メインメニューを開く
ロゴ

UFC殿堂(ユーエフシーでんどう、UFC Hall Of Fame)は、総合格闘技において顕著な影響や功績を残した選手、あるいは総合格闘技の発展に大きく寄与した人物の栄誉を称え贈られる称号[1]

2003年11月21日にUFCの10周年大会UFC 45で創立され、UFC内の委員会によって選考と管理が行われている。

殿堂入りした人物編集

パイオニア部門編集

総合格闘技デビューが2000年11月17日以前である人物が選考対象[1]

氏名 殿堂入り日
ホイス・グレイシー 2003年11月21日(UFC 45
ケン・シャムロック 2003年11月21日(UFC 45
ダン・スバーン 2005年4月16日 (UFC 52
ランディ・クートゥア 2006年6月24日(The Ultimate Fighter 3 Finale
マーク・コールマン 2008年3月1日(UFC 82
チャック・リデル 2009年7月11日(UFC 100
マット・ヒューズ 2010年5月29日(UFC 114
ティト・オーティズ 2012年7月7日(UFC 148
パット・ミレティッチ 2014年7月5日(UFC 175
バス・ルッテン 2015年7月11日(UFC 189
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ 2016年7月10日(UFCファン・エクスポ)
ドン・フライ 2016年7月10日(UFCファン・エクスポ)
モーリス・スミス 2017年7月6日(UFCファン・エクスポ)
桜庭和志 2017年7月6日(UFC殿堂入り式典)
マット・セラ 2018年7月5日(UFC殿堂入り式典)

現代部門編集

総合格闘技デビューが2000年11月17日以降で年齢が35歳以上か引退から1年以上経っている人物が選考対象[1]

氏名 殿堂入り日
フォレスト・グリフィン 2013年7月6日(UFC 162
BJ・ペン 2015年7月11日(UFC 189
ユライア・フェイバー 2017年7月6日(UFC殿堂入り式典)
ロンダ・ラウジー 2018年7月5日(UFC殿堂入り式典)
マイケル・ビスピン 2019年7月5日(UFC殿堂入り式典)
ラシャド・エヴァンス 2019年7月5日(UFC殿堂入り式典)

試合部門編集

試合が行われてから5年以上経過している人々の心をとらえた歴史的に重要な試合が選考対象[1]

試合 試合日 殿堂入り日
フォレスト・グリフィン vs. ステファン・ボナー 1 2005年4月9日(The Ultimate Fighter 1 Finale 2013年7月6日 (UFC 162)
マット・ヒューズ vs. フランク・トリッグ 2 2005年4月16日(UFC 52: Couture vs. Liddell 2 2015年7月11日(UFC 189
マーク・コールマン vs. ピート・ウィリアムス 1998年5月15日(UFC 17: Redemption 2016年7月10日(UFCファン・エクスポ)
マウリシオ・ショーグン vs. ダン・ヘンダーソン 1 2011年11月19日( UFC 139: Shogun vs. Henderson 2018年7月5日(UFC殿堂入り式典)
ディエゴ・サンチェス vs. クレイ・グイダ 2009年6月20日(The Ultimate Fighter 9 Finale 2019年7月5日(UFC殿堂入り式典)

功労者部門編集

総合格闘技に多大な貢献をした選手以外の人物と団体が選考対象[1]

氏名 殿堂入り日 特記事項
チャールズ・ルイス・ジュニア 2009年7月10日(UFC 100
ジェフ・ブラトニック 2015年7月11日(UFC 189
ボブ・メイロウィッツ 2016年7月10日(UFCファン・エクスポ)
ジョー・シルバ 2017年7月6日(UFC殿堂入り式典)
ブルース・コナル 2018年7月5日(UFC殿堂入り式典)
アート・デイビー 2018年7月5日(UFC殿堂入り式典)

パイオニア部門と現代部門を分けているのは、試合のルールがまだ整備されておらず、総合格闘技の技術も確立していなかった時代と区別するため。 また2000年11月17日を区切りとしているのは、この日に初めて、現代総合格闘技の礎となっているニュージャージー州アスレチック・コミッションが制定した統一ルールであるユニファイド・ルールによって執り行われた大会が開催されたため[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f UFC Hall of Fame 2016 Media FAQ's UFC公式サイト 2016年11月12日