ちょんの間

性的サービスを提供する風俗店およびその地区

ちょんの間(ちょんのま)とは、元赤線青線で営業している性的なサービスをする風俗店およびその地区。大阪府近畿圏)では本番行為をさせる店のことを指し(下記事由を参照)、売春宿置屋(おきや)と同義。

概要編集

語源は「ちょっとの間に行為をする」から。かつて赤線青線地帯で売春行為していた店舗で、1956年売春防止法の完全施行後も、旅館料亭スナックなどに転向し、客と従業員との自由恋愛という名目をとって、営業を続けている。

大阪府では、ソープランド条例により禁止されているため、今も残っている一方、真栄原黄金町上鶴間本町町田駅南口)などは警察の摘発により壊滅した。

主なちょんの間編集

北海道編集

東北編集

関東編集

中部編集

近畿編集

中国編集

四国編集

九州・沖縄編集

韓国編集

その他編集

  • 日本では、終戦後に進駐したアメリカ軍目当てのパンパンが貸間で営業を行うパンパンハウス(特殊貸間)が出現した[2]

脚注編集

  1. ^ 壊滅状態
  2. ^ 第14章 米軍・自衛隊 (PDF)”. 千歳市. 2020年1月3日閲覧。

関連項目編集