Xbox > Xbox Game Studios

Xbox Game Studios (エックスボックス ゲームスタジオ、旧称Microsoft StudiosMicrosoft Game StudiosMicrosoft Games)は、ワシントン州レドモンドに拠点を置くアメリカコンピュータゲームパブリッシャーであり、マイクロソフトの一部門。同スタジオはMicrosoft Windows用ゲームの開発と販売のために社内組織「Game Group」から分離して2000年3月に設立された。その後、Xboxプラットフォーム、Windows Mobileなどのモバイルプラットフォーム、およびWebベースのポータル向けのゲームやその他のインタラクティブエンターテインメントを提供するなど事業を拡大してきた。スタジオの成長とともに他のいくつかのスタジオを買収したり、所有権を放棄したりしてきており、2021年3月9日現在23のスタジオの親組織となっている。

Xbox Game Studios
以前の社名
  • Microsoft Games (2000–2001)
  • Microsoft Game Studios (2001–2011)
  • Microsoft Studios (2011–2019)
種類
部門
業種 コンピュータゲーム
前身 Microsoft Games Group
設立 2000年3月 (21年前) (2000-03)
創業者 ビル・ゲイツ ウィキデータを編集
本社
事業地域
世界
主要人物
製品 Xbox Game Studiosのコンピュータゲーム一覧英語版を参照
親会社 マイクロソフト
子会社 子会社および部門を参照
ウェブサイト www.xbox.com/ja-JP/xbox-game-studios

歴史編集

Microsoft GamesおよびMicrosoft Game Studios(2000–2011)として編集

 
Microsoft Game Studiosのロゴ(2001–2011)

ゲーム専門部門が設立される前からマイクロソフトは自社に「Games Group」があり、デベロッパーと作品の買収を行っていた。同社は1999年に『MechWarrior』ゲームシリーズを開発するFASA Interactiveを買収し[1]、同年にゴルフゲームの『Links』シリーズを開発するAccess Software[2][3]と『Microsoft Flight Simulator』ゲームを手掛けたAces Game Studioを買収している[4]。Games Groupはアンサンブルスタジオ(『エイジ オブ エンパイア』『エイジ オブ ミソロジー』)[5]やDigital Anvil ( 『Starlancer』)との長期的なパブリッシング契約も締結していた[6]。マイクロソフト傘下でFASA InteractiveはFASA Studioに改称され[7][8]、Access SoftwareはSaltLake Games Studioになった。

2000年3月頃、マイクロソフトはGame Groupを「Microsoft Games」という完全な別部門に移行し、マイクロソフト内の他のゲーム関連プロジェクトを統合した。これは初代Xboxの発表と並行して行われ、 Microsoft GamesがXboxとMicrosoft Windowsの両方の作品のデベロッパーおよびパブリッシャーの役割を担うことになった[9]。マイクロソフトのエンターテインメント部門で役職を担ったロビー・バックが上級副社長に任命され、旧Game Groupのメンバーで同グループによるいくつかの買収に貢献したエド・フライズが新部門の副社長に任命された[10][11]。シェーン・キムは同部門のゼネラルマネージャーを務めた[12]。2001年にこの部門はMicrosoft Game Studios(MGS)に改称された[13]

FASA StudioとSalt Lake Games Studioは、Microsoft Games Studioに残った[7][8]。Digital Anvilとアンサンブルスタジオは、それぞれ2000年と2001年にマイクロソフトに買収された。部門設立後の2000年6月には『Halo:Combat Evolved』を開発中だったバンジーを買収し[14]、この買収によりパソコンでの販売が計画されていたHaloはマイクロソフトのパブリッシング作品となり、2001年のXbox発売時にローンチタイトルとして発売された[15]。2001年にはレースゲームForza』シリーズ開発を行う「Turn 10 Studios」が設立された[16]。2002年9月、Microsoft Games Studiosは任天堂プラットフォーム向けに幅広く開発を行っていたレアを買収した[17]。2003年、マイクロソフトはEAスポーツレーベルがXbox向けスポーツゲームを開発する上ではるかに強力な立場にあることを認識し、再編の一環として、スポーツゲームを自社開発していたMicrosoft Game Studios内の約78人の従業員をレイオフし、2004年にはSalt Lake Game Studio(当時の名称はIndie Games)をテイクツー・インタラクティブに売却した(Indie GamesはIndie Builtになった)[18][19]

ピーター・ムーアは2003年にXboxコンソールやMGSのXboxとPC向けゲームなどを含むHome and Entertainment部門の副社長に任命され、バックの直属となった[20]エレクトロニック・アーツのような大手パブリッシャーをXboxプラットフォームに引き込むことに加えて、ムーアはMGSパブリッシングのサポートを受けて日本の開発者に声をかけて日本でのXbox普及に努め、『ファントムダスト』と『ブリンクス・ザ・タイムスイーパー』などのゲームが発売された[21]

