メインメニューを開く

さくらんぼブービーは、サンミュージックプロダクションに所属していたお笑いコンビ。1999年結成、2009年12月23日に解散も2016年7月13日より再結成。

さくらんぼブービー
メンバー 鍛治 輝光
木村圭太
結成年 1999年
2016年7月13日
解散年 2009年12月23日
事務所 サンミュージックプロダクション
活動時期 1999年 - 2009年
2014年12月23日
2016年 -
出会い 千葉県立泉高等学校
現在の活動状況 テレビ・ライブ など
芸種 コント漫才
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
ビバビバパラダイス
など
テンプレートを表示

メンバー編集

千葉県千葉市出身、血液型B型。
旧芸名は糸瓜虫輝光(へちまむしてるみつ)。
解散後はピン芸人「カジ」として活動。
  • 木村 圭太(きむら けいた、 (1977-08-30) 1977年8月30日(42歳) - )
千葉県千葉市出身、血液型O型。
旧芸名は苺森圭太(いちごもりけいた)。
解散後は放送作家へ転向していた。

概要編集

  • 高校時代のクラスメート、当時鍛治はマジメで目立たない生徒、木村はヤンキーであり学園祭で「ミスター泉高校」「彼氏にしたい男子生徒」「ロン毛が似合う男子生徒」の3冠に輝くほどの人気者と対照的だった。知り合った頃鍛治は木村のパシリ的存在であったという。
  • 専門学校を出て就職した後に、1999年にさくらんぼブービーを結成。M-1グランプリ予選では漫才を披露し準決勝に進出した事もある。
  • 主なキャッチフレーズは「コント革命児」、「未来派ショートコント」(いずれも「笑いの金メダル」で命名)
  • 鍛治が180cm、木村は177cmと、双方割と高身長だが、鍛治は身長の割には痩せ型。現在の趣味も、木村が音楽製作(DJやギターなど音楽活動)等に対し、鍛治はゲーム・フィギュアとサブカルチャー嗜好。こちらも学生時代よろしく対照的。
  • 2009年12月23日、オフィシャルブログにて解散を発表した[1]
  • 2014年12月23日いとうせいこうの呼びかけにより、コントライブ「渋谷コントセンター」で一夜限りの復活を果たす[2]。2016年7月13日よりコンビ再結成。

芸風編集

  • どちらがボケともツッコミともつかない独特のショートコントを連発していた。
  • 持ちネタとして「鍛治君じゃない?」がある。各種(ライオン、牛、トンビ、バイク、マーライオン、サンシャイン60、ゴキブリ、チェーンソー等)形態模写をしている鍛治を見かけるがしばらくの間本物だと思い込み、木村が鍛治だと気付くと「鍛治君じゃない?」と問いかけ、無視されても、「鍛治君?」「鍛治君でしょ?」と問い続け、最後に鍛治が明るく、「ウン!」と言って終わっていた。
  • また、鍛治がショートコントの合間のブリッジとして発する「ヴァ〜〜ア゛(?)」という奇声は、マリオが土管の中に入っているときの音を表していたという。(リセットボタンのような意味合いとも語ったことがある。)
  • 「笑いの金メダル」内のワンミニッツショーでは、遠近法を利用した芸や、床を利用した芸をしばしば披露していた。

エピソード編集

  • 虎の門外伝 お笑いタイガーズゲート」(テレビ朝日系列)出演時、あまりに意味不明なネタのオンパレードに、くりぃむしちゅー上田から「さくらんぼブービーは病院に行った方がいいですね。」と言われたことがある。
  • 鍛治は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)のアーケードゲーム三国志大戦で全国ランキング上位にランクインするほどの実力者で、公式大会の出場経験もある。また、エンターブレインから発売されたDVD「大将星」にコンビで出演している。
  • WAGE解散後ふらふらしていた小島よしおを、サンミュージック企画に誘ったのがさくらんぼブービーである(「カンニング竹山 生はダメラジオ」での発言より)。
  • 木村は、小島のネタBGM(現行版)を作曲している。
  • 鍛治の兄は、東京03飯塚悟志と高校時代のクラスメイトであった。卒業して何年も経っていたため、楽屋で見た鍛治を鍛治の兄と勘違いした飯塚は、リアルに「あれ?鍛治君じゃない?」を実践してしまったという。
  • 爆笑オンエアバトルにて、計量の際得点が低かったため自分の頭を乗せて重量を増やそうとしたところ、計量器が壊れてしまった。しばらくオンバトの出演が無かったのは、それが原因とも言われている。

出演編集

テレビ編集

インターネットテレビ編集

ラジオ編集

CM編集

DVD編集

脚注編集

外部リンク編集