アダムス・ファミリー

アダムス・ファミリー』(The Addams Family)はチャールズ・アダムス原作の一コマ漫画。およびそれを原作とした映画・アニメ・TVドラマ・ミュージカル。もともと雑誌『ザ・ニューヨーカー』に掲載されていたもので、当初はタイトルそのものは存在しなかったが、テレビドラマ化されたときに作者の名前からアダムスファミリーというタイトルが付いた。

目次

概要編集

丘の上にある城の洋館に住むアダムス一家。だが、実は彼らは、不幸な事や邪悪な事、忌まわしい物、不気味な物が大好きなお化け一家だった。これは、そんな家族が繰り広げるホラーコメディである。

作中全体が時代の流行と一線を画して、1930年代ティストのゴシック美術や演出で統一されており、映画監督のティム・バートンなど多くの人に影響を与えた。

元々は1937年から「ザ・ニューヨーカー」に掲載されていたチャールズ・アダムスの一コマ漫画で、当初はキャラクター設定など明確なことが記されておらず、メインキャラクターの名前などは一切不明であり、「アイマーおじさま」などゲストキャラクターの名前が行き来するなどの奇妙な内容であった。1964年にテレビドラマアニメが制作され日本では「アダムスのお化け一家」というタイトルで人気を呼んだ。その際初めてそれぞれのキャラクター設定が明記されたものの、当初、作者のチャールズ・アダムスが決めていたフランプという名前(後述)に反し、アダムスと自分の苗字が付いたことで、キャラクターそれぞれの設定が大きく変わってしまった。それ以降からテレビドラマ版の設定が継承され、1991年に巨額の制作費を投じて映画化されてヒットし、1993年には続編が作られた。続編も興行的に好調だったため三作目も制作される予定であったが、主演のラウル・ジュリアが企画中に死去したため制作されなかった。後に制作された「アダムス・ファミリー サン再結集」はテレビ映画として作られた作品なため映画作品との関連は一切ない(ただし映画版のハンド役とラーチ役は続投している)。また2008年にはブロードウェイでミュージカル化されロングランを記録し、2014年には日本上陸もした。

登場キャラクター編集

もともと原作漫画ではアダムス家それぞれの名前自体は明記されておらず、刊行する毎に名前が明確化されていった。この一風変わった家族は最初から全員そろって生み出されたわけではなく、基本的に登場して何年もたってから「実は身内」というような描かれ方をしているし、フェスターやパグズリーのように当初は明確に別の家庭を持ったキャラクターを合流させたものもいる。「アダムス」という姓も作者からで、連載が長期化するうちに新聞雑誌はこの一家を「アダムスの黒家族」・彼らの館を「アダムス屋敷」と呼ぶようになった[1]

当初姓はフランプ(Frump 薄汚いの意味)になる予定であったらしく、1963年に作者本人が書いたキャラクター説明(1964~66年のテレビドラマ版を作る際の設定集のようなもの)ではおばあちゃんが「Granny(おばあちゃん) Frump」と表記されており、フランプとは彼女の外見が「薄汚い」のではなく大文字表現される固有名詞(=ラストネーム)となっていたのだが、すでに「アダムス・ファミリー」で定着していたので「フランプはモーティシアの旧姓」という設定にされた[2]

アダムス一家は前述のとおり不幸や邪悪な事、忌まわしい物を好むが、これは悪意、悪気があるわけではなく、単に暮らしや育ち方が先祖代々根本からずれているためである。一家は莫大な資産がある上流階級の家庭である。

