メインメニューを開く

wbsニュース5(ダブリュビーエス ニュースファイブ)は、和歌山放送2016年3月28日から放送されている報道番組。放送時間は平日 17:00 - 18:30(後述の通り、本編は17:15開始)に生放送している。

Wbsニュース5
ジャンル 報道番組情報番組教養番組リスナー参加番組
放送方式 生放送
放送期間 2016年3月28日 -
放送時間 平日 17:00 - 18:30(90分)
放送局 和歌山放送
パーソナリティ 寺門秀介(月曜 - 木曜)
笠野衣美(金曜)
公式サイト wbsニュース5 公式サイト
特記事項:
実際の放送時間は『ニュース・パレード』終了後の17:15 - になるため、実質的には75分。
テンプレートを表示
Wbsニュース5+
ジャンル 報道番組・情報番組・教養番組・リスナー参加番組
放送方式 生放送
放送期間 2016年9月26日 - 2017年3月31日
2017年10月3日 - 2018年3月30日
2018年10月1日 -
放送時間 平日→火曜 - 金曜 18:30 - 18:45(15分)
放送局 和歌山放送
パーソナリティ 寺門秀介(月曜 - 木曜→火曜 - 木曜)
笠野衣美(金曜)
公式サイト wbsニュース5 公式サイト
特記事項:
一部番組表では、『ニュース5』本編と合わせて、17:00 - 18:45で『ニュース5』扱いで記載されている場合がある。
テンプレートを表示

本項目では、ナイターオフ期間限定で放送される、『wbsニュース5+』(ダブリュビーエス ニュースファイブ プラス)についても述べる(放送時間・平日 18:30 - 18:45)。

目次

概要編集

wbsニュース 今日あす』からの流れを汲む、平日夕方の地域密着型報道番組。前番組の『ニュースde和歌山 ちょくダネ。』(以下、『ちょくダネ。』)から放送時間を20分短縮し、2枠あったリポートコーナーを1枠に集約するなどのリニューアルを行った。また、『ちょくダネ。』においては、月 - 木曜日と金曜日では、番組構成・演出に若干の差異があったが、当番組ではそれらの統一が図られている。

『wbsニュース 今日あす』時代からの伝統として、ローカルニュースを中心に取材音源を多用しており、これは日本のラジオニュース、殊にローカルニュースにおいては貴重な存在である[1]

編成上の放送開始時刻は17:00であるが、実際の放送においては、17:00の時点で『ニュース・パレード』(文化放送制作・NRN系全国ネットニュース)が放送されており、『ニュース5』としての本編は、17:15開始となる。これに対応する為に、『ニュース・パレード』開始直前に簡易的なオープニングが放送される。

wbsニュース5+編集

ナイターオフ編成となる、10月から翌年3月の期間には、『ニュース5』本編終了後に、『wbsニュース5+』が放送される。『ちょくダネ。』時代の2015年度まで18:30開始であった、ナイターオフ期番組『ココロのオンガク 〜music for you〜』(文化放送制作)が、2016年度より18:45開始に縮小となった為、空いた時間を埋める形で『ニュース5+』が開始された。

この時間帯では、全国・ローカル問わず当日の主なニュースや、リポート・インタビュー、時には音楽も放送するなど、事実上のフリーゾーンとして活用されている。

一部の番組表(新聞のラジオ欄など)では、17:00 - 18:45の枠で『ニュース5』として記載している場合もあるが、編成・実際の放送上は、『ニュース5』本編とは別番組扱いとされており、BGMも本編とは別のものが使用されるなどの差別化が図られている。

2016年度は、月 - 金曜日通しで放送されたが、2017年度以降は、月曜日の同時間帯に、『ふるさと和歌山の防災』(詳細後述)が編成された為、火 - 金曜日の放送となった。

また、2016年度は『ココロのオンガク』が、2017年3月24日で2016年度の放送を終了した関係で、最終週となった同年3月27日 - 31日に限り、19:00まで時間を拡大して放送した。

出演者編集

☆印が付いた人物は、『ちょくダネ。』からの続投。

キャスター編集

共に『ニュース5+』も担当。

月 - 木曜日
『ちょくダネ。』では、月 - 木曜日の後半パートキャスターを担当していた。この時間帯の番組には、『wbsニュース 今日あす』時代から出演を続けている。
金曜日
『ちょくダネ。』では、月・火曜日の前半パートキャスターを担当していた。
代理キャスター
  • 小林睦郎(フリーアナウンサー、元和歌山放送アナウンサー)
2016年11月21日 - 2018年3月28日は、田辺支局パーソナリティーとして、月・水曜日の『紀北・紀南リポート』を担当。田辺支局離任後の2018年4月以降、寺門休演時の代理キャスターとして不定期出演。

