロード 『マイ・エレメント』
オリジナル・サウンドトラック


音楽配信 編集

  • CDシングルとは別名義で発表された作品および当時配信限定曲として発表された楽曲のみを記載。先行配信あるいは限定トラックを含む等は割愛する。
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
# 配信日 タイトル 備考
1st 2007年6月6日 ハロー・ハロー (Bonus Version)
2nd 2007年6月27日 Live from Tokyo
3rd 2007年7月4日 マニフェスト 13,000人Live @ 大阪城ホール FM802 REQUESTAGE
4th 2007年10月3日 愛と感謝 後に、4thシングル『愛をこめて花束を』のカップリングとしてCD化。
5th 2010年6月18日 タマシイレボリューション 後に、10thシングル『Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3'』にてCD化。
6th 2011年3月25日 You & Me レコチョク、wamo!、iTunes限定配信。
後にベストアルバム『Superfly 10th Anniversary Greatest Hits “LOVE, PEACE & FIRE”』にてCD化。
7th 2016年10月13日 99 レコチョク、iTunes限定配信。
後に、22ndシングルとしてCD化。
8th 2017年10月19日 Force -Orchestra Ver.- レコチョク、iTunes限定配信。
後に、23rdシングル『Bloom』にてCD化。
9th 2017年11月16日 ユニゾン -Drama Ver.- サブスクリプションサービス限定。
フルサイズとして後に、23rdシングル『Bloom』にてCD化。
10th 2020年5月22日 Together サブスクリプション限定。
再レコーディングを施し、7thアルバム『Heat Wave』にてアルバム・バージョンでCD化。

着うたフル限定配信 編集

ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
# 配信日 タイトル
1st 2009年3月18日 愛をこめて花束を (Piano Ver.)
2nd Welcome To The Rockin' Show
3rd 2009年3月25日 愛をこめて花束を (Live from DVD「Rock'N'Roll Show 2008」)
4th Welcome To The Rockin' Show (Live from DVD「Rock'N'Roll Show 2008」)
5th How Do I Survive? (Live from DVD「Rock'N'Roll Show 2008」)
6th Oh My Precious Time (Live from DVD「Rock'N'Roll Show 2008」)
7th Hi-Five (LIVE from DVD「Rock'N'Roll Show 2008」)
8th 2010年7月22日 Wildflower (ドラマサイズver.)

オリジナル・アルバム 編集

# 発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
1st 2008年5月14日 Superfly CD+DVD WPZL-30158/9 1位
CD WPCL-10740
2nd 2009年9月2日 Box Emotions CD+DVD WPZL-30084/5
CD WPCL-10477
3rd 2011年6月15日 Mind Travel CD+DVD WPZL-30278/79
CD WPCL-10952
4th 2012年9月19日 Force 2CD WPCL-11108/9
CD WPCL-11110
LP盤+2CD(5周年記念生産限定盤) WPZL-30396/8
CD+DVD(ローソン・Loppi限定盤) WPZL-30399/400
5th 2015年5月27日 WHITE 2CD WPCL-12089/90 2位
CD WPCL-12091
6th 2020年1月15日 0 CD+DVD(初回盤A) WPZL-31695/6 3位
CD+Blu-ray(初回盤A) WPZL-31697/8
CD+DVD(初回盤B) WPZL-31699/700
CD+Blu-ray(初回盤B) WPZL-31701/2
CD(通常盤) WPCL-13150
ユニバーサルシグマ レーベル
7th 2023年5月24日 Heat Wave CD+Blu-ray(初回限定盤A) UMCK-7212 7位
CD+2DVD(初回限定盤B) UMCK-7213
CD(通常盤) UMCK-1749

ベスト・アルバム 編集

# 発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
1st 2013年9月25日 Superfly BEST 2CD+DVD WPZL-30712/4 1位
2CD WPCL-11605/06
2nd 2017年4月4日 Superfly 10th Anniversary Greatest Hits “LOVE, PEACE & FIRE” 4CD WPCL-12617〜20
3CD WPCL-12621〜3
2017年12月20日 Superfly “LOVE, PEACE & FIRE” -Special Edition- CD WPCL-12828 -