メインキャラクター編集

ゴメズ(シケモク)・アダムス/Gomez Addams
アダムス家の家長。ラテン系で中肉中背の小柄なブ男(ドラマ、映画では長身の伊達男として描かれている)で、ストライプの入ったスーツや燕尾服を好んで着用する。葉巻を好んで愛用する。
(悪巧みをする時を除いて)頭の回りは良くないが、金の回りは良く欲しいものは何でも手に入る。
映画版では快活で明朗な性格ながら、行動そのものは悪趣味、不謹慎極まりない。
もっとも、彼がそこまでして欲がるものはモーティシアただ一人だけである。
家族をこよなく愛しており、常に良き父、良き師であろうと努力しているが、陽気で適当な性格故に意味不明な方向に進むことも多く、モーティシアにサポートしてもらうことも多い。モーティシアを「カラミーア」と呼ぶ(カラミーアはイタリア語、cara mia=愛しい人)。
モーティシア(アゲカス)・アダムス/Morticia Addams
アダムス家の母親であり、美しいが異様に痩せこけた魔女。先祖代々から魔女の家庭に育ち、何度も死んでは蘇っている。
長身で肘と裾に房がついたぴったりした黒服のドレスを常に身につけており、青白い肌に緑なす黒髪と妙に細いウエストが特徴。趣味は様々な毒草を育てること。
好きな生き物はコウモリで、鍾乳洞に行ってコウモリを見るのが好き。さらに、ペットとしても飼っている。
性格は非情なほどに冷静で、どんなことがあっても常に微笑を浮かべている。しかし、家族のことを何よりも愛しており、アダムス家の真の家長は彼女であると言える。
ゴメズとは自分の最初の葬儀の時に出会い相思相愛で結ばれた。夫婦仲は良好で今も熱く熱が上がると「ウイ?」とフランス語で会話する(フランス語を話すのは、ドラマでの設定)。ゴメズを「モンシェール」と呼ぶ。
なお、作者が没にした漫画で「最初、君(モーティシア)の父が君と自分の仲を認めてくれなくてショックだった」ということをゴメスが語る話がある[3]
名前の由来はMorticia はアメリカ英語での葬儀屋(=mortician)から。
フェスター(デガラシ)・フランプ/Fester Frump
ゴメズの実兄である伯父。アダムス一家の中では唯一まともな性格だが、モーティシアのような青白い肌に禿頭で歯が一本も無く、目の回りに隈があり、季節や場所を問わず大外套を着込んでいるため見た目は一番怪しい。
勿論、不気味な物やおぞましい物をこよなく愛していることに変わりはなく、まともであるがゆえに誰よりも純粋な悪意を持って周囲を引っ掻き回す。
そのため、「手加減を知らず、手の施しようがない悪魔」としてモーティシアに常に監視されているが本人は気にしていない模様。
ウェンズデーやパグズリーとはとても仲が良く、三人で釣り(ダイナマイトで魚を気絶させ、浮かんだ魚を網で救うという危険なものだが)をしに行くことがしばしばある。
いくつもの会社を立ち上げている実業家でもあり、雑誌の表紙に載るほどである。
原作では誰の兄弟かは明言されていない(『アダムス・ファミリー全集』では「おばあちゃんの兄弟(義兄弟)の可能性」という説明があるが出典不明)。結構凶悪な人間で「対向車線に大型トレーラーがやって来る状況で『追い越しどうぞ』と後続車に譲る」や「ゴルフ場で人にわざとボールを当てる」などをやらかしている。また『ザ・ニューヨーカー』の1979年10月1日号では地下鉄にファミリー達が乗っている状況で、フェスターだけ2人いる(運転台と客室に1人づつ)という不思議な現象が発生している[4]
名前の由来(Fester)は腐る、という意味。
フランプおばあちゃん(モミガラ)/グラニー・アダムス(映画版の呼び名)/Grandmama Addams
ゴメズとフェスターの実母(ドラマ、映画ではモーティシアの実母)である老婆。うっすらと生えた顎髭と、大きなホクロがチャームポイント。
極めて長く生きており、様々な疫病を周囲にばらまく能力や桶に乗って空を飛ぶ能力を持ち、色々な薬品を操るのが大得意。
コメディリリーフで壮年の魔女であり、アダムス一家の料理や薬品製作を行い、よく孫に骨やコウモリ、悪魔のようなクッキーを焼いている。
性格はお茶目なうっかり者で、ソリテアでイカサマをし、根っからの大嘘つき。よく周囲に流されるトラブルメーカーでもあり、特に悪趣味ないたずらを一般人に行うことが大好き。
ウェンズデー(パンクズ)・アダムス/Wednesday Addams
不幸の元に生まれついたアダムス家の長女。いつも不幸そうな顔つきで、感受性が強く無口。
ゆえに、いざ口を開くと止めを刺すような絶大なインパクトにして、ブラックで強烈な一言を発する。
モーティシアゆずりの黒髪と青白い肌を持ち、片方の足の指が六本ある。
三つ編みのおさげ髪に水玉のワンピースが特徴。漆黒の服も好んで着る。家族の中では特に陰湿な性格で、一番の危険人物でもある。
10歳にもかかわらず非常に優秀で、学校からも「性格さえ問題なければ」といわれている。
人の性格を見抜くのが得意。疑い深く狡猾で、一般人を不快にしたり追い詰めたりする。しかし家族の危機の際はいち早く察知して活躍することが多い。
名前の由来(Wednesday)は「水曜日生まれの子は不幸になる」というマザー・グースの言い伝えから。
ゴメズに溺愛されており、彼とモーティシアがよく行く鍾乳洞へのピクニックや真夜中の公園で遊ぶことが大好き。
原作では顔がかなり面長で、パグズリーに毒を盛られたり地下室に閉じ込められたりと、どちらかというとやられ役が多く(基本は仲良しで一緒にいたずらをすることも多い)。他にも優等生名簿にのる(本人は嫌がっていた)という対外的にはいい子に見えるタイプであったが、人形で葬式ごっこや処刑ごっこをやったり、サンタクロースを焼き殺そうと暖炉の火を強めるなどやはりファミリーの一員だった。
パグズリー(カンカラ)・アダムス/Pugsley Addams
アダムス家の長男でウェンズデーの弟。縞模様のシャツにサスペンダー付きの半ズボンを常に着ている。
ファミリーの中では珍しく陰気くさくない普通の外見だが、性格は典型的な悪ガキ小僧。致死性の罠を仕掛けたり、おもちゃで大事故を再現したり、他人が楽しく遊んでいる所に乱入して滅茶苦茶にするのが大好き。
姉のウェンズデーにいつも虐めを受けており、電気椅子に掛けられたり、ボウガンの標的にされたり、散々な目に遭う(ただし本人はまんざらでもない様子)。
たまにウェンズデーに仕返しを行おうとするが、姉のほうが一歩先を入っているため、常に失敗する。交通標識を収集して交通事故を起こさせることが趣味で、部屋はこれまで盗んできた標識で埋まっている。実は保護観察中の処分を受けており、ゴメズからは誇りにされている。
原作ではウェンズデーとどちらが年長かは明言されていない[5]が、基本的にパグズリーが小柄に描かれている。なお、映画版オリジナルキャラクターである弟の「ピューバート(Pubert)」の名前はパグズリーの没ネームで、思春期を意味する「puberty」のもじりだったが、当時のTV業界ではストレートすぎて受け入れられず、この少年にはブロンクスを流れる川の名前を付けられた[6]
ラーチ(クズテツ)/Lurch
アダムス家の執事。非常に長身。いつもヨロヨロ歩いており、片目は白濁している。
粗忽者で、大切なことを良く忘れたりするがアダムス家の面々には冗談のネタにされつつも愛されている。本人もまた彼らを愛しており、世の中のいい影響からパグズリーやウェンズデーを守っている。
作者が意図的に「フランケンシュタインの怪物」に似せて描いたキャラクターであり、映画で怪物を演じたボリス・カーロフからファンレターが送られたほどである。
原作初登場の回のみ体格や服装は同じだが髭ぼうぼうの顔をしており、この事から『アダムス・ファミリー全集』ではフランケンシュタインの怪物そのものよりボリス・カーロフネタで、彼が演じた『魔の家』のモーガンというアル中の執事がモデルではないかという説が挙げられている[7]
パイプオルガンの演奏が得意。
名前の由来(Lurch)は傾くの意味。

