すっちー

日本のお笑いタレント、喜劇俳優

すっちー1972年1月26日 - )は、日本お笑いタレント喜劇俳優吉本新喜劇の座長。本名、須知 裕雅すち ひろまさ。元ビッキーズ(旧名LSD)のボケ担当。

すっちー
本名 須知 裕雅(すち ひろまさ)
生年月日 (1972-01-26) 1972年1月26日(48歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府摂津市
血液型 O型
身長 158センチメートル
言語 日本語
方言 大阪弁
最終学歴 兵庫科学技術専門学校
コンビ名 ビッキーズ(1996年 - 2007年)
相方 木部信彦(コンビ時代)
芸風 漫才(コンビ時代)
漫談
吉本新喜劇
立ち位置 右(コンビ時代)
事務所 吉本興業
活動時期 1996年 -
同期 ロザン
ライセンス
品川庄司
ランディーズ
清水けんじ
伊賀健二
西田幸治(笑い飯)など
現在の代表番組 吉本新喜劇
配偶者 既婚
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
ビッキーズ
2001年 第22回ABCお笑い新人グランプリ 優秀新人賞
同年 第31回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞
同年 第30回上方お笑い大賞 新人賞
2002年 第32回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞
2003年 第33回NHK上方漫才コンテスト 最優秀賞

すち子&真也
2013年 歌ネタ王決定戦2013 優勝

個人
2015年 咲くやこの花賞
テンプレートを表示

大阪府摂津市出身。吉本興業大阪本社所属。2007年10月より吉本新喜劇所属。すっち〜と表記されることもあるが、正しくはすっちー。身長158センチメートル

人物編集

略歴編集

大阪府立茨木西高等学校、兵庫科学技術専門学校(現阪神自動車航空鉄道専門学校)卒業。実家は子供服店である。三人兄弟で兄は消防士、弟は医者。

ナインティナイン矢部浩之は同じ高校の同級生(岡村隆史は1学年先輩)であり、須知は矢部のことを一方的に知っていた。しかし、矢部は芸人としては先輩であるため、「矢部さん」と呼んでいる。デビュー前は、のちの相方になる木部信彦と同様に、自動車整備士として働いていた(木部は日野自動車工業出身であるが、すっちーは、そのライバルの三菱自動車で働いていた)。

風俗がかなり好きでも有名でもある。

ビッキーズ時代編集

ビッキーズ時代は、舞台では須知が「ビキビキ」「ビッキーズ」、背中に「」と書かれたハッピを着て、漫才を始める前にアメを撒くのが恒例であり、新喜劇に在籍している現在でも舞台衣装のまま、そのパフォーマンスを流用している。

エロ三羽烏(チュートリアル徳井、須知、ランディーズ中川)のひとり[1]

2005年の『新喜劇フー!!』では、フーファミリーを苦しめる地獄団の須知軍曹を演じ、話のラストで、フーファミリーに旅行カバンに体を入れられて遊ばれるという芸が毎回行われていた。『新喜劇フー!!』の後継企画である『新喜劇ボンバー!!』では、キャプテン☆ボンバーの部下、マイケル須知(リトル☆ボンバー)で登場し、リトル☆ボンバーの必殺技「カバンボンバー」として、『新喜劇フー!!』のカバンに詰められる芸が引き継がれた、この芸は新喜劇入団後もしばらくの間流用されていた。

カバンに入る芸の名前は「インバッグ」という[2]。同じような特技を持つ芸人に、まいなすしこうの前田志良がいる。

2006年9月17日、9年ほど付き合っていた7歳年下の女性と結婚し、長女を授かった。

新喜劇入り以後編集

2007年9月、コンビを解散。相方の木部は芸能界を引退したが、須知はピン芸人として芸能界に残り、元々の愛称「すっちー」をそのまま芸名にし、翌10月吉本新喜劇に入団した。

芸名「すっちー」は、仲のいい先輩芸人陣内智則が占い師の直居由美里に連絡を取り、複数の候補から選んでもらったもの。当初は、カタカナ表記の「スッチー」だったが、直居から陣内に再度連絡があったことに加え、スチュワーデスキャビンアテンダントの旧名称)の通称と混合してしまうため、現在のひらがな表記に落ち着いた。ただし、座長就任以前は、それを逆手に取り「アテンションプリーズ!」というギャグを登場時に言っていた。

2009年1月27日からの週の京橋花月新喜劇からは、次期座長・副座長クラスにあり、時々、実質的に座長を務めていた。

2013年3月の新喜劇公演に寝坊して遅刻したことが原因で、罰として同5月14日から約1カ月間は劇場舞台に出演停止(謹慎)を命じられていたが[3]、その間の2013年5月18日に行われた『歌ネタ王決定戦2013』に松浦真也とのコンビ「すち子&真也」で出場して見事に優勝した。

2014年5月17日に座長に内定したことを発表し、6月11日〜16日までNGKで座長就任公演を行なった[4]

2015年咲くやこの花賞(大衆芸能部門)受賞。前年の小籔千豊に続いて吉本新喜劇からの受賞となった。

キャラクターとギャグ編集

すち子編集

次期座長・副座長クラス昇格後に生まれたキャラクターであり、座長昇格後からは桑原和男と同様に、新喜劇の舞台に素顔で立つことは極めてまれになっている。おかっぱ頭に瓶底メガネ、そばかす顔で巨乳(Gカップ[5][6]の中年女性という風貌で、大阪のおばちゃんをイメージしている[7]。舞台回し(ツッコミ兼進行役)は、ほぼ清水けんじで固定されているが、たまに信濃岳夫も演じており、登場初期は清水ではなく烏川耕一が務めていた。