ライブ・ベスト・アルバム 編集

# 発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
1st 2022年11月2日 15th Anniversary Live Best デジタル・ダウンロード - 4位

DVD / Blu-ray 編集

# 発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
1st 2009年4月1日 Rock'N'Roll Show 2008 2DVD WPBL-90124/5 16位
2nd 2010年4月28日 Dancing at Budokan!! 2DVD+2CD(初回生産限定盤) WPZL-90006/9 7位
2DVD(通常盤) WPBL90137/8
Blu-ray(通常盤) WPXL-90005 -
3rd 2012年4月4日 Shout In The Rainbow!! DVD+CD(初回生産限定盤) WPZL-90012/14 3位
DVD(通常盤) WPBL-90177/78
Blu-ray+CD(初回生産限定盤) WPXL-90015/16 1位
Blu-ray(通常盤) WPXL-90009
4th 2013年4月3日 Force 〜Document & Live〜 DVD WPBL-90205/06 5位
Blu-ray WPXL-90015 4位
5th 2013年11月13日 GIVE ME TEN!!!!! DVD WPBL-90258
(初回生産限定盤)
3位
WPBL-90260
(通常盤)
Blu-ray WPXL-90058
(初回生産限定盤)
4位
WPXL-90059
(通常盤)
6th 2016年8月24日 Superfly Arena Tour 2016 “Into The Circle!” DVD+CD(初回生産限定盤) WPZL-90117/8 3位
DVD(通常盤) WPZL-90120/1
Blu-ray+CD(初回生産限定盤) WPBL-90396 7位
Blu-ray(通常盤) WPXL-90130
7th 2020年4月4日 Superfly Arena Tour 2019 "0" DVD WPXL-90545/6 6位
Blu-ray WPXL-90229 5位

参加作品 編集

コンピレーション・アルバム 編集

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2010年3月3日 花鳥風月集 WPCL-10761 3.愛をこめて花束を
2017年02月22日 ウルフルズTribute 〜Best of Girl Friends〜 WPCL-12462 ヤング ソウル ダイナマイト

未収録曲 編集

  • 浪漫
  • キャデラック
  • 不夜城ブギ
  • モンキービジネス

上記4曲は多保が在籍していた頃、ライブで何度か披露されていた曲。

楽譜 編集

・全てドレミ楽譜出版社より出版

ギター弾き語り Superfly (2008年12月8日)
アルバム『Superfly』収録曲の他、ボーナス・スコアとして「How Do I Survive?」のギター弾き語り用の楽譜を掲載。
バンドスコア Superfly (2008年12月16日)
アルバム『Superfly』収録曲の他、ボーナス・スコアとして「How Do I Survive?」の楽譜、アルバムに関するインタビューが掲載されている。
バンドスコア Box Emotions (2009年11月20日)
アルバム『Box Emotions』収録曲の楽譜の他、アルバムに関するインタビューが掲載されている。
Superfly Guitar Song Book (2009年11月20日)
アルバム『Superfly」「Box Emotions』収録曲の他、ボーナス・スコアとして「Dancing On The Fire」のギター弾き語り用の楽譜を掲載。
バンドスコア Mind Travel (2011年8月10日)
アルバム『Mind Travel』収録曲の楽譜を掲載。
Superfly Guitar Song Book (2011年8月10日)
上記の同タイトルのスコアに、アルバム『Mind Travel』収録曲(「Ah」を除く)と、シングル曲「あぁ」を追加。
バンドスコア Force (2012年10月24日)
アルバム『Force』収録曲の楽譜を掲載。
Superfly Guitar Solo Collection(2012年12月29日)
Superflyの代表曲となる楽曲全16曲を掲載したギター弾き語り用スコア。
バンドスコア Superfly/Superfly BEST(2013年12月18日)
初のベストアルバム『Superfly BEST』全収録曲の楽譜を掲載。
「Superfly BEST」Pray on the guitar (2013年12月18日)
『Superfly BEST』のギター弾き語り用スコア。
バンドスコア Superfly/WHITE(2015年11月14日)
Superflyの5thアルバム『WHITE』収録曲の楽譜を掲載。
バンドスコア Superfly 10th Anniversary Greatest Hits "LOVE"
バンドスコア Superfly 10th Anniversary Greatest Hits "PEACE"
バンドスコア Superfly 10th Anniversary Greatest Hits "FIRE"
10周年を記念して発売された『Superfly 10th Anniversary Greatest Hits "LOVE,PEACE&FIRE"』の全楽曲を3冊に分けて楽曲を掲載。


