Shingo Suzuki(シンゴ・スズキ)は、origami PRODUCTIONS所属のベーシストキーボーディスト音楽プロデューサートラックメーカー[1]バンドOvall(オーバル)」のリーダーやソロプロジェクト「Hipnotics(ヒプノティクス)」としても活動する[2]

Shingo Suzuki
出身地 日本の旗 日本
職業 ミュージシャン
トラックメーカー
音楽プロデューサー
担当楽器 ベース
キーボード
活動期間 2000年 -
レーベル origami PRODUCTIONS
共同作業者 Ovall
Hipnotics
公式サイト Shingo Suzuki official web site

人物編集

プロデューサー、ベーシストとして矢野顕子CharaKREVAPES (RIP SLYME)、さかいゆう藤原さくらビッケブランカ尾崎裕哉Uru佐藤千亜妃 (きのこ帝国)、福原美穂Shing02Awesome City Club七尾旅人環ROY中田裕二ダイスケ防弾少年団川本真琴SALU5lackPUNPEE、白神真志朗、DOBERMAN INFINITYグローバー[要曖昧さ回避]NegiccoYOSHIKAAISHAHanah Spring、Kie Katagi (jizue)、KeycoSATOMI'、Yasei Collective、KOJOE、Wouter Hamel、illa J、DinoJr.、Monicaなど様々なアーティストの作品に参加[1]。また数々の企業やTVアニメコンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜」などのCMやジングルを制作するなど多岐に渡るシーンで活動する[1]

サンプリングに加え、トラックほぼすべての上モノを自ら演奏しサンプリングする"生音トラックメーカー"というスタイルで、世界中のアンダーグラウンドHIP-HOP、JAZZY HIP-HOP、インストHIP-HOPシーンの注目を浴び、フランスで最もビッグなRAPグループHOCUS POCUSの20syl(ヴァンシール)、DJ Green、LAアンダーグラウンドのBLU、そしてSwollen MembersのMOKA ONLYなど、世界の数々の大物アーティストとのコラボも実現させる[3]。2008年にリリースした1stアルバム『The Abstract Truth』はリリース前にmyspaceで4位に入り、日本のitunesでは2位、Tower Recordsでは3位とインディーズとしてはかなりの健闘を見せる[3]。またフランスのitunes music storeのHIP-HOPアルバムチャートで11位を記録し、EU圏各国のitunesでTOPページで『スタッフおススメ』として掲載されHIP-HOPページでバナーが貼られるなど、破格の扱いを受ける[3]

略歴編集

2000年からJazzy HioHop & R&Bユニット「ovall」のベーシスト/バンマスとして活動するとともに、トラックメイカーとしての活動も開始[4]

2002年から「Hard Bossa」、2003年から「The Belle」など様々なバンドにも参加[4]

2005年、フランスパリに拠点を移し、ライヴ、スタジオレコーディング、映画音楽制作、楽曲制作など精力的に活動。パリのClub/Live House "L'O.P.A"ではレギュラーイベントをオーガナイズし、「ovall」としてライヴを行う[4]

2006年、渋谷のJAM集団「JAMNUTS」に参加[4]

2007年、サーフィンの神様Gerry Lopezのライフスタイルを追った映画『The Cleanest Line』の劇中に楽曲が採用される。また「TUFF SESSION」のサポートを行う(キーボードとして参加)[4]

2008年origami PRODUCTIONSより1stアルバム『The ABSTRACT TRUTH』でデビュー。同年、Yahoo!ニュースMySpaceで「2008年最も驚きの新人アーティスト」として取り上げられる[1]

2009年より、 レーベルメイトのmabanua渥美幸裕45と共に1つのテーマに沿ってセッションを繰り広げアートと音楽を融合させたソングブックを毎月リリースし続ける"laidbook"プロジェクトをスタート。同年、バンドOvallのリーダーとして、mabanua (Dr.)、関口シンゴ (Gt.)と共に活動を開始。

2015年、ソロプロジェクト「Hipnotics」を始動[2]

2016年、Snarky Puppy 来日公演のサポートアクトに origami PLAYERS として出演。

2017年、テレビドラマ「僕たちがやりました」の劇伴を担当。また同年12月、渋谷WWW Xでの復活ライブよりOvallが活動再開する。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
1st 2008年5月21日 The ABSTRACT TRUTH CD XQDU-1003 origami PRODUCTIONS

シングル編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
2020年3月25日 Night Lights 2020 配信 OPDS-1023 origami PRODUCTIONS

アナログ編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
1st 2008年 Night Lights with thirdiq 7インチシングル origami PRODUCTIONS