2004年頃、MGSはマイクロソフトのWebゲームポータル「MSN Games」、MSNメッセンジャーのチャットクライアント上、Xbox Liveプラットフォーム向けのカジュアルゲームを開発する社内スタジオ「Cabonated Games」を設立した[22]。キムとFriesは、Xboxプラットフォーム初の大規模RPGとなる『フェイブル』(2004年)について、MGSが同作の販売契約を開発元のLionhead Studiosと締結するために尽力した。その後、2006年にMGSはXbox 360向け『フェイブル』続編を確保しようと『フェイブル』の資産とともにLionhead Studiosを買収した[23]。MGSは、Digital Anvilが2003年に開発した『Brute Force』から2年後の2005年にDigital Anvilのスタッフをより大きなスタジオに統合し、2006年に同スタジオを完全に閉鎖した[7][8]。FASA Studioは、2007年5月に同スタジオ最終作『シャドウラン』が発売されてから三ヶ月半後に閉鎖された。

2007年、MGSはゼネラルマネージャーのフィル・スペンサーが率いる欧州オフィスをイギリスのレディングに開設することを発表した[24]。ムーアはサンフランシスコのベイエリアに家族と戻り、エレクトロニック・アーツに再び入社するために2007年7月にマイクロソフトを去った。ムーアの後任として、ドン・マトリックがMGSを含む「Xbox and Games Business」の新副社長に任命された[25]。2007年後半、バンジーはMGSから独立して株式非公開企業となり、MGSがHaloの権利を保持することになった[26]。バンジーはMGSのために『Halo 3:ODST』(2009)と『Halo:Reach』(2010)の2つのHaloゲームの開発を続けた[27]。同時に、MGSはバンジー抜きで今後のHalo作品を開発するために社内スタジオ「343 Industries」を設立した。

2008年、MGSはCarbonated Gamesを解散し、Xbox Live Arcade向けの「高品質デジタルコンテンツ」を開発する社内スタジオ「Xbox Live Productions」の設立を発表した[28]

マイクロソフトは、 2000年代後半の金融危機の影響でパソコンの販売が鈍化したため、2009年1月に全部門で最大5000人のレイオフを発表した[29]。MGS内では、2009年初頭に『Halo Wars』が完成した後、アンサンブルスタジオを解散することを既に計画していたが[30]、新たなレイオフによりMSGはAces Game Studioも解散することになった[4]。マイクロソフトは2009年5月にバンクーバーを拠点とするBigParkを買収し、同スタジオを使って、Xbox360用Kinectセンサー向けの最初のゲームのいくつかを開発した[31]。2009年後半、引退したシェーン・キムの後任として、フィル・スペンサーがMGSのコーポレートバイスプレジデントに昇進した[32]

2010年、MGSはWindows Phoneデバイス向けのゲームおよびエンターテインメントマルチメディアの開発に特化したモバイルゲームスタジオ「MGS Mobile Gaming」を設立した[33]。また、傘下のレアがバーミンガムのディグベス地区に新スタジオをオープンした[34][35]

Microsoft Studiosとして(2011–2019)編集

 
Microsoft Studiosのロゴ(2011–2019)
 
サードパーティのスタジオが開発し、2012年にMicrosoft Studiosが販売したXbox Live Arcadeゲーム『The Splatters』

2011年6月のElectronic Entertainment Expo 2011までに、Microsoft Game StudiosはひっそりとMicrosoft Studiosに改名された[36]。その後2011年にMicrosoft Studiosは「Twisted Pixel Games」を買収した[37]。2011年12月上旬には、Microsoft Studiosは最新のソフトウェア配信プラットフォームを使用して同スタジオの過去のWindows向けカジュアルゲーム(WindowsソリティアやMSN Gamesなど)を刷新する部門「Microsoft Casual Games」を立ち上げた。

2012年、元ソニーワールドワイドスタジオの責任者であるフィル・ハリソンが、Microsoft EuropeおよびIEBの責任者としてマイクロソフトに入社した[38]。Microsoft Studiosは、『Tentacles』と『Max & the Magic Marker』のデベロッパー「Press Play」を買収した[39]。彼らはまた、イギリスのロンドンに新しい開発スタジオを発表した[40]。2012年後半、マイクロソフトはKinectファミリータイトルの『Project Columbia』がキャンセルされたため、Microsoft Game Studios Vancouverを縮小し、ポートフォリオの評価により、Free to Play作品の『Microsoft Flight』の継続的な開発が中止されたと発表した[41]。縮小されたバンクーバースタジオは「BlackTusk Studios」に改称され、 Haloと同様のフランチャイズ構築タイトルの制作が任務となっている[42][43]

2013年、マイクロソフトはタブレット、モバイル、テレビ向けのクラウドベースのゲームを開発する欧州スタジオ「Lift London」を設立し[44]、2014年にはDeveloper and Platform Evangelism(DPE)部門内に新しい「ディープテック」チームを立ち上げた。この新チームは社外のトップクラスの開発者と協力して、マイクロソフトプラットフォームを基盤とする次世代アプリケーションの構築を任務とする[45]

マイクロソフトの次世代ゲーム機「Xbox One」の開発の多くを監督していたドン・マトリックが、発売前の2013年7月に退社し、ジンガのCEOに就任した[46]。マトリックの後任には、マイクロソフトの組織再編成で誕生した、Xboxハードウェア部門とMicrosoft Studiosの両方を監督する新組織「Devices and Studios Engineering Group」のリーダーに任命されたJulie Larson-Greenが就いた[47][48]