タイアップ一覧 編集

曲名  タイアップ
ハロー・ハロー ドワンゴ「dwango.jp」CMソング
TBS金曜ドラマエジソンの母』挿入歌
i spy i spy 日産自動車cube」CMソング
愛をこめて花束を TBS系金曜ドラマ『エジソンの母』主題歌
中京テレビPS』2008年2月度エンディングテーマ 
愛と感謝 JFL系『Power Of Music』2007年度キャンペーンソング
山陽放送『RSKイブニング5時』エンディングテーマ曲
Hi-Five au KDDI「LISMO」キャンペーンソング
How Do I Survive? 学校法人モード学園CMソング
My Best Of My Life フジテレビ木曜劇場BOSS』主題歌
Alright!! フジテレビ系木曜劇場『BOSS』オープニングテーマ
スズキエスクード」CMソング
恋する瞳は美しい Canon「IXY DIGITAL 510 IS/210 IS」CMソング
やさしい気持ちで フジテレビ系『めざましテレビ』2009年度テーマソング
鉄道チャンネル三宅智子の女子的☆駅弁紀行』オープニングテーマ
日本テレビ輝きYELL!』テーマソング
誕生 Right-on「X-WASH」CMソング
NHK BS1島耕作のアジア立志伝』オープニングテーマ
春のまぼろし ミュードラ『春のまぼろし』主題歌
Hanky Panky 映画『山形スクリーム』主題歌
Dancing On The Fire Canon「IXY DIGITAL 930IS」CMソング
(You Make Me Feel Like) A Natural Woman 映画『東京島』主題歌
タマシイレボリューション NHK 2010年度サッカーテーマソング
Wildflower フジテレビ系木曜劇場『GOLD』主題歌
NHK BS1『島耕作のアジア立志伝』エンディングテーマ
Free Planet ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズCyber-shotケータイ S003」、「BRAVIA Phone S004」CMソング
Roll Over The Rainbow フジテレビ「お台場合衆国2010 〜笑うBayには福きたる!!〜」テーマソング
Fooled Around and Fell in Love フジテレビ系木曜劇場『GOLD』挿入歌
Eyes On Me PSPThe 3rd Birthday』テーマソング
Beep!! 角川映画配給映画『漫才ギャング』主題歌
Sunshine Sunshine 「MEET THE MUSIC 2011」キャンペーンソング
Rollin' Days フジテレビ系木曜劇場『BOSS』主題歌
Ah HONDAオデッセイ」CMソング
愛をくらえ ワーナー・ブラザース映画配給映画『スマグラー -おまえの未来を運べ-』主題歌
I My Me Mine Mine ワーナー・ブラザース映画配給映画『スマグラー -おまえの未来を運べ-』イメージソング
STARS フジテレビ系ロンドンオリンピック中継テーマソング
輝く月のように TBS系日曜劇場サマーレスキュー〜天空の診療所〜』主題歌
The Bird Without Wings SDP配給映画『闇金ウシジマくん』主題歌
Force テレビ朝日系木曜ドラマドクターX〜外科医・大門未知子〜』(第1期)主題歌
テレビ朝日系ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜スペシャル』主題歌
No Bandage SDP配給映画『闇金ウシジマくん』イメージソング
Get High!! 〜アドレナリン〜 サンスター「VO5」キャンペーンソング
919 TBS系『A-Studio』テーマソング
Bi-Li-Li Emotion テレビ朝日系木曜ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(第2期)主題歌
Always テレビ東京系『Crossroad』エンディングテーマ
Starting Over J-WAVE開局25周年アニバーサリーソング
Live SDP配給映画『闇金ウシジマくん Part2』主題歌
万華鏡と蝶 SDP配給映画映画『闇金ウシジマくん Part2』イメージソング
愛をからだに吹き込んで テレビ朝日系木曜ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(第3期)主題歌
You You JAPAN FM LEAGUE『JFL presents FOR THE NEXT』テーマソング
クローゼット テレビ東京系『Crossroad』エンディングテーマ
White Light PS3テイルズ オブ ゼスティリア』テーマソング
On Your Side 2015 ABC 夏の高校野球応援ソング
ABC『熱闘甲子園』(第97回全国高等学校野球選手権大会)テーマソング
Beautiful TBS系火曜ドラママザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』主題歌
損保ジャパンホッケー日本代表応援CM「世界でひとつの輝く光になれ」編CMソング
花王プリマヴィスタ NEW スキンプロテクトベース<皮脂くずれ防止> CMソング
黒い雫 フジテレビ系ドラマ『無痛〜診える眼〜』主題歌
ゴチャゴチャ フジテレビ系『バイキング』テーマソング
Good-bye SDP配給映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』主題歌
天上天下唯我独尊 SDP配給映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』主題歌
心の鎧 SDP配給映画『闇金ウシジマくん Part3』主題歌
99 テレビ朝日系木曜ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(第4期)主題歌
Bloom ゼクシィ「ゼクシィ25周年 "愛を、祝おう。"」テーマソング
Fall TBS系金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』主題歌
ユニゾン テレビ朝日系木曜ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(第5期)W主題歌
Force -Orchestra ver.- テレビ朝日系木曜ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(第5期)W主題歌
Gifts NHK全国学校音楽コンクール中学生の部課題曲
NHK『みんなのうた』2018年8・9月度放送曲
ハッピーデイ 花王「フレアフレグランス」CMソング
Ambitious TBS系火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』主題歌
覚醒 東宝配給アニメ映画『プロメア』主題歌
氷に閉じ込めて 東宝配給アニメ映画『プロメア』主題歌
フレア NHK連続テレビ小説スカーレット』主題歌
サンディ KIRIN「キレートレモン」CMソング
ダイナマイト ボートレース2022年CM主題歌
Love & Peace Again ! フジテレビ系『ポップUP!』テーマソング
Presense NHK EテレTVアニメーション『アオアシ』第2クールオープニングテーマ
Farewell 東宝配給映画『映画 イチケイのカラス』主題歌
やさしい気持ちで(マイ・エレメント ver.) ディズニー&ピクサー映画『マイ・エレメント』日本版エンドソング
Ashes TBS系日曜劇場『下剋上球児』主題歌

