メインメニューを開く

アーノルド坊やは人気者(アーノルドぼうやはにんきもの、原題: Different Strokes)は、アメリカのテレビ局(1978年から1985年まではNBC、1985年から1986年まではABC)で放映された30分のシットコム。制作はタンデム・プロダクションおよびエンバシー・テレビジョン。貧民街出身の黒人兄弟が白人の富豪の養子となり同居する設定で、笑いに交え人種差別問題を取り上げ人気を呼んだ。全8シーズンで189話が製作された。

日本でも吹き替えで相当数のエピソードが放送された。全国ネットでの放送はなかったものの、各地のローカル局で放送された。日本語版は中部日本放送TBS系列、CBC)と東北新社によって製作された。JNN排他協定の対象外のためほとんどの地域では系列外のテレビ局で放映された。なおCBCでは1982年3月11日[1]より木曜19:00 - 19:30枠で松坂屋一社提供として放映された。

概要編集

主人公の黒人少年アーノルド・ジャクソンは、母の死をきっかけに兄のウィリスと共に、母が家政婦として務めていた白人の資産家ドラモンドの養子となり、ドラモンドの娘キンバリーと共に暮らすことになる。このコメディは、ドラモンド家の中で起こるさまざまなエピソードを軸として、シリアスな人間模様をコメディー形式で描いている。コメディでありながら、麻薬や人種差別問題などシリアスなテーマを取り上げていた。

作品には、モハメド・アリなど有名人のゲストが多数出演した。プリプロダクション時のタイトルは「45 Minutes From Harlem(ハーレムから45分)」であった。ドラマの設定上のドラモンド家の住所は、ニューヨーク市パークアベニュー697。

シーズン1–4 (1978-1982)編集

家政婦ギャレッド役のシャーロット・レイが、主演作The Facts of Lifeのスピンオフに出演するため降板。それを引き継ぐ形で新キャラクター、アデレード(ニドラ・ボルツ)を準レギュラーキャストとして登場させた。

シーズン5–6 (1982-1984)編集

メアリー・ジョー・キャトレット演じる三代目の家政婦ギャラガーがレギュラーキャストとして参加。シーズン6中盤、キンバリー役のダナ・プラトーが妊娠。当初はプラトーにキンバリー役を続投させる予定であったが、やはり妊娠はキンバリーのイメージに合わないという判断でプラトーは降板し、シーズン7・8ではゲストとして登場した。ドラマ上では直接的には描かれていないが、キンバリーはパリに留学したという設定になっている。この時期、視聴率が低下し始めたため、てこ入れとしてドラモンドの再婚相手のマギー(ディクシー・カーター)とその息子サム(ダニー・クックシー)を新キャラクターとして登場させた。

シーズン7 (1984-1985)編集

シーズン7からは、アーノルドとその義弟サムを中心に据えたストーリーが中心となっていくが、視聴者の評価は得られなかった。シーズン7を最後にマギー役のディクシー・カーターが降板。1985年春。NBCはシーズン8以降を放送しないことを発表した。

シーズン8 (1985-1986)編集

放映局が、NBCからABCに移り、シーズン8が最終シーズンになることが発表された。ディクシー・カーターに代わり、メアリー・アン・モブリーがマギー役として登場した。

登場人物編集

アーノルド・ジャクソン
演:ゲーリー・コールマン、吹替:堀絢子
主人公。小柄でぽっちゃりほっぺがトレードマーク。ドジでよく失敗もするが持ち前の話術と陽気な性格で乗り切る。「冗談(は)顔だけにしろよ」が決めゼリフ。
ウィリス・ジャクソン
演:トッド・ブリッジス、吹替:野沢雅子
アーノルドの兄。アーノルドとはとても兄弟仲は良い。たまに兄の権力を笠にアーノルドを押さえ込むこともあるが、アーノルドが不良グループに絡まれた時には、自分を顧みずアーノルドを救うべく1人で対峙したこともある。スポーツ万能で女の子によくもてる。作中ではバク転も華麗にこなすシーンもあった。
フィリップ・ドラモンド
演:コンラッド・ベイン、吹替:川久保潔
アーノルドの養父。いつも家族を優しい目で見守っている。ドラモンドカンパニー社長。基本的に真面目な性格で曲がったことは嫌いだが、たまにオヤジギャグを言って場が冷めることも。
キンバリー・ドラモンド(シーズン1-6、シーズン7・8はゲスト出演)
演:ダナ・プラトー、吹替:瀬戸薫
フィリップの実の娘。容姿端麗で頭が良く負けず嫌い。
エドナ・ギャレッド(シーズン1-2)
演:シャーロット・レイ、吹替:寺島信子
初代お手伝いさん。
アデレード・ブルベーカー(シーズン2-4)
演:ニドラ・ボルツ、吹替:?
2代目お手伝いさん。小柄で初老の女性。
シャーリーン・デュプレイ(シーズン3-6)
演:ジャネット・ジャクソン、吹替:榊原良子
ウィリスの恋人。
ソフィアおばさん(シーズン4-6)
演:ドディ・グッドマン、吹替:?
フィリップの姉。
ダドリー・ジョンソン(シーズン3-8)
演:シェイバー・ロス、吹替:?
アーノルドの友人。
パール・グレッグハー(シーズン5-8)
演:メアリー・ジョー・キャトレット
3代目お手伝いさん。歌が凄く上手くフィリップの再婚時の結婚式ではその喉を披露した。
チャン先生(シーズン4-5)
演:ロザリンド・チャオ
アーノルドの学校の先生のアジア系の女性。
マギー・マッキニー・ドラモンド(シーズン6-8)
演:ディクシー・カーター(シーズン6・7)、メアリー・アン・モブリー(シーズン8)
フィリップの再婚相手の妻。元テレビエアロビクスのインストラクター。
サム・マッキニー(シーズン6-8)
演:ダニー・クックシー、吹替:伊藤美紀
マギーの息子。
リサ・ヘイズ(シーズン4-8)
演:ニッキー・スウェイシー、吹替:三田ゆう子
クラス委員長。優等生でアーノルドとは敵対関係。