2014年初頭にはMicrosoft Studiosはゲーム『State of Decay』のパブリッシング契約を開発元のUndead Labsと結び[49]Epic Gamesから『Gears of War』シリーズの権利を取得し[50]、Big Huge Gamesの『ライズ オブ ネイション』フランチャイズのIPを取得した[51][52]。Microsoft Studiosは『Gears of War』をBlack Tusk Studios(2015年にThe Coalitionにブランド名変更)に割り当てた[53]

 
2014年から2017年までMicrosoft Game Studiosのコーポレートバイスプレジデントを務めたフィル・スペンサー

約6か月間Microsoft Studiosの責任者を務めていたジェイソン・ホルトマン[54]が2014年2月に退職し、フィル・スペンサーが後任に就いた[55]。2014年7月、Xbox Entertainment Studiosが数か月の内に閉鎖されることが発表され、10月29日までに閉鎖が完了した[56]

Microsoft Studiosによる最も重要な買収の1つが2014年後半の『マインクラフト』のデベロッパー「Mojang」買収である[57]。マイクロソフトはスタジオ買収に25億ドルを投じ、買収契約は11月に完了し、スタジオの主要な創業者であるマルクス・ペルソン、ジェイコブ・ポーザー、Carl MannehはMojangを退社した。買収の結果、ペルソンの個人純資産は約13億ドルになった[58]。Microsoft Studiosは、ライバルのゲーム機PlayStationを含む複数のプラットフォームで『マインクラフト』を利用できるようにすることを約束した。2020年にスタジオのコーポレートバイスプレジデントのマット・ブーティは、Mojangの買収は後の買収のテンプレートとして機能したと述べており、Mojangはマイクロソフト社への統合が限定された「アンプラグドスタジオ」として運営され、Mojangの通常の日常業務の中断を最小限に抑え、スタジオの自由を妨げなかった[59]

2015年3月4日、マイクロソフトは更なるゲーム開発のためにイギリスを拠点とするスタジオLift LondonとSoho Productionsの統合を発表した。統合スタジオはLift Londonの名前で引き続き運営される[60]。3月7日、MicrosoftはGame Developers Conferenceで、HoloLensのゲームがXbox Oneに登場すると発表した 。3月9日、マイクロソフトはクドウ・ツノダの役割が拡大し、Press Play、Lift London、新たな社内スタジオ「Decisive Games」などのスタジオの新スタジオチームリーダーになることを発表した。Decisive Gamesは以前、Xbox OneとPC向けの「愛されるストラテジーゲーム」の仕事のための採用を行っていると求人情報に記載していたが、ファーストパーティスタジオとしてのチームの存在を公に認めたのは今回が初となる[61]

2015年9月、傘下のTwisted Pixelが独立し、再び独立系スタジオに移行すると発表した[62][63]

クドウ・ツノダは、HoloLensやMicrosoft Edgeの開発、および音声やジェスチャーなどの人間の対話手段を改善できるその他のプロジェクトのために、2015年11月にXbox部門を去った。Microsoft Studiosでのツノダの指導的役割はHanno LemkeとShannon Loftisが担う[64]

2016年3月にマイクロソフトは、2つの主要プロジェクト(Lionheadの『Fable Legends』とPress Playの『Project Knoxvile』)の開発をキャンセルし、その後数か月で両スタジオを閉鎖した[65][66]。同じ頃、Microsoft StudiosのWebサイトが更新され、BigPark、「Good Science Studio」、「Leap Experience Pioneers」(LXP)、「Function Studios」「State of the Art」(SOTA)などのスタジオが閉鎖されたことが示され、Microsoft Studiosは過去数年間でそれらすべてが他のMicrosoft Studiosチームに統合されたことを明らかにした[67][68]

2017年9月、スペンサーは上級幹部チームの一員に昇格し、「ゲーミング担当エグゼクティブバイスプレジデント」の肩書きを得た[69][70][71]。2018年1月、マット・ブーティが『マインクラフト』ゲーム事業のリーダーからMicrosoft Studiosのコーポレートバイスプレジデントに昇格した[72]

E3 2018期間中の2018年6月10日にマイクロソフトは「Ninja Theory」「Playground Games」「Undead Labs」「Compulsion Games」の買収を発表した[73]ほか、カリフォルニア州サンタモニカに元クリスタル・ダイナミックススタジオヘッドのダレル・ギャラガーが率いる新スタジオ「The Initiative」の開設も明らかにした[74]。Microsoft Studiosは11月にObsidian EntertainmentおよびinXile Entertainmentの買収も発表した[75]

Xbox Game Studiosとして(2019–現在)編集

2019年2月5日、マイクロソフトは「Xbox」が当初の内容から発展し、プレイする場所や誰とプレイするかに関わらない、全てのデバイスを通じたゲームブランドになったことを受けて「Xbox Game Studios」へと改名された[76][77][78]。E3 2019では、Xbox Game Studiosは「Double Fine」の買収を発表し[79]、Shannon Loftisが率いる『エイジ オブ エンパイア』専門の新たな社内スタジオを設立したことで、スタジオの総数は15になった[80]。後に「World's Edge」と名付けられたこの新スタジオ[81]は、ゲームを直接開発することはなく、クリエイティブディレクターのアダム・イスグリーンによれば、シリーズが正しい方向に開発されていることを保証するためにRelic Entertainment、Forgotten Empires、Tantalus Mediaなどの外部スタジオの取り組みを監督するという[82]

