この素晴らしき世界

アメリカのルイ・アームストロングの楽曲

この素晴らしき世界」(このすばらしきせかい、英語: What a Wonderful World)は、1967年のルイ・アームストロングの楽曲。作詞・作曲はジョージ・ダグラス(音楽プロデューサーボブ・シールのペンネーム)とジョージ・デヴィッド・ワイス英語版

概説編集

シールはベトナム戦争を嘆き、平和世界を夢見て、この曲を書いたという。アメリカ合衆国では中ヒット止まりだったが(ビルボード(Billboard)誌の年間トップ100に入れなかった)、全英チャートで1位となった。1968年には、同名のアルバムもリリースされた。

その後、1987年アメリカ映画グッドモーニング, ベトナム』で、戦時中の南ベトナムの牧歌的田園風景とその中で起きるテロや空爆等戦場の現実を映す印象的なシークエンスにBGMとして起用され、全米32位というリバイバル・ヒットとなった。また、1995年の映画『12モンキーズ』でも、エンディングテーマとして用いられている。

日本ではホンダ・シビック(3代目)や東海東京証券東京海上日動火災保険ソニーソフトバンクモバイルなどのテレビコマーシャルに起用されたことがある。また、映画『スウィングガールズ』のワンシーンやBS-TBS制作の『湯のまち放浪記』のエンディングテーマでも流れた。2021年9月5日に行われた2020年東京パラリンピックの閉会式では聖火納火時のフィナーレとして使用された[1]

カバーした主なアーティスト編集

日本国外編集

日本国内編集

脚注編集