参考までに各キャラクターの初登場の回を表にする[8]

(なお、この表で日付のみの場合はいずれも『ザ・ニューヨーカー』に掲載された話である)

名前 初登場 備考
ゴメス 1942年11月14日号 -
モーティシア 1938年8月6日号 最初期は未婚設定らしい[9]
フェスター 1950年度版『Monster Rally』表紙[10] 似た男は1941年1月18日号から登場
おばあちゃん 1941年2月8日号 当時は別の家に住んでいた[11]
ウェンズデー 1940年6月29日号 家族確定は1944年8月26日号から[12]
パグズリー 1943年6月19日号 似た子供は1941年頃から登場[13]
ラーチ 1938年8月6日号 当時は顔が大きく異なる[14]

サブキャラクター編集

ハンド(映画日本語版での呼び名)/ロミオ(オリジナルドラマの日本語吹替版での呼び名)
英語版ではシング(The Thing)
ゴメズのおさななじみ。人の右手そのもので蜘蛛のように動き回る。英語版ではシング(The Thing)という名前。意思をもっており、活発に動き回る。働き者でありゴメズの身の回りの世話を主に行う。
カズン・イット/Cousin Itt
ゴメズのいとこ。全身が長い毛で覆われており、中身は全く見えない、テレビ版ではサングラスを掛けていた。原作では2作にしか登場しておらず、名前もない。そのため指示代名詞「それ(itt)」がそのまま名前となっている。
映画版ではメッサーシュミットのKR200を愛車にしている。
オバケ
英語版ではシング(The Thing)
原作にのみ登場。肩から上しか描かれない。アダムズ一家の回りに付きまとっており、伝声管やレコードプレーヤーの中から手を伸ばして彼らをサポートしたり、階段や雪の中などから頭と手だけを出して彼らを覗いていたりする。
ドラマになる際に頭部が省略され、The Thingとなった。