ブーティは、伝統的にマルチプラットフォームゲームをサポートしてきたObsidian、Ninja Theory、Double Fineなどのスタジオでは、彼らの将来の製品をXboxおよびWindowsコンピューター用のマイクロソフト独占コンテンツとして扱うのが理にかなっているのか、それとも複数のプラットフォームで販売できるようにするのが理にかなっているのか判断すると述べた。その決定は「ネットワーク効果」に基づいて行われ、『マインクラフト』の場合のようにこれらのゲームを他のプラットフォームでも展開することでフランチャイズのサポートが向上し、それ故にマイクロソフトがフランチャイズにリソースを捧げるのに役立つかどうかで決まる[83]。Xbox Game Studiosは、同スタジオが開発したコンテンツまたは以前にXboxおよびWindows専売だったコンテンツの一部を任天堂のゲーム機向けに販売しており(Moon Studioの『オリとくらやみの森』とStudio MDHRの『Cuphead』のNintendo Switch版が有名)、レアのキャラクターのバンジョーとカズーイの『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』への参加を許可している。ただし、この部門は、これらのリリースは一般に「他のプラットフォームへの既存のコミットメント」であり、スタジオがそれを尊重することを認めているが、それ以外の場合は「我々の独占的なファーストパーティゲームを他のコンソールにさらに拡張する計画はない」と述べている[84]

2019年の終わり近くに、現在Xbox Game Studiosの下にある合計15のスタジオで、ブーティは扱うゲームがこれまでになく増えており、近い将来に追加のスタジオを買収する予定はないとし、「Xbox Game Studios内の焦点を、買収と成長から実行と配信のフェーズに移してきた」と述べた[85]。さらにマイクロソフトが「Xbox Series X/Series S」を含む第4世代のXboxのプロモーションを開始したとき、ブーティは新世代機の発売から1〜2年にXbox Game Studiosが開発した作品は、新世代機専用ではなくXbox Oneと新世代機の両方に対応し、一部のゲームは新世代機のラインナップでプレイするとパフォーマンスが向上すると述べた[86]。ブーティは最近買収した多数のスタジオ、継続的な外部パートナーシップ、 Xbox Game Passプログラムにより、スタジオは多数のプレーヤーを引き付けるように設計された「ポートフォリオ内の幅広い製品」をサポートできると述べた[87]。さらに、2020年11月のXboxブランドの将来に関するインタビューで、フィル・スペンサーはこれまでサービスが十分でなかったRPGの生産にさらに重点を置くつもりであると述べた[88]

2020年9月21日、マイクロソフトとゼニマックス・メディアはマイクロソフトがゼニマックスとその系列スタジオ(Bethesda Game Studios、Arkane Studios、id Software、MachineGames、Tango Gameworks、ZeniMax Online Studios)を75億ドル以上の現金で買収する計画を発表した。米国と欧州の規制当局の承認プロセスを経て[89][90]、2021年3月9日に買収を完了した。

