メインメニューを開く

きったん

日本の女性お笑いタレント

きったん(キッタン、1990年1月17日 - )は、サンミュージックプロダクション所属の日本お笑いタレント。コンビ「根菜キャバレー」のメンバー。本名・北本 智子[1]東京都三鷹市出身[1]。旧芸名は「Kittan」。

きったん
Kittan 2017R1.jpg
きったん(2017年)
本名 北本 智子 (きたもと さとこ)
生年月日 (1990-01-17) 1990年1月17日(29歳)
出身地 東京都三鷹市
血液型 A型
身長 154cm
言語 日本語
出身 ワタナベコメディスクール16期生
コンビ名 根菜キャバレー
芸風 一人コント
事務所 サンミュージックプロダクション
活動時期 2013年5月 -
2018年7月 - (根菜キャバレーとして)
同期 ぷらんくしょん
親族 兄・北本哲也(俳優)
公式サイト 根菜キャバレー 公式プロフィール
テンプレートを表示

来歴編集

 
コンビ「根菜キャバレー」でのKittan(右。左は天野舞。2018年9月)

東京都立武蔵高等学校舞台芸術学院卒業。韓国西江大学校に1年間留学している[2][3]

最初は役者を目指しており[4]、元・舞台女優[1]。しかし本人曰く、協調性に欠ける面があったのと、難しいが敢えてお笑いをやってみたい思いもあったことから、お笑い芸人を目指すようになる[4]ワタナベコメディスクール16期生(2012年4月入学、2013年3月卒業)出身[1]。同校卒業後フリーで活動した後、2013年11月頃からサンミュージックプロダクションに所属[1]

吉本興業と「よしログ」(GYAO!)が開催した『第3回かわいすぎる女芸人No.1決定戦』(2015年[4]で8位に選ばれ、その後もこのことを強調してアピールしている[4]。同じサンミュージックの女性芸人であるさな、マジコーラル奈子、まるゆか(ユメマナコ)とのアイドルユニット「じっく」のメンバーとしても活動[5]

2018年7月26日開催のライブ「おか女。」にて天野舞(元ヒルトヨル)とのユニット「根菜キャバレー」として初出演[6]。同年のM-1グランプリ及び女芸人No.1決定戦 THE Wで根菜キャバレーとして出場[7][8]

2018年7月末、Kittanのtwitterの公式アカウントが凍結されるということが起こった。原因は、本人はKittanの水着写真を自分のtwitterに載せたまるゆか(ユメマナコ)に使ってはいけないとされる言葉を使ってリプライしたことだったとしている[9]。しかし「これはおふざけだった」などとしてTwitter,Inc.側に交渉を続けた結果、3か月後の2018年10月21日に凍結が解除された[10]。なお、凍結中は別に立てた仮アカウントを使用していた。

2018年11月13日、「根菜キャバレー」として女芸人No.1決定戦 THE Wの決勝に進出した[11]

2018年12月14日付けで、根菜キャバレーとして正式に所属が決定。それに伴い芸名表記を「きったん」と改める事を発表した[12]

人物編集

公称サイズは身長154cm、B94cm、W72cm、H94cm[3]

祖父は東京23区内の区の元区長。父は地方公務員で東京の区役所勤務で、本人曰く、実家は裕福な家庭[13]

趣味は異文化交流、舞台鑑賞、カラオケ。特技は韓国語、即興ミュージカル。英検準2級の資格がある。好物はサムギョプサル[3]コンビーフ[14]

俳優の北本哲也は兄[15]

好きな言葉は、相田みつをの「一生感動 一生青春」[16]。座右の銘は「明日は明日の風が吹く」[17]

高校生時代は文化祭の実行委員や新入生歓迎会の実行委員長を務めたことがある。またこの時の仲良しグループで『愛され隊』という名のピンクのトレーナーを作り、このグループで騒ぎながら廊下を練り歩いたこともあった[17]。これについて根菜キャバレーの相方の天野からは「そんなことをする人とは絶対に仲良くなれないし、もし同じクラスだったら絶対にしゃべらないタイプだと思う」と言われている[17]

その天野曰く「きったんはかわいそうに見えない才能を持っている」ということで、きったんも、「THE W」のファーストステージで敗れた時に番組中で面白おかしくイジってもらえたということで、悔いは全く無いと話している[17]

出たがりで目立ちたがり屋で、協調性が無いと言われる。舞台芸術学院時代も、自分が出ていないシーンの時に居眠りしたり、自分の配役に納得がいかなかった時には先生に盾突いたりしてたと言う[17]。また、あまりにも我が強いというために周りから「絶対コンビなんて組めない」と言われていたが、根菜キャバレーを組んだ時には「(相方の)舞ちゃんが優しく包んでくれた」と話している[17]