寺門は、報道記者を兼務しており、取材活動の為当番組を休演する事がある。特に和歌山県議会期間中は、本会議開催日を中心に出演を控える[2]

その場合の代役は、当初は平井理弘を中心に、髭白卓道や中川智美、覚道沙恵子が担当。2017年以降は、これに笠野も加わった。2018年4月以降は、原則として小林か笠野が担当する。

一方、笠野もまれにスケジュールの都合で休演する事があり、その際は寺門や髭白が代演する。

取材キャスター編集

共に不定期出演。

  • 覚道沙恵子(和歌山放送アナウンサー)
  • 堤圭一(報道制作部デスク)☆
2017年3月までは、『ふるさと和歌山の防災』担当を兼務していた。

コーナー出演者編集

紀北・紀南リポート
  • 松原燈(月・水曜日、田辺支局パーソナリティー、2018年4月2日 - )[3]
『ちょくダネ。』でも、月・水曜日の『紀南リポート』を担当していた。
  • 松野和生(火曜日、毎日新聞橋本通信部記者)☆
  • 柿白享子(木曜日、新宮支局パーソナリティー)☆
お天気ダイヤル
  • 引本孝之(気象予報士、新宮支局パーソナリティー)☆
2017年8月中旬 - 10月初旬の間は、舌癌治療の為休演。この間も、『お天気メール』と称した気象概況の原稿を、番組に出稿していた。
記者の目
  • 阿部弘賢(毎日新聞和歌山支局記者、2018年3月29日 - )
週によっては、別の記者が出演することがある。
和歌山けいりん・夕暮れわかちゃん倶楽部
  • 山本靖貴(和歌山放送競輪担当ディレクター、2017年4月7日 - )[4]
県庁だより
『ちょくダネ。』では、本コーナーに加えて、水・木曜日の前半パートキャスターを担当していた。
『ちょくダネ。』では、金曜日のキャスターを担当していた。
2016年3月31日までは、前任の赤井ゆかり(和歌山放送アナウンサー)が担当していた。

過去の出演者編集

紀北・紀南リポート
  • 川崎学(月・水曜日、当時田辺支局パーソナリティー、番組開始 - 2016年11月16日
『ちょくダネ。』では、本社・報道制作部の記者として、リポートコーナーに不定期出演していた。
  • 山下博美(きよちゃん、水曜日、田辺支局リポーター、2018年4月11日 - 2018年9月26日[5]
記者の目
  • 矢倉健次(当時毎日新聞和歌山支局記者、番組開始 - 2018年3月22日[6])☆

主なコーナー編集

2018年10月現在の内容。放送時間はおおよその目安。

時刻 コーナー名 内容
16:59:40 プレオープニング 事前収録の音源で、番組と『ニュース・パレード』の予告を行う。
17:00 ニュース・パレード 文化放送制作・NRN系全国ネットニュース。
17:15 オープニング ここから番組本編の開始。ここで当日の放送内容を紹介する。
17:18 紀北・紀南リポート 曜日毎に以下のエリアに区切って、各地域の話題をリポートする。
『ちょくダネ。』では、曜日ごとにタイトルが異なっていたのを統一したほか、金曜日にも新たに放送を開始した。
17:25 引本孝之のお天気ダイヤル 『ちょくダネ。』からの継続。新宮支局より引本が出演し、最新の天気について解説する。
『wbsニュース 今日あす』時代まで放送されていた『漁業ニュース』の名残で、海上気象情報も併せて伝える。
2017年の引本休演期間中は、コーナー名はそのままに、引本からの『お天気メール』をキャスターが代読する形を採った。
17:30 ネットワークTODAY 本来はTBSラジオ制作・JRN系全国ネットニュースのタイトルだが、
当番組では企画ネット扱いで[7]、ローカルニュースを取材音源を交えながら伝える。
17:41 和歌山トゥデイ 引き続き、ローカルニュース。放送上、左記のタイトルがアナウンスされるのは金曜日のみ[8][9]
17:46 天気予報
17:48 交通情報 日本道路交通情報センター・和歌山センターとつなぎ、道路状況を伝える。
17:50 ニュース5トピックス(月 - 水・金曜日) 『ちょくダネ。』時代の『ちょくダネ。話題のタネ』に相当するコーナー。
月 - 水曜日は、直近のニュースについての解説や、和歌山県内の身近な話題を、取材音源やインタビューを交えながら伝える。
2017年4月7日からは、金曜日にも当コーナーの放送を開始。主に週末に行われるイベントについて伝える。
記者の目(木曜日) 『ちょくダネ。』から放送曜日を変えての継続。
毎日新聞和歌山版の記事から一つを選び、阿部が解説する。
17:55 引き続き上記のコーナー(月 - 木曜日)
和歌山けいりん・
夕暮れわかちゃん倶楽部(金曜日)
自社制作のフロート番組。和歌山競輪場で開催、または場外発売されるレースの見所や、競輪界のトピックスなどを伝える。
2017年4月7日より当番組内で放送。それまでは、長らく土曜日の同時間帯で放送されていた。
18:00 県庁だより 自社制作のフロート番組。内容は、同日11:40から放送されたものの再放送。
18:10 “ほっと”インフォメーション 『ネットワークTODAY』同様、企画ネット扱いでスポーツニュースを伝える。
18:15 和歌山放送ニュース ローカルニュース。基本的には17時台に伝えた項目の繰り返しだが、一部新しい項目を伝える事もある。
18:21 交通情報 スタジオから和歌山県警交通管制センターより提供された情報を伝える。
18:22 天気予報 時折、交通情報と順番を入れ替えて、放送する場合がある。
18:24 ローカルニュース 金曜日は、ここから実質エンディングとなり、週末のイベント情報などを紹介する。
18:28 エンディング 月曜日は、この後1分間のステーションブレイクを挟んで、次番組(『ふるさと和歌山の防災』)へと続く。
以降は火 - 金曜日のみの放送。
18:30 wbsニュース5+ 放送内容は前掲
18:44 放送終了 1分間のステーションブレイクを挟んで、次番組(『ココロのオンガク 〜music for you〜』)へと続く。  