子会社および部門編集

名前 場所 創設 買収年 注記
Xbox Game Studios Publishing アメリカ合衆国ワシントン州レドモンド 2000 Xbox Game Studiosのファーストパーティパブリッシング部門
→最新作/開発中 (ビデオゲーム パブリッシング)
Microsoft Flight Simulator 2020 (開発:Asobo Studio)
レア Rare イギリス・トゥイクロス 1985 2002 レア社は買収前には『Battletoads』『バンジョーとカズーイ』シリーズ『キラーインスティンクト』『コンカー』『パーフェクトダーク』などのいくつかのフランチャイズを開発しており、マイクロソフト傘下になってからは『グーリーズ -Grabbed by the Ghoulies』『カメオ:エレメンツ オブ パワー』『Viva Piñata』シリーズ、『Rare Replay』『Sea of Thieves』などのゲームを開発した。
→最新作/開発中 (最新作): Sea of Thieves: A Pirate’s Life
(開発中): Everwild
Turn 10 Studios アメリカ合衆国ワシントン州レドモンド 2001 Forza Motorsport』シリーズを開発するためにマイクロソフトが設立
→最新作/開発中 (開発中): Forza Motorsport (フォルツァ モータースポーツ) 最新作
343 Industries アメリカ合衆国ワシントン州レドモンド 2007 バンジースタジオの独立を受けて、SFメディアフランチャイズ『Halo』の開発を監督するために設立された。スタジオの名称はHaloのキャラクター「343 ギルティスパーク」に因む。
→最新作/開発中 (開発中): Halo Infinite
The Coalition カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバー 2010 以前はBlack Tusk Studiosという名称であったが、買収に伴いMicrosoft Studios Vancouverに改名され、『Microsoft Flight』を手掛けた。2014年にマイクロソフトがEpic Gamesから『Gears of War』シリーズを取得後に同スタジオはThe Coalitonに改名され、今後のGears作品を担当することになった。
→最新作/開発中 (最新作): Gears 5: Hivebusters
Mojang Studios スウェーデン・ストックホルム 2009 2014 史上最も売れたゲーム 『マインクラフト』のデベロッパー
→最新作/開発中 (最新作): Minecraft Dungeons (マインクラフトダンジョンズ)
Undead Labs アメリカ合衆国ワシントン州シアトル 2009 2018 ゾンビベースの『State of Decay』シリーズに特化
→最新作/開発中 (開発中): State of Decay 3
Playground Games イギリス・ロイヤル・レミントン・スパ 2010 2018 Turn 10 Studiosと『Forza Horizon』シリーズで協力。現在は『フェイブル』の新作ゲームの開発を行っている[91]
→最新作/開発中 (最新作): Forza Horizon 5 (フォルツァ ホライゾン 5)
(開発中): Fable (フェイブル) 最新作
Compulsion Games カナダ・ケベック州モントリオール 2009 2018 Contrast』や『We Happy Few』を開発
→最新作/開発中 (最新作): We Happy Few
Double Fine Productions アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ 2000 2019 ルーカスアーツを退社したティム・シェーファーが設立し、『Psychonauts』『Brütal Legend』『Broken Age』などのゲームを開発した。同スタジオは『Grim Fandango』『デイ・オブ・ザ・テンタクル』『Full Throttle』を含む初期のルーカスアーツのアドベンチャーゲームの一部作品のリマスター権も取得している。
→最新作/開発中 (最新作): Psychonauts 2
inXile Entertainment アメリカ合衆国カリフォルニア州ニューポートビーチ. 2002 2018 ブライアン・ファーゴによって設立されたRPGゲームを専門とするスタジオ。買収前のタイトルは『Wasteland』シリーズ、『バーズテイル』シリーズなど
→最新作/開発中 (最新作): Wasteland 3
Ninja Theory イギリス・ケンブリッジ 2000 2018 『Kung Fu Chaos』『Heavenly Sword ヘブンリーソード』『Enslaved: Odyssey to the West』『DmC Devil May Cry ディーエムシー デビルメイクライ
Hellblade: Senua's Sacrifice』などのゲームを開発
→最新作/開発中 (開発中): Senua's Saga: Hellblade II
Obsidian Entertainment アメリカ合衆国カリフォルニア州アーバイン 2003 2018 The Outer Worlds アウター・ワールド』などのRPGゲームを専門とするスタジオ。
以前は『Fallout: New Vegas』『ダンジョン・シージIII』『South Park: The Stick of Truth』などのライセンスゲームを手掛けていた。
→最新作/開発中 (開発中): The Outer Worlds 2 (アウター・ワールド 2)
World's Edge アメリカ合衆国ワシントン州レドモンド 2019 Xbox Game Studios内部でつくられ、『エイジ オブ エンパイア』 フランチャイズのためにより多くのリソースと献身的なリーダーシップを提供する[92]
→最新作/開発中 (開発中): Age of Empires IV (エイジ オブ エンパイアIV)
The Initiative アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ 2018 SIEサンタモニカスタジオと同様の役割を持つファーストパーティのデベロッパーとして設立され、元クリスタル・ダイナミックススタジオヘッドのダレル・ギャラガーが率いる[93][94]。現在は『パーフェクトダーク』フランチャイズのリブートに取り組んでいる[95]
→最新作/開発中 (開発中): Perfect Dark (パーフェクトダーク) 最新作
Zenimax Media アメリカ合衆国メリーランド州ロックビル 1999 2021 Bethesda Game Studios、Arkane Studios、id Software、MachineGames、Tango Gameworks、ZeniMax Online Studiosを含む
→最新作/開発中 (ビデオゲーム パブリッシング)
The Elder Scrolls Online (開発:ZeniMax Online Studios)
Bethesda Game Studios アメリカ合衆国メリーランド州ロックビル 1986 2021 Zenimaxグループ企業。『The Elder Scrolls』シリーズ、『Fallout 3』以降の『Fallout』シリーズを開発
→最新作/開発中 (開発中): Starfield
id Software テキサス州リチャードソン 1991 2021 Zenimaxグループ企業。『Quake』シリーズ、『Doom』シリーズ、『Rage』を開発
→最新作/開発中 (最新作): Doom Eternal (ドゥーム エターナル)
MachineGames スウェーデン ウプサラ 2009 2021 Zenimaxグループ企業。『Wolfenstein: The New Order』以降の『Wolfenstein』シリーズを開発
→最新作/開発中 (最新作): Wolfenstein: Youngblood
Arkane Studios フランス共和国リヨン 2010 2021 Zenimaxグループ企業。『Prey(2017年版)』を開発
→最新作/開発中 (開発中): Deathloop
Tango Gameworks 日本 東京 2010 2021 Zenimaxグループ企業。三上真司が代表を務める。『サイコブレイク(PsychoBreak/The Evil Within)』シリーズを開発
→最新作/開発中 (開発中): Ghostwire: Tokyo

編集

売却またはスピンオフ
  • Access Software/Salt Lake Games Studio/Indie Games — 『Links』シリーズ — テイクツー・インタラクティブに売却され、Indie Builtに名前が変更された。
  • バンジー — 『Halo』シリーズ — 独立
  • Lift London — マイクロソフトのゲーム事業から除外[96]
  • Twisted Pixel Games — 『The Gunstringer』『LocoCycle』『The Maw』『Splosion Man』シリーズ  — 独立
閉鎖または統合