刊行本編集

  • 『アダムズ・ファミリー全集』チャールズ・アダムズ著、ミゼロッキ・H・ケヴィン編 安原和見訳、河出書房新社、2011年(原著刊行2010年)

テレビドラマ編集

アダムズのお化け一家編集

日本では1968年4月2日 - 1969年6月24日に、東京12チャンネル(現:テレビ東京)の海外ドラマ枠『怪奇コメディー』(火曜19:30 - 20:00)の第1作として放送された。

スタッフ編集

出演編集

役名 出演 吹き替え
ゴメズ・アダムス ジョン・アスティン 広川太一郎
モーティシア・アダムス キャロリン・ジョーンズ 小原乃梨子
グラニー・アダムス マリー・ブレイク 穂積隆信
フェスター・フランプ ジャッキー・クーガン 熊倉一雄
パグズリー・アダムス ケン・ウェザーワックス
ウェンズデー・アダムス リサ・ローリング
ラーチ テッド・キャシディ 大塚周夫
イット フェリックス・シラ 納谷六朗
マイキー 富田耕生
ボス 青野武
パンチョ 小倉久寛
東京12チャンネル 火曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
怪奇コメディー
アダムズのお化け一家

アダムス・ファミリー オリジナル版編集

1977年10月30日、ABCテレビにて放送されたスペシャルドラマ。原題は「Halloween with the New Addams Family」。日本では「アダムス・ファミリー オリジナル版」としてビデオが発売された。上記ドラマの第3シーズンのパイロット版として作られたが、第3シーズン自体は作成されなかった。

出演編集

  • ゴメズ・アダムス:ジョン・アスティン
  • モーティシア・アダムス:キャロリン・ジョーンズ
  • フェスター・フランプ:ジャッキー・クーガン
  • パグズリー・アダムス:ケン・ウェザーワックス、ケン・マーキス(少年時代)
  • ウェンズデー・アダムス:リサ・ローリング、Jennifer Surprenant(少女時代)
  • グラニー・アダムス:ジェーン・ローズ
  • ラーチ:テッド・キャシディ
  • イット:フェリックス・シリア
  • マイキー:ヴィトー・スコッティ
  • ボス:パーリー・ベア
  • パンチョ・アダムス:ヘンリー・ダロウ

The New Addams Family編集

1998年から1999年にかけてアメリカのFOXファミリー、カナダのYTVで放送された。

出演編集

アニメ版編集

アダムスのお化け一家編集

1973年から1975年にかけてアメリカで放送された。ハンナ・バーベラ・プロダクション制作。また、日本語版では独自のキャラクター名が割り当てられている。

現在、カートゥーン ネットワークで放送されている。 カートゥーン ネットワーク番組詳細

スタッフ編集

英語版編集

日本語版編集

括弧内は本来のキャラクター名。

  • シケモク(ゴメズ/Gomez Addams) - 肝付兼太
  • アゲカス(モーティシア/Morticia Addams)
  • パンクズ(ウェンズデー/Wednesday Addams)
  • カンカラ(パグズリー/Pugsley Addams)
  • モミガラ(グラニー/Grandmama Addams)
  • デガラシ(フェスター/Uncle Fester Frump)
  • クズテツ(ラーチ/Lurch)