登場時に「日課がございまして」などと言ってからコンビ時代にも行なっていた「飴のばら撒き」を行ない、最後は野球のアンダースローを模して客席へ投げ撒くのが恒例で、一通り飴を撒いた後に、舞台回しから「どこに投げたか」と問われると、「ハトやイタチなどの動物に向けて投げた」と言い放つ。[8]また、設定場所が、うどん屋や喫茶店といった飲食店の場合は厨房から飛び越えて現れ、土産物店などの店舗の場合はアイスクリームケースやゴミ箱の中などから登場する。

辻本茂雄扮する茂造じいさんと同様に型破りな振る舞いが多く、尚且つ、がめつく欲張りな性格で、自己中心的に行動することが多い。自分より立場が下と見た者には尊大な態度をとり、他人が酷い目に遭っているのを見ると嘲笑したり茶化したりする。清水に対して「シケメン」と揶揄したり、タックルながい。との共演時にはタックルを彼と風貌が似ている「あばれる君」呼ばわりするのがお約束と化している。高橋靖子前田真希ら貧乳キャラのマドンナ役の女性座員に対して、散々、容姿などを褒めた後で巨乳を見せ付け、持ち上げて落とす形で貧乳をなじるといった描写も見られる。初めのうちは保守的な考えを持つが、結局はお金のある方向に吸い込まれる。

自分より強い相手には媚を売って取り入ろうとしたり、状況に応じて、それまで味方についていた勢力を裏切り、寝返ろうとしたりするといった現金なところもある[9]が、ここぞという時には、周囲を諭したり諫めたりするなど、大人として毅然とした振る舞いを見せ、問題を解決に導く原動力となる。

2015年12月23日、松浦真也と「すち子&真也」名義で、シングル『パンツミー』をリリースし、CDデビュー。同曲は、「よしもと新喜劇」映画『西遊喜』のエンディングテーマ曲にも採用されている[10]

ドリルすんのかいせんのかい(乳首ドリル)

吉田裕を相手に繰り出すリアクションギャグ。座長昇格後は、座長公演での定番ギャグとなっている。

須知軍曹編集

2006年のR-1ぐらんぷりに「須知軍曹」(すち ぐんそう)で登場し、コンビ解散当初はこのキャラクターにてネタを行なっていた。

芸風は風俗漫談というもので、風俗をモチーフにしたもので(実在しているかどうかは断定できないが)日本各地の風俗街の店名・店員名などを抜粋してオチに繋げるというもの。

2007年1月1日、今年はこれで行くと決めていた「須知軍曹」が年明けカウントダウン番組でダダ滑りしたため「須知軍曹」封印宣言をした。しかし同年の「あらびき団」、「オールザッツ漫才」に再びこのキャラで登場し、さらに2008年の「やりすぎコージー」にて漫談を披露し、同年の「鉄筋base」でもこのキャラでDJを担当している。

出演編集

コンビ時代編集

ピン時代編集

レギュラー編集

レギュラー以外編集

過去の出演編集

CM編集

  • 日清食品阪神タイガースキャンペーン・ファーストクラス篇」(2015年4月6日 - 、関西地区限定)
  • 日清食品阪神タイガースキャンペーン・十三年目の願掛け篇」(2019年4月3日 - 、関西地区限定)
  • H.I.S. 初夢フェア2016(2015年12月 - 2016年1月、吉田裕と共演、関西地方のみ)
  • 株式会社アキタ きよらグルメ仕立て「すち子ママ篇」(2017年4月 -)
  • ACジャパン・臓器提供意思表示カードキャンペーン「意思表示すんのかいせんのかい」(2018年7月-、吉田裕、花城凛音と共演)

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  • パンツミー(2015年12月23日、YM3D) ※「すち子&真也」名義[10]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ それぞれ「スタイリスト(=コスプレ)の徳井」「薬(=精力剤)の須知」「器具の中川」の異名を持つ。(2006年8月12日に放映された「やりすぎコージー」による。)
  2. ^ 新喜劇フー!!より
  3. ^ 小籔千豊 新喜劇芸人に冷たい仕打ち”. デイリースポーツ online. 2014年9月27日閲覧。
  4. ^ すっちー、吉本新喜劇新座長に就任決定”. お笑いナタリー. 2014年5月17日閲覧。
  5. ^ Gカップ設定のすち子、ブラジャーのCM「こーへんかな」”. サンスポ芸能. 2014年9月27日閲覧。
  6. ^ 話によっては豊胸手術を受けた設定が加えられている場合もある(よしもと新喜劇「ホテルマンひょっとこ」など)。
  7. ^ 基本的にはパートのおばちゃん役であるが、話によっては女子高生などの娘役を演じることもある。
  8. ^ 他のバリエーションとして、柴犬ツチノコが相手の場合も有る。
  9. ^ それらの性格や行動が祟って、最終的に罰が当たる形で散々な目に遭うオチも珍しくない。
  10. ^ a b すち子&真也、パンツ見る男の性歌った「パンツミー」CD発売”. お笑いナタリー (2015年12月7日). 2015年12月7日閲覧。

外部リンク編集