販売したゲーム編集

Xbox Game Studiosのコンピュータゲーム一覧英語版

脚注編集

  1. ^ Morris (1999年1月7日). “Microsoft MechWarriors”. CNN. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月6日閲覧。
  2. ^ JB (1999年4月19日). “Microsoft Buys Access”. IGN. 2018年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月4日閲覧。
  3. ^ Rogers (2004年3月3日). “The End Game: How Top Developers Sold Their Studios – Part One”. Gamasutra. 2017年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月4日閲覧。
  4. ^ a b Remo (2009年1月23日). “Microsoft Makes Big Cuts At Flight Sim Studio”. Gamasutra. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  5. ^ Ramsey (2012年6月23日). “Ensemble Studios: From Beginning to End, An Excerpt from Gamers at Work”. Gamasutra. 2019年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月6日閲覧。
  6. ^ “Microsoft Inks Deal With Newly Formed Digital Anvil” (プレスリリース), Microsoft, (1997年2月19日), オリジナルの2019年2月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190209124328/https://news.microsoft.com/1997/02/19/microsoft-inks-deal-with-newly-formed-digital-anvil/ 2019年2月6日閲覧。 
  7. ^ a b c Ciolek (2018年6月11日). “E3 2018: Here's What Happened To Every Studio Microsoft Has Bought”. IGN. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  8. ^ a b c McElroy (2014年9月15日). “Microsoft's checkered history of gaming acquisitions, from Bungie to Minecraft”. Polygon. 2019年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  9. ^ “Xbox Brings "Future-Generation" Games to Life” (プレスリリース), Microsoft, (2000年3月10日), オリジナルの2019年2月3日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190203030000/https://news.microsoft.com/2000/03/10/xbox-brings-future-generation-games-to-life/ 2019年2月6日閲覧。 
  10. ^ “New Game: Head of Microsoft's Games Division Outlines Company's Strategy for PC and Console Games” (プレスリリース), Microsoft, (2000年5月10日), オリジナルの2019年1月28日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190128082932/https://news.microsoft.com/2000/05/10/new-game-head-of-microsofts-games-division-outlines-companys-strategy-for-pc-and-console-games/ 2019年2月6日閲覧。 
  11. ^ “Microsoft Promotes Fries to Vice President of Games Publishing” (プレスリリース), Microsoft, (2000年5月10日), オリジナルの2019年2月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190209124503/https://news.microsoft.com/2000/05/10/microsoft-promotes-fries-to-vice-president-of-games-publishing/ 2019年2月6日閲覧。 
  12. ^ Feldman (2004年5月18日). “Q&A: Microsoft Game Studios' GM Shane Kim”. GameSpot. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月6日閲覧。
  13. ^ Stevens (2019年2月5日). “Microsoft Studios Is Now Xbox Game Studios”. IGN. 2019年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  14. ^ Microsoft/Bungie Interview”. IGN (2000年6月19日). 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月6日閲覧。
  15. ^ Bass (2021年1月6日). “Xbox: The Oral History of an American Video Game Empire”. Bloomberg News. 2021年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月6日閲覧。
  16. ^ Gitlin (2014年10月31日). “A trip to Turn 10, the Forza studio merging car culture with games”. Ars Technica. 2014年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  17. ^ Boulding (2002年9月24日). “Microsoft Buys Rare”. IGN. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月6日閲覧。
  18. ^ Feldman (2004年12月16日). “Take-Two helps Microsoft get out of sports game”. GameSpot. 2014年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月4日閲覧。
  19. ^ GamesIndustry International (2004年12月17日). “Microsoft sells off sports game studio to Take Two”. Eurogamer. 2011年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月4日閲覧。
  20. ^ Microsoft Announces Appointment of Peter Moore As Corporate Vice President of Retail Sales and Marketing”. Microsoft (2003年1月20日). 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月6日閲覧。
  21. ^ Caron (2007年7月18日). “A retrospective on Peter: always wanting Moore”. Ars Technica. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月6日閲覧。
  22. ^ Q&A: Joshua Howard, Carbonated Games”. MCV (2007年7月23日). 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  23. ^ Yin-Poole (2016年5月12日). “Lionhead: The inside story”. Eurogamer. 2017年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月6日閲覧。
  24. ^ Jenkins. “New Microsoft Game Studios Office For Europe”. Gamasutra. 2019年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月27日閲覧。
  25. ^ Sterling (2007年7月17日). “Confirmed: Peter Moore leaving Microsoft, replaced by Don Mattrick”. Destructoid. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  26. ^ Romano, Benjamin (2007年10月6日). “Microsoft, "Halo" maker Bungie split”. The Seattle Times. オリジナルの2016年1月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160130201828/https://www.seattletimes.com/business/microsoft-halo-maker-bungie-split/ 2019年2月7日閲覧。 
  27. ^ Nutt (2009年7月24日). “Reports: Halo: Reach Bungie's Last Halo Game, More”. Gamasutra. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  28. ^ Keiser (2008年5月22日). “Exclusive Interview: MS to Delist XBLA Titles”. Next-Gen.biz. 2012年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月22日閲覧。
