ABNアムロ世界テニス・トーナメント

ABNアムロ世界テニス・トーナメントABN AMRO World Tennis Tournament)は、オランダロッテルダムアホイ・ロッテルダムで開催されるATPツアートーナメント。1974年の第1回大会よりオランダに本店を置く銀行グループのABNアムロ銀行が冠スポンサーを務めている[1]ロッテルダム・オープンとも呼ばれる。

ABNアムロ世界テニス・トーナメント
ATPツアー
開始年 1974
開催地 オランダの旗 オランダロッテルダム
会場 アホイ・ロッテルダム
カテゴリ ATP 500
サーフェス ハード / 室内
ドロー 32S / 16Q / 16D
賞金総額 €980,580
公式サイト
abnamrowtt.nl

概要編集

サーフェスは室内ハードコート、大会の格はATPツアー・500シリーズに属す。2004年からは同国を代表するテニス選手であるリカルト・クライチェクがトーナメント・ディレクターを務めている[2]

1984年のシングルス決勝、イワン・レンドルチェコスロバキア)対ジミー・コナーズアメリカ)戦が第2セット途中で中断されているが、これは試合中に会場で爆弾騒ぎが起こり、会場が一時封鎖された事によるものである。この騒ぎの後結局試合を再開する事は出来ず、この年に限り試合未消化として両者を準優勝者として扱い、それぞれに決勝進出分のポイントと賞金が与えられている[3]

大会歴代優勝者編集

シングルス編集

優勝 準優勝 試合結果
2020   ガエル・モンフィス   フェリックス・オジェ=アリアシム 6–2, 6–4
2019   ガエル・モンフィス   スタン・ワウリンカ 6–3, 1–6, 6–2
2018   ロジャー・フェデラー   グリゴール・ディミトロフ 6–2, 6–2
2017   ジョー=ウィルフリード・ツォンガ   ダビド・ゴファン 4–6, 6–4, 6–1
2016   マルティン・クリザン   ガエル・モンフィス 6–7(1), 6–3, 6–1
2015   スタン・ワウリンカ   トマーシュ・ベルディハ 4–6, 6–3, 6–4
2014   トマーシュ・ベルディハ   マリン・チリッチ 6–4, 6–2
2013   フアン・マルティン・デル・ポトロ   ジュリアン・ベネトー 7–6(2), 6–3
2012   ロジャー・フェデラー   フアン・マルティン・デル・ポトロ 6–1, 6–4
2011   ロビン・セーデリング   ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 6–3, 3–6, 6–3
2010   ロビン・セーデリング   ミハイル・ユージニー 6–4, 2–0, 途中棄権
2009   アンディ・マリー   ラファエル・ナダル 6–3, 4–6, 6–0
2008   ミカエル・ロドラ   ロビン・セーデリング 6–7(3), 6–3, 7–6(4)
2007   ミハイル・ユージニー   イワン・リュビチッチ 6–2, 6–4
2006   ラデク・ステパネク   クリストフ・ロクス 6–0, 6–3
2005   ロジャー・フェデラー   イワン・リュビチッチ 5–7, 7–5, 7–6(5)
2004   レイトン・ヒューイット   フアン・カルロス・フェレーロ 6–7(1), 7–5, 6–4
2003   マックス・ミルヌイ   レーモン・スロイター 7–6(3), 6–4
2002   ニコラ・エスクード   ティム・ヘンマン 3–6, 7–6(6), 6–4
2001   ニコラ・エスクード   ロジャー・フェデラー 7–5, 3–6, 7–6(5)
2000   セドリック・ピオリーン   ティム・ヘンマン 6–7(3), 6–4, 7–6(4)
1999   エフゲニー・カフェルニコフ   ティム・ヘンマン 6–2, 7–6(3)
1998   ヤン・シーメリンク   トーマス・ヨハンソン 7–6(2), 6–2
1997   リカルト・クライチェク   ダニエル・バチェク 7–6(4), 7–6(5)
1996   ゴラン・イワニセビッチ   エフゲニー・カフェルニコフ 6–4, 3–6, 6–3
1995   リカルト・クライチェク   ポール・ハーフース 7–6(5), 6–4
1994   ミヒャエル・シュティヒ   ウェイン・フェレイラ 4–6, 6–3, 6–0
1993   アンダース・ヤリード   カレル・ノバチェク 6–3, 7–5
1992   ボリス・ベッカー   アレクサンドル・ボルコフ 7–6(9), 4–6, 6–2
1991   オマール・カンポレーゼ   イワン・レンドル 3–6, 7–6(4), 7–6(4)
1990   ブラッド・ギルバート   ヨナス・スベンソン 6–1, 6–3
1989   ヤコブ・ラセク   アンダース・ヤリード 6–1, 7–5
1988   ステファン・エドベリ   ミロスラフ・メチージュ 7–6, 6–2
1987   ステファン・エドベリ   ジョン・マッケンロー 3–6, 6–3, 6–1
1986   ヨアキム・ニーストロム   アンダース・ヤリード 6–0, 6–3
1985   ミロスラフ・メチージュ   ヤコブ・ラセク 6–1, 6–2
1984   イワン・レンドル
  ジミー・コナーズ
6–0, 1–0
試合未消化
1983   ジーン・メイヤー   ギリェルモ・ビラス 6–1, 7–6
1982   ギリェルモ・ビラス   ジミー・コナーズ 0–6, 6–2, 6–4
1981   ジミー・コナーズ   ジーン・メイヤー 6–1, 2–6, 6–2
1980   ハインツ・ギュンタード   ジーン・メイヤー 6–2, 6–4
1979   ビョルン・ボルグ   ジョン・マッケンロー 6–4, 6–2
1978   ジミー・コナーズ   ラウル・ラミレス 7–5, 7–5
1977   ディック・ストックトン   イリ・ナスターゼ 2–6, 6–3, 6–3
1976   アーサー・アッシュ   ボブ・ルッツ 6–3, 6–3
1975   アーサー・アッシュ   トム・オッカー 3–6, 6–2, 6–4
1974   トム・オッカー   トム・ゴーマン 3–6, 7–6(2), 6–1
1973 開催なし
1972   アーサー・アッシュ   トム・オッカー 3–6, 6–2, 6–1

