メインメニューを開く

くしろデパート(1990年から閉店までの商号はファッションスクエアKOM(こむ))は、かつて北海道釧路市に存在していた寄合百貨店[1]

くしろデパート[1]
Kushiro Department Store
店舗概要
所在地 北海道釧路市北大通3丁目1-1
開業日 1964年(昭和39年)11月11日[1]
閉業日 2006年(平成18年)8月29日[2]
正式名称 協同組合くしろデパート[1]
延床面積 8,580 m²
商業施設面積 3,936 m²
中核店舗 入居テナント参照
前身 平和市場[1]
後身 デュオヒルズ釧路
最寄駅 JR logo (hokkaido).svg 釧路駅
最寄バス停 くしろバス「北大通3丁目」停留所

目次

沿革編集

  • 1964年(昭和39年)11月11日 「平和市場」が協業化し周辺商店との寄合百貨店の形で「協同組合くしろデパート」として開店[1]
    • 平和市場入居店:金子薬局、平林商店、靴のひなた、マルコ書店、村上金物、佐藤呉服、福田、港ハイヤー、ゑびす屋、喫茶ポルカ、孔雀、マルカミ呉服
  • 1968年(昭和43年) 屋上観覧車[1]ゴーカートコーヒーカップを持つ遊園地「メリーランド」を開業。
  • 1970年(昭和45年) 8月に起きた死亡事故の為9月28日に観覧車を撤去[1]。同時期に規制強化された消防法(屋上の半分を避難区域として確保する事が義務付けられる)共々、閉園を早めた原因のひとつと言われる。
  • 1990年(平成2年)3月29日 店舗改装と同時に、店名を「くしろデパート」から「ファッションスクエアKOM(コム)」に変更[1]。(正式名称は従来通り「協同組合くしろデパート」)
  • 2003年(平成15年)7月31日 「チャレンジショップ」が1階に開店[1]。 (釧路商工会議所くしろ街づくり支援センター(くしろタウンマネージメント機関)により、中心街活性化の一環・ショップ若手経営者育成を狙ったチャレンジショップ「まちみせ」が一年間設けられた。)
  • 2006年(平成18年)8月29日 閉店[2]。この日は近隣競合百貨店丸井今井釧路店(旧丸三鶴屋釧路本店)の閉店[3]9日後にあたる。
    • 2008年(平成20年)10月 2002年(平成14年)より釧路市長を務めていた伊東良孝(のちに自由民主党北海道支部連合会会長就任)が第45回衆議院議員総選挙出馬の為、任期満了前に辞任。選挙事務所を旧くしろデパート1Fに開設。選挙期間中限定ではあるが、2年2ヶ月ぶりに同建物内の通り抜け通路が一般市民にも利用可能となった。
    • 2010年(平成22年)3月30日 - 釧路市中心市街地活性化協議会により、(ラビスタ釧路川ホテル敷地を除く)北大通2丁目・(旧くしろデパート建物が立地している)同3丁目・(足立本店ビル・パステルビル・若原ビル等が立地している)同4丁目の更地化および1区画に整理・統合の上、総工費約37億円を掛けて再開発ビル(10階建て、約2万5000m2の巨大ショッピングモール集合住宅施設。建造規模は札幌ステラプレイスセンター棟とほぼ同じ)を建設する構想が発表される。[4]
      • 2013年(平成25年)3月29日 - 釧路市中心市街地活性化協議会の主催で、第1回の十字街再開発ビル構想関連地権者との交渉を開催。地権者69名の内、提示補償額に同意したのはわずか9名のみに留まり、一旦閉会。[5]
      • 2013年(平成25年)6月27日 - 釧路市中心市街地活性化協議会より補償額の折り合いが付かない事を理由として、十字街再開発ビル構想関連地権者へ構想仕切り直しが発表される。[6]
      • 2016年(平成28年)4月25日 ~ 同年12月下旬 - くしろデパートを含む区画内の全建物解体工事。
      • 2019年(平成31年)2月 - 跡地にマンション「デュオヒルズ釧路」が竣工予定。

主なフロア構成編集

フロア総面積は8,580m2(内、事務所とバックヤードを除く店舗面積は3,936m2)。地上6階地下1階。
フロア概要
屋上・塔屋1F 屋上遊園地観覧車コーヒーカップ)・ステージ付きイベント会場・野外ビアガーデン(祭事期間限定)
6F 屋内ゲームコーナー(スマートボール等)・事務所
5F 食堂街
4F 本屋家電店・パソコンショップペットショップ熱帯魚金魚鳥類)・陶器類・プラモ屋
3F 子供服玩具和食レストラン
2F 美容院理容室・服飾雑貨・紳士服婦人服
1F アクセサリー・化粧品・花・時計・眼鏡・洋菓子店・ドラッグストア
地下1F 食料品店ファッション雑貨喫茶ジーンズショップ

