メインメニューを開く

NBAファイナル最優秀選手賞(NBA Finals Most Valuable Player Award) は、北米プロバスケットボールリーグ、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)に1969年NBAファイナルから設けられた、NBAファイナルで最も活躍した選手(MVP:Most Valuable Player)に与えられる賞である。賞は9のメディアメンバーのファイナルラウンド終了後に行われる投票において最も得票の高かったプレーヤーに贈られる。2013年NBAファイナルから、NBA.comのアカウントを持つファンの投票結果も10票として反映される。[1][2] 当初は金のバスケットボールを象ったラリーオブライエンチャンピオントロフィーと同型の黒いトロフィーであったが、2005年にサイズを小さくしたものが贈られるようになった。[3][4]

2009年からは、NBAレジェンドの名を冠して、ビル・ラッセルNBAファイナル最優秀選手賞(The Bill Russell NBA Finals Most Valuable Player Award)と呼ばれている[5]


head shot of Jerry West
ジェリー・ウェストは、賞が設けられて初めての受賞者で、ファイナル敗退チームから受賞した唯一の選手である。
head shot of Michael Jordan
マイケル・ジョーダンは、 最多の6回受賞している。
シャキール・オニールは3連続受賞がある。
ティム・ダンカン(上) は国際プレーヤーで唯一の3回受賞で、トニー・パーカー(下) は海外プレーヤーでは初の受賞。
レブロンは3回受賞

授賞開始から31人のプレーヤーが受賞しており、マイケル・ジョーダンは、シカゴ・ブルズを1991年から1993年と1996年から1998年に6回の優勝に導き, 最多の6回受賞している[6]

マジック・ジョンソンシャキール・オニールティム・ダンカンレブロン・ジェームズが3回授賞で、 ウィリス・リード, カリーム・アブドゥル=ジャバー, ラリー・バードアキーム・オラジュワンコービー・ブライアントケビン・デュラントカワイ・レナードが2回受賞している。 連続受賞は、ジョーダンの2度の3連続受賞、オニールの1度の3連続受賞、オラジュワンとコービー、レブロン、デュラントの2連続受賞がある。 ジャバーは、1971年ミルウォーキー・バックス 、1985年ロサンゼルス・レイカーズで受賞し、異なるチームで受賞しているのはジャバーとレブロンとレナードの3人のみである[lower-alpha 1]

ルーキーで受賞したのは、1980年ロサンゼルス・レイカーズのマジック・ジョンソンだけである[7]ジェリー・ウェストは、賞が設けられて初めての受賞者で、ファイナル敗退チームから受賞した唯一の選手である[6]

1993年に米国籍を得たナイジェリア出身のオラジュワン、ヴァージン諸島出身のダンカン、ベルギー生まれフランス出身のトニー・パーカー、ドイツのダーク・ノヴィツキーの4人が国際プレーヤーとして受賞している。ダンカンはアメリカ国籍であるが合衆国外で生まれているため国際プレーヤーと認識されている[8]。オラジュワンはヒューストン大学でカレッジバスケットボールをプレーし、ダンカンはウェイクフォレスト大学でプレーしているので、外国籍での受賞者は、パーカーが初めてで、あとはノヴィツキーだけである。最も若くしての受賞は、1980年のマジック・ジョンソンである。オールスタープレーヤー以外での受賞は、セドリック・マクスウェルチャンシー・ビラップスカワイ・レナードの3名。