ダブルス編集

優勝 準優勝 試合結果
2020   ピエール=ユーグ・エルベール
  ニコラ・マユ
  ヘンリ・コンティネン
  ヤン=レナルト・シュトルフ
7–6(5), 4–6, [10–7]
2019   ヘンリ・コンティネン
  ジェレミー・シャルディー
  ホリア・テカウ
  ジャン=ジュリアン・ロジェ
7–6(5), 7–6(4)
2018   ピエール=ユーグ・エルベール
  ニコラ・マユ
  オリバー・マラチ
  マテ・パビッチ
6–1, 6–3
2017   イワン・ドディグ
  マルセル・グラノリェルス
  ヴェスレイ・コールホフ
  マトウェー・ミッデルコープ
7–6(5), 6–3
2016   ニコラ・マユ
  バセク・ポシュピシル
  フィリップ・ペッシュナー
  アレクサンダー・ペヤ
7–6(2), 6–4
2015   ジャン=ジュリアン・ロイヤー
  ホリア・テカウ
  ジェイミー・マリー
  ジョン・ピアーズ
3–6, 6–3, [10–8]
2014   ニコラ・マユ
  ミカエル・ロドラ
  ジャン=ジュリアン・ロイヤー
  ホリア・テカウ
6–2, 7–6(4)
2013   ロベルト・リンドステット
  ネナド・ジモニッチ
  ティーモ・デ・バッカー
  イェッセ・フータ・ガルング
5–7, 6–3, [10–8]
2012   ミカエル・ロドラ
  ネナド・ジモニッチ
  ロベルト・リンドステット
  ホリア・テカウ
4–6, 7–5, [16–14]
2011   ユルゲン・メルツァー
  フィリップ・ペッシュナー
  ミカエル・ロドラ
  ネナド・ジモニッチ
6–4, 3–6, [10–5]
2010   ダニエル・ネスター
  ネナド・ジモニッチ
  シーモン・アスペリン
  ポール・ハンリー
6–4, 4–6, [10–7]
2009   ダニエル・ネスター
  ネナド・ジモニッチ
  ルーカス・ドロウヒー
  リーンダー・パエス
6–2, 7–5
2008   トマーシュ・ベルディハ
  ドミトリー・トゥルスノフ
  フィリップ・コールシュライバー
  ミハイル・ユージニー
7–5, 3–6, [10–7]
2007   マルティン・ダム
  リーンダー・パエス
  アンドレイ・パベル
  アレクサンダー・ワスケ
6–3, 6–7(5), [10–7]
2006   ポール・ハンリー
  ケビン・ウリエット
  ジョナサン・エルリック
  アンディ・ラム
7–6(4), 7–6(2)
2005   ジョナサン・エルリック
  アンディ・ラム
  シリル・スーク
  パベル・ビズネル
6–4, 4–6, 6–3
2004   ポール・ハンリー
  ラデク・ステパネク
  ジョナサン・エルリック
  アンディ・ラム
5–7, 7–6(5), 7–5
2003   ウェイン・アーサーズ
  ポール・ハンリー
  ロジャー・フェデラー
  マックス・ミルヌイ
7–6(4), 6–2
2002   ロジャー・フェデラー
  マックス・ミルヌイ
  マーク・ノールズ
  ダニエル・ネスター
4–6, 6–3, [10–4]
2001   ヨナス・ビョルクマン
  ロジャー・フェデラー
  ペトル・パーラ
  パベル・ビズネル
6–3, 6–0
2000   デビッド・アダムズ
  ジョン=ラフニー・デ・ヤーガー
  ティム・ヘンマン
  エフゲニー・カフェルニコフ
5–7, 6–2, 6–3
1999   デビッド・アダムズ
  ジョン=ラフニー・デ・ヤーガー
  ニール・ブロード
  ピーター・トラマッチ
6–7(5), 6–3, 6–4
1998   ヤッコ・エルティン
  ポール・ハーフース
  ニール・ブロード
  ピート・ノーバル
7–6, 6–3
1997   ヤッコ・エルティン
  ポール・ハーフース
  リボール・ピメク
  バイロン・タルボット
7–6(5), 6–4
1996   デビッド・アダムズ
  マリウス・バーナード
  ヘンドリク・ヤン・ダーヴィッツ
  シリル・スーク
6–3, 5–7, 7–6