The Addams Family編集

1992年から1995年にかけてABCテレビで放映。

声の出演編集

映画編集

アダムス・ファミリー編集

アダムス・ファミリー2編集

アダムス・ファミリー サン 再結集編集

日本タイトルは映画三部作の一つとされているが、テレビ映画として放映された作品でありこれまでの映画シリーズとの関連はなく、旧ドラマ版のリメイクに近い内容である。

なお日本語吹き替え版においては旧ドラマ版のキャストを多数起用している。

出演編集

役名 俳優 日本語吹替
ゴメズ・アダムス ティム・カリー 広川太一郎
モーティシア・アダムス ダリル・ハンナ 小原乃梨子
フェスター・アダムス パトリック・トーマス 熊倉一雄
ウェンズデー・アダムス ニコール・フジェール 吉田小南美
パグズリー・アダムス ジェリー・メッシング 田野めぐみ
グラニー・アダムス アリス・ゴーストリー 北川智繪
ラーチ カレル・ストルイケン 大塚周夫
ウォルター・アダムス レイ・ウォルストン
フィリップ・アダムス エド・ベグリー・ジュニア 鈴木ヤスシ
ドロレス・アダムス ダイアン・デラーノ 沢田敏子
キャサリン・アダムス ヒラリー・シェパード 小宮和枝
アダムスおじいちゃん ケヴィン・マッカーシー 北村弘一
アダムスおばあちゃん エステル・ハリス 麻生美代子
野犬捕獲員 クリント・ハワード
(クレジットなし)
広瀬正志
ハンド クリストファー・ハート

参考URL

ミュージカル編集

2008年にはブロード・ウェイでミュージカル化され、初演では映画版第二作で警察官を演じたネイサン・レインがゴメズ役、ビビ・ニューワースがモーティシア役を演じた。作品は2011年12月まで上演されロングランを記録。ミュージカル版のオリジナルストーリーでウェンズデーが成人を迎えのボーイフレンド(普通の人間 ・ルーカス)が両親を連れてアダムスの屋敷を訪れ騒動が起きる。作品の随所に原作のトリビアが盛り込まれ、夫婦喧嘩の中にグラニーが姑なのか自分の実母なのかモーティシアが混乱するシーンが盛り込まれたり、フェスターが良識人としてストーリーテラーとして物語を進行させる。

2014年には日本上陸もし、橋本さとしがゴメズ役、真琴つばさがモーティシア役を務める。

またブロードウェイではウェンズディの髪型が原作と異なるボブヘアーで登場したが、日本版では原作に忠実なおさげ髪へと変更された。

日本版キャスト編集

役名
ゴメズ・アダムス 橋本さとし
モーティシア・アダムス 真琴つばさ
フェスター・アダムス 今井清隆
グラニー・アダムス 鷲尾真知子
ウェンズデー・アダムス 昆夏美
パグズリー・アダムス 玉沢威穏/菊池銀河
ラーチ 澤魁士
ルーカス・バイネッケ 柳下大
マル・バイネッケ 菅原永二
アリス・バイネッケ 友近

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『アダムズ・ファミリー全集』チャールズ・アダムズ著、ミゼロッキ・H・ケヴィン編 安原和見訳、河出書房新社、2011年(原著刊行2010年)P8
  2. ^ 『アダムズ・ファミリー全集』チャールズ・アダムズ著、ミゼロッキ・H・ケヴィン編 安原和見訳、河出書房新社、2011年(原著刊行2010年)P129 なお、この関係でTVドラマ版ではおばあちゃんはモーティシアの方の身内にされている。
  3. ^ ダムズ・ファミリー全集』チャールズ・アダムズ著、ミゼロッキ・H・ケヴィン編 安原和見訳、河出書房新社、2011年(原著刊行2010年)P68
  4. ^ 『アダムズ・ファミリー全集』チャールズ・アダムズ著、ミゼロッキ・H・ケヴィン編 安原和見訳、河出書房新社、2011年(原著刊行2010年)P176
  5. ^ ファミリーのうち、パグズリーのみ1963年の作者のTVドラマ制作用の設定集の中で「年齢は9歳ぐらい」と明言されている。
  6. ^ 『アダムズ・ファミリー全集』チャールズ・アダムズ著、ミゼロッキ・H・ケヴィン編 安原和見訳、河出書房新社、2011年(原著刊行2010年)P79
  7. ^ 同書P118、なおモーガンは髭もじゃの顔をしている無口でのそのそ歩く大男。
  8. ^ 『アダムズ・ファミリー全集』チャールズ・アダムズ著、ミゼロッキ・H・ケヴィン編 安原和見訳、河出書房新社、2011年(原著刊行2010年)
  9. ^ 1940年4月6日号でゴメス以外の男とデートして自宅(マンホール)に帰って来た話がある。
  10. ^ 同書P198にある1948年3月27日号掲載の話で、一族の肖像画が並ぶ中にフェスターに似た男が描かれている物がある。
  11. ^ 家族確定は1950年度版『Monster Rally』表紙、同居は1954年10月16日号から。
  12. ^ パグズリーも同話で兄弟と判明。
  13. ^ この子供はゴメスやモーティシアと別の親が出てくる。
  14. ^ 現在の顔は1941年8月2日号から。