受賞者編集

現役選手
殿堂入
(X) 受賞回数
プレーヤー ポジション チーム
1969 ジェリー・ウェスト[lower-alpha 2] Guard   アメリカ レイカーズ
1970 ウィリス・リード Center/Forward   アメリカ ニックス
1971 ルー・アルシンダー[lower-alpha 3] Center   アメリカ バックス
1972 ウィルト・チェンバレン Center   アメリカ レイカーズ (2)
1973 ウィリス・リード (2) Center/Forward   アメリカ ニックス (2)
1974 ジョン・ハブリチェック Forward/Guard   アメリカ セルティックス
1975 リック・バリー Forward   アメリカ ウォリアーズ
1976 ジョ・ジョ・ホワイト Guard   アメリカ セルティックス(2)
1977 ビル・ウォルトン Center   アメリカ トレイルブレイザーズ
1978 ウェス・アンセルド Center/Forward   アメリカ ブレッツ
1979 デニス・ジョンソン Guard   アメリカ スーパーソニックス
1980 マジック・ジョンソン Guard   アメリカ レイカーズ (3)
1981 セドリック・マックスウェル Forward   アメリカ セルティックス (3)
1982 マジック・ジョンソン (2) Guard   アメリカ レイカーズ (4)
1983 モーゼス・マローン Center/Forward   アメリカ 76ers
1984 ラリー・バード Forward   アメリカ セルティックス (4)
1985 カリーム・アブドゥル=ジャバー(2) Center   アメリカ レイカーズ (5)
1986 ラリー・バード (2) Forward   アメリカ セルティックス (5)
1987 マジック・ジョンソン (3) Guard   アメリカ レイカーズ (6)
1988 ジェームズ・ウォージー Forward   アメリカ レイカーズ (7)
1989 ジョー・デュマース Guard   アメリカ ピストンズ
1990 アイザイア・トーマス Guard   アメリカ ピストンズ (2)
1991 マイケル・ジョーダン Guard   アメリカ ブルズ
1992 マイケル・ジョーダン (2) Guard   アメリカ ブルズ (2)
1993 マイケル・ジョーダン (3) Guard   アメリカ ブルズ (3)
1994 アキーム・オラジュワン Center   アメリカ[lower-alpha 4] ロケッツ
1995 アキーム・オラジュワン (2) Center   アメリカ ロケッツ (2)
1996 マイケル・ジョーダン (4) Guard   アメリカ ブルズ (4)
1997 マイケル・ジョーダン (5) Guard   アメリカ ブルズ (5)
1998 マイケル・ジョーダン (6) Guard   アメリカ ブルズ (6)
1999 ティム・ダンカン Forward/Center   アメリカ[lower-alpha 5] スパーズ
2000 シャキール・オニール Center   アメリカ レイカーズ (8)
2001 シャキール・オニール (2) Center   アメリカ レイカーズ (9)
2002 シャキール・オニール (3) Center   アメリカ レイカーズ (10)
2003 ティム・ダンカン (2) Forward/Center   アメリカ スパーズ (2)
2004 チャンシー・ビラップス Guard   アメリカ ピストンズ (3)
2005 ティム・ダンカン (3) Forward/Center   アメリカ スパーズ (3)
2006 ドウェイン・ウェイド Guard   アメリカ ヒート
2007 トニー・パーカー Guard   フランス [lower-alpha 6] スパーズ (4)
2008 ポール・ピアース Forward   アメリカ セルティックス (6)
2009 コービー・ブライアント Guard   アメリカ レイカーズ (11)
2010 コービー・ブライアント (2) Guard   アメリカ レイカーズ (12)
2011 ダーク・ノヴィツキー Forward   ドイツ マーベリックス
2012 レブロン・ジェームズ Forward   アメリカ ヒート (2)
2013 レブロン・ジェームズ (2) Forward   アメリカ ヒート (3)
2014 カワイ・レナード Forward   アメリカ スパーズ (5)
2015 アンドレ・イグダーラ Forward   アメリカ ウォリアーズ (2)
2016 レブロン・ジェームズ (3) Forward   アメリカ キャブズ
2017 ケビン・デュラント Forward   アメリカ ウォリアーズ (3)
2018 ケビン・デュラント (2) Forward   アメリカ ウォリアーズ (4)
2019 カワイ・レナード (2) Forward   アメリカ ラプターズ

注目編集

  1. ^ レブロンは2012年、2013年にマイアミ・ヒートで、2016年にクリーブランド・キャバリアーズでそれぞれ受賞、レナードは2014年にサンアントニオ・スパーズ、2019年にトロント・ラプターズでそれぞれ受賞している。
  2. ^ ジェリー・ウェストは、賞が設けられて初めての受賞者で、ファイナル敗退チームから受賞した唯一の選手である。
  3. ^ 1971?72シーズン前にルイス・アルシンダーからカリーム・アブドゥル=ジャバー に改名した。.[9]
  4. ^ オラジュワンはナイジェリア生まれだが1993年に米国籍を得ている。[10]
  5. ^ ティム・ダンカンはヴァージン諸島で生まれて以来、アメリカ国民である。[11] he was able to play for the U.S. internationally.[12]
  6. ^ トニー・パーカーは米国人の父とオランダ人の母からベルギーで生まれ、フランス国籍である。[13]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Mike Bresnahan (2008年6月19日). “Numbers from final game tell bad tale for Lakers”. Los Angeles Times. 2008年7月15日閲覧。
  2. ^ Johnny Ludden (2005年6月25日). “MVP voting as close as the series”. San Antonio Express-News. 2008年7月15日閲覧。
  3. ^ Game 5 Notebook: Billups Wins MVP”. NBA/Turner Sports Interactive, Inc.. 2008年7月16日閲覧。
  4. ^ Spurs crowned NBA champions”. CBC Sports (2005年6月24日). 2008年7月16日閲覧。
  5. ^ The Finals MVP to Receive Bill Russell MVP Award”. NBA/Turner Sports Interactive, Inc. (2009年2月14日). 2009年2月14日閲覧。
  6. ^ a b Finals Most Valuable Player”. NBA/Turner Sports Interactive, Inc.. 2008年7月14日閲覧。
  7. ^ Magic Johnson Bio”. NBA/Turner Sports Interactive, Inc.. 2010年10月21日閲覧。
  8. ^ Bargnani becomes first European top NBA draft pick”. People's Daily Online (2006年6月29日). 2008年6月16日閲覧。
  9. ^ Kareem Abdul-Jabbar Bio”. NBA. 2008年8月4日閲覧。
  10. ^ Hakeem Olajuwon Bio: 1992-93”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc. 2008年6月15日閲覧。
  11. ^ Virgin Islands”. CIA World Factbook. 2008年8月12日閲覧。
  12. ^ All-Time USA Basketball Men's Roster: D”. USA Basketball. 2008年6月16日閲覧。
  13. ^ Parker will be speedy foe for Nets”. Sports Illustrated. Time Warner Company (2003年6月2日). 2010年10月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集