メインメニューを開く

アンドリュー・ヒーニー

アンドリュー・M・ヒーニーAndrew M. Heaney, 1991年6月5日 - )は、アメリカ合衆国オクラホマ州オクラホマシティ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。現在はMLBロサンゼルス・エンゼルスに所属している。

アンドリュー・ヒーニー
Andrew Heaney
ロサンゼルス・エンゼルス #28
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オクラホマ州オクラホマシティ
生年月日 (1991-06-05) 1991年6月5日(27歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト1巡目(全体9位)でマイアミ・マーリンズから指名
初出場 2014年6月19日 ニューヨーク・メッツ
年俸 $800,000(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

愛称はヒーン・ドッグ[2]

目次

経歴編集

プロ入り前編集

2009年MLBドラフトで24巡目(全体739位)でタンパベイ・レイズから指名されたが、オクラホマ州立大学へ進学した。

プロ入りとマーリンズ時代編集

2012年MLBドラフトマイアミ・マーリンズから1巡目(全体9位)指名され[3]7月13日に契約[4]。この年は傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・マーリンズで2試合に登板後、A級グリーンズボロ・グラスホッパーズへ昇格。A級グリーンズボロでは4試合に登板し、1勝2敗・防御率4.95だった。

2013年はA+級ジュピター・ハンマーヘッズで13試合に登板し、5勝2敗・防御率0.88と好投。8月にAA級ジャクソンビル・サンズへ昇格。6試合に登板し、4勝1敗・防御率2.94だった。

2014年はAA級ジャクソンビルで開幕を迎え、5月にAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズへ昇格。6月16日にマーリンズとメジャー契約を結び[5]6月19日ニューヨーク・メッツ戦で先発起用されメジャーデビュー。6回を投げ、4安打1失点と好投したが、マーリンズ打線がザック・ウィーラーに完封され、メジャー初黒星を喫した[6]。4試合に登板したが、0勝3敗・防御率6.53と結果を残せず、7月6日にAAA級ニューオーリンズへ降格した[7]。登録枠が拡大された9月2日に再昇格。昇格後はリリーフとして2試合に登板し、4.2回を無失点に抑え、シーズン最終登板となった9月26日ワシントン・ナショナルズ戦では先発に復帰したが、4回を投げ1本塁打を含む6安打4失点と結果を残せないままシーズンを終えた。この年は7試合に登板し、0勝3敗・防御率5.83だった。

エンゼルス時代編集

2014年12月10日ディー・ゴードンダン・ハレンミゲル・ロハスとのトレードで、エンリケ・ヘルナンデスクリス・ハッチャーオースティン・バーンズと共にロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[8]が、その数時間後にハウィー・ケンドリックとのトレードでロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[9]

2015年9月10日、MLB選手としては史上初となる、自身の価値を株式市場にて売買する事が発表された[10]。野球の方では、シーズン後半に先発ローテーションに定着。18試合に先発登板して防御率3.49・6勝4敗という成績を記録した。

2016年は1試合に先発登板し、6.0イニングを7安打4失点という投球内容で敗戦投手になった。その後、肘の負傷が判明してトミー・ジョン手術を受ける羽目になり[11]、そのままシーズン終了となった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2014 MIA 7 5 0 0 0 0 3 0 0 .000 126 29.1 32 6 7 0 3 20 2 0 19 19 5.83 1.33
2015 LAA 18 18 0 0 0 6 4 0 0 .600 438 105.2 99 9 28 1 6 78 4 0 41 41 3.49 1.20
2016 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 25 6.0 7 2 0 0 0 7 0 0 4 4 6.00 1.17
2017 5 5 0 0 0 1 2 0 0 .333 101 21.2 27 12 9 0 0 27 2 0 17 17 7.06 1.66
2018 30 30 1 1 0 9 10 0 0 .474 749 180.0 171 27 45 0 8 180 9 0 91 83 4.15 1.20
MLB:5年 61 59 1 1 0 16 20 0 0 .444 1439 342.2 336 56 89 1 17 312 17 0 172 164 4.31 1.24
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰編集

背番号編集

  • 25 (2014年)
  • 28 (2015年 - )

脚注編集

  1. ^ Andrew Heaney Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年5月14日閲覧。
  2. ^ Explaining Angels Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月27日閲覧
  3. ^ Marlins select LHP Andrew Heaney in first round of 2012 Draft”. MLB.com Marlins Press Release (2012年6月4日). 2014年7月28日閲覧。
  4. ^ Marlins sign first-round Draft pick Andrew Heaney, announce four other signings”. MLB.com Marlins Press Release (2012年7月13日). 2014年7月28日閲覧。
  5. ^ Joe Frisaro (2014年6月16日). “In flurry of moves, Marlins recall phenom Heaney”. MLB.com. 2014年7月28日閲覧。
  6. ^ Scores for Jun 19, 2014”. ESPN MLB (2014年6月19日). 2014年7月28日閲覧。
  7. ^ Joe Frisaro (2014年7月5日). “Marlins top prospect Heaney sent back to Triple-A”. MLB.com. 2014年7月28日閲覧。
  8. ^ Dodgers acquire Howie Kendrick from Angels and three prospects from Marlins”. MLB.com Dodgers Press Release (2014年12月11日). 2014年12月12日閲覧。
  9. ^ Angels acquire LHP Andrew Heaney from Dodgers”. MLB.com Angels Press Release (2014年12月11日). 2014年12月12日閲覧。
  10. ^ 一株いかが?エンゼルス左腕、ヒーニーが球界初の株式銘柄に”. スポニチ Sponichi Annex (2015年9月11日). 2015年10月22日閲覧。
  11. ^ Associated Press (2016年7月1日). “Angels LHP Andrew Heaney to have Tommy John surgery, out until 2018” (英語). ESPN. 2016年11月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集