芸風編集

主に一人コントを演じる。韓国ドラマの物真似、新大久保にいる女のあるあるネタなどを持つ[4]。 始めのあいさつに「あれ?来た来た、きったーん!Kittanです」、終わりのあいさつに「どうもありがとうございましたんたんきったん」があり、これらのあいさつはネタ以外でも頻繁に使用している[18][19]。 また、2017年半ばから、ミュージカル形式のコントをすることも増えた。平場のトークは、辛口で本音を言うことが多い。

根菜キャバレーではツッコミ役を務める。その芸風について、馬鹿よ貴方は新道竜巳は「『明日死ぬ』と宣告されたと思わせるような捨て身のツッコミ」「命を賭けているかのようなツッコミ」「気持ち先行型の漫才」などと評している[20]

「自己紹介ギャグ」を得意としており、自分のものの他、他の人の自己紹介ギャグを作ったりもしている。『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ)では、橋本環奈永野芽郁に、きったん作の自己紹介ギャグを贈っている[21][22]。きったんは、一度ギャグを思いついたら「これを言わなきゃ!」ということに集中し過ぎて「前しか見えなくなる」と言う。相方の天野からも「人の話を聞かないし、前振りが全く無いし、言いたいことを我慢できない」と言われている[17]

出演編集

「根菜キャバレー」としてのコンビでの出演については、根菜キャバレー#出演の節を参照。

テレビ編集

ラジオ編集

Web放送編集

  • ぎゅっと放課後TV(ニコニコ生放送
  • アイスの日本に骨をうずめます (2017年3月31日~9月、ニコジョッキー、アメジョッキー、エフジョッキー)
  • ゆけ!劇団タイガーホース (2017年9月~2018年6月、ワロップ放送局)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e 芸人名鑑「Kittan」
  2. ^ Facebook「北本智子さんの自己紹介」(2016年11月17日閲覧)
  3. ^ a b c #外部リンク節掲載の「公式プロフィール」を参照。
  4. ^ a b c d e 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(187)】アイドルとしての顔を持つ女ピン芸人、Kittan”. サンケイスポーツ (2016年11月12日). 2016年11月16日閲覧。
  5. ^ SIC (@SIC_SUN) - Twitter
  6. ^ 天野舞twitter 2018年7月25日 23:33
  7. ^ コンビ情報 根菜キャバレー”. M-1グランプリ オフィシャルサイト. 2018年9月19日閲覧。
  8. ^ 天野舞twitter 2018年9月24日 8:29
  9. ^ Kittan(仮)‏ twitter 2018年7月30日 8:01
  10. ^ Kittan(仮)‏ twitter 2018年10月21日 19:00
  11. ^ あぁ~しらき、吉住、根菜キャバレー、阿佐ヶ谷姉妹、ゆりやんら「THE W」決勝へ” (2018年11月16日). 2016年11月16日閲覧。
  12. ^ 根菜キャバレーが本日付でサンミュージック所属「THE W」決勝進出コンビ” (2018年12月14日). 2018年12月14日閲覧。
  13. ^ 役者・芸人「貧乏物語」 『「THE W」決勝進出も 根菜キャバレーがコンビで貧乏自慢』”. 日刊ゲンダイ (2019年1月28日). 2019年1月28日閲覧。
  14. ^ Kittan twitter 自己紹介(2016年11月17日閲覧)より
  15. ^ ゆけ!北本兄妹!!”. Kittanの今日も1日やりきったーん!! (2015年2月15日). 2016年11月16日閲覧。
  16. ^ みんなちがってみんないい”. Kittanの今日も1日やりきったーん!! (2015年2月15日). 2016年11月16日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g 【インタビュー】結成半年で「THE W」ファイナリストの根菜キャバレー「一番爪痕を残したのは私たちじゃないか?」”. トレンドニュース (2019年4月18日). 2019年4月21日閲覧。
  18. ^ おねがいおねがいおねがい”. Kittanの今日も1日やりきったーん!! (2015年3月17日). 2016年11月16日閲覧。
  19. ^ 芸人ココだけの話 Kittan”. オモプラッタ. 2016年11月16日閲覧。
  20. ^ 東京スポーツ 2018年11月25日 24面「馬鹿よ貴方は 新道竜巳『女芸人馬鹿売れ前夜』」
  21. ^ 橋本環奈の“自己紹介ギャグ”が可愛いすぎる「破壊力抜群」「永遠に見てられる」と話題”. モデルプレス (2019年2月7日). 2019年3月10日閲覧。
  22. ^ 永野芽郁が自己紹介ギャグを連発......「かわいすぎて反則」「ギャグに透明感がある」と称賛の声”. トレンドニュース (2019年3月6日). 2019年3月10日閲覧。
  23. ^ コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネもの 2015年10月10日放送回”. gooテレビ (2015年10月10日). 2016年11月16日閲覧。
  24. ^ Kittan(仮)‏ twitter 2018年10月11日

外部リンク編集