主なゲスト編集

本作では複数の有名人がゲスト出演した。

日本での放送局編集

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 備考
中京広域圏 中部日本放送 1982年3月11日 - 木曜 19:00 - 19:30 TBS系列 制作局
北海道 札幌テレビ 日曜 8:00 - 8:30
日曜 9:00 - 9:30
日本テレビ系列
岩手県 テレビ岩手 火曜 17:30 - 18:00
宮城県 ミヤギテレビ 1984年7月 - 11月 月曜 - 木曜 17:30 - 18:00[2]
福島県 福島テレビ 1982年10月 - 1983年9月
1983年10月 - 1985年3月
1985年4月
日曜 17:00 - 17:30
金曜 19:00 - 19:30
土曜 17:30 - 18:00[3]
フジテレビ系列 [注 1]
福島中央テレビ 1987年9月 - 1988年3月 月曜 - 木曜 17:30 - 18:00[4] 日本テレビ系列
千葉県 千葉テレビ 日曜 8:00 - 8:30 独立局
新潟県 新潟テレビ21 テレビ朝日系列
富山県 富山テレビ 1986年頃 木曜 19:00 - 19:30[5] フジテレビ系列
石川県 石川テレビ 1986年頃 月曜 19:00 - 19:30[6]
福井県 福井テレビ
静岡県 テレビ静岡 金曜 19:00 - 19:30
土曜 14:00 - 14:30
岡山県香川県 山陽放送 日曜 16:25 - 16:55 TBS系列
広島県 広島テレビ 火曜 17:30 - 18:00 日本テレビ系列
福岡県 テレビ西日本 フジテレビ系列
長崎県 テレビ長崎

トリビア編集

「冗談は顔だけにしろよ」の背景編集

アーノルドの「冗談は、顔だけにしろよ」は元々のセリフの直訳ではなく、日本語版の翻訳の際に日本の視聴者向けに作られた言葉。オリジナル英語版では"Whatchoo talkin'bout, Willis?"(お前何言ってんだよ、ウィリス?)といい、この番組のトレードマークになった。

番組名の由来編集

番組名の原題「Diff'rent Strokes」は英語の慣用句"diff'rent strokes for diff'rent folks"(人それぞれ、十人十色といった意味)から来ているが、これはスライ&ザ・ファミリー・ストーンの1968年のヒット曲「エヴリデイ・ピープル」の有名なフレーズとして知られている(2005年にリリースされたスライ&ザ・ファミリー・ストーンのトリビュートアルバムのタイトルにもなっている)。日本以外では「白と黒」(Blanco y Negro、スペイン語圏)「ハーレム対マンハッタン」(イタリア)「他に質問は?アーノルド」(ドイツ)などの翻訳題で放送された。

日本語版スタッフ編集

DVD編集

日本ではソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(ジャパン)から、第1シーズンのDVDが発売された。吹替音声も収録されているが、当時日本でカットされた場面や放映されなかったエピソードの音声は英語のみである(日本語/英語字幕も収録)。

  • コンプリート 1st シーズン(2009年8月26日発売)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 1983年3月まではTBS系列にも加盟。

出典編集

  1. ^ アーノルド坊やは人気者”. CBC ishop. 2014年1月7日閲覧。
  2. ^ 『福島民報』1984年7月17日 - 11月6日付朝刊、テレビ欄。
  3. ^ 『福島民報』1982年10月3日 - 1985年4月27日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 『福島民報』1987年9月16日 - 1988年3月28日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 『北國新聞』1986年3月6日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ 『北國新聞』1986年3月3日付朝刊、テレビ欄。

関連項目編集

外部リンク編集