主な入居テナント編集

  • 丸モ畑呉服店(北大通11丁目に本店を置く呉服店。1973年6月から1982年まで支店が入居していた[7]。)
  • 金安時計店、金安メガネ店 - のちに近隣地にて自社ビルを建設し、十数年双方の店舗を並立させていたが、やがて同ビル内へ店舗集約の為、閉店・撤退。
  • 三宅模型店 - 市内南大通沿いより移転し、テナント入居。のちに釧路駅前へ二度移転(→旧金市舘釧路店入り口付近フロア→現:自社ビル店舗)。
  • くしろデパート・レコードコーナー(西村レコード店)
  • ジーンズショップ ロードランナー
  • アメリカン雑貨店 アビリーン - のちに旧ポスフール釧路町店(現:イオン釧路店)へ移転。最盛期には旧イオン釧路昭和ショッピングセンター(現:イオンモール釧路昭和)フクハラ愛国店にもテナント入居。釧路管内3店舗体制となっていたが、徐々に支店を減らしていき、2000年代末期、唯一営業していたフクハラ愛国店も閉店となった。旧公式HP(Internetアーカイブ保管。閲覧の際、画面右下の「Impatient?」をクリック)
  • 紅花松田商店 - 後の旧スーパーまつだ
  • 石黒金物コーナー(石黒商店) - 後の石黒ホーマ(現在のホーマックの前身企業の一つ)
  • スーパー・タイスイ
  • パーラー・宮地、洋菓子 宮地 - のちの旧マリアンマリー。
  • 喫茶ポルカ - のちに近隣地に立地する小型ビルへ「カフェ・ポルカ」として移転。
  • ファッションシューズ 秋田河
  • ハンドバッグ カバン 丸美屋、コスメチック 丸美屋
  • 毛糸の店さいとう
  • 履物屋ナガイ
  • 家庭用品店 七戸
  • 化粧品しぶや、婦人服しぶや
  • 洋服センター
  • 紳士服のふじはし
  • ヤングのセブン
  • ブティック ルイシャンタン
  • 洋服のつちだ 
  • レディース・ブティック ニューモード
  • 洋服の武田
  • チャイルドブディッククレヨン(子供服)
  • 着物の竹田
  • アミ~ショップ
  • おもちゃの国 ちゃいるどランド
  • カメラの工藤
  • 文房具と事務用品の須貝 - のちのノートハウススガイ。
  • (有)丸ヤ山本電器商会 - のちに郊外の春採地区に移転。そうご電器FC加盟(そうご電器山本本店)→同チェーン本部企業経営破綻を受けてのFC離脱を経て、独自商号の中型家電量販店(家電全般店とパソコンショップの二棟構成)を立ち上げるが、2002年1月30日Microsoft Windows XP発売開始の約2ヶ月後)に倒産[8]
  • 電気のエース たかはし - パソコン(主にシャープ製。MZ-2500など)のみ取り扱いで出店。撤退後は、郊外の観月園地区にあった本店に店舗集約。
  • 発信ショップ
  • インテリアふくだ
  • 石田陶器
  • ファッションルーム五番街
  • ペットのなかむら
  • インディゴ - 移動販売車による食料品販売業「いわぶち」で身を興した創業者が、のちの1976年に起業したジーンズ・ショップ(経営の他、釧路町議も兼務)。旧くしろデパート・テナント入居より旧丸三鶴屋本館(のちの丸井今井旧釧路店大通り館)裏の自社ビル店舗へ移転。初代店舗所縁の地であり、二代目店舗立地場所でもある(創業者個人も強い思い入れがある)十字街商業地域が中心街機能を喪失し、一時は閉店・廃業を検討するも、社名を「indigo946」に変更し、郊外(釧路町)への移転を決断。現在も健在。
  • フォーユー - 包装材料店

まちみせ(チャレンジショップ)関連編集

  • 雑貨屋「KusuKusu」 - 陶器販売
  • 釧路紅茶館 - 紅茶茶葉販売。のちに南大通りに正式店舗を開店するも、諸般の事情により休業状態。
  • P STORY - 手作りアクセサリー
  • MOM - マッサージ
  • √A10% - 手作り洋服販売
  • S.O.H - 組立パソコン販売、メンテナンス
  • オアシスショップ - 授産製品等販売
  • クチコミ喫茶オアシス - コーヒー、菓子等の提供


開催された主な催し編集

  • ウルトラマン怪獣ショー
  • お子様映画館
  • ちびっこ大会(縁日会場風)

その他編集

  • 五階の大食堂には、噴水が設置されていた。
  • 福袋を求める年始客の列が、建物周囲を4周する事もあった。
  • 1967年(昭和42年)~1971年(昭和46年)にかけて、全国小売商業店舗共同化連絡協議会(現:協同組合 全国共同店舗連盟)初代代表に当時のくしろデパート代表者であった渋谷房雄が就任している[9]

関連項目編集

脚注・出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 釧路市地域史研究会 『釧路市統合年表:釧路市・阿寒町・音別町合併1周年記念』 釧路市 、2006年10月。
  2. ^ a b “KOM、8月29日に閉店”. 釧路新聞 (釧路新聞社). (2006年3月1日)
  3. ^ 橘井潤(2006年8月26日). “小学生新聞フムフム ニュース教室 苦戦するデパート 外食、レジャーが多様化”. 北海道新聞 (北海道新聞社)
  4. ^ 釧路新聞(2010年03月30日)[リンク切れ]
  5. ^ 釧路新聞(2013年03月29日) Archived 2014年5月12日, at the Wayback Machine.
  6. ^ 釧路新聞(2013年06月27日) Archived 2014年5月12日, at the Wayback Machine.
  7. ^ 会社案内”. 釧路きものセンター 丸モ畑呉服店. 2014年6月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月27日閲覧。
  8. ^ (有)丸ヤ山本電器商会[釧路市(2002年1月30日 (水)):北海道倒産INDEX]
  9. ^ 組織概要”. 協同組合全国共同店舗連盟. 2015年10月27日閲覧。

外部リンク編集