1995   マルティン・ダム
  アンダース・ヤリード
  トマス・カルボネル
  フランシスコ・ロイグ
6–3, 6–2
1994   ジェレミー・ベイツ
  ヨナス・ビョルクマン
  ヤッコ・エルティン
  ポール・ハーフース
6–4, 6–1
1993   ヘンリク・ホルム
  アンダース・ヤリード
  デビッド・アダムズ
  アンドレイ・オルホフスキー
6–4, 7–6
1992   マルク=ケビン・ゲルナー
  ダーヴィト・プリノジル
  ポール・ハーフース
  マルク・クーフェルマンス
6–2, 6–7, 7–6
1991   パトリック・ガルブレイス
  アンダース・ヤリード
  スティーブ・デフリース
  デビッド・マクファーソン
7–6, 6–2
1990   レオナルド・ラバージェ
  ジョルジュ・ロサーノ
  ディエゴ・ナルジーソ
  ニコラス・ペレイラ
6–3, 7–6
1989   ミロスラフ・メチージュ
  ミラン・シュレイベル
  ヤン・グンナルソン
  マグヌス・グスタフソン
7–6, 6–0
1988   パトリック・キューネン
  トーレ・マイネッケ
  マグヌス・グスタフソン
  ディエゴ・ナルジーソ
7–6, 7–6
1987   ステファン・エドベリ
  アンダース・ヤリード
  チップ・フーパー
  マイク・リーチ
3–6, 6–3, 6–4
1986   ステファン・エドベリ
  スロボダン・ジヴォイノビッチ
  ヴォイチェフ・フィバク
  マット・ミッチェル
2–6, 6–3, 6–2
1985   トマシュ・スミッド
  パベル・ビズネル
  ビタス・ゲルレイティス
  ポール・マクナミー
6–4, 6–4
1984   ケビン・カレン
  ヴォイチェフ・フィバク
  フリッツ・ビューニング
  ファーディ・テイガン
6–4, 6–4
1983   フリッツ・ビューニング
  トム・ガリクソン
  ピーター・フレミング
  パベル・スロジル
7–6, 4–6, 7–6
1982   マーク・エドモンドソン
  シャーウッド・スチュワート
  フリッツ・ビューニング
  ケビン・カレン
7–5, 6–2
1981   フリッツ・ビューニング
  ファーディ・テイガン
  ジーン・メイヤー
  サンディ・メイヤー
7–6, 1–6, 6–4
1980   ビジャイ・アムリトラジ
  スタン・スミス
  ビル・スキャンロン
  ブライアン・ティーチャー
6–4, 6–3
1979   ピーター・フレミング
  ジョン・マッケンロー
  ハインツ・ギュンタード
  バーナード・ミトン
6–4, 6–4
1978   フレッド・マクネア
  ラウル・ラミレス
  ボブ・ルッツ
  スタン・スミス
6–2, 6–3
1977   ヴォイチェフ・フィバク
  トム・オッカー
  ビジャイ・アムリトラジ
  ディック・ストックトン
6–4, 6–4
1976   ロッド・レーバー
  フルー・マクミラン
  アーサー・アッシュ
  トム・オッカー
6–1, 6–7(4), 7–6(5)
1975   ボブ・ヒューイット
  フルー・マクミラン
  ホセ・イゲラス
  バラージュ・タローツィ
6–2, 6–2
1974   ボブ・ヒューイット
  フルー・マクミラン
  ピエール・バルテ
  イリ・ナスターゼ
3–6, 6–4, 6–3
1973 開催なし
1972   ロイ・エマーソン
  ジョン・ニューカム
  アーサー・アッシュ
  ボブ・ルッツ
6–2, 6–3

脚注編集

  1. ^ History”. abnamrowtt.nl. Ahoy. 2021年2月27日閲覧。
  2. ^ About the ABN AMRO World Tennis Tournament”. abnamrowtt.nl. Ahoy. 2021年2月27日閲覧。
  3. ^ NYタイムズ (1984年3月19日). “Bomb Scare Ends Rotterdam Final”. 2010年3月23日閲覧。

外部リンク編集