  29. ^ Vance (2009年1月22日). “Microsoft to cut 5,000 jobs in company's first major layoff”. The New York Times. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  30. ^ Martin (2008年9月10日). “Microsoft to close Ensemble Studios”. GamesIndustry.biz. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  31. ^ Microsoft to buy Vancouver-based game developer BigPark”. CBC News (2009年5月8日). 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  32. ^ Thorsen (2009年9月15日). “Microsoft's Phil Spencer promoted, Shane Kim retiring”. CNET. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  33. ^ Crossley (2010年8月12日). “Microsoft Game Studios adds in-house mobile team”. Develop. 2010年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  34. ^ Mitchell (2010年3月2日). “Rare to build new studio in Birmingham, England”. Engadget. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  35. ^ doope!. “イギリスが誇る老舗デベロッパ「Rare」の新スタジオツアー映像!どこのカフェ…… « doope! 国内外のゲーム情報サイト” (日本語). 2021年1月30日閲覧。
  36. ^ Thorsen (2011年6月6日). “E3 2011: Halo 4 anchors Microsoft press conference”. GameSpot. 2019年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月19日閲覧。
  37. ^ McElroy (2011年10月12日). “Microsoft buys indie developer Twisted Pixel”. Engadget. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  38. ^ Staff (2012年3月13日). “Harrison takes over MGS Europe, but not Molyneux's job”. VG247. 2019年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  39. ^ O'Connor (2012年6月6日). “Microsoft acquires Magic Marker dev Press Play”. Shacknews. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  40. ^ French (2012年7月26日). “Microsoft to open new Xbox studio in London”. MCV. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  41. ^ Kietzmann (2012年7月25日). “Report: Microsoft reduces staff at Vancouver studio, cans 'Project Columbia' for Kinect”. Engadget. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  42. ^ Parfitt (2012年11月29日). “Microsoft Vancouver renamed Black Tusk Studios, is working on new triple-A franchise”. MCV. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  43. ^ Hafer (2012年11月30日). “Microsoft's new Black Tusk Studios, headed by ex-EA devs, looking to make the next Halo”. PC Gamer. 2015年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月12日閲覧。
  44. ^ Microsoft announces Lift London, a new developer focused on cloud games for tablets, mobiles and TVs'”. 2014年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月2日閲覧。
  45. ^ MSが立ち上げた新専門チーム--狙いは開発者と自社プラットフォームの橋渡し” (日本語). CNET Japan (2013年5月17日). 2021年1月30日閲覧。
  46. ^ 株式会社インプレス (2013年7月2日). “Xbox事業のトップDon Mattrick氏がMicrosoftを退社 Zynga創業者Mark Pincus氏の後任としてZynga CEOに就任” (日本語). GAME Watch. 2021年1月30日閲覧。
  47. ^ Correia (2013年7月11日). “Julie Larson-Green to take over Xbox hardware division following Mattrick's departure”. Polygon. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  48. ^ Inc, Aetas. “米Microsoftが組織の再編成を発表。「One Microsoft」をキーワードに,迅速かつ効率的な革新が行える組織への変貌を図る。ゲームをはじめとしたエンターテイメントコンテンツの責任…” (日本語). www.4gamer.net. 2021年1月30日閲覧。
  49. ^ State of Decay sequels on Xbox One”. 2014年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月28日閲覧。
  50. ^ Xbox Wire Staff (2014年1月27日). “Microsoft Studios acquires rights to Gears of War franchise”. Xbox Wire. 2015年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月12日閲覧。
  51. ^ Corriea, Alexa Ray (2014年5月30日). “Microsoft announces Rise of Nations: Extended Edition for Steam this June” (英語). Polygon. 2021年1月29日閲覧。
  52. ^ Microsoft bought the rights to "Rise of" IP”. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  53. ^ Introducing The Coalition”. Xbox Wire (2015年6月3日). 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  54. ^ Microsoft's PC gaming chief leaves after just six months”. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  55. ^ Phil Spencer named new boss of Xbox”. 2014年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月31日閲覧。
  56. ^ Pitcher (2014年10月29日). “Xbox Entertainment Studios Reportedly Shuttered as Heads Leave”. IGN. 2020年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  57. ^ Cox (2018年6月13日). “The history of Minecraft”. TechRadar. 2018年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  58. ^ Hesseldahl (2015年8月29日). “Minecraft Billionaire Markus Persson Hates Being a Billionaire”. Recode. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  59. ^ Inc, Aetas. “MinecraftとMojangは,スタジオを購入する方法をどのようにXboxに教えたのか” (日本語). jp.gamesindustry.biz. 2021年1月30日閲覧。
  60. ^ Hololens games on Xbox one”. The Verge (2015年3月7日). 2017年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月5日閲覧。
  61. ^ Kudo Tsunoda Expands Role at Microsoft”. Eurogamer (2015年3月9日). 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  62. ^ 『Splosion Man』のTwisted Pixelがマイクロソフト傘下から独立へ” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2021年2月1日閲覧。
  63. ^ McWhertor (2015年9月30日). “Splosion Man studio Twisted Pixel no longer part of Microsoft”. Polygon. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月7日閲覧。
  64. ^ McWhertor (2015年11月19日). “Xbox's Kudo Tsunoda moves to new role at Microsoft”. Polygon. 2015年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月23日閲覧。
  65. ^ Changes at Microsoft Studios, UK and Denmark”. 2016年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月7日閲覧。
  66. ^ Lionhead Studios shuts its doors today”. Polygon. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月29日閲覧。
  67. ^ Scammell (2016年3月8日). “Microsoft Studios site removes 5 more studios”. VideoGamer. 2019年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  68. ^ Hurley (2016年3月8日). “Lionhead might not be the only studio Microsoft canned: all the Kinect teams look dead”. GamesRadar+. 2021年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  69. ^ Microsoft Xbox boss Phil Spencer just got a big promotion, and will now report directly to CEO Satya Nadella”. businessinsider.com. 2018年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月24日閲覧。
