メインメニューを開く

ウズベキスタン航空(ウズベキスタンこうくう、ウズベク語 : O‘zbekiston havo yo‘llariロシア語 : Узбекские Авиалинии英語 : Uzbekistan Airways)は、ウズベキスタンタシュケント本拠地としている航空会社である。

ウズベキスタン航空
Uzbekistan Airways logo.svg
IATA
HY
ICAO
UZB
コールサイン
UZBEK
法人番号 6700150004749 ウィキデータを編集
設立 1992年
ハブ空港 タシュケント国際空港
会員ラウンジ 会員ラウンジなし
航空連合 なし
保有機材数 33機(1機発注中)
就航地 56都市
本拠地 ウズベキスタン共和国タシュケント
外部リンク http://www.uzbekistan-airways.co.jp/
テンプレートを表示
搭乗券
ウズベキスタン航空のIL-62M型機

沿革編集

ソビエト連邦崩壊後、ウズベキスタンイスラム・カリモフ大統領は国立航空会社の設立を命じ、1992年1月28日にウズベキスタン航空が設立された。当初、国内の空港および交通インフラの整備を意図とし、その後国際線業界での競争力の向上を目指した。それはこの航空会社の初フライトがタシュケント〜ロンドン線とされたことからも特徴づけられた。

国内線は過去アエロフロートに所属していた航空機を使用し開始された。国際線優先政策により、1993年よりエアバス機をリース。現在国際線航路ではエアバス機とボーイング機を混在して使用している。

現在ではタシュケントから国内外50都市を結ぶサービスを提供しており、国際空港5カ所を含む11カ所の空港を所有。日本発着路線は、週2便でタシュケント〜成田関西、およびタシュケント〜関西〜成田を運航していたが、2011年4月よりタシュケントから成田への直行便となった。しかし2013年10月25日をもって運休となった。なお、他の航空会社との提携、連携やアライアンスへの加盟は行っていない。2014年4月4日からタシュケント〜成田線が、運航再開された[1]

ちなみに、2レターコードの「HY」はウズベク語の「航空路(havo yo‘llari、英語ではAirline)」からとられたものである。国名や会社名ではなく「航空路」という語をIATAやICAOのコードとして使用する事は非常に珍しいケースである。

就航都市編集

保有機材編集

運航機材編集

 
エアバスA320-200
 
ボーイング767-300ER
 
ボーイング787-8

 2019年8月現在

ウズベキスタン航空 運航機材一覧[2]
機材 運用

機数

発注

機数

座席 エンジン 備考
C Y Total
エアバスA320-200  11   ー 12 138 150 CFM

CFM56-5B4

うち2機(UK002,UK32000)は

ウズベキスタン政府が運用するVIP機

また、前者はWL装着機

エアバスA320neo   2   ー 12 138 150 CFM

LEAP-1A26

ボーイング757‐200 5  ー 26 158 184 PW

PW-2037

1機が退役済み
22 168 190
ボーイング767‐300ER 7  ー 18 246 264 PW

PW-4062

うち1機(UK67000)は

ウズベキスタン政府が運用するVIP機

15 232 247
ボーイング787-8 6  1 24 246 270 GE

GEnX-1B

うち1機(UK001)は

ウズベキスタン政府が運用するVIP機

24 222 246
貨物機
ボーイング767‐300BCF   2  ー   貨物 PW

PW-4062

    合計  33  1

退役済機材一覧編集

なお、当社が発注したボーイング社製航空機のカスタマーコード3Pで、航空機の形式名は767-33PER となる。

脚注編集

外部リンク編集