イベント 編集

  • 2007年04月27日 - REQUESTAGE 5
  • 2007年04月29日 - ARABAKI ROCK FEST.07
  • 2007年05月06日 - ASAHI SHIMBUN presents J-WAVE LIVE ~SPRING!
  • 2007年05月10日 - スペースシャワー列伝 第66巻 ~幟(のぼり)の宴~
  • 2007年07月21日 - SETSTOCK'07
  • 2007年07月22日 - FM802 MEET THE WORLD BEAT 2007
  • 2007年08月26日 - MONSTER baSH 2007
  • 2007年09月01日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2007
  • 2007年10月08日 - ZIP SUPER SQUARE
  • 2008年07月27日 - FM802 MEET THE WORLD BEAT 2008
  • 2008年08月15日 - J-WAVE LIVE 2000+8
  • 2008年08月30日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2008
  • 2008年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 08/09
  • 2008年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 08/09 -WEST-
  • 2009年04月29日 - REQUESTAGE 7
  • 2009年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009
  • 2009年12月30日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2009
  • 2009年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 09/10
  • 2010年05月29日 - MTV WORLD STAGE VMAJ 2010
  • 2010年07月17日 - JOIN ALIVE 2010
  • 2010年07月25日 - HIGHER GROUND 2010
  • 2010年07月30日 - FUJI ROCK FESTIVAL '10
  • 2010年07月31日 - GIRL ROCK FACTORY 01
  • 2010年08月14日 - J-WAVE LIVE 2000+10
  • 2010年08月22日 - MONSTER baSH 2010
  • 2010年08月28日 - SUPER DRY THE LIVE
  • 2010年08月29日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2010 -15th ANNIVERSARY-
  • 2010年08月31日 - お台場合衆国2010~笑うBayには福きたる!!~ めざましライブ
  • 2010年10月30日 - WARNER MUSIC JAPAN 40th Anniversary~100年MUSIC FESTIVAL~
  • 2012年08月08日 - FNSうたの夏まつり
  • 2012年08月11日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO
  • 2012年08月15日 - ロックのほそ道
  • 2012年08月26日 - MONSTER baSH 2012
  • 2012年08月29日 - MARK'E Rolling 60
  • 2012年09月02日 - J-WAVE LIVE 2000+12
  • 2012年10月06日 - テレビ朝日ドリームフェスティバル 2012
  • 2014年07月19日 - JOIN ALIVE 2014
  • 2014年07月27日 - NUMBER SHOT 2014
  • 2014年08月16日・17日 - SUMMER SONIC 2014
  • 2014年08月23日 - MONSTER baSH 2014
  • 2014年08月24日 - WILD BUNCH FEST. 2014
  • 2014年08月31日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2014
  • 2014年10月12日 - テレビ朝日ドリームフェスティバル 2014
  • 2014年10月18日・20日・24日・11月28日・12月01日 - JFL presents LIVE FOR THE NEXT
  • 2014年12月26日 - テレビ朝日 MUSIC STATION SUPER LIVE 2014
  • 2014年12月27日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2014
  • 2014年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 14/15
  • 2015年05月18日 - QUATTRO MIRAGE ~TOUR MIRAGE~ the day
  • 2015年07月04日 - THE MUSIC DAY~音楽は太陽だ~
  • 2016年03月01日 - ニッポン放送「HAPPY FM93」開局記念 フジパシフィックミュージック創立50周年記念コンサート「オールナイトニッポンALIVE ~ヒットこそすべて~」
  • 2016年04月29日 - FM802 SPECIAL LIVE 紀陽銀行 presents REQUESTAGE 14