  70. ^ Xboxのヘッド、フィル・スペンサーがマイクロソフトの上級幹部に昇格” (日本語). IGN Japan (2017年9月20日). 2021年2月1日閲覧。
  71. ^ マイクロソフト、Xbox責任者が上級幹部に昇格-ゲーム重視を示唆” (日本語). Bloomberg.com. 2021年2月2日閲覧。
  72. ^ Microsoft promoted its 'Minecraft' boss to be the new executive in charge of all Xbox game efforts”. businessinsider.com. 2018年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月24日閲覧。
  73. ^ Yin-Poole, Wesley (2018年6月10日). “Microsoft buys Ninja Theory, Playground Games, more” (英語). Eurogamer.net. オリジナルの2018年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180612095048/https://www.eurogamer.net/articles/2018-06-10-microsoft-buys-ninja-theory-playground-games-more 2018年6月10日閲覧。 
  74. ^ Crecente, Brian (2018年6月10日). “Former Crystal Dynamics Head Opens Microsoft Game Studio the Initiative” (英語). Variety. オリジナルの2018年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180612140505/https://variety.com/2018/gaming/news/the-initiative-microsoft-games-1202837444/ 2018年6月10日閲覧。 
  75. ^ Obsidian, inXile acquired by Microsoft Studios”. Gamasutra (2018年11月10日). 2018年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月10日閲覧。
  76. ^ Frank (2019年2月5日). “Microsoft Studios is now Xbox Game Studios”. Polygon. 2019年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月5日閲覧。
  77. ^ Chalk (2019年2月5日). “Xbox Game Studios rebranding signals big changes for Microsoft's focus on gaming”. PC Gamer. 2019年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月5日閲覧。
  78. ^ Microsoft StudiosがXbox Game Studiosに改名” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2021年2月1日閲覧。
  79. ^ Jones (2019年6月9日). “Psychonauts developer Doublefine is now an Xbox Game Studio”. PCGamesN. 2019年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  80. ^ Kerr (2019年6月10日). “Microsoft has quietly established a new Age of Empires studio”. Gamasutra. 2019年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  81. ^ Devore (2019年11月14日). “Age of Empires IV had its gameplay debut at X019”. Destructoid. 2021年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月14日閲覧。
  82. ^ Calvin (2019年8月20日). “Gamescom 2019 - Microsoft's new Age of Empires arm isn't a developer, firm overseeing other studios working on IP”. PGGamesInsider.biz. 2019年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月20日閲覧。
  83. ^ McAloon (2019年8月13日). “Multi-platform games from Xbox-owned studios must 'make sense for the franchise'”. Gamasutra. 2019年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月13日閲覧。
  84. ^ Dring (2019年8月20日). “Microsoft has "no plans" to release more Xbox exclusives on PS4 or Nintendo Switch”. GamesIndustry.biz. 2019年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月27日閲覧。
  85. ^ Robinson (2019年11月14日). “Xbox is 'shifting focus' away from studio acquisitions”. Video Games Chronicle. 2019年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月15日閲覧。
  86. ^ Barton (2020年1月10日). “"All of our games… will play up and down that family of devices" – Xbox's Matt Booty ends the next-gen exclusive as we know it”. MCV/Develop. 2020年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月10日閲覧。
  87. ^ McWhertor (2020年7月20日). “Xbox Series X will have Microsoft's 'most diverse collection of first-party games'”. Polygon. 2020年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月20日閲覧。
  88. ^ van de Velde (2020年11月18日). “Phil Spencer Says Xbox Needs to Focus More on RPGs; "Is An Area That We Should Focus"”. wccftech. 2020年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月3日閲覧。
  89. ^ Bass (2020年9月21日). “Microsoft to Buy Bethesda for $7.5 Billion to Boost Xbox”. Bloomberg News. 2020年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月21日閲覧。
  90. ^ Welcoming the Talented Teams and Beloved Game Franchises of Bethesda to Xbox”. Xbox.com (2020年9月21日). 2020年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧。
  91. ^ Madan (2018年9月27日). “Playground Games hiring 177 developers for new AAA open world RPG”. Windows Central. 2018年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月2日閲覧。
  92. ^ Double Fine Productions Joins Xbox Game Studios”. 2019年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月2日閲覧。
  93. ^ Calvin (2019年6月5日). “Who is working at Microsoft's new The Initiative studio?”. PC Games Insider. 2019年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月7日閲覧。
  94. ^ Skrebels (2018年11月20日). “Sunset Overdrive Director Joins Microsoft's New 'AAAA' Studio”. IGN. 2019年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月15日閲覧。
  95. ^ December 2020. “Perfect Dark reboot coming from Xbox studio The Initiative” (英語). gamesradar. 2020年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月11日閲覧。
  96. ^ White (2019年1月3日). “Microsoft's Lift London is not defunct; social media closed as focus is shifted away from games”. MSPoweruser. 2019年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  97. ^ Thorsen (2005年12月1日). “Digital Anvil melted down”. GameSpot. 2020年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月5日閲覧。
  98. ^ Makuch (2013年1月17日). “Halo 2 PC going offline next month”. GameSpot. 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月27日閲覧。


外部リンク編集