過去のコーナー編集

  • ふるさと和歌山の防災(金曜日)
『ちょくダネ。』から放送曜日を変えての継続。和歌山県内で行われている防災への取り組みについてリポートする。
2017年4月3日より、月曜日18:30 - 18:45に独立番組として放送。

備考編集

  • 夏の高校野球和歌山大会期間中は全試合の実況中継を実施する為、試合展開によっては当番組が休止または短縮となる場合がある[10]。また、通常放送の場合でも、一部のコーナーを休止する場合がある。
  • 2016年5月30日は、ワイドFM開局記念特別番組『AMも、FMも。ラジオはWで!』の第4部扱いで放送(放送時間は通常通り)[11]。ワイドFM開局記念式典の模様をはじめとする当日のニュースの他、『紀北・紀南リポート』と『ニュース5トピックス』の枠を使い、ワイドFMの特徴や今後の役割について伝えた。
  • 毎月最終放送日には、『ちょくダネ。』時代から引き続き、和歌山県庁の新任主査研修・民間体験研修で、和歌山放送に出向研修している県職員をスタジオに招き、研修の感想や普段の仕事ぶりについてインタビューを行っている。通常は、『ニュース5トピックス』枠で行うが、『ニュース5+』放送期間中はそちらで行うこともある。
  • 2017年からは、和歌山市議会定例会期間中、及びその前後に、関連の情報を伝える。当初は、月曜日の『ニュース5トピックス』枠を使い、覚道の担当で放送。2018年以降は、原則本会議開催前日に『ニュース5トピックス』前の時間を使い、キャスターが読み上げる形式としている。
  • 年末年始(12月29日 - 1月3日)は、『県庁だより』が休止となる為、18:00 - 18:10の時間帯もニュースを中心に放送する。また、正月3が日は『紀北・紀南リポート』も休止になるほか、全体的にニュースの少ない時期でもある為、コーナーの合間に音楽を流す事が多い。

脚注編集

  1. ^ 全国ニュースでは『ニュース・パレード』『ネットワークTODAY』が、取材音源を多用する。
  2. ^ 該当日は、21時台の『県議会ダイジェスト』に出演する。
  3. ^ 2018年9月までは、原則月曜日のみの担当。
  4. ^ 『わかちゃん倶楽部』自体には、当番組への内包以前の2009年4月から出演している。
  5. ^ レギュラー出演期間前後にも、不定期に単発出演している。
  6. ^ wbsradioのツイート (976755939637252096)
  7. ^ CMのみネットする。
  8. ^ 金曜日以外は、単に「ニュースを続けます」や「次のニュースです」と言って、直ちにニュースを読み上げる。
  9. ^ 『ちょくダネ。』では、番組表上全曜日にこのタイトルがついていたが、放送上アナウンスはされなかった。
  10. ^ その場合でも、『県庁だより』は必ず放送する。
  11. ^ 和歌山放送ワイドFM開局しました! | WBS和歌山放送ラジオ 2016年9月30日閲覧

外部リンク編集

URIは『ちょくダネ。』時代の物を引き継いでいる。
和歌山放送 平日夕方ニュース
前番組 番組名 次番組
Wbsニュース5
17:00 - 18:30
Wbsニュース5+
18:30 - 18:45
(ナイターオフ期間中のみ)
-