主な参加作品編集

アーティスト タイトル 曲名 発売日
JAMNUTS NU JAM Hey Ya!(ベース) 2007.8.8
HanaH soulflower take my time(プロデュース、作曲) 2008.12.3
Keyco Walk in Romantica 恋と旅人 , starlight journey (プロデュース、作曲) 2009.7.15
thirdiq who may find love in the imaginary axis a kind of nocturne(プロデュース、作曲) 2009.9.16
EART はじまりのうた 全楽曲 (ミックス) 2010.6.17
七尾旅人 リトルメロディ アブラカダブラ (アレンジ) 2012.8.8
ダイスケ 星のドロップス 五畳半のラブソング (プロデュース) 2013.3.13
ダイスケ tsumugu 恋とマシンガン (プロデュース) 2014.3.26
V.A. We Love Piano Man ~Tribute to Billy Joel~ The Stranger (さかいゆう) (共同プロデュース) 2014.05.21
LAska CA LI FOR NIA CA LI FOR NIA, D.C.T. ボーイ, HELLO ファンタジー, グラデーション (プロデュース) 2014.05.21
さかいゆう サマーアゲインEP 全曲 (プロデュース) 2014.9.3
防弾少年団 WAKE UP INTRO, OUTRO(プロデュース) 2014.12.24
YOSHIKA YESHIVA Dance In The Rain1, だれかの涙, BABY, Orange Mountain (プロデュース) 2015.8.21
矢野顕子 Welcome to Jupiter わたしとどうぶつと。 (Ovall) (プロデュース) 2015.9.16
V.A. OWER RECORDS SHIBUYA 3rd ANNIVERSARY GROOVE COMPILATION Bring You Down (Hiro-a-key) (プロデュース) 2015.11.21
福原美穂 Something New No Way (プロデュース) 2015.12.23
さかいゆう 4YU サマーアゲイン, The Stranger (プロデュース) 2016.2.3
Kie Katagi Serendipity Ranunculus (プロデュース) 2016.2.10
藤原さくら good morning How do I look? (プロデュース) 2016.2.17
ダイスケ 君にかける魔法 東京ラヴァーズ (プロデュース) 2016.3.2
矢野顕子 Two Jupiters わたしとどうぶつと。 (Ovall) (プロデュース) 2016.4.6
SALU Good Morning ビルカゼスイミングスクール feat. 中島美嘉 (プロデュース) 2016.4.20
Monica This Is My Wish This Is My Wish (ベース) 2016.5.4
Awesome City Club Awesome City Tracks 3 Don't Think, Feel (プロデュース) 2016.6.2
中田裕二 IT'S SO EASY / THE OPERATION IT'S SO EASY (プロデュース) 2016.8.24
藤原さくら PLAY sakura, Necklace (ベース) 2017.5.10
環ROY なぎ 食パン (プロデュース) 2017.6.21
ビッケブランカ FEARLESS broken (ビートアレンジ) 2017.7.5
Michael Kaneko Westbound EP Cracks In The Ceiling (プロデュース) 2017.7.5
Creepy Nuts 高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー メジャーデビュー指南 (プロデュース) 2017.11.8
村上佳佑 Beautiful Mind 二人だけの愛 feat. 雄大 (プロデュース) 2017.11.15
Uru モノクローム Sunny day hometown (プロデュース) 2017.12.20
Awesome City Club TORSO yesから二人始めましょう (プロデュース) 2016.6.2
- I have you here with me Caravan Stories TVCM (作曲) 2018.4.28
SING LIKE TALKING Vox Humana Vox Humana (Ovall Remix) (リミックス) 2018.6.27
VIXX Reincarnation Sugar(プロデュース) 2018.9.26
V.A. テレビ朝日系金曜ナイトドラマ 『dele』 オリジナル・サウンドトラック Pretend, The Mints, With a Little Luck, Key Plate, Cyan, Yellow, Magenta (ベース) 2018.10.17
七尾旅人 Stray Dogs Across Africa, きみはうつくしい (プロデュース)
迷子犬を探して, スロウ・スロウ・トレイン (ベース)
2018.12.12
大和田慧 シネマティック Turn it around feat. Michael Kaneko(プロデュース) 2019.6.5
- YAMAWA on SOUNDS GOOD FOCUS ON YOU(作曲) 2019.9.19
RAY 人と心 人と心(アレンジ) 2019.11.13
TSUNEI Into 全曲(アレンジ) 2020.2.12
Uru オリオンブルー marry (アレンジ) 2020.3.18
E.scene 意識 意識(プロデュース) 2020.4.3

主な楽曲提供編集

企業名 楽曲・番組名など 備考 提供・参加年
J.FERRY 店内BGM 2014年
J-WAVE Mercedes me Music Factory テーマソング 2014年6月〜
ATSUGI 映像作品BGM
TOKYO MX ほか TVアニメ コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 挿入歌 2015年11月
GION CM楽曲
TIP.X TOKYO WebCM楽曲 2016年
MEVIUS PREMIUM MENTHOL OPTION RED CM楽曲
UNIQLO UNIQLO Xmas テーマソング UNIQLOとCharaのコラボレーション企画
JAL The Art of J CM楽曲
J-WAVE Good Neighbors 番組ジングル 2017年4月
J.Score CM楽曲 2017年10月〜
sanwa company CM楽曲 2018年1月〜
Aiming(エイミング) Caravan Stories TVCM楽曲 (坂本美雨、haruka nakamura と共同制作) 2018年
Right-on TVCM楽曲 2018年
adidas テニスシューズ - ウーバーソニック3 MULTICOURT 店頭映像楽曲 2018年
資生堂 Museum of Red 複合型体験施設「S/PARK」で放映される映像コンテンツの楽曲 2019年
スズキ (企業) For Your Love (Stevie Wonder cover) ラウル・ミドンが歌唱したCM楽曲 2019年
出光昭和シェル モビリティの未来へ CM楽曲 2019年

ライブサポート編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d BIOGRAPHY”. Shingo Suzuki official website. 2019年6月29日閲覧。
  2. ^ a b メンバーは無限!? OvallのリーダーShingo SuzukiのニュープロジェクトHipnoticsが始動”. BARKS (2015年2月24日). 2019年6月29日閲覧。
  3. ^ a b c 日本人“生音トラックメーカー”が欧州で大ブレイク中”. BARKS (2008年6月19日). 2019年6月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e Shingo Suzuki プロフィール・バイオグラフィ・リンク”. BARKS. 2019年6月29日閲覧。

外部リンク編集