出演 編集

主に特集が組まれた番組およびレギュラー出演の番組のみの記載とし、ゲスト出演等は割愛する。

テレビ 編集

  • 情熱大陸(2009年9月27日、毎日放送
  • SONGSNHK総合
    • 第233回(2012年9月22日)
    • 第342回「誰よりも私らしく」(2015年5月30日)
    • 第471回「Superfly×最新版スペシャルライブ」(2018年10月6日)
    • 第521回「Superfly×今を迎える変化の時」(2020年1月18日)
    • 第597回「デビュー15周年Superflyの素顔」(2022年4月7日)
  • スペースシャワーTV
    • V.I.P.(2020年1月26日)

NHK紅白歌合戦出場歴 編集

年度 放送回 曲目 備考
2015年 第66回 Beautiful
2017年 第68回 2 愛をこめて花束を 活動再開後初のテレビ出演
2018年 第69回 3 Gifts
2019年 第70回 4 フレア 2番のサビのアカペラからスタート
2020年 第71回 5 愛をこめて花束を(2回目) オーケストラと共演
2022年 第73回 6 Beautiful(2回目) 2年ぶりの出場
2023年 第74回 7 タマシイレボリューション
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。

ラジオ 編集

  • Monthly A Music(2007年4月4日 - 4月17日、ラジオ関西
  • HEAT PHONICS feat. Superfly(2007年4月5日 - 2008年3月27日、ZIP-FM
  • Superfly owel's nest(JOEU-FM
  • MUSIC FREAKS(2007年10月14日 - 2008年9月28日、FM802、隔週担当)
  • [Music Unlimited TOKYO VAGABOND(2014年4月1日 - 、J-WAVE、火曜担当)
  • Superfly Into The Radio!(2016年4月4日 - 8月7日、TOKYO FM

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ メンバーは今治市出身だが、Superflyとしての結成の地は松山市である。
  2. ^ 『Superfly Live Archives Festival on YouTube』 4/14(火)公開『Rock'N'Roll Show 2008』(2008.11.9.NHKホール) 4/16(木)公開『Dancing at Budokan!!』(2009.12.14 日本武道館) 4/18(土)公開『Shout In The Rainbow!!』(2011.12.21大阪城ホール) 4/21(火)公開『Live Force』(2012.11.08 東京国際フォーラム) 4/23(木)公開『GIVE ME TEN!!!!!』(2013.4.21 さいたまスーパーアリーナ) 4/25(土)公開『Superfly Arena Tour 2016 “Into The Circle!”』(2016.2.7 さいたまスーパーアリーナ) 4/29(水・祝)公開『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"』(2017.11.15 東京オペラシティ コンサートホール タケミツ メモリアル)
  3. ^ マニフェスト」の間奏で演奏。
  4. ^ TBS系『王様のブランチ』(2008年3月1日放送回)、フジテレビ系『僕らの音楽』(2008年3月28日放送回)、『めざましテレビ』(2008年5月22日放送回)などで披露。
  5. ^ Superfly×JET名義。
  6. ^ 「オリジナル・シングル+カップリング集」のセット。
  7. ^ 3rdアルバム『Mind Travel』収録曲「Ah」を全編日本詞にしたリカットシングル
  8. ^ 4thアルバム『Force』からのリカット。
  9. ^ 5thアルバム『WHITE』からのリカット。
  10. ^ 10thシングル以来となる「オリジナル・シングル+カップリング集」のセット。
  11. ^ 2017年に開催されたプレミアム・ライブ「Superfly 10th Anniversary LIVE “Bloom”」の模様を収録(ライヴCD+映像をセット)した豪華盤。
  12. ^ Superfly & トータス松本名義。

