Unlim(アンリム)[1][2] は、株式会社ミクシィと一般財団法人アスリートフラッグ財団(代表理事:島田慎二)が提供する、ファンからアスリートに寄付を行えるスポーツギフティングサービス。2020年2月19日にサービスを開始[3]

概要編集

  1. 競技活動資金に充て新たな挑戦をする
  2. 自身の活動だけではなくスポーツや競技そのものを盛り上げる
  3. スポーツを通じて社会に貢献する

といった様々な思いを持つアスリートやチームに対して、金銭的に支援し、金銭面で課題を抱えるアスリート・チームを応援。

仕組み編集

ファンは、スポーツギフティングサービス「Unlim」を通じてアスリートフラッグ財団にギフティング(寄付)をすると、アスリート・チームに応援ポイントを贈れる。アスリートフラッグ財団は、贈られた応援ポイントなどを参考にギフティングされた金額を原資として、ファンからの寄付受付金額の67%から83%を各アスリート・チームに支援金として支払う。また、協業先メディアを経由してギフティングした場合は、ギフティングされた金額の一部を協業先メディアに分配。さらに、公益スポーツ団体等にギフティングされた金額の一部 (3%) が寄付される。

一度に集められる金額は大きいが、返礼品の用意や使途を具体的に決めて目標金額を設定するクラウドファンディングと異なり、アンリムは選手の手間が少なく、ファンの側も10円から寄付が可能。

応援方法編集

Unlim公式サイト上で応援するアスリート・チームを選び、「ギフティングする」または「シェアをして仲間を集める」の2つの方法から1つを選択する。

「ギフティングする」の場合、アスリートフラッグ財団への寄付金額を自由に設定して寄付することでアスリートフラッグ財団から応援ポイントが付与され、そのポイントをアスリート・チームに贈れる。

「シェアをして仲間を集める」の場合、SNSでシェアできる。

また、協業先メディア上でもアスリート・チームへ応援が行える。協業先メディアに「Unlim」登録アスリート・チームに関する記事が掲載されると、記事の文末に「Unlimボタン」が設置され、Unlim公式サイトと同様にアスリート・チームを応援できる。

登録しているアスリート・チーム(2021年4月末時点)編集

アスリート(順不同)編集

あ行 か行 さ行
  • 西藤俊哉
  • 鈴木温子
  • 佐藤錬
  • 添田豪
  • 須田那月[7]
  • 佐藤友祈[8][9]
  • 鈴木由路
  • 佐々木竜太
  • 下野璃央
  • 下川正將
  • 鈴木剛
  • 鈴木奈央
  • 須田喬士郎
  • 砂山昂大
た行 な行
  • 永田大士
  • 中村未優
  • 中村倫也
  • 新田祐大
  • 野中美波
  • 西山真瑚[12]
  • 西村拳
  • 中村優太
  • 中村春香
  • 中村妃智
  • 中谷鈴音
  • 中村憲輔
  • 名草慧
  • 西村有斗
は行
ま行 や行

チーム編集

脚注編集

  1. ^ アスリートを応援する新しい仕組み!スポーツギフティングサービス「Unlim(アンリム)」ってなに? ウォーカープラス 2021年4月22日
  2. ^ “推し”選手をファンが支援できる「スポーツギフティング」 コロナ禍でアスリートとの新たな関係を構築 AERAdot 2021年4月8日
  3. ^ ミクシィが新スポーツギフティングサービス『Unlim』を発表!」サッカーキング2020年2月5日
  4. ^ 女性アスリートの選択肢の幅を広げるために。マラソン・岩出玲亜が語るリスタートの決意 MELOS 2020年10月22日
  5. ^ サッカー - WEリーグ女王へ! 石田みなみ「自分の言葉」で伝えることの大切さ 4years 2021年4月13日
  6. ^ 体操日本代表、23歳・内山由綺がコロナ禍で知った「新しいスポーツ支援の文化」 bizSPAフレッシュ 2021年4月17日
  7. ^ アスリート支える「ギフティング」 ファンの寄付金は定着するか 毎日新聞20212月27日
  8. ^ 車椅子レースで五輪代表へ。佐藤友祈が伝えたい「チャレンジする大切さ」 bizSPA!フレッシュ 2021年4月11日
  9. ^ パラ陸上日本代表、佐藤友祈が実現したい「新しい応援の形」 bizSPA!フレッシュ 2021年4月14日
  10. ^ アスリートの応援にギフティングという選択肢 魅力発信へバスケ女子日本代表主将・高田自ら会社設立 Sponichi Annex 2020年12月9日
  11. ^ 日本ホッケー界のエース・田中健太が見据える日本ホッケー界の在り方  スポーツブル 2020年11月26日
  12. ^ フィギュアスケート - 「アイスダンスを日本でメジャーにしたい」フィギュアスケート・西山真瑚  4years 2020年11月18日
  13. ^ 「日本のスケートの環境を変えていければ」堀米雄斗の描く未来 VICTORY 2020年4月24日
  14. ^ 【対談】長谷川アーリアジャスール×森谷賢太郎「サッカー選手の自分たちができること」 サッカーキング 2020年10月16日
  15. ^ 富樫勇樹×ベンドラメ礼生 Bリーグで戦うプロとして、学生に「自分を出してほしい」 4years. 2020年10月20日
  16. ^ 堀口恭司が「Unlim」参加「後輩や貧しい選手のために使いたい」。 GONG 2020年12月17日
  17. ^ アイスダンス平山姫里有、立野在組 納得するスケートの先に見つめる北京オリンピック 4years2021年4月1日
  18. ^ フェンシング12年ロンドン五輪銀の三宅、Unlimで支援金集う「費用は自己負担なので厳しい状況」 スポーツ報知 2020年4月27日
  19. ^ 大分時代から現在まで…森重真人と清武弘嗣の思い「当たり前のことじゃない」  サッカーキング 2020年11月13日
  20. ^ 森薗政崇流“高校卓球恩返しプロジェクト”始動 「居ても立ってもいられなかった」」Rallys2020年6月26日
  21. ^ 埼玉西武ライオンズ・レディース山崎まりが、スポーツギフティングサービスを利用する訳  LOVE SPORTS 2020年11月6日
  22. ^ 現役最年長75歳プロボウラー「ビッグジュン」コロナに負けず後進に道つなぐ 日刊スポーツ2021年4月21日
  23. ^ FC東京がスポーツギフティングサービス『Unlim』の利用を開始! サッカーキング 2020年6月4日
  24. ^ 渋谷拠点の3人制プロバスケチーム「東京ダイム」、ギフティングサービス参加 シブヤ経済新聞 2020年4月20日
  25. ^ 千葉ジェッツ、スポーツギフティングサービス「Unlim」の運用を開始」BASKETBALLKING2020年3月13日
  26. ^ 「打倒ロシア」日本フィギュアスケート界に革命をもたらす取り組みをご紹介! VICTRY2021年4月16日

外部リンク編集