出典 編集

  1. ^ Robson, Daniel (2010年9月3日). “J-pop diva Superfly has the classics covered”. The Japan Times (The Japan Times LTD). https://www.japantimes.co.jp/culture/2010/09/03/music/j-pop-diva-superfly-has-the-classics-covered/ 2021年5月25日閲覧。 
  2. ^ 『Superfly』は、いにしえへの憧憬と大衆性を兼ね備えた、彼女の決意を感じるデビュー作”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2020年1月15日). 2021年5月25日閲覧。
  3. ^ Superflyマネジメント新体制のご挨拶”. Superfly公式サイト (2018年4月4日). 2018年12月22日閲覧。
  4. ^ a b Superfly の記事まとめ”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年10月16日). 2018年3月8日閲覧。
  5. ^ a b c Superfly の記事まとめ”. rockin'on.com. ロッキング・オン (2014年10月16日). 2018年3月8日閲覧。
  6. ^ a b プロフィール・バイオグラフィ・リンク”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2014年10月16日). 2018年3月8日閲覧。
  7. ^ Superfly(インタビュー)「M fan × iらんどミュージックファクトリー presents Superfly スペシャルインタビュー①」『魔法のiらんど』、カドカワ、2013年1月28日。 オリジナルの2014年2月22日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20140222204454/http://ip.tosp.co.jp/Portal/i.asp?i=MFN0132&P=42013年9月10日閲覧 
  8. ^ 【オリコン】Superfly、10周年ベスト盤で7作目アルバム首位”. ORICON NEWS. オリコン (2017年4月11日). 2022年8月28日閲覧。
  9. ^ a b c d 池上尚志. “DEEP DEEP―Superfly”. Amazon.co.jp. 2008年9月18日閲覧。
  10. ^ a b Superfly 越智志帆のプレイリスト”. HMV. 2009年4月30日閲覧。
  11. ^ a b c d Superfly(インタビュー)「M fan × iらんどミュージックファクトリー presents Superfly スペシャルインタビュー②」『魔法のiらんど』。 オリジナルの2014年3月2日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20140302022810/http://ip.tosp.co.jp/Portal/i.asp?i=MFN0132&P=52013年9月10日閲覧 
  12. ^ Superfly(インタビュアー:内本順一)「Superfly 2nd アルバム「Box Emotions」インタビュー」『inMusic』。 オリジナルの2009年10月16日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20091016025243/http://www.inmusic.jp/special/interview/20090902664//2023年7月7日閲覧 
  13. ^ Superfly、のど治療で夏フェス出演すべてキャンセル”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年7月29日). 2016年7月29日閲覧。
  14. ^ a b c Superfly、11月に蔦谷好位置プロデュースの初オーケストラ編成ライブ”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年7月3日). 2018年8月6日閲覧。
  15. ^ a b Superfly越智志帆、ベリーショートで1年8ヶ月ぶり復活唱 オーケストラと共演”. ORICON NEWS. オリコン (2017年11月16日). 2018年8月6日閲覧。
  16. ^ “Superfly、自宅で楽しめるよう名作ライブ全7タイトルをYouTubeで公開”. Billboard JAPAN (株式会社阪神コンテンツリンク). (2020年4月14日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/87006 2021年4月4日閲覧。 
  17. ^ “Superfly ユニバーサルミュージック移籍、メジャーデビュー記念日に発表”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年4月4日). https://hochi.news/articles/20210404-OHT1T50219.html 2021年4月4日閲覧。 
  18. ^ “今”のSuperflyを伝えるオンラインライブ「うぶ声」YouTubeでプレミア公開、本人もチャットに参加(動画あり)”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2021年8月15日). 2022年5月22日閲覧。
  19. ^ Superfly Online Live “うぶ声””. YouTube. Superfly (2021年8月22日). 2022年5月22日閲覧。
  20. ^ Superfly Online Live “うぶ声” プレミア公開アフタートーク”. YouTube. Superfly (2021年8月22日). 2022年5月22日閲覧。
  21. ^ Superfly_Official [@superfly_staff] (2021年9月26日). "🔥アーカイブ延長決定🔥…". X(旧Twitter)より2023年7月7日閲覧
  22. ^ Superfly新曲はボートレースCMソング、アグレッシブなアッパーチューン「ダイナマイト」(動画あり)”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年1月1日). 2022年5月22日閲覧。
  23. ^ 『ポップUP!』のテーマソングはSuperfly「Love & Peace Again!」”. フジテレビュー!! (2022年4月1日). 2022年5月22日閲覧。
  24. ^ デビュー15周年の幕開けとなる新曲「Voice」配信スタート! ファンへの感謝と決意を綴った特設サイトも同時オープン さらに、本日20:00より新曲「Voice」MVプレミア公開も”. Superfly (2022年4月3日). 2022年5月22日閲覧。
  25. ^ Superfly 15th Anniversary Special Site”. ユニバーサルミュージック. 2022年5月22日閲覧。
  26. ^ Superfly新曲「ダイナマイト」配信日にMV公開、解禁直前にリスニングパーティも”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年5月21日). 2022年5月22日閲覧。
  27. ^ Superfly、新曲「Presence」がTVアニメ『アオアシ』第2クールのオープニングテーマに決定”. THE FIRST TIMES (2022年6月25日). 2022年6月25日閲覧。
  28. ^ R3HABがSuperfly「ダイナマイト」をリミックス、日本人女性アーティストの楽曲を手がけるのは初”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年8月1日). 2022年8月20日閲覧。
  29. ^ Superfly、アニメ『アオアシ』OPテーマ「Presence』をリリース デビュー15周年を記念したライブも決定(コメントあり)”. SPICE. イープラス (2022年8月19日). 2022年8月20日閲覧。
  30. ^ Superfly、アニメ「アオアシ」OPテーマ配信&MV公開(動画あり)”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年8月29日). 2022年11月2日閲覧。
  31. ^ Superfly、デビュー15周年を記念して『15th Anniversary Live Best』配信”. BARKS (2022年11月2日). 2022年11月2日閲覧。
  32. ^ “Superfly 約3年ぶりの有観客ライブに見た、演者と観客が共に空間を作り上げていくライブの醍醐味”. SPICE (株式会社イープラス). (2022年11月25日). https://spice.eplus.jp/articles/311282 2022年12月1日閲覧。 
  33. ^ Superfly新曲が「映画 イチケイのカラス」主題歌に、竹野内豊「そっと背中を押してもらえる」(コメントあり / 動画あり)”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年11月28日). 2022年12月1日閲覧。
  34. ^ Superfly、「映画 イチケイのカラス」主題歌の配信決定”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年12月16日). 2022年12月16日閲覧。
  35. ^ Superfly_Official [@superfly_staff] (2022年11月16日). "🔴⚪️NHK紅白歌合戦⚪️🔴 「第73回NHK紅白歌合戦」に、#Superfly の出場が決定いたしました!…". X(旧Twitter)より2023年7月7日閲覧
  36. ^ Superfly、越智志帆の力強くもしなやかな歌声が際立つ「Farewell (Gospel Ver.)」MV公開”. THE FIRST TIMES (2023年2月14日). 2023年2月14日閲覧。
  37. ^ Superfly・越智志帆のエッセイ集「ドキュメンタリー」発売(コメントあり)”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2023年2月25日). 2023年3月29日閲覧。
  38. ^ “Superfly 越智志帆、初のエッセイ集『ドキュメンタリー』カバー解禁 「まだ40歳にもなっていない人間が人生語るなんて少々生意気ですが……。」”. SPICE (株式会社イープラス). (2023年2月25日). https://spice.eplus.jp/articles/315891 2023年3月29日閲覧。 
  39. ^ Superfly、3年4カ月ぶりアルバム「Heat Wave」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2023年3月27日). 2023年3月29日閲覧。
  40. ^ Superfly、約3年4か月ぶりニューアルバム『Heat Wave』発売決定”. BARKS (2023年3月27日). 2023年3月29日閲覧。
  41. ^ “Superfly、全国アリーナツアーのタイトル&ロゴを公開 ツアーファイナルとなるさいたまスーパーアリーナでの追加公演が決定”. SPICE (株式会社イープラス). (2023年4月26日). https://spice.eplus.jp/articles/317678 2023年5月27日閲覧。 
  42. ^ 『Superfly Arena Tour 2023 “Heat Wave”』横浜アリーナ公演 中止のお知らせ”. Superfly Official Site (2023年6月14日). 2023年6月14日閲覧。
  43. ^ 『Superfly Arena Tour 2023 “Heat Wave”』年内公演中止及びイベント出演キャンセルのお知らせ”. Superfly Official Site (2023年7月7日). 2023年7月7日閲覧。
  44. ^ 「やさしい気持ちで(マイ・エレメントver.)」配信開始!”. Superfly Official Site (2023年7月4日). 2023年7月27日閲覧。
  45. ^ a b c “Superfly、新日曜劇場『下剋上球児』主題歌で復帰宣言「とても元気になりました」 来年2月からツアー再開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年9月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2294776/full/ 2023年9月14日閲覧。 
  46. ^ Inc, Natasha. “Superflyがタフに成長、ドラマ「下剋上球児」主題歌を配信(コメントあり)”. 音楽ナタリー. 2023年10月16日閲覧。
  47. ^ TBS系日曜劇場『下剋上球児』主題歌『Ashes』 11月5日(日)配信リリース決定!新ビジュアル・ジャケ写公開! さらに、リリースに先駆けTikTok先行配信スタート!”. Superfly (2023年10月16日). 2023年11月15日閲覧。
  48. ^ 日本放送協会 (2023年12月22日). “2023年紅白歌合戦 出場歌手の曲目を発表 | NHK”. NHKニュース. 2023年12月22日閲覧。
  49. ^ a b 越智志帆のプロフィール・画像・写真”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA. 2022年8月28日閲覧。
  50. ^ 【エンタがビタミン♪】Superfly・志帆、身長が「デビュー時から2cm伸びた」。パワフルボイスの秘訣と関係か?”. Techinsight. 株式会社メディアプロダクツジャパン (2015年6月14日). 2022年8月28日閲覧。
  51. ^ 前原雅子 (2008年9月4日). “「18才」連載第27回 越智志帆(Superfly)「松山の短大に行かなかったらSuperflyはなかった」”. Yahoo!ミュージック. 2010年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月18日閲覧。
  52. ^ "antenna 2008・2009" あんてな出版. 2008年4月23日。
  53. ^ (インタビュー)「Superfly越智志帆さん「劣等感に悩んだ10代」新曲への思い」『withnews』、朝日新聞社、2018年9月3日https://withnews.jp/article/f0180903000qq000000000000000G00110101qq000017931A2022年8月28日閲覧 
  54. ^ a b c 田中瞳子「わたしのみっつ 過去と今 発酵し生れる愛の歌 シンガーソングライター Superfly 越智 志帆さん」『朝日新聞』朝日新聞社、2023年5月17日、夕刊、3面。
  55. ^ a b 中山洋平 (2008年5月7日). “『ミック・ジャガーになりたいんです。圧倒的なライブパフォーマンスを見せたい。』〜Superfly”. 日経BP. 2012年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月30日閲覧。
  56. ^ 村尾泰郎 (2008年5月13日). “新世代のロック・ディーヴァ誕生! Superfly”. 関心空間. 2009年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月30日閲覧。
  57. ^ Superfly 越智志帆 Birthday女子会 🎂🎉”. YouTube. 2022年5月22日閲覧。[リンク切れ]
  58. ^ “Superfly越智志帆の誕生日を祝う「女子会」がYouTube公開 いきものがかり吉岡、友近に加えゲストにミルクボーイ、RGなど”. SPICE (株式会社イープラス). (2022年2月22日). https://spice.eplus.jp/articles/299305 2022年5月22日閲覧。 
  59. ^ “Superfly越智志帆&フジファブリック金澤ダイスケが結婚「突然のご報告」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年4月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2109724/full/ 2018年4月17日閲覧。 
  60. ^ “Superfly越智志帆が第1子妊娠、来春に出産予定”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2021年12月28日). https://natalie.mu/music/news/459801 2021年12月28日閲覧。 
  61. ^ “Superfly越智志帆、第1子出産を報告 夫・金澤ダイスケも喜び”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年5月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2234838/full/ 2022年5月15日閲覧。 
  62. ^ 休業宣言のJET、Superflyとコラボで最新曲誕生”. BARKS (2007年10月27日). 2018年3月9日閲覧。
  63. ^ 日本人初!Superflyの志帆が、伝説のウッドストックのステージに立つ!”. NewsWalker(ニュースウォーカー). カドカワ (2009年8月17日). 2013年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月9日閲覧。
  64. ^ Superfly、時を越えてジャニスの世界へ”. BARKS (2008年8月26日). 2018年3月9日閲覧。
  65. ^ 興奮のロックカバー満載Superfly最強バンドとスカパラ競演”. 音楽ナタリー (2010年12月6日). 2018年1月3日閲覧。
  66. ^ “Superfly「ウシジマくん」に捧ぐ2014年初シングル『Live」”. 音楽ナタリー. (2014年3月17日). https://natalie.mu/music/news/112265 2014年3月17日閲覧。 
  67. ^ “Superfly、高校野球応援ソング「On Your Side」を新曲入りでシングル化”. 音楽ナタリー. (2015年6月10日). https://natalie.mu/music/news/150079 2015年6月19日閲覧。 
  68. ^ “Superfly「闇金ウシジマくん」楽曲網羅したシングル147発売、非売品アナログも”. 音楽ナタリー. (2016年7月10日). https://natalie.mu/music/news/194038 2015年7月29日閲覧。 

外部リンク 編集